2006年05月01日

さらば、わが愛/覇王別姫

さらば、わが愛/覇王別姫
 コレまたKaz.姐さんのご紹介で観ました〜♪ジャケットの方、コン・リーさんかと思いきや、レスリー・チャンさんだったのですね!

 コチラの「さらば、わが愛/覇王別姫」は、「ピアノ・レッスン」に並んで1993年のカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞している作品ですよね〜。

 激動の時代の中国で、京劇「覇王別姫」で虞姫(虞美人)を演じる女形の程蝶衣(レスリー・チャン)と項羽(楚国の王)を演じる段小樓(チャン・フォンイー)、そして遊郭の菊仙(コン・リー)の悲劇を描いた映画です。

 蝶衣と小樓は、小豆と石頭という名前だった幼い頃から、京劇の一座で厳しい特訓を受けてきたのですが、その子供の頃の出来事なんかも後々の2人の運命に色々関わってくるあたりは見応えあります。

 レスリー・チャンは、「ブエノスアイレス」でもゲイの役を演じていましたが、コチラではまた違った表情で小樓に想いを寄せる蝶衣を熱演しています。

 あぁ〜レスリー・チャンってこんな表情も出来るのかぁ〜と思ってしまいました。女形の持つ独特な女性らしさを見事なまでに体現しちゃってました。メイクをしている時はとてもキレイなのですが、すっぴんの時の表情はとにかくスゴイんですねぇ。

 この「覇王別姫」は永遠の愛を描いた悲恋の物語として結構メジャーな演目のようですが、京劇での女形はこの映画でも描かれている文化大革命によって弾圧され衰退してしまったそうです。今は女性役は女性が演じるようになったそうなんですね。

 男性が女性を演ずる、女性が男性を演ずる、そういった事でしか表現出来ない女性らしさや男性らしさってのがあると思うんですよね。「男性として生まれ」たからこそ表現出来る女性らしさを表現する女形。

 その女形という職業に呑み込まれ、激動の時代に翻弄されてしまった蝶衣は、虞姫ばりに小樓に無償の愛を捧げます。切なくも美しい映画でした。

◆ title: 覇王別姫/Farewell To My Concubine(1993/中国・香港)
◆ date: 2006.04.30
◆ director: Chen Kaige(陳 凱歌)
◆ performer: Leslie Cheung(張 國榮)/Zhang Feng-Yi(張 豊毅)/Gong Li(鞏 俐)/Ge You(葛 優)

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG     

この記事へのコメント

1. Posted by m52387177   2006年05月01日 23:22
そうですね、お互い女性が求める男らしさや、男性が求める女性らしさって、それぞれが思っているのとちょっと違うことありますね。

miyuさんはレスリーチャンの演じる女性に近かったかな?
うっふ〜ん(o^-^o) ウフッ
2. Posted by ありばば   2006年05月01日 23:27
おひさ〜〜〜♪
元気にしてた???
やっぱmiyuみょんはものすごい量の映画を観てるな〜!あっぱれ!!
実は自分はレスリー・チャンはあんまし詳しくないよ〜。
でも何気に女形!と聞いて、興味津々!
せっかくの京劇のメイクも、今のありばばのウィルコムじゃ、はっきし見えなくて残念!
レスリーの顔が、ゴッホの絵みたいにぼやけてます(T_T)
3. Posted by miyu   2006年05月02日 00:11
>mさん
女性として生まれてしまうと女性らしさってのを
なかなか追求したり努力したりしなくなっちゃいますね〜。
レスリー・チャンの女形に近づけるよう
頑張ります(^-^;

>ありばばみょん
おかえり〜(T-T) ウルウル
元気に更新してましたよぉ〜。
またボチボチよろしくねっ♪
ありばばみょんがウィルコムにしたって
書いてあったからナニゲにちょっと
気になってたんだけど、
あんまり快適〜とはいかないのかぁ〜。
でもちょっと魅力的なんだよなぁ〜。
あたしもレスリー・チャンさんの映画は
何本か観てるけど、コレはスゴイよ!
4. Posted by Henry   2006年05月02日 00:48
そう言えば、彼・・・。
亡くなっちゃったんですよね・・・。
レスリー・チャンと言えば、
私の中で、
「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」かな?
レスリーって、コミカルな役をやっても、
すごくステキだったワン。
こういうシリアスな作品も
観てみようかな☆
5. Posted by kaz.   2006年05月02日 02:12
女形? お山? ・・・おや、まぁ〜〜。(・ω・)bグッ

