あっ?!かぶれちゃった

かぶれ・アトピー性皮膚炎・肌荒れ・にきび・手湿疹… スキンケアで体質改善してみませんか? 

肺がん、胃がん、大腸がん検査結果を、10月26日聞きに行ってきました。
因みに今年の胃の内視鏡は、口から入れたのに全然辛くありませんでした。
内視鏡を入れる寸前に口の中にシュッシュッとスプレー式の麻酔薬をしてくれたのが良かったのかな?
先生も看護師さんもとても優しく不安にならないように気を使ってくれました。
来年は指名できたら、しようと思います。
組織を一カ所取りましたが、問題はなかったようです。
大腸のポリーブも10個ほどありましたが、まだ小さいので経過観察という事で今回は、切除無し。
肺は去年と今年、どちらも変化なく、とてもきれいですと言われました。
タバコ歴の長い私としては、意外です。
メタボ検診もダイエットの成果が出て、全て正常値。
血液もサラサラだそうです。
検査結果は、健康体。

それでも体のあちこちが硬直して痺れたり、呼吸困難に陥ったり、関節痛や神経痛で辛くても・・・今の医学的な結論は加齢と言われてしまうのでしょうか?

ストレス、緊張、恐怖、そして歓喜(過換気症候群)も今の私には気をつけなければならないことのようです。

静かにゆっくりと生活し、楽しめること(ガーデニング)を続けていけば、体は苦痛を訴えなくなる・・・そう信じて日々を過ごしています。

そして頑張ってダイエットしたのだから今度こそリバウンドしないように気をつけよう。
そんな私が気が付いたことがあります。
それは骨盤の位置を整えること。
極真空手の練習でよく教えてもらったことを思い出しながら、腰の位置を調整しています。
あの頃よく解らなかったことが今頃になってイメージできるようになったのです。

お尻を前に押し出し、お腹をクの字に曲げる。
上半身を後ろにそり胸を張り、肩の力を抜く。
首や肩の筋肉の硬直が強すぎて神経がいつもビリビリしているのだけれど、丁度いい位置に上半身が腰に乗った瞬間、サーと痛みが引く位置があります。
そして腰から前に押し出すように足を出すように歩く。
するとかかと体重にならずに、土踏まずに力を入れることができ、足の5本指で地面をつかむ感じがします。

おおこれだって思いながら、キンタロウの散歩の時に実践しています。

まだうまくいく時とそうでない時があり、体に無駄に力が入っていますが、この姿勢だと背筋と腹筋を同時に使うので、結構散歩から帰ってきた時に疲れています。

一年後に神経痛の飲み薬が減っていること、今より健康になっていることをイメージしながら続けていこうと思います。

ツルバラの苗を植えました。
クリスティアーナという名前のツルバラです。
2年前に熊谷に引っ越してきた時に記念になるようにネット上で見つけたお店で買った、ガートルードジェキル イングリッシュローズが、とっても大輪でいい香りがするので、同じショップで購入しました。

IMG_3083

























IMG_3081


























こんな感じで送られてきました。

IMG_3086
























IMG_3088



























深さ50センチ幅50センチ土を掘る。
結構大きな穴です。
バラの土が一袋14リットル×2入りました。
説明書通りに丁寧にバケツ5杯分の水を少しづつ加えながら周りの土も揉み込んで被せていきます。
10月8日の夕方バラが届いてすぐに植えました。

IMG_3101























IMG_3100





























そして10月17日にはもう芽が膨らみ始めています。
早い?!
たっぷりと栄養を吸って朝日をいっぱい浴びてすくすく育ってくれますように!
このクリスティアーナとういツルバラは、開花した時に花は中輪ですが、四季咲きで房になって、カップ咲きの花を咲かせます。
その香りは、なんとほのかにレモンの香りがするそうです。
想像しているだけで楽しくなります。
枝は2メートルほどまで伸びるみたいで、気が早いかもしれませんが、ラティスも買ってしまいました。
アイアンフェンスだと夏にかなり高温になるので、他のバラの枝が可哀想でした。
他のバラで経験済み。

庭いじりを始めると時間を忘れてしまいます。
雑草や毛虫ややぶ蚊と戦いながら、消毒をしたり、栄養剤を与えたりしながら、でも病気になっていろいろ調べて勉強もして、少しづつ花たちの育て方(気持ち)が解ってきました。
そして手の乾燥や手荒れや指先の割れとも上手に付き合っています。

2
6月に一度、胃がん肺がんの検診を受けに行くと、前日21時以降飲食はしないでくださいという言葉を勘違いして、お水だけは大丈夫と思って検査に向かい、怒られました。
皆さんも気をつけましょう。

今夜から絶対に明日の朝8時30分集合まで一切何も口にしません。
そして無事胃がん肺がんの検査を受けるよう心を静めて、今夜は22時には寝ようと思っています。

そんな私は、夕方いつもの熊谷ラグビー場にキンタロウの散歩で行ってきました。
IMG_3068sIMG_3067sIMG_3066s
すっかり秋化粧になって渡り鳥の鴨で池がいっぱいでした。























