2006年02月20日

マジェスティック

マジェスティック
 「ディック&ジェーン 復讐は最高!」では、笑わせてくれたジム・キャリーですが、コチラではちょっとシリアスな演技を披露していましたね。

 個人的にはコメディに出てるジム・キャリーの方が好きだけど、こうゆう抑えた演技も出来ちゃうんだからやっぱり器用なエンターテイナーだなぁと思いますね。

 いわゆる2枚目がコメディにチャレンジする以上にコメディアンとして名の通った役者がシリアスなドラマにチャレンジする方が難しいんだろうなぁ〜と改めて感じました。

 それにコチラも記憶喪失モノなんですねぇ。脚本家のピーター(ジム・キャリー)は、赤狩りの標的にされちゃうんだけど、事故っちゃって川に転落。流れ着いた海岸で第二次世界大戦で行方不明になった町の青年ルークと間違われちゃいます。

 クサイっちゃ〜クサイ?かもしれないんだけど、町の皆で再建する映画館だったり、聴聞会でのピーターの演説だったり、ピーターを出迎える町の人達だったり、何だかほっこり出来る素敵な映画ですね。

 でも、映画好きとしてはあんな手作り感に溢れる素敵な映画館”THE MAJESTIC”に是非行ってみたいなぁ〜って思っちゃいますよね♪

◆ title: THE MAJESTIC(2001/アメリカ)
◆ date: 2006.02.18
◆ director: Frank Darabont
◆ performer: Jim Carrey/Martin Landau/Laurie Holden/Allen Garfield/Amanda Detmer/Bob Balaban/Brent Briscoe/Jeffrey DeMunn/Hal Holbrook/Ron Rifkin/David Ogden Stiers/James Whitmore/Gerry Black/Catherine Dent

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG     

この記事へのコメント

1. Posted by m52387177   2006年02月21日 00:43
これはいい映画だよね〜〜。

映画館に飾ってあった出兵中の札を取る場面なんかは号泣です。(ToT)
前半30分で泣かせて、後半30分はいい話の映画です。

ちなみに同じ名前の映画もあるよね〜〜。
見たことないけど、たしかチャールズ・ブロンソンのやつ。
2. Posted by miyu   2006年02月21日 00:54
>mさん
うん!いい映画でした。
あたしは泣かなかったけど、
素直に感動出来る映画だったね。
ジム・キャリーも頑張ってたもんね。
でもそちらはあたしも観てないなぁ〜。
特につながりがあるワケじゃないんだよね?
3. Posted by kaz.   2006年02月21日 02:26
このジム・キャリーは大好きです〜。(^3^)
コメディの彼もいいけど、シリアスの彼は、また一味違った良さだよ〜〜。

う〜ん、これも映画人の「赤狩り」ネタだったなぁ。
4. Posted by こっちゃん   2006年02月21日 11:53
すきだな〜
この映画

ジムの作品で一番好きかもしれないな〜いまだに

m&かずさんも好きなんだね(ToT)
5. Posted by ハンナ   2006年02月21日 23:29
そうそう、赤狩りと記憶喪でしたね。
赤狩り批判で賞賛されるけど、アデルのいる町に戻って行く・・・。
ジムはコメディもシリアスも両方できる俳優ですよね。
6. Posted by miyu   2006年02月22日 01:24
>Kaz.さん
日本の芸人さんも最近よく映画で見かけるけどね。
ちゃ〜んとこなしてるジム・キャリーは
スゴイなぁ〜って思うんだよねぇ〜。
赤狩りって確かにこの映画で言ってるように
アメリカらしからぬって感じだよね。

