MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

2018年12月

49101815_2045964082113577_6529853515588698112_n
 佐賀に帰っています。今年最後の仕事、友人宅での壁画制作を終わらせてようやく今年の仕事納めをすることが出来ました。今年も本当にいろんなことがありました。年を取るごとに一年が短くなると言いますが、僕にはそんな気配はなく、一年前のことはとんでもなく昔のことに思えてなりません。

 今年は40歳になった年でしたが、これまでやって来たこと、そしてこれから進むべき道に対しての「自信」が持てた気がします。昔ほどがむしゃらではなくなったかもしれませんが、その分迷いがなくなり、まさに「不惑」の境地に近づけた気がします。ただ、今の自分に足りないものも明確になり、これから10年で自分がやらなければならない課題もよく分かってきました。

 来年は自分にとって仮説検証の年になると思います。ようやく見えた年間での活動プランを、ひとつひとつ実現していくことこそが大きな目標です。ハイチでのプロジェクトにくわえ、来年は南アフリカでの活動も予定されておりさらに忙しくなりそうですが、一年に一度の個展は必ず行うつもりです。個人作品と海外でのプロジェクト、そして子育てという3つのミッションをバランスよく行えるようがんばりたいと思います!

今年もお世話になりました。2019年もどうぞ宜しくお願いいたします!
49292647_2045964125446906_8716231640096964608_n
49698497_2045964202113565_8714306889157967872_n




0114

 今年もいろんなことがあった一年でした。佐賀の仕事が多く、かなりの回数を行ったり来たりした気がします。エクアドルのプロジェクトもうまくいき、先日の個展も開くことができたのでまずまずよい一年になったかなという気がしています。

1111_Atlia0583

 それにしてもエクアドルで40歳を迎えたのは感慨深いものがありました。自分にとって40歳は思ったよりもずっしりと重みを感じました。2人の娘の親として、20人の団体の代表として、一人のプロの画家として、次のステージへ入った感覚がありました。山登りの途中でハーゲンを打つように、ここまでとこれからを整理するような、そんな気持ちの変化がありました。

sop001_01 2

 いつまでも若くありたいし、フットワーク軽く動いていきたいですが、いまの制作スタイルはあと10年がいいところだと思うので、本当にやりたいことだけやっていきたいという気持ちが強くあります。自分の大切な人生の時間を何に費やすか、ここからが本当に大切な活動期間になってくると思います。

4

 これまで積み上げてきたのは、これからの10年の為だったと後に回想する予感がします。それぐらい大切な時間がこれから始まります。2018年はそんな節目の一年でした。





48373537_2430320630342393_7522089792457146368_n 2
 2018年の個展が終了しました。とても実りと気づきの多い個展でした。なんといっても一年を振り返るこの時期に開催し、いろんな方々と顔を合わせてお話ができたのが大きかったです。わざわざ僕の絵を見に来てくれる方がこれだけいてくださるということに喜びを感じると共に、まだまだ自分の力不足を感じる展示でもありました。とはいえ忙しかった一年の最後を個展で締められたことは大きく、来年へのモチベーションに繋がりました!
 壁画の活動に関しては軌道に乗ってきていますが、絵画制作に関してはまだまだ理想とはほど遠く、目指すべき場所へ一歩一歩進んでいる感じです。壁画を一生はできませんが、絵画制作は死ぬまで続けたいと思っています。あと30年生きるとして、最後にピークがくるよう毎年毎年レベルアップしていきたいと考えています。
 来てくださった皆様、本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします!



 
 


 土曜日にオープニングを行い、いよいよ2018年の集大成の個展が始まりました。なんとオープニングに合わせてタレントの恵俊彰さんから大きなお花が届いたり、エクアドル大使館からゴンサレス公使が駆けつけてくださったり、非常に素晴らしいスタートが切れました!
 今年はプロジェクトにかなり力を入れていたため、あまりアトリエで絵を描く時間を確保できませんでしたが、それでもギャラリーを新作で埋めることが出来ました。
 個展のいいところは、来てくれた人とゆっくり話が出来るところ。いつもはイベントでライブペイントをしていたりプレゼンをしていたり、結局見てもらうだけで話が出来ないので、この機会にいろんなお話が出来るのは貴重な時間です。正直こんなに個展が楽しいものだとは思いませんでした!展示は16日(日)までやっています。終日ギャラリーに在廊しておりますので、ぜひお越し下さい。
47687965_2016320695077916_4665377842681348096_n



