MIYAZAKINGDOM

ミヤザキケンスケ オフィシャルブログ

カテゴリ: ケニヤ壁画プロジェクト

_MG_6438 ヤバイ、明日のことを考えたら、興奮して眠れなくなってしまった。。

 今回のプロジェクトのオープニングとなる明日のイベントは、どうしてもいろんな人に来て欲しかった。だけど急にイベントが決まってしまったことと、平日だということもあって、最初はなかなか人が集まらなかった。。
 大学のメーリングリストを使ったり、これまでお世話になった人たちに、一人一人メールを送ったり、ありとあらゆる手段をとる。それでも集まらない。これは困ったことになったと思っていたところに、ちらほらと連絡が入りだした。

「何とか都合ついたから見に行くよ!!」

 大学の友達、東京で知り合った仲間、早稲田の学生たち、ロンドン時代の友人、熱中時間のスタッフ、前回のイベントに来てくれた人たち、いろんな仲間が時間を作ってくれた。。
 それがスゲー嬉しくて、なんだか興奮してしまったのだ。。だけどこのイベントだけはどうしてもみんなに見てほしかった。なにせ早川さんの話を聞けば、僕がやろうとしていることの意味が伝わると思うし、このプロジェクトのおもしろさが分かると思う。

 それに今回はマジで自信がある!!絶対におもしろいことになる!!

 明日はライブペイントだけど、何を描くかなんて考えもしない。頭はすでにアフリカのことでいっぱいだから、筆さえ持てばどんどん描けるはず。さーて、早く明日になんないかな。。


DSC00857 2006年にケニヤに行ったときの日記を読み返しました。当時27歳、いま読み返すと恥ずかしくなるような文章だったけど、そのとき感じたことを素直に書いていておもしろかった。

 4年前のことだけど、遠い昔のような気がする。しばらく海外に行ってなかったから、日記に書かれている情景にいまいち現実感がない。だけど確かに4年前に僕はそこにいて、今年の11月にはまたそこに行くのだ。。

 30日のイベントが終わってから、4年前の日記を少しずつアップしていこうと思います。この日記を読んでもらえば、僕がどういう経緯で壁画プロジェクトを始めたか、分かってもらえると思います。
 これから11月まで、少しずつテンションをあげていこうと思います。



_MG_7155 30日のイベントのためにエコバックを30枚描きました!!スゲー大変だった。。。イベントで限定発売します。一枚一枚手描きなので貴重ですよー(笑)。
 30日のイベントはすごいことになりそうで、いまからワクワクしています。スタッフも集まってきて、どんどんテンションが上がってきています。もうやるっきゃないよね。エコバック、欲しい人は30日に千駄ヶ谷で!!


子供たち 今日は早川千晶さんの講演を聞きに行きました。実に4年ぶり、ケニヤ以来の早川さんとの再会でした。

 もともと僕がケニヤで壁画が描けたのは早川さんのおかげでした。テレビで観たマゴソスクールに壁画が描きたいと思い、各方面にアプローチするも断られ続けていたのですが、突然現地にいる早川さんが僕のブログを見て連絡を下さり、実現につながったのです。
 そんなわけで僕にとっては恩人なわけですが、実は彼女の講演を聴くのは初めてでした。久しぶりのケニヤの風景と早川さんの情熱的なトーク。もうやられてしまいましたね。。なんだか体が震えるほど興奮する。つーかアフリカ行きたい!!

 30日にご一緒する近藤さんの演奏も素晴らしく、間違いなく30日は素晴らしい会になる!!そう確信しました。実はまだチケットが15枚ぐらいあまっているのですが、絶対に絶対に来て後悔はしないと思います。
 近藤さんのカリンバの演奏と、これぞアフリカという写真のスライド、その横で僕がライブペイントをし、最後に早川さんにマゴソスクールについて話をしてもらいます。
 もういまから30日が楽しみでしょうがありません。こんな会、めったにないので、ぜひぜひ遊びに来てください!!ヤバイ、アフリカ熱が上がっていく。。



タイトル  「ミヤザキケンスケ 2010年ケニヤ壁画プロジェクト!!」
        特別ゲスト 早川千晶さん × 近藤ヒロミさん


日時    4月30日(金) 19:30〜22:00(19:00入場開始)
会場    サンクチュアリ出版 
チケット  http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php
アクセス  http://www.sanctuarybooks.jp/company/access.html
入場料   2300円+税

_MG_6960 昨日はつくばで一日中話しっぱなしでした。

 最初は斉藤教授にお話を聞いてもらいに筑波大学へ。いろいろと話すうちに5月11日と13日に、大学で授業をさせてもらうことになりました。ケニヤの話以外にも、お遍路、雲南、ロンドン、大学時代など、一時間ぐらい話すことになりそうです。
 それだけでもすごいのに、なんと7月のオープンキャンパスで400人の高校生たちを前に、卒業生代表として話すことになりました。明らかにミスキャスト(笑)。だけどイレギュラーながら、僕のような人間を生み出したのも筑波の事実なわけですから、思いっきり話してこようと思います。
 その後、技官でアーティストである林さんにお話しを聞き、ケニヤのプロジェクトについて話を聞いてもらいました。僕自身、初めてチームを組んでやるプロジェクトなので、林さんのお話はとても勉強になりました。

