2006年03月31日

初恋のきた道

初恋のきた道
 コチラは、こっちゃんの金犬賞受賞作品なんですよねぇ〜。やっと観れましたぁ〜♪もちろんあたしも満天のお★様ですっ!

 邦画好きさんの感想にもあるのですが、現在がモノクロ、過去がカラーとちょっと一風変わった表現をしているんだけど、過去の村の風景もユーシェン(スン・ホンレイ)の両親の馴れ初めもとても美しく牧歌的でステキな映画ですね。

 最初はモノクロのせいもあるんだろうけど何か異様に暗いトーンだし、あれれ?って思って見始めたんだけど、気付いたらチャン・イーモウ監督にしてやられちゃってました。中盤の1時間なんて本当あっという間に過ぎちゃってましたねぇ〜。

 まぁ1時間半弱って短い映画なのもあるんですけどね。お話としては、都会で働くユーシェンは父の訃報を聞き故郷に帰るところから始まります。

 父の遺体をどうしても昔からのしきたりである人手で担いで村に連れて帰りたいと主張する母のディ(チャオ・ユエリン)を宥めようとするも聞いてもらえません。

 ふとユーシェンは若き日の母(チャン・ツィイー)と父(チョン・ハオ)の写真に目を止め、きっと何度となく聞かされたであろう2人の馴れ初めを思い出すんですねぇ〜。

 畦道でひたすらルオ先生を待ち続けえるディ。。。とっても美味しそうなきのこ餃子を抱えて必死になって走るディ。。。もう走り出した時から転びそうな気がしてたし、髪留めも失くしちゃいそうな気がしてたっつ〜もうお約束中のお約束!(´▽`*)アハハ

 村長に見られなくってもディの気持ちなんて誰の目にも明らかなくらい分かりやすいんですねぇ〜。だってディには計算も小細工も打算も駆け引きも一切ないんです。ただひたすら一途で真っ直ぐで純粋でひたむきなんですねぇ〜。

 だからこそ2人の初恋にじぃ〜んとしちゃうし、あぁ〜こんな恋がしたいなぁ〜と思っちゃうんでしょうね。そして、こんな恋に憧れちゃうって事はこんな恋をしてないって事なのかしら?(/ω\)

◆ title: 我的父親母親/THE ROAD HOME(1999/中国)
◆ date: 2006.03.30
◆ director: Zhang Yimou(張 藝謀)
◆ performer: Zhang Ziyi(章 子怡)/Zheng Hao(鄭 昊)/Sun Honglei(孫 紅雷)/Zhao Yulian(趙 玉蓮)

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG     

この記事へのコメント

1. Posted by あっしゅ   2006年04月01日 00:21
初恋のきた道観られました?
この映画いいでしょ?
これこそ、究極の恋愛映画だと思います。チャン・ツィイーも今と変わらず、かわいいですよね。
雪の降る中、彼が帰ってくるのをずっと待っているシーン・・・
本当に好きなんだなって、思わず抱きしめたくなっちゃいます・・・。
恋愛表現に関してピュアな良い映画だと思います。
これこそ、チャン・イーモウNo.1の映画だと思いますね。
2. Posted by miyu   2006年04月01日 00:38
>あっしゅさん
はい。と〜っても良かったです。
コレはストレートな表現でありながら
とっても奥ゆかしくってステキですよねぇ〜。
40年添い遂げながらもずっと同じ気持ちで
尊敬して愛し続けるってのも素晴らしかったです。
3. Posted by Henry   2006年04月01日 01:13
今は大人っぽい感じだけど、
この時のチャン・ツィイーさんは
ほんとにカワイイ!
彼が初めて家に来た時の
ソワソワ加減なんかにキュンと
きました♪
4. Posted by はんな   2006年04月01日 01:22
イーモウ監督らしい、きれいな作品でしょ。
ディが先生を待ち伏せするあたり、よく出来てますよね。
あれが、初恋ですよねぇ。
5. Posted by kaz.   2006年04月01日 01:33
これねぇ〜、以前手元にDVDがあったんだけど、観そびれちゃった。(^ω^;

そんなに良いんだったらレンタルしてみようかなぁ〜?
やっぱり、(・ω・)bグッ ですか!?
6. Posted by くまたん   2006年04月01日 10:44
最初のシーンから、ジーンと来てしまいました。一途な思いが、切なく、卑怯なまでの美しい風景に魅了されました。
当時こちゃとは、一緒に住むことになるとは思ってませんでした。
きのこ餃子食べたい
7. Posted by m52387177   2006年04月01日 19:45
料理が上手なけなげな女性っていいよね。(笑)

あくまで男からの視点の感想です。(笑)

冗談はともかく、純粋な恋というものに心がキューーーンってなる映画ですよね。
8. Posted by こっちゃん   2006年04月01日 22:49
なかなか、喜んで頂けましたね。
こっちゃん光栄デスっ!( ̄^ ̄ゞ ケイレイ!!

