2005年10月09日

蝉しぐれ

蝉しぐれ
 時は江戸時代−15歳の牧 文四郎(石田)は、東北の下級武士の父親の助左衛門(緒形)を尊敬し、剣術と学問に明け暮れていました。

 隣家に住む幼馴染のふく(佐津川)に淡い恋心を抱いていた文四郎でしたが、ふくもまた優しく頼れる兄のような存在の文四郎に憧れていました。

 藤次郎(田村)ら農民にも慕われていた助左衛門でしたが、お世継ぎ問題に絡む派閥争いに巻き込まれ捕われてしまいます。処罰が言い渡される前日、文四郎は父と面会をするのですが、皆さん20年人を想いつづけたことはありますか?

 まず第一回目の波がここでした。助左衛門が文四郎に「励め」って言うのですが、この一言でぶわぁ〜と涙が溢れましたのでございます。

 父から息子へのこのメッセージは、ずしぃーんと響きます。文字で見るとなんてことはない言葉かもしれませんが、緒形さんのとっても重みのある一言は、とても胸に染み入りました。

 第二回目の波は、更に強烈でした。回想シーンからラストにかけてなのですが、涙がポロポロと止まりませんでした。こちら今日観てきたのですが、こっちゃんの感想にもある通り中高年層向けの映画です。

 もちろん結構若い方もいましたが、映画館の中がちょっとオサ臭かったです(;´Д`)

 しかーーっし!邦画好きさんの感想にありますように、とっても綺麗な風景が素敵でした。

 美しい日本を堪能できますよ。臭いに堪えて観る価値ありまっす!里村が遊んでいたくるくる回るからくり人形が、かわいかったです。アレ欲しいヽ( ゚д゚)ノクレヨ


◆ title: 蝉しぐれ(2005/日本)
◆ date: 2005.10.09
◆ director: 黒土 三男
◆ performer: 市川 染五郎/木村 佳乃/緒形 拳/原田 美枝子/今田 耕司/ふかわ りょう/石田 卓也/佐津川 愛美/柄本 明/加藤 武/大地 康雄/小倉 久寛/緒形 幹太/田村 亮/大滝 秀治

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG     

この記事へのコメント

1. Posted by やっぱり邦画好き…   2005年10月09日 21:05
TBありがとうございます。紹介までしていただき感謝いたします♪
本当に美しい日本が堪能できてよかったと思います。
私もTBさせていただきました。
2. Posted by miyu   2005年10月09日 22:52
>邦画好きさん
こちらこそありがとうございます♪
めざましでやってた「THE 有頂天ホテル」の携帯OFF観れましたょ。
こちらも気になるっ!
3. Posted by やっぱり邦画好き…   2005年10月10日 04:15
え!?それ?なに?有頂天ホテルの携帯OFFってなぁ〜に?めざましみてなかったです…、、なんだろう気になる(^^;
4. Posted by miyu   2005年10月10日 22:33
>邦画好きさん
携帯OFF用に三谷 幸喜さんがわざわざ撮ったそうです(^O^)
で、ご自身も出演されてましたょ。
5. Posted by やっぱり邦画好き…   2005年10月11日 02:21
ありがとうございます。お手数お掛けいたしました(^^;
6. Posted by こっちゃん   2005年10月21日 15:17
コホン!
え〜、溜まりに溜まったトラバをちまちまお返ししております(笑)

ここでもこっちゃんのご紹介ありがたや。
オサ臭かった?(笑)
あはは。

ところで「有頂天ホテル」のケータイOFFのCM。
あれおもろいね〜。
こっちゃんも3回くらい観たよ。

出たがりなんだから三谷サンたら。
ねぇ〜(^o^;
7. Posted by miyu   2005年10月21日 16:58
>こっちゃん
片付けもあるのに、色々溜まってて大変ねっ(^_^;)
お忙しい中ありがちょ♪です。

ちょっと臭い&騒音(咳払いとかうるさいんだょねぇ)
はキツかったけど、
おじさま達も楽しめる素敵な映画と言う事ですね(^_^;)

さすがこっちゃん!3回も見てたかぁ〜♪
忙しい中でも映画は観れてたのかな?
休憩も必要だもんねっ♪
「THE有頂天ホテル」自体も面白そうだょね。
8. Posted by メビウス   2008年06月02日 23:36
miyuさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

