あっ?!かぶれちゃった

かぶれ・アトピー性皮膚炎・肌荒れ・にきび・手湿疹… スキンケアで肌質改善・アンチエイジングしてみませんか? 

ミーコの店公式ブログです。お肌の悩みならミーコさんに聞いてください。
そして元気な肌を取り戻す方法を覚えて、習慣づけて・・・平凡な毎日を取り戻しましょう。

手荒れ・主婦手湿疹スキンケアサンプルセットを購入後によく質問をいただきます。

8点の携帯サイズを使ってみて、感触的に手ごたえを感じても実際にすべてを購入するのは面倒だし、金額的にも大変!


では、どの商品から始めたらいいのでしょう?


コクレイ・アビエル商品は、弱った皮膚機能を回復させるために開発されたスキンケア商品です。
赤ちゃんからお年寄りの方まで、全ての方が様々な使い方でその人の持つ本来の健康な肌を取り戻す事ができます。
安心してお使いください。

皮膚トラブルは、こんな感じで進行していきます。
 =擇漾δ砲澆魎兇犬
◆々犯叩覆Δ歎譟μ唳抃豐匹稜卜による発赤)
 丘疹(皮膚の盛り上がり)
ぁ/緞◆小水泡(水ぶくれ)

ここからは、その時又はその人によって

ァ’吹廖頁燭諒泌)
Αー晶瓠柄反ケ佞諒泌)
А,さぶた
─[擽(鱗状の皮膚の剥離)
 苔癬(角化)

のような症状を繰り返しながら皮膚亢進により回復していきます。


見た目は良くなって見えても皮膚のターンオーバーは、42日〜46日かかります。
そして季節の変わり目やストレス・睡眠不足・暴飲暴食などが続くと風邪を引きやすくなるのと同じで、もともと弱い皮膚の部位はどうしても反応してしまいます。


ただしその場合絶対にシグナルがあるはずです。


壊れてから治すのではなく、壊れかけた時に徹底してスキンケアをすることで以前のような苦しみを味合わずに済みます。

きれいに治った後でもそのことは、忘れないでください。


※ お風呂に入る時に絶対にゴム手袋をしないでください。


アビエルPLボディシャンプーで素手で体中全身洗ってください。
手が蒸れること、そしてかきむしってしまうことで症状は悪化してしまいます。


コクレイ薬用育毛剤は、自然治癒力・免疫力・バリア機能の回復、正常な皮膚亢進の回復を図り、正常菌叢のバランスを回復するためのバクテリオシンを増やすことができます。
表皮・基底細胞の増殖促進、真皮・線維芽細胞の活性、アレルギーの抑制、細胞障害物質の解毒、好中球の過敏になった状態を正常に戻すことで自己免疫疾患は治まってくるんですよ。
薬では絶対にできないことです。
そして全身にお使いになれます。


コクレイオイルエッセンスは、被覆膜の代わりとなり、皮脂腺の機能回復・ビタミンDの形成・保湿成分を逃がさない・外界刺激物から皮膚を守ります。
実は、健康な肌の人でも被覆膜は4時間で酸化(腐敗)していきますが、それを食い止める作用があります。
ちなみに弱った肌の被覆膜は30分持たないと言われています。
酸化した被覆膜は、細菌の餌となり、皮膚を刺激します。
怖いですよ。


薬用アビエルPLクリームは、セラミドの形成・保湿成分NMFが角質層の隅々に浸透して潤わせ、ノリの役目をします。
早くなっている角質の剥離を遅らせることができます。
コクレイ薬用育毛剤の成分も含まれるので、自然治癒力の強化が図れます。
だから回復した後は、アビエルPLボディシャンプーと薬用アビエルPLクリームだけでのケアだけでも良い状態がキープできるようになってきます。


薬用アビエルPLクリームSは、薬用アビエルPLクリームの2倍スクワランオイルが入っていますので、荒れて、割れて痛い皮膚に効果があります。
コクレイ・アビエル商品を使い始めは角質がどんどん入れ替わろうとして剥離していきますので、落ち着くまでは薬用アビエルPLクリームSの方をお薦めしています。


代表的な商品の説明をしました。


コクレイ・アビエル商品を始めてお使いになる人たちに最低限でお勧めしている商品は、アビエルPLボディシャンプー コクレイ薬用育毛剤薬用アビエルPLクリームSです。

まずはこの3点からケアしてみてください。


コクレイ薬用育毛剤薬用アビエルPLクリームSを1:1で混ぜたものをいつも持ち歩きましょう。

ムズムズした時には、何かを手が嫌がっています。

その度、それをアビエルPLボディシャンプーで洗い流すことから始めてください。

そしてサボってしまっている肌が本来やらなければならない仕事をコクレイ・アビエル商品が手伝ってくれますので、やはりその都度スキンケアを行ってください。


始めは30分起きかも知れません。
みなさん最初の1か月目2カ月目は頻繁にコクレイ・アビエル商品をお求めになります。


でもここで怖がらずに上手にステロイド軟こう も取り入れてみてください。
一日にスキンケア商品を使う頻度が激変します。


そして症状が落ち着いてくれば、一日中手のことを忘れて何もスキンケアをすることも忘れていられる日は必ず来ます。


1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後。
それは症状、正しいスキンケア、生活習慣や生活環境など個人差がありますので何とも言えませんが、続ける強い意志とクヨクヨしない、落ち込まない、かきむしらない、蒸らさないことができれば必ず治ります。


