定期健診で来院されている患者さんから歯周病治療後のメインテナンスの間隔を聞かれました。一連の治療によって歯周病は改善しますが、再発の危険性が高いため、メインテナンスは欠かせません。
 間隔は、病状の具合によって異なりますが、3カ月間隔が一般的です。
 治療終了直後は1カ月ごとに来院し、状態に応じて3カ月~6カ月間隔になる場合もあります。
 近年、インプラント周囲炎も増えています。インプラントの周りは天然歯よりも歯周病に感染しやすく、気付きにくいといわれています。
 こまめなメインテナンスをこころがけたいですね。