こういう切なくも淡い男女の恋心を描いた作品は、時代が違ってもなんかロマンチックに感じてしまいますねw
文四郎とふくの最後の対面も、物静かに会話してるようにも見えましたが、今まで言えずに秘めていた想いをぶちまけてるようなシーンで、なんか印象に残ってるんですよね〜(笑
9. Posted by miyu   2008年06月02日 23:49
>メビウスさん
こちらこそありがとうございます。
そうですよね〜。
現代では考えられないけど、奥ゆかしい
秘めたる思いが素敵でしたね〜。
10. Posted by sakurai   2009年03月01日 12:29
最近、週末になると忙しく、とんと更新できませんわ。
「おくりびと」も近くでしたが、こっちもご当地で変な写真もくっつけてます。
藤沢周平の作品は、全部読んだわけでもないのですが、この作品が一番好きです。
原作の持つ味わいが出てたと思いますが、やはり見せたかったのは風景でしょうかね。
私には見慣れた風景ですが、やっぱ郷愁を誘うのかな。
TV版で物語を、映画版で風景をあらわして、二つあわせて一作品みたいな感じでした。
11. Posted by miyu   2009年03月01日 14:26
>sakuraiさん
ん?TV版なんてあったんでしたっけ?
でも、この映画の風景は本当素晴らしかったですよね〜。
sakuraiさんにとっては見慣れたなんてことのない
風景かもしれませんが、とても美しかったのは覚えてますよ。
12. Posted by sakurai   2009年03月01日 22:33
5,6年前に、NHKの金曜時代劇で、7回シリーズくらいで、放映されました。
文四郎は内野聖陽で、これがお見事!!
原作そのもので、どこも舌足らずのところがなく、見事な時代劇でした。
クドカンも出ていたというなかなかのぜいたくだったのですが、これで世界観を表していたけど、どうしても足りなかったのが風景。
どちらも黒土監督だったのですが、きっと風景を撮り終えて、全部を表したかったのだろうなあと、映画を見て感じました。
このTVドラマは、本当にすばらしかったですよ。
「オーストラリア」ご覧になったんですね。
明日あたりまで、がんばってUPしま〜す。
13. Posted by miyu   2009年03月01日 22:57
>sakuraiさん
わぁ〜そうだったのですかぁ〜。
それは見応えのありそうなドラマですね!
でも、染五郎のイメージをあたしは大事にしておきたいです(´▽`*)アハハ
「オーストラリア」ご覧になられたのですね。
明日?感想楽しみにしております!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『 蝉しぐれ  』  [ やっぱり邦画好き… ]   2005年10月09日 21:03
  公式サイト 映画 『 蝉しぐれ 』   [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本  【10月1日ロードショー】  [ 上映劇場  ] 監 督:黒土三男 脚 本:  〃 原 作:藤沢周平「蝉しぐれ 」  藤沢 周平 蝉しぐれ 音 楽:岩代太郎...
2. 「蝉しぐれ」劇場にて  [ xina-shinのぷちシネマレビュー? ]   2005年10月10日 13:00
昨日『8月のクリスマス』ロケ地巡りをした後、ファボーレ東宝で『蝉しぐれ』を観ました。 本当は『8月のクリスマス』をもう一度観ようかな、と考えていたのですが、ついた時にはすでに始まっていた為、タイミングの合った『蝉しぐれ』を観ることにしました。ちなみに以前『...
3. 『蝉しぐれ』  [ ちばちゃん的、こころ! ]   2005年10月10日 23:58
藤沢周平原作の映画化ですが、今回は山田洋次監督作品ではありません!なして?まっ、それでも観るんですけどね! たそがれ・・隠し剣・・に続き、又もや原作者の故郷山形県庄内地方が舞台なのですが、今回は言葉の訛りがありません。残念! 東北人のσ(^_^)?としては役....
4. #36:蝉しぐれ  [ *KAZZの呟き* ]   2005年10月13日 16:36
KAZZのこの映画の評価   いいねっいやぁ??泣けました こういう映画で感動するようになったって、 やっぱり自分もおじさんなんだぁ??とちょっとショック 邦画は、やっぱり王道の時代劇なのかな ”たそがれ清兵衛”などで知られる 英雄でも、偉人でも無く...
5. 蝉しぐれ  [ こっちゃんと映画をみまちょ♪ ]   2005年10月21日 15:12
