Scan 678
 これまでケニア、東ティモール、ウクライナ、エクアドルに壁画を残してきて、やはり思うのは行く前に考えていた国のイメージと行った後に感じるイメージにとても開きがあるということ。結局は行ってみないとその国のことは分からないというのが本当のところなんだと思います。
 今回ハイチに行くことに決めていろんな情報を収集しているけど、やっぱりなかなかイメージをつかむことができない。元々情報が少ない中で2010年の震災があり、そのインパクトが強すぎて国の風土や空気感がなかなか浮かんできません。ちょうど東ティモールを想像していた時と似ていて、いまはおとぎの国のように現実感がない感覚で想像しています。

 ただ現在のハイチの治安はあまりよくなく、大統領退陣を求めたデモが連日行われており、死者も出ているようです。おそらくこれまで行った国の中で一番情勢が不安定な国だと思います。もちろん状況が悪化すれば延期なども考えますが、現地が受け入れの体制を整えてくれる限り実現に向けて努力を続けるつもりです。世界にはいろんな国があって、まだまだ僕たちが知らないことがたくさんあります。未知のものに対面すると、やはり少しワクワクします。

※写真は書家の江島志織さんに書いていただいたOver the Wall の文字です。