枚方市の「宮園歯科日記」

大阪 枚方市の歯医者さん 【宮園歯科医院】 より、 「当院のお知らせ」 と 「歯科の耳寄り情報」 をお届けします。

歯やお口のお悩みはお気軽にご予約 TEL 072-848-1105 ください。

カテゴリ: 口腔ケア

 手動vs電動 歯みがきをめぐる仁義なきたたかい
 一体、どちらが主導権を握るのか――。
 スポーツの実況ではありません。実はこれ、毎日の口腔ケアに欠かせない歯ブラシの話。ドラッグストアでは様ざまな種類の歯ブラシが棚いっぱいに並んでいます。一方、家電量販店では最新式の電動歯ブラシがこちらもズラリ。歯みがきをめぐって手動と電動の争いが続いています。
 現在のシェアは手動が8割、電動が2割と言われており、電動を使う人が少しずつ増えている傾向にあります。
 手動のメリットは何と言っても価格が安いこと。毛先が傷んでも気軽に交換できます。種類も豊富で、自分に合ったサイズや硬さを選べます。その一方で、小刻みに動かさなければうまく磨けません。
 電動は高価で種類が少ない反面、手動と比べて短い時間で磨くことができます。あまり腕を動かす必要がないので楽にブラッシングができます。
 それでは、しっかり磨けるのはどちらでしょうか。歯ブラシの違いによるプラーク(歯垢)の除去率を調べた研究では、手動も電動も除去率は6~7割ほどで両方とも磨き残しがありました。ブラッシング能力に大差はない、というのが実情のようです。
 磨き残しの大きな原因は歯ブラシの毛先がプラークに届いていないことにあります。
 プラークは歯と歯の間、歯と歯肉の境目などに多く潜んでいます。歯の表面を磨くだけでは取り除けません。意識的にプラークがあるところに歯ブラシを当てる必要があります。
 歯ブラシが届かない部分は歯間ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)の出番。しっかり取り除けば、歯垢除去率を9割にまで高めることができます。
 残りの1割のプラークの除去はセルフケアでは困難です。手動・電動にかかわらず、歯科医院で定期的に口腔ケアを受けてくださいね。

 歯と歯の間の汚れは歯ブラシだけでは落とせず、むし歯や歯周病の原因になります。1日1回は歯間ブラシを使用することをお勧めします。
 ▽スムーズに入るサイズを
 歯間ブラシには細い順に4SからLLまで7サイズあり、自分の歯ぐきの隙間に合ったサイズを選ぶことが重要です。挿入した時にスムーズに動かせることが目安です。歯間ブラシが入りにくいところに無理して入れたりワイヤー部分でこすったりすると歯や歯ぐきを痛めてしまうこともあります。最小サイズの4Sが入らない場合は、デンタルフロスを使いましょう。
 ▽痛んだら交換
 歯間ブラシは歯ブラシのように洗って、繰り返し使うことができますが、毛が痛んだり、ワイヤーが曲がったり、グラグラし始めたら、交換の目安です。
 歯ぐきに炎症がある場合、出血することもあります。毎日使用していても出血が続くようでしたら歯科医院へご相談ください。

 口臭の種類は大きく4つに分けられます。
 生理的口臭・・・唾液には口腔内を洗浄、殺菌する作用があります。起床時や空腹時、緊張時など、唾液の分泌量が少なくなることで口臭が発生します。
 病的口臭・・・歯周病、むし歯、歯垢、歯石など口腔内の原因と、呼吸器系、消化器系の病気、糖尿病などで口臭が発生します。
 外因的口臭・・・ニンニク、ニラなど臭いの強い食べ物を摂取した際や、アルコール、タバコなどを摂取することで口臭が発生します。
 内因的口臭・・・特に口臭に異常が認められなくても、口臭があると思い込んでしまう場合です。
 これらの中で多数を占めるのが病的口臭です。予防のために、ブラッシングや歯間の清掃(デンタルフロス、歯間ブラシなど)によって、お口の中の細菌を減らしましょう。マウスウォッシュやデンタルリンスを併用するのも効果的です。また、定期健診を受けてお口の中にむし歯や歯周病があれば早めの治療をお勧めします。正しいブラッシング方法などをもう一度確認することも大切です。