中々出ない。 出ないんだよォ〜ッ!市川染五郎が!木村佳乃にいたっては、もっと登場が遅いっ![TV−CM]で観てこの二人を期待してたのに、登場したのはなんと中盤以降となっ!・・・・というわけで、この映画の試写会の感想をまだかいていませんでした。実はコレ、今週...
6. 蝉しぐれ  [ toe@cinematiclife ]   2005年10月26日 16:32
どうも、中学・高校時代、歴史の授業がすごく苦手で、「大切なのは、過去よりも未来だろ!!」なんて、傲慢な考えをしてまして(ーー;) が、映画を見るようになってから黒澤作品を見るようになり、時代劇の面白さを知るようになったのです。 しかし、なにせ歴史の勉強が嫌い...
7. 蝉しぐれ  [ ペ・ンギン日誌 ]   2005年11月01日 13:41
【蝉しぐれ】の試写会へ行って来ました。 映画館で観るほどの映画の作品でもないが、でもとっても良い話だったのでネタバレで書こうかと思います。 少女(フク)が蛇に指を噛まれ、少年(文四郎)が血を吸い吐き捨てるシーンから始まる。 出だしから絶好調です。 私が求め....
8. 映画『蝉しぐれ』  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年09月13日 02:00
冬から夏、春から秋へと、季節は走馬燈のようにめまぐるしく巡る。切なく悲しくやるせない思いと共に引き裂かれた恋・・そして無情に飛び散る血しぶき・・ 江戸時代は東北の小藩、義父牧助左衛門(緒形拳)の元で逞しく成長した牧文四郎(市川染五郎)には思いを寄せる...
9. DVD「蝉しぐれ」  [ 日々のつぶやき ]   2007年07月24日 12:15
監督:黒土三男 出演:市川染五郎、木村佳乃、ふかわりょう、今田耕二、緒形拳、原田美枝子 藤沢周平さんの同名小説の映画化です。 藤沢周平さんの映画化と言えば、山田洋二監督の「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」「武士の一分」の三部作。どれも好きでした。下
10. 『蝉しぐれ』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2007年08月27日 23:25
『蝉しぐれ』を観ました藤沢周平の傑作時代小説を黒土三男監督が構想15年の歳月をかけてついに映画化。権力闘争に翻弄され、悲恋をたどる男女の姿を描いた本格時代劇です>>『蝉しぐれ』関連ジャンル:時代劇・ドラマ製作年度:2005年・日本上映時間:131分監督:黒土三男...
11. 蝉しぐれ  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2007年09月13日 11:21
「屋敷にあるすべての刀を持ってきてください」刀いっぱい使うのの意味がわからないw 蝉しぐれ プレミアム・エディションposted with amazlet on 07.09.10ジェネオン エンタテインメント (2006/04/14)売り上げランキダA
12. 蝉しぐれ  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2007年09月25日 08:44
東北訛りの無い藤沢周平作品・・・て。 悲恋のラブストーリーは良かったのですが。 少々物足りなさが残りました。
13. 蝉しぐれ  [ シネマ日記 ]   2007年10月23日 09:14
藤沢周平の貧乏侍シリーズの1つですね。(ワタクシは、日本文学や時代物に詳しくないので、映画でしか藤沢周平の作品を見たことがありません。武士の世界というものにも造詣が深くないので、そういう方にとっては失礼なレビューになるかもしれません)「貧乏侍シリーズ」っ...
14. 蝉しぐれ 0721  [ 猫姫じゃ ]   2007年11月28日 23:37
蝉しぐれ 2005年   黒土三男 監督  藤沢周平 原作市川染五郎 木村佳乃 原田美枝子 緒形拳 今田耕司 ふかわりょう 以前この映画見ようと思って、花よりもなほ と間違ったという、お馬鹿は、あたしです。 申し訳ございません。藤沢周平 作品の中で、か...
15. 【映画】蝉しぐれ  [ 新!やさぐれ日記 ]   2007年12月08日 23:11
■状況 イオンシネマ太田店にて特別興行価格で観賞 ■動機 石田卓也観賞 ■感想 あ、この映画だったんだ。 ■あらすじ 江戸時代の東北の海坂藩。下級藩士の牧文四郎(石田卓也)の父(緒形拳)は、藩の派閥抗争に巻き込まれ、冤罪によって切腹を命じられた。 ■コ...
16. 「蝉しぐれ」  [ 或る日の出来事 ]   2008年02月16日 17:28