ミヤザキケンスケ個展「World Square」

日時 12月9日(日)〜12月16日(日)13時〜19時
場所 ICA SPACE
   中央区東日本橋3-4-6 ICA3ビルE2F, 103-0004
http://meetsgallery.com/icaspace/

47687078_2016320855077900_1825927100180201472_n
48077886_2016320948411224_8654844973910327296_n
48207410_2016321058411213_5639416931527163904_n



ロンドン
 明日は個展のオープニングです。プロジェクトの方は軌道に乗ってきましたが、肝心の画業がおろそかにならないよう、一年一度は個展をしたいと去年から始めた定期展です。今回は3m60cmの大作がメインとなりますが、昨年はくじらの絵で、今回はガリバーの絵を描きました。一年に一枚大きな作品を描き、とにかく10年続けて大きな個展をしたいというのが僕の今の目標です。壁画と個展、なかなか両立が難しいですが、何とか両立させたいと思っています。明日のオープニングは17時からです。どなたでも参加できます!ぜひお越し下さいー!


ミヤザキケンスケ個展「World Square」

日時 12月9日(日)〜12月16日(土)13時〜19時
   12月8日(土)17時よりオープニングレセプション
場所 ICA SPACE
   中央区東日本橋3-4-6 ICA3ビルE2F, 103-0004
http://meetsgallery.com/icaspace/



DSC02640
 「好きなことだけして生きる」は僕の人生のテーマとも言えます。最初に真剣に考えたのはおそらく中学生のころで、その頃僕は世界の偉人の伝記を読みあさっていました。そこで気づいたことは、偉人の物語は成功と共に必ず「死」というエンディングを迎えてしまうということ。どんなに凄い天才でも永遠に生きることはできないし、人類の歴史を考えると、人一人の一生で成し遂げられることは小さいということ。

「ならばどう生きるか?」

そう考えた時、他人の評価ではなく、自分がどう生きたいかだと思いました。でも生きたい生き方をするには他人から評価が必要な場合が少なからずあります。大切なのは、「やりたいことをやるために他人の評価が必要」なのであって、「他人の評価自体が目標」になってはならないということです。これはお金にも置き換えることができますが、自分の満足度を他人にゆだねてしまうと価値観がぶれ、他人に自分の人生を握られてしまいます。

 心も体も自由であること、これが「好きなことだけして生きる」の根源だと思います。
 


12月9日から東日本橋のICA SPACEにて個展を行います。
毎日在廊しておりますのでぜひお越し下さい。

ミヤザキケンスケ個展「World Square」

日時 12月9日(日)〜12月16日(土)13時〜19時
   12月8日(土)17時よりオープニングレセプション
場所 ICA SPACE
   中央区東日本橋3-4-6 ICA3ビルE2F, 103-0004
http://meetsgallery.com/icaspace/


DSC05335
 NHK World およびおはよう日本の放送で、多くの方から連絡を頂きました。自分の活動が世界に発信され、興味を持っていただくことができとても嬉しく思います。
 絵描きとして活動を初めてはや20年近く紆余曲折ありましたが、ようやく一つ自分の形が見つけられた気がしています。しかしまだこれはスタートで、これからもきっといろんな困難と立ち向かっていかなければならないと思います。ただ一ついえることは、自分はとても恵まれた環境にあり、自分は幸運にも「絵を描くこと」に集中できていることです。これには周りや家族に感謝しなければなりません。その気持ちを常に忘れないようにしつつ、これからも新しいことにチャレンジして行きたいと思います。まずは土曜日に迫った個展の為に絵を描きます!


12月9日から東日本橋のICA SPACEにて個展を行います。
毎日在廊しておりますのでぜひお越し下さい。

ミヤザキケンスケ個展「World Square」

日時 12月9日(日)〜12月16日(土)13時〜19時
   12月8日(土)17時よりオープニングレセプション
場所 ICA SPACE
   中央区東日本橋3-4-6 ICA3ビルE2F, 103-0004
http://meetsgallery.com/icaspace/



↑このページのトップヘ