 スーパーや薬局にはたくさんの種類の歯磨剤が並んでいます。歯磨剤を選ぶ時は表示された成分を参考にしてはいかがでしょうか。
 歯質を強化し、むし歯を予防する目的なら「フッ化ナトリウム」や「モノフルオロリン酸ナトリウム」が入ったものを。知覚過敏の方は「硝酸カリウム」や「乳酸アルミニウム」入りを試してみてください。
 歯の摩耗が進んでいる方や電動ブラシをお使いの方は、研磨剤無配合の製品がお勧めです。歯周病が気になる方は殺菌・消炎・血行促進作用のある成分が含まれているものが良いでしょう。
 多くの歯磨剤には清涼剤や発泡剤が配合されています。つけすぎると泡立ちや清涼感が出るため、磨いた気になってしまうので注意しましょう。使用量の目安は豆粒程度と言われています。
 どの歯磨剤を使うにしても丁寧なブラッシングが大切です。一本一本しっかり磨いてくださいね。歯磨剤の選択に迷う時は歯科医師や歯科衛生士に相談してください。

 毎日2~3回歯みがきをしていても、むし歯になりやすさ(う蝕リスク)は人によって異なります。むし歯の発生はブラッシングだけでなく、食生活や唾液・歯の質にも左右されるからです。
 基本的な予防法は①ブラッシングでむし歯菌を減らす②砂糖の摂取量を減らす③フッ化物で歯を強くする――の3点ですが、それでもむし歯ができやすい人は要注意。う蝕リスクが高い可能性があります。下記に沿って食生活を改めて見直すと良いでしょう。
 ▽間食の回数を減らし、ダラダラ食いはやめる
 ▽砂糖を多く含むジュースやスポーツドリンク、缶コーヒーなどは控える
 ▽甘いものが食べたくなったらキシリトールなどの代用糖を使用したものにする
 ▽アメやキャラメルといった口の中に長く残るお菓子は避ける
 フッ化物配合の歯磨剤でブラッシングした後は、ゆすぎ過ぎないこともポイントです。スウェーデン式の「イエテボリ法」ではフッ化物を口の中に残しておくため、歯みがき後は10㍉リットルほどの少量の水で1回だけゆすぐことが効果的としています。
 また、歯科医院で高濃度のフッ化物を塗布することや、セルフケアで低濃度のフッ化物を毎日塗布することも有効です。気になる方は一度ご相談ください。

 口の中が粘つく、口臭が気になる、口内が乾燥するなどの症状はありませんか?
 加齢などの影響で唾液量が減る「ドライマウス(口腔乾燥症)」が疑われます。最近では高齢者だけでなく、不規則な食生活やストレスなどの影響で中高年の方も増えています。
 ドライマウスの原因には加齢の他に糖尿病、腎不全などの内疾患、内服薬の副作用など様々です。ドライマウスによって唾液の分泌量が減ると、唾液のもつ浄化・再石灰化などの働きが弱まります。そのため、むし歯になりやすくなったり、口臭がきつくなることがあります。入れ歯が密着せず、装着感が悪くなることも。
 ドライマウスを改善するには、▽よく噛んで食事をする▽デンタルリンスや保湿剤を使用する▽適度に水分を取る▽薬を変更・調整する-など原因に応じた対処法が求められます。ここでは簡単な唾液腺マッサージを紹介します。
①耳下腺マッサージ
 4本の指を頬に当て、上の奥歯のあたりを後ろから前へ向かって、円を描くように10回刺激します。
②顎下腺マッサージ
 親指をあごの骨の内側のやわらかい部分に当て、耳の下から顎の下まで5カ所を順番に左右10回ずつ押し当て刺激します。
③舌下腺マッサージ
 両手の親指をそろえて、顎の真下から突き上げるように、10回ゆっくりぐ~っと押し刺激します。

 ワンタフトブラシは毛束が一つしかない通常の歯ブラシよりヘッド部分が小さい歯ブラシです。通常の歯ブラシではみがき残しがちな部分を集中的に清掃するのに便利です。
 次のような箇所はみがき残しやすくなります。

 ・生え変わりの永久歯や親知らずなど歯ぐきが被っていて生えきっていない歯
 ・ブリッジの入っている所
 ・歯と歯ぐきの境目
 ・歯並びの悪い所
 ・矯正装置の周り
 ・一番奥の歯の裏側
 ・上の前歯の裏側

 通常の歯ブラシと同じように、歯ぐきの状態に応じて毛のかたさを選びます。
 歯周病で歯ぐきが痛む場合や、歯ぐきが下がり、歯の根が露出している場合は「やわらかめ」がオススメです。
 柄の形には「ストレート」タイプと「カーブ」タイプがあります。「カーブ」タイプは、一番奥の歯の裏側に適しています。
 ワンタフトブラシを使っても使い方がまずくては効果は半減です。磨き方のポイントをスタッフにお尋ね下さい。

↑このページのトップヘ