あっ、初っ端からツマらないダジャレをかっ飛ばしてしまいました。す、すまん。

しかし、同じアジアでも、こういう映画が作れる中国って、素直にスゴいと思います〜。

文化、思想など、歴史の厚みを感じさせられた一作どしたえぇ〜。オホホ。
6. Posted by くまたん   2006年05月02日 23:35
これ、はまりました。
京劇の世界にもね。
美しくて悲しい映画でした。
7. Posted by miyu   2006年05月02日 23:55
>Henryみょん
あたしもレスリー・チャンって
コミカル系とロマンス系のイメージが強かったんだけど、
コレを観たらスゴイ役者さんだったんだなぁ〜
と思いましたよ!
ちょっと長いけどお休みの日に是非〜♪

>Kaz.さん
確かに日本にはここまでの作品ってないかもしれないですね。
ダジャレがどんどんレベルアップしてってますなぁ〜。
目指せ!ダジャレ王!(´▽`*)アハハ
こっちゃんとのキング争いはなかなかの見ものです。

>くまたん
どっぷり浸れる映画ですよねぇ〜。
京劇にもハマりましたかぁ〜。
でも確かにこの映画を観てたらハマっちゃう気持ち
分かりますねぇ〜。
今度ちゃんと観てみたいなぁ。
8. Posted by はんな   2006年05月03日 02:01
映画のレスリーは美しかったですねぇ。京劇も何回か観ています。
歌舞伎よりも動きが激しいと思いますね。
9. Posted by miyu   2006年05月03日 23:32
>はんなママ
本当に美しかったんですけど、
すっぴんの時の女形の方の女性らしさを
表情で表現されてるのには脱帽しちゃいました。
京劇は観た事ないんですよねぇ。
歌舞伎はちょっと観た事あるんですが、
今度チャレンジしてみたいと思います!
10. Posted by こっちゃん   2006年05月04日 00:20
結構みんな観てるんだなぁ〜

うんうん。
かずろぐさんとこで紹介してたよね、これ。

こういうカタチでしか表現できない男らしさ女らしさがある・・・・ですか?

miyuさんもなかなか深いこと言うなぁ。
さすがです!
オトコが好きな男のことはかずろぐさんが詳しいらしいよね。
え?それはゲイだろって?

そ、そうとも言う(^o^;
11. Posted by miyu   2006年05月04日 23:27
>こっちゃん
そうそうタマにはあたしも深いことを言うんですよ〜(´▽`*)アハハ
こっちゃんはコレまだかな?
レスリー・チャンの名演は見応えあるよ〜ん♪
12. Posted by sakurai   2008年06月30日 08:04
はたまた宝箱から引き出してくれまして、ありがとうございます。
素晴らしい作品でしたが、もったいなかったですねえ。レスリー。
このレスリーが秀逸でしたわ。ただ、映画撮影のとき、あまりに中国人役者の粗野な演技が自分と合わず、かなり衝突と苦悩もあったらしいです。
コン・リーもこれはすごかったですが、キリギリスみたいなグオ・ヨーもインパクトありました。これくらいからめきめきかな。
フィルムは、かなりぼろぼろらしく、見るたびざらざらになってますのでそろそろデジタル・リマスター版でみたいです。
13. Posted by miyu   2008年06月30日 09:13
>sakuraiさん
本当ですね〜。
レスリーさんはまだまだ観ていたかったですよね。
本作の彼、本当素晴らしかったです。
なるほど、中国人役者の粗野な演技ですかぁ。
思いつめるタイプだったんでしょうね。
痛々しいですね。
14. Posted by latifa   2009年03月11日 18:34
miyuさん、こんばんは〜!
ちょっと古い映画で、感想を書いていらっしゃる方って、少ない中、miyuさんがアップされている〜〜(^▽^)と、嬉しくなりました。