>こっちゃん
へぇ〜。
やっぱり仲良しトリオだねぇ〜(o^∇^o)ノ
ジム・キャリー作品で1番かぁ〜。
確かにそうかもしれないね。

>はんなママ
そうなんですよねぇ。
最後にもぎりをしてるジム・キャリーに
ジーンと来ますよね。
シリアスも出来るからコメディもその落差が
面白いのかもしれないですね。
7. Posted by せつら   2008年01月12日 20:33
miyuさん今晩は!
ジムさんはコメディアン出身だからもともとの
演技力というのはあるんですよね、最初こそ
コメディ作品ばかりだったけどキャリアを積んで
やっと自分で作品を選べるようになってから
こういう作品にも意欲的に出演してるようです。
「ライアー・ライアー」がジムさんにとっての
分岐点だったんじゃないかなと私は思ってるんですけどね
8. Posted by miyu   2008年01月12日 20:35
>せつらさん
なるほど〜「ライアー・ライアー」が
分岐点ね。
でも、アレって両方の魅力が感じられて
良かったですよね。
ジムさんはあたしも好きだけど、
彼も好きだから出演作は結構チェックしているんですよ〜♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 試写会「マジェスティック」  [ ☆ 163の映画の感想 ☆ ]   2006年02月20日 23:38
ジム・キャリーの新作。う????ん、とにかく長い映画だった。。。時間も2時間33分と長いけどそれ以上に長く感じた。。。内容的にはいいと思うんだけど中だるみの部分が多かったかなと。。。50年代アメリカの陽気で楽しい部分とアカ狩りのシリアスなバランスは良かったと思...
2. マジェスティック  [ カラテキッド ]   2006年03月28日 00:00
本日紹介するのは 『マジェスティック』 2002年 なんか今日ふと観たくなったんです。 のでレビューして観た気になります。 ジム・キャリー演じる主人公は ハリウッドで華やか??
3. マジェスティック  [ みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories ]   2006年04月18日 11:27
「ショーシャンクの空に」の監督が描く勇気をくれる自分探しの旅 マジェスティック  2001年アメリカ ________________________________ 1950年代ハリウッド、新進脚本家ピーター(ジム・キャリー)は自身の新作が 上映...
4. マジェスティック  [ シアフレ.blog ]   2006年11月27日 21:00
ピーターは戦争で行方不明になっていた映画館の息子と瓜二つだったため、『奇跡の生還』として町の人々に温かく受け入れられるんですが、町の住人全員が一つの家族のような優しさがとても印象的で、その優しさに心が温まります。 ??р
アメリカの歴史には、共産主義者は基より、共産主義の疑いが有るだけで、 当時、共産主義だったソビエト連邦(現在のロシア)の国旗の色である“赤”を、 共産主義を象徴する色とし、「赤狩り」と呼ばれる理不尽な弾圧や、
6. マジェスティック  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2008年01月08日 06:56
ワーナー・ホーム・ビデオ マジェスティック 特別版 1951年のハリウッドが舞台です。新進脚本家のピーター・アプルトンは、新作がチャイニーズ・シアターで上映されることになり、前途が開けてきていました。しかし、そこに、当時、アメリカで吹き荒れていた「レ
7. 『マジェスティック』  [ La.La.La ]   2008年01月12日 20:29
 制作年:2001年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:153分  原題:THE MAJESTIC  配給:ワーナー・ホーム・ビデオ  監督:フランク・ダボラン  主演:ジム・キャリー      マーティン・ランドー      ローリー・ホールデン ...
8. マジェスティック  [ シェイクで乾杯! ]   2008年06月18日 22:39
5 久し振りに良い作品を観ました〜。
9. マジェスティック  [ しーの映画たわごと ]   2008年07月16日 09:40
フランク・ダラボン監督作品。彼が監督した映画は今現在3作品だけなんだね。制作なんかでは他にもあるようだけど。過去2作、ショーシャンクの空に、グリーンマイル共に、私は大好きな映画です。狙いすぎだとか作りすぎだとかという面もありますが、私は単純に良いストーリー....
10. マジェスティック  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年07月22日 13:44
公開:2002/06/22監督:フランク・ダラボン出演:ジム・キャリー、マーティン・ランドー    ローリー・ホールデン、アレン・ガーフィールド    アマンダ・デトマー、ボブ・バラバン    ジェフリー・デマン 他 1951年のハリウッド。新進の脚本家ピーター...
11. マジェスティック - THE MAJESTIC -  [ むーびーふぁんたすてぃっく ]   2010年03月22日 16:29
マジェスティック 特別版 [DVD] 「マジェスティック - THE MAJESTIC -」 感想 自分のことすら知らない男を、町の誰もが"希望"と呼んだ。 フヮ..