2006年06月11日

嫌われ松子の一生

嫌われ松子の一生
 『不幸って何?
 松子。人生を100%生きた女。』

 コチラの「嫌われ松子の一生」は、山田宗樹さんの同名小説の映画化で、5/27公開になったPG12指定の映画なんですが、公開3週目にも関わらずかなり混雑していました。あの「下妻物語」の中島哲也監督の最新作ですし、観た人の評判が結構いいからなのかなぁ?

 やっぱり邦画好きさんこっちゃんもなかなか楽しめたみたいなので、あたしもかなり期待しちゃってたんですけどね。

 特に若い年齢層の方が多かったかな?でも、片平なぎささんのご登場では、おばちゃん達大ウケでしたねぇ〜(´▽`*)アハハ それ以外にもかなり豪華なキャスト陣で、それぞれがハマリ役って感じがしました。メインキャスト陣は、いわゆる俳優が多いのですが、それ以外のいわゆるタレントだったり歌手だったり芸人だったりをうまく生かすのが中島監督は上手いですね〜。

 そして、お話は川尻松子(中谷美紀)の壮絶な転落人生を「下妻物語」同様にCGを使ったカラフルな映像と更にはミュージカル映画風で、軽快でテンポ良く見せてくれる映画でした。そして、数々の男性と恋に落ちる松子なんですが、個人的には龍洋一(伊勢谷友介)の特殊メイクの顔の傷痕がステキでしたぁ〜(〃▽〃)キャー♪

 観る前は、松子のような人こそ男は大切にするべきなのになぁ〜なんて勝手に思い込んでいたんだけど、実際観てみたらなるほどなぁ〜って感じがしました。病弱な妹の久美(市川実日子)にばっかり愛情を注いでいる父(柄本明)に愛されたいと願いながら、大きくなった松子はひたすら愛してくれる男性を求めるんですね。

 松子は、愛された事がなくって、結局愛した事もなかったんですね。そして、自分の事も愛せなかったんだと思います。だから、龍に暴力を振るわれても「1人よりはマシ」と呟いちゃうんです。ただ寂しくって、ただ愛されたい、そればっかりを願うあまりに、本当は愛してくれていた人達の愛情の深さに気付けなかったんですね。

 コレはとてつもなく寂しい女の一生なんですが、振り返ってみれば家族や友人そして恋人にも恵まれた女性だったんですね。ただ、その愛されている事に気付けなかった。それだけのために、転落してしまった松子の人生。切なくってちょっと(T-T) ウルウルしちゃいました。

 公式サイトはコチラ

◆ title: Memories of Matsuko(2006/日本)
◆ date: 2006.06.11
◆ director: 中島 哲也
◆ performer: 中谷 美紀/瑛太/伊勢谷 友介/香川 照之/市川 実日子/黒沢 あすか/柄本 明/木村 カエラ/蒼井 そら/柴咲 コウ/片平 なぎさ/本田 博太郎/奥ノ矢 佳奈/ゴリ/榊 英雄/マギー/竹山 隆範/谷原 章介/甲本 雅裕/キムラ 緑子/角野 卓造/阿井 莉沙/宮藤 官九郎/谷中 敦/劇団ひとり/大久保 佳代子/BONNIE PINK/濱田 マリ/武田 真治/木野 花/荒川 良々/渡辺 哲/山本 浩司/土屋 アンナ/AI/山田 花子/あき 竹城/嶋田 久作/木下 ほうか

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG     

この記事へのコメント

1. Posted by 【お返事】こっちゃん   2006年06月11日 23:33
愛はバ〜ボォ〜♪のこっちゃんです^^;
とうとう観てしまいましたね。
こっちゃんも片平なぎさでウケました。
オバちゃんじゃないけど。

いくら歯車が狂ったとしても
松子ほど転落する方が難しいとは思いますけど、
さすが映画になるだけの話ですよね。
魅せますよね〜。
悲しいけど最後はちょっとだけ救いがありますね(^o^)
2. Posted by miyu   2006年06月11日 23:41
>こっちゃん
片平なぎさは隣の若い女の子にもウケてましたよ〜♪
あたしも笑っちゃいました(´▽`*)アハハ
結局1人寂しく死んでしまったワケだけど、
ちゃ〜んと松子は愛されていたんですもんね。
泣いている人は少なかったと思うけど、
あたしはかなり(T-T) ウルウルしちゃいました。
3. Posted by Henry   2006年06月12日 00:58
キャストも豪華だし、この映画も観たい!
監督と女優さんのバトルも話題になったよにゃ。
スマステで、稲垣君がちょっと長いって
言ってたけどどうなんでしょか?
4. Posted by kaz.   2006年06月12日 01:52
「下妻」もまだ観てない自分ですが、これも面白そうだよねぇ〜。
やっぱ、「下妻」観てから観るほうがいいのかな?

