「食後30分間は歯磨きしてはいけない!」との報道がテレビ等で伝えられています。これは殆どの人には当てはまりません。食後すぐに歯磨きしましょう。例外として酸蝕症の方は、食後30分以上経ってからの歯磨きがお勧めです。(小児歯科学会)
 酸蝕症とは、酸性の飲食物や胃酸によって歯が溶けてしまうことで侵蝕症とも言います。
 柑橘系果物・黒酢ドリンク・炭酸飲料・スポーツドリンクを頻繁にチビチビ摂取される方や、逆流性食道炎・拒食症・アルコール中毒・摂食障害など嘔吐を伴う方は要注意です。歯の表面が常に「もろい」状態になっています。食後30分は酸性度が高まる為、更に歯が傷つきやすいので唾液の作用で中性に戻るのを待ってから歯磨きを開始しましょう。