あっ?!かぶれちゃった

かぶれ・アトピー性皮膚炎・肌荒れ・にきび・手湿疹… スキンケアで体質改善してみませんか? 

昨日は芝刈りハサミで水ぶくれになり辛い思いをしました。
そしてしっかりとコクレイ・アビエル商品でスキンケアを夜と朝と夕方シャワーを浴びてからした結果報告です。
翌朝報告のはずが、月曜日は仕事が忙しく、病院にも行く日で、帰ってから続きの仕事をして、全て終わったらこんな時間になってしまいました。

一週間で一番不健康な生活を送ってしまいます。

という事で取り敢えず夕方の写真。
芝刈りで水ぶくれ翌日


































そしてさっき撮った写真です。ほぼ水泡は吸収されて感覚的にもチクチクジンジンしなくなりました。
軽度の火傷や日焼けのアフターケアは実はコクレイ・アビエル商品の得意分野です。
芝刈りで水ぶくれ翌日2


























明日の夜にはもう水ぶくれは跡形もなくなっていると思います。
芝刈りで水ぶくれ翌日3

続きを読む

手動の芝刈りハサミをホームセンターで買いました。
女性でも簡単にできると言う謳い文句と電動は結構高かったので手が出ませんでした。

それでも8,000円近くしました。

今日で使ったのは8回目です。
だいぶ使い方も様になって刈りあがった芝を見ると納得です。

面積にして畳3枚分くらいのスペースを2時間ぐらいかけて刈り込みます。
雑草も一緒に刈ると解らなくなるのが面白いです。
かなり庭の手入れは雑草とそして蚊との戦いなんです。

去年はドクダミ草と戦いました。
土を50センチぐらいほり返して網の目状態の根っこを根こそぎ取りまくりました。

お陰で今年はほとんどドクダミ草はでなくなり、居ても根っこは深くなくかなり達成感に浸れます。

でも芝は、ほっておくと三つ葉や根っこの深い雑草があっという間に生えて、かなり力づくで抜かないと根っこが残って又すぐに生えてしまいます。

そんな雑草たちも一緒にハサミで全部切り込んでいくとその後意外と抜きやすくなります。
そして見た目芝に隠れてしまう雑草もいます。

実はそんな庭いじりは以外と楽しかったりします。
土や緑に触れることで心がとてもリラックスしていくのが感じられます。

でも毎回この芝刈りハサミで水ぶくれができます。
出来立てはかなり痛いです。
はさみと指の間で摩擦が起き、夢中になってやっているので最中は気にならないけど、汗だくになってシャワーを浴びる頃はぷっくりそしてチクチクとしてきます。

でも私には強い味方がいます。
こういう時こそコクレイ・アビエル商品の威力の見せ所です。
芝刈りで水ぶくれ2
































シャワーを浴びる前には、もっと水ぶくれが膨らんでいた気がします。
そしてしっかりとコクレイ・アビエル商品でケアした状態がこの画像です。

明日起きた時にもう一度画像をアップします。
お楽しみに!!


5
ミニバラの挿し木1
































初めてバラの挿し木をしました。
剪定をした後の枝をただ捨ててしまうのももったいないかなと何本か試しに挿し木をしてみました。
10本以上挿したのですがなかなか難しく、太い枝の方がみんな枯れてほぼあきらめていたら2本だけ葉が出てきて、今朝水やりをしていた時、子供バッタが葉先についているのかなと良く見たら花芽が出ている。

ミニバラの挿し木2
































凄く感激してしまいました。
まだ10センチほどしか伸びていません。
でも花は咲くんですね。

ミニバラの挿し木3
































そしてこちらはもっと小さいです。
大輪を咲かすバラの鉢の隅っこに刺した、それこそ小指ほどの枝です。

ミニバラの挿し木4
































そこに白い花芽が付いていて本当にびっくりしました。
どんな花が咲くか今から、ワクワクしてしまいます。
もう少ししたら別の鉢に植え替えてあげようと思います。


左顔面にでてきた帯状疱疹もだいぶ落ち着き、大きな出来物はかさぶたになり剥がれ、2個ほど未だシミのように残っていますが、得意のスキンケアで少しづつ薄くなりつつあります。
そして熊谷ペインクリニックで星状神経節ブロックを週2回続けているおかげで、帯状疱疹後神経痛も今のところ影を潜め、このままいけば順調に回復へと進んでいる模様です。

但し、帯状疱疹にかかった後、脳卒中(脳梗塞、脳出血など)のリスクが高くなるという恐ろしい話を聞かせれています。
脳卒中のリスクは、帯状疱疹発症後1〜4週(1.63倍)、5〜12週(1.42倍)、13〜26週(1.23倍)となっています。
とくに帯状疱疹が顔面三叉神経など目に近い場所に出た場合には、それぞれ1.82倍、3.23倍、1.41倍と、リスクが高くなるそうです。
そのため、帯状疱疹後の数日〜3カ月程度は、とくに注意が必要となのだとか。
また、顔面の帯状疱疹ほどリスクが高いのは、帯状疱疹ウイルスが脳血管に入って炎症を起こしやすいことが原因らしいです。