眺めているだけで心が癒されます。
去年はよく食パンを毎回持って来たら、かなりな疲れていつも集まってきてくれました。
















キンタロウはそんな時にひと声も上げずじっと私の横で見ていました。











そして帰ってから明日に備えてヘナのオレンジブラウンで髪を染めました。
少しでも小奇麗にしていった方が、心の準備ができるように思えたからです。
IMG_3075s

皆様お久しぶりです。

きれいに染まって取り敢えずご機嫌な写真です。
すっぴんで失礼します。

敏感肌なのでよっぽどでない限り、化粧はしていません。
でもここのところ体調は安定していますのでご安心くださいね。







先週の10月12日は大腸の内視鏡をしました。
3日前から食事を気をつけて朝から病院で午前中いっぱい下剤を飲み続け、順番を待つという、過酷な一日でした。
それに比べれば、飲まず食わずの12時間ぐらい問題ありません。
でも胃カメラは去年かなり苦しかったので覚悟を決めてのやはり一日になると思います。

でも定期的に検査をしておくと後で後悔が少ないと思います。
みなさんも是非、面倒くさがらずに、市の定期検査や区の定期検査は、お金もほとんどかからないので受けましょう。

遂に米食品医薬品局が抗菌石鹸等の販売を禁止にするとのニュースが出ました。

 

添付しましたファイルは日本経済新聞社93日の記事です。

 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H1D_T00C16A9CR0000/

 

【ワシントン=川合智之】米食品医薬品局(FDA)は2日、抗菌作用のあるトリクロサンなど19種類の殺菌剤を含む抗菌石けんや ボディーソープなどを販売禁止にすると発表した。通常のせっけんより殺菌効果があるという根拠がなく、長期使用の安全性も検証されていないとしている。

一部の米企業はこうした殺菌剤の使用をすでに中止した。トリクロサンを含む製品が多く流通している日本でも影響が出そうだ。

規制対象となったのはトリクロサン、トリクロカルバンといった殺菌剤を含むせっけんやハンドソープ、ボディーソープなど。
トリクロサンは殺菌効果などをうたう液体抗菌製品の93%に含まれており、2千種以上が販売されているという。

 FDAは「消費者は抗菌せっけんは細菌の増殖を防ぐのにより効果があると考えがちだが、通常のせっけんと水より有効だという科学的根拠はない」と 指摘した。さらに「殺菌剤は長期的に利点よりも有害となりうる可能性があるとの指摘もある」と警告した。

 一部の研究によると、殺菌剤を使うことで耐性菌が増えるリスクがあるほか、 ホルモンの働きを阻害するなど健康への影響を懸念する意見もある。FDAは2013年、衛生製品メーカーに、 トリクロサンなどの有効性と安全性のデータを提出するよう要請し、販売規制の是非を検討してきた。

今回の規制対象に消毒液や医療機関向けの製品は含まれていない。FDAは通常のせっけんと水による手洗いを推奨しており、 石けんがない環境ではアルコール消毒液の使用を勧めている。
トリクロサンは抗菌成分を持つ物質として、多くの日用品に含まれている。米国ではトリクロサンを含むせっけんが40年以上前から市販されている。
日本では1990年代に病原性大腸菌O157の被害が広がると抗菌剤に注目が集まり、トリクロサンが配合された薬用せっけんなども広く使われるようになった。




私は、ホームページやブログで一般に使われている化粧品やスキンケア商品に使われている抗炎症剤や抗菌剤の危険性について、普段書いてきました。


抗炎症剤や抗菌剤入りのスキンケア商品を長期で使い続けることで皮膚免疫性や正常菌叢のバランスの崩壊が起き、弱い皮膚が形成されてしまい、様々な皮膚疾患や皮膚トラブル(手荒れ・手湿疹・アトピー性皮膚炎・自己免疫疾患・過敏症・尋常性乾癬・)がいつ起きてもおかしくない予備軍の肌をを作り続けていることを一般消費者の方々が広く認識されたことと思います。


日本はそれでもまだ5年ぐらいは禁止にならないでしょう。

でも弱ってしまった肌を抱えて苦しんでいる人はもうこの国でも増え続けています。


コクレイ・アビエル商品は、全て天然物の抽出液と商品が腐らないための策としての防腐剤(パラベン)のみで作られています。

すべての皮膚疾患で苦しまれている方たちの皮膚機能を回復するために作られたスキンケア商品です。

もちろん生まれたばかりの赤ちゃんのあせもやおむつかぶれから寝たきりになってしまったご老人の床ずれや老人臭の改善にもお使いになってください。


私はできるだけコクレイ・アビエル商品について、ご相談をいただいたお客様とは一人一人とコミュニケーションを取るようにしています。

一人で悩まずにどんどん相談してください。

そして全ての方がストレスから解放され、健やかに毎日を過ごせるそんなお手伝いができたらと思っています。


 

昨日は芝刈りハサミで水ぶくれになり辛い思いをしました。
そしてしっかりとコクレイ・アビエル商品でスキンケアを夜と朝と夕方シャワーを浴びてからした結果報告です。
翌朝報告のはずが、月曜日は仕事が忙しく、病院にも行く日で、帰ってから続きの仕事をして、全て終わったらこんな時間になってしまいました。

一週間で一番不健康な生活を送ってしまいます。

という事で取り敢えず夕方の写真。
芝刈りで水ぶくれ翌日


































そしてさっき撮った写真です。ほぼ水泡は吸収されて感覚的にもチクチクジンジンしなくなりました。
軽度の火傷や日焼けのアフターケアは実はコクレイ・アビエル商品の得意分野です。
芝刈りで水ぶくれ翌日2


























明日の夜にはもう水ぶくれは跡形もなくなっていると思います。
芝刈りで水ぶくれ翌日3

続きを読む

このページのトップヘ