(c) 2005 「蝉しぐれ製作委員会」 私にしては珍しく日本映画を観た。 自主的にではなくて、チケットをもらったので観に行ったのだが。 藤殮.
17. 蝉しぐれ 石田卓也キャプチャー  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2008年03月04日 20:52
「蝉しぐれ」を見ました。両親が映画館に行ってとても良かった!と言って以前より薦められていました。両親は先にNHKの「蝉しぐれ」のドラマギ..
18. 蝉しぐれ  [ mama ]   2008年03月05日 21:44
2005年:日本 原作:藤沢周平 監督:黒土三男 出演:市川染五郎、原沙知絵、原田美枝子、緒形拳、ふかわりょう、今田耕司 江戸時代。15歳の文四郎は下級武士である義父・助左衛門のもと、親友たちと剣術や学問に励む毎日。隣家に住む幼なじみのふくとも淡い恋心を育....
19. 蝉しぐれ  [ 花ごよみ ]   2008年03月17日 22:34
市川染五郎、木村佳乃主演の時代劇。 東北の小さな藩。 15歳の文四郎は、剣術と学問に励んでいたが、 父が藩の世継ぎを巡る陰謀によって切腹。    原作は藤沢周平の同名小説。  監督は黒土三男 。 2003年のテレビ版の脚本を経て、 映画化を実現。 蝉しぐれは以前、...
20. 『蝉しぐれ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2008年05月22日 22:08
二十年、人を想いつづけたことがありますか。 「忘れようと、忘れ果てようとしても、 忘れられるものではございません」 「文四郎さんのお子が、私の子で、  私の子どもが文四郎さんのお子であるような  道はなかったのでしょうか」 ■監督・脚本 黒土三男■原作 ...
21. 映画『蝉しぐれ』  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2008年05月23日 00:12
冬から夏、春から秋へと、季節は走馬燈のようにめまぐるしく巡る。切なく悲しくやるせない思いと共に引き裂かれた恋・・そして無情に飛び散る血しぶき・・ 江戸時代は東北の小藩、義父牧助左衛門(緒形拳)の元で逞しく成長した牧文四郎(市川染五郎)には思いを寄せる...
22. 蝉しぐれ(評価:○)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2008年06月02日 23:25
【監督】黒土三男 【出演】市川染五郎/木村佳乃/緒形拳/原田美枝子/今田耕司/ふかわりょう/石田卓也/佐津川愛美 【公開日】2005/10.1...
23. (映画)蝉しぐれ  [ ゼロから ]   2008年06月04日 20:41
お家騒動に巻き込まれて切腹に追い込まれた父親。接見も許されないで、切腹とは藩には、よっぽど隠し立てしたい何かがあったのでしょう。
24. [ 蝉しぐれ ]ジュンアイ  [ アロハ坊主の日がな一日 ]   2008年07月05日 23:55
[ 蝉しぐれ ]。藤沢周平の最高傑作と言われた小説を、 黒土三男監督が15年の歳月をかけて映画化した作品。 時は江戸時代。寡黙であるが実直な父・牧助左衛門(緒形 拳)。息子の文四郎はそんな父のことを誰よりも尊敬する 少年だった。が、藩のお世継ぎ問題で派閥...
25. 蝉しぐれ  [ 悠雅的生活 ]   2008年08月12日 23:13
20年、人を想いつづけたことはありますか。  
26. 『蝉しぐれ』 6P  [ OL映画でいやし生活 ]   2008年08月12日 23:45
私的オススメ度:6P『SAW2』をどうしても見たかったんですけどね・・。激混みで、立ち見と言われましてね。立ち見はムリ!と思って、時間つぶしに消去法で『蝉しぐれ』見ました。【STORY】江戸時代の東北の海坂藩。下級藩士の牧文四郎(市川染五郎)の父(緒形拳)...
27. 『蝉しぐれ』 を観ました。  [ みはいる・BのB ]   2008年08月24日 20:47
☆☆☆☆?? (5段階評価で 4) 本日は朝から雨。 こんな週末 映画館はいっぱいになります。
28. 蝉しぐれ (2004) 130分  [ 極私的映画論+α ]   2008年12月02日 21:57
 江戸時代、東北の小藩“海坂藩”。15歳の文四郎は下級武士である義父・助左衛門のもと、親友たちと剣術や学問に励む毎日。  一方、隣家に住む幼なじみのふくとも淡い恋心を育んでいく。そして、文四郎が尊敬する父のようになりたいと思い始めた矢先、その助左衛門が世継ぎ...
29. <蝉しぐれ>   [ 楽蜻庵別館 ]   2008年12月26日 09:31