モノクロとカラーの使い方がホント上手ですよね。
っていうか意表を突きますよね。
最初はこっちゃんも戸惑ったんですけど
カラーになってからの綺麗なこと、綺麗なこと。

もう引きこもり・・・じゃなくて
引き込まれましたよ(^o^;

こんな美しい恋心もそうそうないなという勢いの純愛で
涙が出るわ出るわ。
今でもとっても好きな映画です。

また時間を置いて観てみて下さい。
きっと、オープニングからじーんと来ちゃうと思いますよ(ToT)

トラバありがとね♪
9. Posted by miyu   2006年04月03日 23:26
>Henryみょん
そうなんだよねぇ〜。
初恋の(・∀・)キュンキュン感がすっごい伝わってくるし、
そんな気持ちを思い出しちゃう映画だよねぇ〜。

>はんなママ
はい。
キレイな映画でしたねぇ〜。
初恋はキレイなモノですが、
初恋を貫くのはもっとキレイですね。

>Kaz.さん
コレはねぇ〜じんわりと来ますよぉ〜。
是非もう1度レンタルしてみて下さい。
同じアジアの奥ゆかしさがステキですよ〜。
きっと日本人なら伝わってくるものを
感じれると思いますよ〜。

>くまたん
確かに卑怯かもしれませんね(^-^;
きのこ餃子作ってみたいですね♪
どっかにレシピが出てるみたいですね。
探して作ってみようかしら。

>mさん
料理上手で健気な女性目指して
頑張ります(´▽`*)アハハ
純粋な恋は初恋に限らずいいですよね。

>こっちゃん
そうだね。
またしばらくしたら見返してみようと思います。
さすがこっちゃん金犬賞受賞作品でしたね。
ディとルオ先生のようなカップルになれるよう
頑張りたいです♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 初恋のきた道  [ こっちゃんと映画をみまちょ♪ ]   2006年04月01日 22:43
今や世界のスターとなった【アジアン・ビューティ】こと、 チャン・ツィイーのこの作品を観ました。たぶん5回目くらいの鑑賞になると思います。やっぱり泣いてしまいました。今日は1999年製作のこの中国映画の紹介です。 町からやってきた若い教師ルオ・チャンユーに恋...
2. 初恋のきた道  [ 39☆SMASH ]   2006年11月02日 13:39
『初恋のきた道』 あらすじ 『都会で働くルオ・ユーシェンは、父の訃報を聞いて故郷の村へと戻って来た。嘆き悲しむ年老いた母の姿を見ながら、彼は昔聞いた両親のなれそめを思い出す。それは18歳の母、チャオ・ディと20歳の父、ルオ・チャンユーの出会いの...
3. 初恋の来た道 他 チャン・ツィイー作品  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2008年05月02日 22:09
プロフィール チャン・ツィイー(章子怡)さんが結構好きだ。 ちょっと生意気そうかな・・・と思うんだけど、華があって、美しい 外貌が好の..
4. 「初恋のきた道」  [ てんびんthe LIFE ]   2008年06月29日 09:19
2000年/中国 アメリカ 原題/我的父親母親  初恋を想い浮べるのは人生のもっとも美妙な瞬間だ。生子の父親が既に亡くなり、年が老いる母親が自分の初恋を切なく語ってくれた。生子は母親の初恋故事から切々と心を打たれたばかりでなく、美妙人生への変わらぬ追求を...
5. 初恋のきた道  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2008年09月29日 21:35
初恋のきた道◆プチレビュー◆チャン・ツィイーの魅力全開。ロング・ランも納得の秀作。 華北の美しい村に都会で働く青年が帰ってくる。父の訃報を聞いて帰郷してみると、年老いた母は伝統の葬儀をすると言って周囲を困らせている。病院から故郷の村までの長い道を、人を雇....
Innolifeさんとこにチャン・ツィイー、映画「花嫁はギャングスター3」主演という記事が載っててrabiovskyさんのところでも、チャン・ツィイーネタで盛り上がってたのですが、私が知ってる彼女の主演映画ってこの「初恋のきた道」くらいなんですよね。「MUSA」は観たけどアレ....
7. 「初恋のきた道」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年11月30日 00:02
チャン・ツィイーのデビュー作。 見よう見ようと思ってて、忘れてましたっ。 こちらも「ひらりんのお蔵入りしそうな作品リスト」の中からの脱出作品。 (リストの中で「これはっ・・・」という作品があったらオススメコメント書いてね。) 1999年製作のラブ・ストーリー...