まだまだ油断はできないなと大人しく生活しています。

ただ、早めに抗ウイルス薬をしっかりと一日3回7日間飲み続けたので、脳卒中の発症リスクが約半分程度に低下するとのことです。

脳卒中になりたくないので今のところ禁酒を守って毎日ゼロビールを飲んでいます。
これならカロリーの心配もないのでこの機会に市のメタボ検診にも引っかからないようにバランスの取れた野菜中心の食事を守り、しっかりとダイエットを続けています。

ゼロビールGOLDZERO今お気に入りのゼロビールです。
日本ビールという会社の商品です。
最近初めて知りました。
味はかなりしっかりとしていてビール飲んでる気分。
でもこれ1本飲んでも42カロリー。
キャベツの千切りみずなやおくらやキュウリとリンゴや大根をざく切りにしてひきわり納豆とだし汁とからしで納豆サラダ汁だくでスプーンで食べるのにはまっています。
納豆を豆腐にしてもやっぱりおいしいです。
リンゴを入れるのがみそのようで食感と甘さがいい感じです。

ちゃんと仕事して庭の花いじりして、キンタロウと遊んで散歩して、ドラマを観ながらゼロビールを飲んでサラダ食べて寝るのが今の私の日課です。

8月頃にはアルコール復活できるようになっていたいです。
その為にも今はしっかりと睡眠を摂って体調と体重のコントロールを頑張ります。

1
左顔面が帯状疱疹になりました。

5月23日左のリンパ腺に違和感を感じるぐらいでした。

5月24日左のこめかみがズキズキ痛み出しました。
庭いじりをして頭皮が汗ばんだので、左頭皮に何か出来物ができたように思っていたら、その周りがズキズキ痛み出しました。
汗にかぶれやすいのでそんなに気にしないで、でも何で左ばかりズキズキうずくのかなって思い、風邪でも引くのかと感じていました。
ただ前日告別式で東京まで昼間出かけて、夜帰ってすぐ友達のカットをして、月曜は仕事量も多いので寝不足疲れていました。

5月25日少し左目が腫れて眉の下に出来物がぷつっと出没しました。
痒くってでも触るとピリピリ痛く、夜寝ていると出来物の周辺に虫が這っている感じがして、ムズムズ気持ちが悪かったです。

5月26日。突然襲ってくるズキズキ感はかなりひどくなってきました。
左目がお岩さんのようになってきたので、行きつけの皮膚かに電話をしたら、先生が学会に出席のため翌日予約を取りました。
ムズムズ、ピリピリ、ズキズキ、ヒリヒリ、そして高熱が出た時のような頭痛が突然襲ってきましたが、熱はでていません。

4













5月27日診察室に入るなり、先生に帯状疱疹だと言われました。
子供の頃かかった水ぼうそうのウィルスが神経細胞(神経節)の中で生き続け、ストレス.疲労.寝不足.加齢などで、身体が弱ると神経細胞をボロボロにして、真皮層そして表皮層へと出てきます。
顔にできるのは稀で、目の周りにできると角膜炎や結膜炎や運が悪いと失明することもあるし、難聴や顔面神経麻痺や脳が近いので脳膜炎などリスクが多く、入院して長期間の点滴治療になることもあるという事も知りました。
一日ファムビル錠2×3を一週間絶対に飲み続けないと帯状疱疹後神経痛を引き起こす可能性が高くなり、厄介な病気だと説明を受けました。
ファムビル錠、実は抗ヘルペス錠でとっても値段が高いです。
ジェネリックがないので、3割負担で7日分6,730円。
喘息の薬と神経痛の薬と合わせると今月は楽に3万円を超えてしまいました。
健康な体でいられることがどんなにありがたいか体が弱ってみて初めて痛感しています。

29












5月28日行きつけのペインクリニックに行くと先生がとてもびっくりして何をやったんだと怒られました。
とても心配して週2回喉に打つブロック注射(星状神経節ブロック注射)をしに来るよう言われました。
そして眼科にも行くよう警告され、土曜日の午後でも診療している眼科を探し、行ってみたらめちゃくちゃ混んでいて、14時に行って帰ってきたら20時でした。
ただ二次感染もしていると言われ抗生物質の飲み薬と抗菌剤の眼薬とゾビラックスの眼軟膏ともらえたので、ひと安心かなという感じです。
疲れ果ててしまいました。
これって本当は帯状疱疹にはよくないのではと思いつつ、早期のケアができることへの安堵感で複雑です。

 5月29日神経痛に効くリリカをペインクリニックに相談して一日225mg飲み続けていたので、タイミング的に帯状疱疹の痛みが軽減されていたように思います。
でも寝ている時に帯状疱疹のせいで、虫が目の周りを這っているような感覚はとても気持ちが悪く、怖かったです。

 5月30日だいぶ症状が治まってきました。
でも出来物の数を数えたら大小合わせて11個もありました。
その周りが、ムズムズ・ピリピリ・ズキズキ・スース―・グワングワン相変わらずしています。
少しづつ良くなって後遺症が残らないことを祈ります。
何の予告なく、体の片面のみズキズキ局所的にしだし、ビリビリヒリヒリする湿疹が出たら1日も早く皮膚科に行きましょう。

このページのトップヘ