2005年 日本 132分 監督 黒土三男 脚本 黒土三男 撮影 釘宮慎治 音楽 岩代太郎 出演 牧文四郎:市川染五郎(7代目)    ふく:木村佳乃    牧助左衛門:緒形拳    里村左内:加藤武    小和田逸平:ふかわりょう    島崎与之助:今田耕司...
30. 「蝉しぐれ 」  [ 俺の明日はどっちだ ]   2009年01月28日 10:34
「文四郎さんのお子が私の子で  私の子どもが文四郎さんのお子であるような  道はなかったのでしょうか」 かつて「人間、年を重ねていくうちに、オジサンは司馬遼太郎を読み、オバサンは渡辺淳一を読む」と喝破したのは愛すべきおばはん田辺聖子だったけれど、年齢的にまさ...
31. 蝉しぐれ/市川染五郎、木村佳乃、緒形拳  [ カノンな日々 ]   2009年02月05日 23:03
昨日、娯楽大作系の「セブンソード」を観たので今日はしっとり文学的な「蝉しぐれ」を観に行きました。さすがに、藤沢周平原作の時代劇だけあって年齢層高めのお客さん多かったですね。私としては劇場予告編でプッシュしまくりだった純愛物語に期待しての観賞でした。 出....
32. 蝉しぐれ  [ 迷宮映画館 ]   2009年03月01日 12:17
地方の小藩、海坂藩。美しい自然に囲まれ、淡々と時を告げる毎日。しかし、その静かな日々にも容赦ない運命が待っていた。 普請組の牧助左衛門。真面目で一本気。欲得には疎く、世の中を不器用に渡っていた。身をていして村を洪水から守り、藩の勢力争いには、負け組みの方...
33. 蝉しぐれロケ地  [ 迷宮映画館 ]   2009年03月01日 12:22
折角のいい映画の上に、我が小汚い息子を載せて申し訳ない{/hiyo_shock2/}。とりあえず、今の状態であるということで、ご勘弁を。 今年の夏休み、花火を見に、実家に帰ったが、あいにくの雨で海にいけなかった。で、行ったのが、このロケ地である。雨が降らなかったら、多分...
34. 「蝉しぐれ」  [ てんびんthe LIFE ]   2009年03月27日 00:54
9月25日 「蝉しぐれ」 東商ホールで鑑賞 藤沢周平の最高傑作といわれる「蝉しぐれ」を15年の歳月をかけて映画化…。一青よう(ボードの中に文字が探せませんでした。)のイメージソングが流れ期待していました。これも作品はよんではおりません。物語は主人公の文四...
35. 蝉しぐれ  [ Akira's VOICE ]   2009年04月27日 10:26
タイトル負けしているような・・・ 胸は打たれませんでした。 でも嫌いではない。
36. 映画「蝉しぐれ」  [ ミチの雑記帳 ]   2009年05月04日 21:31
映画館にて「蝉しぐれ」 ★★★★ ストーリー:江戸時代の東北の海坂藩。下級藩士の牧文四郎(市川染五郎)の父(緒形拳)は、藩の派閥抗争に巻き込まれ、冤罪によって切腹を命じられた。以後、文四郎は謀反をおこした父の子として数々の試練にさらされる。 藤沢周平原作...
37. [映画『蝉しぐれ』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2009年11月16日 00:13
☆東北旅行は続いている。  大曲のイオンシネマ5で、藤沢周平原作の映画作品四本を順番に特別興行していた。  『蝉しぐれ』がかかっていたので観る。  秋田県は、本当に美人が多く、ここのチケット売り場の女性もシャープな顔の美形であった。  私は、スクリーン4...
38. 蝉しぐれ  [ 5125年映画の旅 ]   2009年11月24日 22:28
殿様の側室となった幼馴染とのかなわぬ恋という実にストレートな物語を、これまた実にストレートな演出で仕上げた作品。こういう真っ直ぐな映画、好きです。 でもこの映画は悪い所が二つあります。一つは幼年期の物語が長すぎること。ここは主要人物の人間関係、発端となる....
39. 蝉しぐれ  [ まぁず、なにやってんだか ]   2010年04月12日 23:20
「蝉しぐれ」は市川染五郎が主役なので観たいなぁ、と思っていた映画です。染五郎はドラマでよく「お金持ちのボンボンでおちゃらけているけど、とっても友達思いのイイヤツ」を演じていて、性格がよさそうで好きなんです。 スーパーの庄内米キャンペーンで映画鑑賞券プレゼ...
40. 蝉しぐれ  [ のほほん便り ]   2013年06月11日 15:21
藤沢周平の傑作と呼び声高い、この作品。黒土三男監督が15年の歳月を費やして、映画化した情熱も、「…凄い!」だったのですが、 2003年、NHK金曜時代劇も評判よく(主演、内野聖陽、ふく役、水野真紀)多くの賞を受賞。 さらには、宝塚歌劇によって舞台化されてるのも