 そこからがまー大変。つくばで最近集まっている仲間を集めて会議をしたのですが、人数が増えてくるともうてんてこ舞い。話がいろんな方向に飛んでしまい、なかなか一つにまとまらない。。人を巻き込んでプロジェクトをやることの大変さが早くも垣間見えた瞬間でした。
 だけどそこにこそ僕の新しい道がある。これから大きなプロジェクトをやっていくには避けて通れない道。滝沢さんだって日比野さんだって、大きなことをやる人は必ずチームを組織してアートを作り上げる。

 帰りの車でみつるさんと話しながら、大切なことにたくさん気づきました。僕にとって人生の転機になるプロジェクト。生半可な気持ちじゃやりとおせない。覚悟を決めて、自分のベストを尽くそう。
 

_MG_6436タイトル  「ミヤザキケンスケ 2010年ケニヤ壁画プロジェクト!!」
        特別ゲスト 早川千晶さん × 近藤ヒロミさん


日時    4月30日(金) 19:30〜22:00(19:00入場開始)
会場    サンクチュアリ出版 
アクセス  http://www.sanctuarybooks.jp/company/access.html
入場料   2300円+税

内容     

2010年11月に実施されるケニヤ壁画プロジェクトのオープニグイベント。ゲストに早川千晶さんをお迎えして、ケニヤの現状、そしてこのプロジェクトの意義をお話しいただき、近藤ヒロミさんのカリンバに合わせながらミヤザキケンスケがライブペイントをします。イベントの収益金の一部を、マゴソスクールの改修費にあてさせていただきます。 


 80万人が暮らす西アフリカ最大のスラム、キベラ。その中にある小学校、マゴソスクールに壁画を描きにいくプロジェクト、「ケニヤ壁画プロジェクト」が2006年7月に、早川千晶さんのサポートのもと、アーティストミヤザキケンスケによって行われました。色彩豊かな壁画は子供たちに愛され、4年後の現在もマゴソスクールとの交流は続いています。
 しかし近年、マゴソスクールの生徒数が倍増し、どうしても校舎を増築しなければならない状況になり、壁画も壊すことになりました。改築費用もままならないまま、工事はスタートし、現在ようやく外観が整いつつあります。

 そこでまた新しい壁に絵を描いて欲しいという要望がマゴソスクールからあり、壁画を描きにいくだけでなく、足りない改築費をチャリティーで集める「2010年ケニヤ壁画プロジェクト」を立ち上げることになりました。

 今回はその立ち上げイベントとして、日本ツアー中の早川千晶さんをゲストに向かえ、近藤ヒロミさんのカリンバの演奏を聴きながら、ミヤザキケンスケがライブペイントをするというイベントを考えています。収益はマゴソスクールにあて、11月に実施予定の壁画プロジェクトのプレイベント的なものになればと考えています。


_MG_6455 きちんと報告ができないままになっていましたが、アマニ・ヤ・アフリカ主催の仙台のイベント以後急展開があり、「ミヤザキケンスケと行くケニヤスタディーツアー」が、なんと今年の11月に企画されることになりました。これは現地で活動しているNGO団体Amani ya Africaが、僕の壁画プロジェクトと連動して行うというものなのです。

 それじゃあ壁画プロジェクトとは何か?それはさかのぼること4年、あるテレビ番組の影響で、ケニヤのスラム街にある小学校に壁画を描きに行くことを決意。前知識もないまま、体当たりで現地の人たちとコミュニケーションをとりながら壁画を制作。3週間の滞在中に巨大な壁画を残し、子供たちはその壁画から元気をもらうことができた。
 校長先生のリリアンとはそれ以後もずっと連絡を取りあっていたのだが、今年の最初に生徒の倍増により小学校を増築しなければならなくなった。完全に寄付金のみで運営しているマゴソスクールとしては、増築費もまた寄付で集めなければならない。
 4年間で倍増した子供たちをなんとか勉強させるために、見切り発車で増築を開始。そのために以前描いた壁画はなくなってしまったのだが、新しい校舎にまた壁画を描いてくれないかという打診があった。


 こういう流れで壁画プロジェクトは開始しました。Amani ya Africaさんのご好意で、スタディーツアーと連動させることで僕の旅費代を捻出してくれようとしています。ただ僕は、どうせやるなら小学校の増築費を集める活動を行いながらケニヤに渡りたい。
 
 そういう思いもこめて、4月30日にサンクチュアリ出版でイベントを行います。ゲストにケニヤで活躍されている早川千晶さんをお招きして、ケニヤの現状とマゴソスクールの状況をお話していただきながら、僕はライブペイントをするつもりです。詳しくはまた報告しますが、興味のある方はぜひご参加ください!!どうぞよろしくお願いしますー。





 あと一ヶ月になりましたが、仙台で行うイベント「ケニヤ壁画プロジェクト in 仙台」の準備が着々と進んでいます。主催はNPO法人アマニ・ヤ・アフリカ、共催は会場でもある旅カフェ・サマルカンド、協賛に地元の新聞社やNHK仙台がついてくれるという、かなりしっかりしたイベントになりそです。
 ケニヤにいる早川さんともメールのやり取りをし、またケニヤでの壁画プロジェクトをやりましょうとの言葉をいただきました。そうです、このイベントは前哨戦でもあり、今回のイベントを成功させることでまたケニヤに壁画を描きに行くことができるのです!!

 眠っていたアフリカへの思いが復活してきました。。。仙台でのイベントのPRVをアマニの方が作ってくださいました。これがすばらしい出来で、Youtubeにアップされているのでご紹介させていただきます。これ見たら来たくなるでしょう!!3月は仙台をアフリカ色に染めてやるぜ。

↑このページのトップヘ