個人的にもご相談をお受けしていますので、一人で悩まずにご連絡ください。


私は自律神経が過敏なのでちょっとしたことで傷つき、臆病になり、わざと強がったりしてしまう弱い人間です。
そして一人になって尚、落ち込んで自分の事を否定し出し、鬱っぽくもなってしまいます。
だから足汗や手汗や頭皮の汗が半端ありません。

疲れている時やストレス性の汗は、サラサラしていません。
体の中の老廃物やアセチルコリンが混ざって独特の臭いもあります。

そんな汗に元々免疫性の弱い部位が覆われて居る時間が長いほど皮膚が疲れ切ってしまいます。
皮脂膜もすぐに酸化してしまいます。
酸化した皮脂膜はもはや防御するのではなく、皮膚にとっての毒となってしまいます。

そんな汗により、耳後ろや首や脇や脛がただれだすとヒリヒリ痛く、又治りにくい部位なので困ってしまいます。

そして・・・最近気が付いたのです。

・コクレイオイルエッセンスでまずは、健康な皮脂の生産を促さなくてはいけない。
・弱った角質を優しく包み込んで、剥がれやすくすることも必要だ。
・弱った皮脂腺の回復や露出した表皮層の保護やセラミドやNMFの流出も防ぎ、尚且つコクレイオイルエッセンスで被覆膜を形成することができる。

<湿疹・痒みに対して、コクレイオイルエッセンスの効果を発揮させる方法>

夜、お風呂に入る前に弱ってしまった部分だけでもいいですからコクレイオイルエッセンスをたっぷりと手に出し、撫でつけて気持ちのいい強さでマッサージしましょう。

時間があったらサランラップを巻いて30分ほど放置します。
時間がない時は5分程湯船の中でマッサージをする方法でも効果はあります。

ヒノキチオールのスース―する感じがかゆみを感じている肌にはとても心地いいんです。

その後、アビエルPLボディシャンプーの原液をつけて撫でるように肌に塗っていきます。
弱っている肌に原液をつけて、ビショビショにしたタオルで気持ちのいい強さで撫で洗いをして健康な肌にも伸ばしながら洗っていきます。

よくシャワーで洗い流してください。

少しぬるめの湯船に入って、手足を中心にリンパマッサージをします。
一日の疲れを取ることも健康な肌を取り戻すためには重要です。

少しのぼせたり、汗を掻いて痒くなりそうになったら水シャワー、無理なら限りなく水に近いシャワーをかぶって体を冷やします。
この時に息をふーっとは来ながら水をかぶると以外と我慢でき、徐々に気持ちよく感じます。
皮膚表面が冷えて、体の芯は返って温まることができます。

そしてもう一度湯船に入りましょう。
私はこの瞬間の肌のチクチクする間隔が好きです。

弱っている毛穴の機能回復も図れますが、自律神経を正常に戻す働きも期待できます。
自律神経は冷やすと交感神経、温めると副交感神経が活性します。
冷やすと熱を逃さないために血管が収縮し血行減少に、逆に温めると血管を拡張して血行促進になります。
そして温める行為と冷やす行為を交互にすることで、副交感神経と交感神経が両方とも刺激されるので乱れた状態が回復していくことができます。

お風呂から出たらタオルでしっかりと水分を拭き取り、コクレイ薬用育毛剤・コクレイコレクションエステローション ・コクレイオイルエッセンス1:1:1を気になる弱った部位を中心に塗布していきます。
その後、薬用アビエルPLクリーム(薬用アビエルPLクリームS)をつけます。

セラミドやNMFの流出を防ぎ、外界刺激物の防波堤になりますので、過敏になった白血球による湿疹の出現も起きにくくなります。

何も考えずにここまでの工程を進めてみてください。
一晩だけのケアでも肌が喜んでいる感覚を味わうことができるでしょう。
そして湿疹や痒みが我慢できる範囲内に治まって、不快な思いをしないで眠ることができます。

毎日の積み重ねで、少しづつ健康な肌を育てていきましょう。

そろそろ、湿疹やただれや激しい痒みやゴワゴワになった皮膚から解放してみませんか?