いやはや、みんな若かった!!
今は亡きレスリーチャンの代表作ですね・・・
見ながら切なくなりました。
15. Posted by miyu   2009年03月11日 19:14
>latifaさん
こんばんは〜♪
そうだね〜。こうゆう映画をupしてる方って少ないかもね〜。
うんうん、レスリー・チャン素晴らしかったものね〜。
彼のことを思うと切なくなりますよね。
16. Posted by 悠雅   2009年05月21日 18:10
ようやくUPできました。
蝶衣の愛と、京劇、文革と、たくさんの物語が描かれていると同時に、
深くて強い思いに胸がいっぱいになってしまった初見の時より、
改めて見直した今のほうが、まだしもマシな感想が書けたかも。

レスリー・チャンの美しさ、素顔の表情の悲しさ、柔らかな物腰や指先まで、
本当に見事な女形を演じ切っていた作品でしたね。。。
わたし、実は京劇が好きで何度か生の舞台も観てるのに、
この映画には昨年まで縁がないままだったこと、
今更ながら、もったいなかったと思います。
17. Posted by miyu   2009年05月21日 19:40
>悠雅さん
うんうん、分かります。
あまりに圧倒されちゃうとまともに感想も浮かびませんものね。
でも、悠雅さんが京劇お好きだなんて知りませんでした。
それはそれは、なんで今まで縁がなかったのか不思議ですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「さらば、わが愛 / 覇王別姫」 中国  [ Kaz.Log エイガ ]   2006年05月02日 02:13
===== アラウンド・ザ・ワールド ! 映画で世界一周 〜 中国 ===== 韓国映画よりも何を観るかで迷いに迷った中国映画。新たに3本ほど観た中でこの映画を選びました〜。 この映画は昔、途中まで観てその後見逃してた映画です。このたび、この企画のため改めて観て、ちょっ...
2. さらば、わが愛 覇王別姫:弱者たちの中国史  [ 犬儒学派的牧歌 ]   2007年12月07日 00:59
★監督:チェン・カイコー(1993年 香港作品) DVDにて鑑賞。 ★あらすじ(Yahoo!映画より...
3. さらばわが愛 覇王別姫  [ 迷宮映画館 ]   2008年06月30日 07:50
昨日は、不肖私め、45回目の誕生日。30過ぎたくらいから、誕生日はちっともうれしくなくなったが、とりあえず節目ということで、四捨五入で50になった自分を祝った。何で?映画で。私の生涯のフェバリット映画、ベスト10に入る「さらばわが愛 覇王別姫」の鑑賞をし...
4. 映画「さらば、わが愛??覇王別姫」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2008年09月01日 00:53
原題:Farewell to My Concubine (1993) 日本なら昭和の初期から40年代まで、中国・北京を舞台に京劇の古典『覇王別姫』を演じる2人の役者の愛と憎しみが時代の波と共に描かれる。 京劇で男役の段小樓(チャン・フォンイー)と女役の程蝶衣(レスリー・チャン)、...
5. さらば、わが愛 覇王別姫  [ MneMe fragments ]   2009年01月07日 20:18
さらば、わが愛 覇王別姫 監督: チェン・カイコー 出演: レスリー・チャン、チャン・フォンイー、コン・リー、グォ・ヨウ 再見。 京劇を演じる二人の男性。一人は女形を演じることで自分自身の性を奪われたような、打ち捨てられたかのような存在だ。そしてコン...
6. 「さらば、わが愛 覇王別姫」感想と、レスリーの少年時代役が「梅蘭芳」に出演!  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2009年03月11日 18:31
なんか、すごい長いタイトルになってすいません。 「さらば、わが愛 覇王別姫」、多分15年ぶり位にこの映画を見ました。レスリーが亡くな...
7. さらば,わが愛 覇王別姫  [ 悠雅的生活 ]   2009年05月21日 18:04
男に生まれ、女にはなりきれない・・・
8. さらば、わが愛 覇王別姫  [ しーの映画たわごと ]   2010年04月30日 14:12
内容的にイカれた映画だと思うんだけど。 いや、映画としては、映像とか音楽とかが評価されるんだろうからなんとも言えないけど、ストーリーはイカれてます。