41991726_1880515255395836_1923880555284267008_n 2
 昨日は疲れ果てて寝てしまいましたが、ハラミホの子供たちにワークショップを行いました。4歳から12歳ぐらいまでの子供約100人と絵を描いたのですが、みなこの日をとても楽しみにしていてくれたみたいで、子供も大人もとても気合いが入っていました。
 ハラミホは沿岸の小さな街で、2年前の地震で大きな被害を受けた地域です。今回子供たちのワークショップの場所を選ぶ際に、被災地の子供たちと一緒に絵を描きたいという思いがありました。見たところ町に震災の爪痕を感じることはありませんでしたが、子供の中には地震で揺れた町を描いている子もいました。

 ワークショップの始めには毎回「オンリーワンゲーム」を行います。これはテーマに合わせて一分間で絵を描き、誰ともかぶらない絵を描いた人が勝ちというゲームです。ゲーム性を持たせると子供たちはドンドン手を動かし、自分のオリジナリティを証明しようと意欲的になってくれます。それはエクアドルでもその通りで、非常に盛り上がりその後の絵画制作でも個性あふれる素敵な絵をたくさん描いてくれました。
 絵画制作の後は、高学年の子供たちとフラッグ制作を行いました。最初にウクライナの子供たちが描いてくれたフラッグの制作過程を見せて、次のハイチに向けたフラッグ制作の過程を説明。人数が少なかったからか、主旨を理解してくれたからか、みな本当に真剣に取り組んでくれました。次のハイチのプロジェクトはまだはっきりしてない部分が多いのですが、彼らが真剣に描いてくれたフラッグを届けたいという思いから、必ず実現させたいという気持ちになりました。

 今日は午後に子供たちの作品展示と表彰式を行います。これが本当に最後の仕事、かなり体力的に限界が来ていますが最後の力を振り絞ってがんばってきます!
41948428_167746447423275_1735355607231234048_n 2
41991186_728382330831781_8052144402379833344_n