寒波がやってくるようです!

道東を中心に急激に冷え込むようです。北見は-27℃(?)の予報です。
自分が小学生くらいの時には-30℃を超える日が時折あったのを覚えています。

道外の人にお国自慢をしようとするときには「冬になると鼻毛が凍るところ」と説明していました。

実際は鼻毛ではなく、鼻で空気を吸い込むと孔がピキピキと一瞬凍るんですが、小学校へ向かって歩く中よく体験しました。

近隣に寒さを体感できる施設がありますが、それを自然界で体験できるという素晴らしいところです(笑)

経験したことのない方は明朝是非やってみてください。くれぐれも暖かい服装で。


今週は…

体育遊び
図工
雪中運動会
音楽
雪遊び
スキーレッスンなど

計130枚掲載しました。

たっぷりありますが、中でも雪中運動会は盛り上がったようです。私は行けませんでしたが、写真から楽しそうな声が聞こえてきそうな写真がたくさんありました。

そして今日は最低気温はそれほどではないですが、最高気温が-12℃という寒い中のスキーレッスンでした。

上って滑って曲がれる子は現在2名(年中・年長の女の子)。なんとその2名は4人乗りリフトに乗り、最大斜度25度のコースでレッスン。しっかりと曲がりきるというのは、来場していた中学生や高校生でもまともにできていない生徒がいる中で、安全に滑走することができました。

何度か転んだものの、急斜面でも教えたとおりに立ち上がることができたり、スピードコントロールをしながらターンができています。

特に年中の女の子は雪面に立っているポジションが良くセンスを感じます。

まだリフトに乗れない園児達も頑張っています。
あと一歩の子が多いのですが、恐怖心があったり、諦めてしまったり…でもう少し時間がかかりそうです。

スキーレッスンも折り返し地点。残り二回の練習でリフトに乗れる子が増えてくれるといいです!!






<編集後記>
スキーは教えていて本当に楽しいですね。特に園児のレベルアップがハンパ無い!!という勢いです。スキーチームのジュニアのメンバーは時折凄いレベルアップはあるものの、ごくわずかな変化の積み重ねです。

良いところが出てきたときには褒めて、なかなか打破できない課題があるときにははっぱをかけたり、要求する滑りを変えたり…技術選という競技は大枠ではスキー教程に沿った滑りを追求しながらも、個々の能力に合った滑り方を追求するのもナシ寄りのアリ(笑)だと最近気が付きました。

連休は連戦です。
2/10(日)はキャンモアブロック大会
2/11(月)は若松ブロック大会

いよいよ決勝大会の予選はいよいよ終盤。全道の出場権が全員取れるよう、明日は最終調整です。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。