このサイトは、皮膚機能を回復していく為にコクレイ・アビエル商品を使って、湿疹やただれや激しい痒みやゴワゴワになった皮膚から解放するための道しるべです。

私は、ちょっとストレスを溜めたり、頑張り過ぎて疲れたりなど体や心に負担をかけるとまずは足の指や足の裏が、自分の汗に負けてこんな画像のような症状になります。

IMG_2987IMG_3227昔、皮膚科に行ったら水虫と診断され抗菌剤の塗り薬を出されました。

とても痛くって痒くって掻き毟りたくなりますよね。
だから医者の言われた通りにまめに薬を塗って・・・結果、ただれてプクプクに腫れあがり膿血が出ました。



あれから抗菌剤はとても嫌いです。

その時に私が行なった事!!
 ^貽3回以上は足を洗いました。
ムズムズしたり掻き毟りたくなったりするたびに洗いました。
もちろんアビエルPLボディシャンプーの原液をたっぷりとつけてやさしく丁寧にぬるま湯で洗いました。
◆/棒茲鬟薀ぅ拭爾脳討い毒燭鮟个靴泙靴拭
 コクレイ薬用育毛剤・コクレイオイルエッセンス・コクレイコレクションエステローション1:1:1をたっぷりとつけて浸透後、薬用アビエルPLクリームSをたっぷりとつけ乾くまで放置です。

一日目の夜・・・痒くって痛くって半べそで寝ました。
二日目も同じようにケアしました。
でも寝る時には昨夜の痛い痒みは50%になっています。
三日目も同じようにケアしました。
でも昼間の痛みや痒みはほぼ感じなくなっていたした。
だからそんなに洗っていません。
夜は、痛い痒みは10%になっています。
見た目の回復も3日目には目覚ましいものがあります。

一週間後ほぼ完治しています。

でもここからが人間の弱いところです。
ちょっと改善してくるとすぐに手を抜きます。
辛い時には、一生懸命ケアする。
でもちょっと回復するとまあいいかと手を抜いてしまう。

しっかりと回復するまでは、ムズっとする合図を見逃さずにすぐにアビエルPLボディシャンプーで洗う癖をつけましょう。
そして調子が良くなってもせめて夜だけでもしっかりとケアして弱い部分は自分が一番分かっているのだから、普段からスキンケアを習慣づけてください。
そうすればちょっとやそっとでは、ひどい症状になることはありません。
その前に勿論ムズムズし出すので、その場でしっかりと洗ってスキンケアをしてしまいます。

良くなってもこの事はしっかりと心に刻んで置いてください。

この度、日興ビューティ株式会社の製造委託会社変更に伴い、コクレイオイルエッセンスの成分からオレンジ油・ユーカリ油の2点が成分から外されました。

オレンジ油は、香料として商品の鉱物臭を抑えるためだけに存在し、効用には何ら影響していないので、安心してご使用ください。

全体の配合バランスも微妙に変えましたので、使用感(スース―する)や臭い(鉱物臭が感じる)が慣れるまで気になる方がいらっしゃると思いますのでご報告いたします。

オレンジ油・ユーカリ油が外れたことで、トコフェロールや ヒノキチオールのパーセンテージを上げることができました。

<トコフェロール(ビタミンE)の効果>
脂質の抗酸化作用により、肌あれの原因となる過酸化脂質の発生を防ぎます。
また、皮膚の末梢血管を拡張して血液循環を促進する働きや皮膚の角化を促進する働きを持ち、肌あれ防止効果があるといわれています。
肌に対してだけでなく、油分全般に強い還元力を発揮するため、油を使った食品にも安全な抗酸化剤として配合されています。
発毛促進剤にも利用されるほか、医薬品として内服・外用に使われることもあります。 食品では、酸化防止剤として使われています。

<ヒノキチオールの効果>
育毛面での効果が非常に注目度が高まってきています。
強力な抗菌作用によりフケやカユミを防ぐこと、そしてもう1つの効果が重要なのですが、それは毛母細胞の細胞活動を活性化させる点です。
ヒノキチオールはホルモンバランスには影響を与えずに、毛母細胞を直接的に活性化させる効果があるようです。

強力な殺菌・抗菌作用があります。
炎症を鎮める優れた消炎作用があります。
強い皮膚浸透作用があります。
これらの効能は、さらにお互いが協同しあってマルチシナジー(多機能相乗効果)と呼ばれる高い効果を発揮します。
多角的、多面的に作用し、すこやかな肌の美しさを保ちます。

ターンオーバーが正常化され、メラニンの排出がスムーズになり、さらにしみ・そばかすの生成を抑える働きもあります。

1月24日に告知しました、コクレイ・アビエル商品名、変更第一号が登場しました。

シワ取り・引き締め効果や細菌感染症改善や古傷の修復効果として今まで親しまれてきました、薬用アビエルアシッドローションがすべて在庫が終了しました。

商品名を改めまして、本日入荷いたしました。

スプレイヤーの部分がシルバーからゴールドに変更になっています。

成分内容に変更はありません。

どうぞお見知り置きください。

コクレイコレクションエステローション 120ml   6,480円
コクレイコレクションエステローション 120ml







コクレイコレクションエステローション
 携帯用 10ml  540円
コクレイコレクションエステローション 携帯用 10ml





















このページのトップヘ