あっ?!かぶれちゃった

かぶれ・アトピー性皮膚炎・肌荒れ・にきび・手荒れ・手湿疹・尋常性乾癬・赤ら顔・水虫・汗疹…。 毎日のスキンケアで肌質改善・アンチエイジングしてみませんか? 

ミーコの店公式ブログです。お肌の悩みならミーコさんに聞いてください。
そして元気な肌を取り戻す方法を覚えて、習慣づけて・・・平凡な毎日を取り戻しましょう。

手湿疹や手荒れがひどくなる原因は、
手が緊張している、汗ばんでいる、被覆膜が弱っている、細菌感染症が起きている、白血球が過剰反応しているなどが考えられます。
手が嫌がる物を遠ざける、洗い流す、皮膚機能を回復のために必要なスキンケア商品でこまめにケアする、睡眠を多めにとる工夫をする、食事のバランスを見直す、ストレスを出来るだけ排除する、日光浴を毎日15分以上して、免疫性を高める。
こんなことに注意して今以上酷くならないよう心掛けてみてください。

ミーコの店では、手荒れ手湿疹の様々な症状に合わせて低価格でお試しいただける
手荒れ・主婦手湿疹スキンケアサンプルセット
をご用意しています。
その場しのぎのスキンケアでは、その手はもう悲鳴をあげています。
皮膚本来の機能を取り戻すにはどうしたらいいか、少し考えてみる時期が来ているのではないでしょうか?
2020.2.1手荒れサンプル2
このエントリーをはてなブックマークに追加

5
縫わない貼らない手作りマスク第5弾 ガーゼハンカチとゴムで作るマスク
手作りマスク第5弾
使い捨てマスクのゴムと縦横24cmサイズのガーゼハンカチをバイアスで折って作るマスクの紹介です。
名付けてなんちゃって立体マスク。
実はバイアスに追って作るとお顔によりフィットしやすくなるんですよ。
笑っちゃうほど簡単に作れるのに、いざつけてみるとかなりフィットしてミーコなりのひと工夫を感じ取ってもらえるのではないでしょうか?
マスクをつけた時のお鼻周りに注目してご覧ください。
つけ心地にはかなり自信があります。
少し厚地のパイル素材のハンカチでもまた違った、つけ心地を楽しめますので、色々な素材のハンカチで試してください。

YouTubeで紹介していますので是非観に行って作ってみてくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

5

手作りマスク第4弾
縦横43cmサイズの木綿のハンカチと使い捨てマスクのゴム部分を使って折り紙のように折るだけで作れるマスクの紹介です。
木綿のハンカチで作るマスクはいっぱいYouTubeで紹介されていますが、ミーコなりにアレンジし、よりフィット感を目指して作ってみました。
しっかりとしていて崩れにくく、口元は60枚分の布の厚みが出ていますので、咳やくしゃみの飛沫をしっかりとガードでき、鼻の部分は布2枚になりますので、フィット感もありつつ、息苦しさも感じません。
木綿のハンカチのいいところは洗ってもすぐ乾くことです。
.色や柄で雰囲気も変わりますので、色々楽しめますね。

ハンカチマスクは折り方のひと工夫でつけ心地も変わってきますので、素材や大きさでいろいろおり方を覚えておくと便利かなと思います。

YouTubeで紹介していますので是非観に行って作ってみてくださいね。

縫わない貼らない手作りマスク第4弾 木綿のハンカチとゴムで作るマスク
このエントリーをはてなブックマークに追加

5

手作りマスク第3弾縦横24cmサイズのガーゼハンカチと使い捨てマスクのゴム部分を使って4工程で簡単に作れるマスクの紹介です。
笑っちゃうほど簡単に作れるのに、いざつけてみるとかなりフィットしてミーコなりのひと工夫を感じ取ってもらえるのではないでしょうか?
お顔の小さい人やお子さんは、縦横20cmサイズのガーゼハンカチで作ると丁度いいかもしれません。
そしてお子さんの場合は、4隅を針と糸で1点留めしておくと激しく動き回っても崩れないと思いますし、洗う時4か所を挟みで切れば半単にハンカチに戻せます。
簡単なマスク(ハンカチ)の洗い方の説明もありますので、最後まで観てくださいね。


YouTubeで紹介していますので是非観に行って作ってみてくださいね。

縫わない貼らない手作りマスク第3弾 ガーゼハンカチとゴムで作るマスク
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0712s2IMG_0709s2

















































縫わない貼らない手作りマスク第2弾キッチンペーパーで作る使い捨てマスク


縫わない貼らない手作りマスク第2弾
今日はキッチンペーパー3枚と市の使い捨てマスクのゴムを再利用した、使い捨てマスクを紹介したいと思います。
折り紙のように折るだけの14工程で完成します。
何度も作っていると10秒前後で、できるようになると思いますよ。
マスクを求めて一時間以上並ぶ時間とお金と3密のリスクを是非、手作りマスクで回避してくださいね。
そしてどうしても3密にいかなければならない時には、この使い捨てマスクを3枚程作り、ゴム一組とセットではがきサイズの密閉できる袋に入れ、もう一枚袋も待ち歩き、往復の交通手段と3密終了後は、その都度外して裏返しにたたみ、もう一枚用意した空の袋にそっとしまって家まで持ち帰り、家のゴミ箱に捨てましょう。
国民一人一人が手作りマスクを作れるようになって、新型コロナウィルスを貰わない移さない努力が習慣づけば、最前線の医療に携わる方々のマスク不足や感染終息に繋がっていけると私は、信じたいです。

手間暇かけて作ったクオリティーの高い手作りマスクは、こまめに捨ててしまうのって私なら勇気がいります。
でもお金も手間もほとんどかからないこんな感じで作れるマスクなら3密を離れる時に躊躇しないで新しいマスクに付け替えることが出来るのではないでしょうか?

もし新型コロナウィルスがついているかも知れないマスクをつけたまま移動することで、ウィルスを周りにまき散らしてしまうリスクを考えるとこんな使い捨てマスクは嬉しいかなと思います。

YouTubeで紹介していますので是非観に行って作ってみてくださいね。

縫わない貼らない手作りマスク第2弾キッチンペーパーで作る使い捨てマスク

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