おぉ、ウルウルきましたか!?(ToT)
5. Posted by m52387177   2006年06月12日 19:12
やっぱりいいのかこの映画。

どうしようかなぁ〜。
見に行くかな?
う〜〜〜ん。
6. Posted by miyu   2006年06月12日 21:53
>Henryお父さん
Σ(・o・;) アッ実はね、
最後の方ちょっとしつこいかな?
ってのは思っちゃいました。
コメディで2時間10分はちと長いかなぁ〜(^-^;
でも、盛り沢山で楽しめると思うよ〜ん♪

>Kaz.さん
下妻は全然関係ないから大丈夫だと思いますよっ。
でも、ソリが合わないって事もあるかもだから、
観ておいてもいいかもしれないですね。

>mさん
個人的にはかなり楽しめちゃいました。
DVDでも全然OK!だとは思いますよ。
ただカラフルなCGはせっかくだから
映画館で観ても損はないかな?
7. Posted by やっぱり邦画好き…   2006年06月13日 03:57
大変遅くなりました(毎度のことですみません)
情を求めることから与えることで本当の愛が生まれるんですね〜(笑)

8. Posted by ありばば   2006年06月13日 15:53
ものすごい豪華メンバーですな〜!
でもって片平なぎさもでてるんだー!
たぶん、ありばばは「トリック」の片平なぎさを観るつもりで〜す。
9. Posted by miyu   2006年06月14日 00:14
>邦画好きさん
いえいえお忙しいなかありがとうございます。
そうですねぇ〜。
本当の愛ってムツカシー(/ω\)

>ありばばみょん
あたしはトリックビミョーなんだよね。
とりあえず1作目を見なくっちゃ〜(^-^;
感想楽しみにしちゃってますよ♪
10. Posted by あっしゅ   2007年01月20日 02:06
miyuさ〜ん!こんばんわ☆

ボクはこの映画、いただけなかったです〜♪
確かにあまりにも暗い内容なので、ミュージカルっぽくしたり、笑わせたりしているのですが、でもやっぱり笑えないっすよ、、、。
キャストも盛りだくさんでしたね☆
ボクも伊勢谷友介の特殊メイクには感動を覚えました。彼ってかっこいいですよねぇ〜、キャー!
11. Posted by miyu   2007年01月20日 22:19
>あっしゅさん
うわっ!
あっしゅさんもそう思った?
カッコ良かったよねぇ〜♪
この映画以来伊勢谷さん好きになっちゃったもの〜。
12. Posted by メビウス   2007年12月23日 17:53
miyuさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

片平なぎさはやはり崖っぷちが似合いますねwアレだけのために出演した感じですし、大女優をそんなチョイ役に使う監督も凄い気がします(笑

それに『下妻』と同じくその他のキャスティングもかなり豪華♪主演の中谷美紀はこの松子役で主演女優賞ゲットしただけあり、これまでの役とは違ってかなり弾けた印象がありましたね。監督にボロクソ言われたようですが、それが実を結んだようで、実際自分にとってもかなり印象に残る役でした。
13. Posted by miyu   2007年12月23日 21:36
>メビウスさん
こちらこそありがとうございました。
ですね!キャストもすごい豪華でしたよねぇ〜。
中谷美紀さんもおっしゃるように弾けてましたね!
14. Posted by sakurai   2008年10月05日 22:15
先に本を読んでいたので、いったいト○コの場面とかはどうするんだろう??と結構危惧を抱いていたのですが、うまい表現でしたわ。
センスがいいですね、この監督は。本当に。
私もこれで伊勢谷君に惚れました。
最近でないなああ。
この伊勢谷君は、マジにカッコよかったです。
15. Posted by miyu   2008年10月05日 22:22
>sakuraiさん
ですよね?中島監督の作品あたしも好きです〜♪
ギャグも映像もやっぱりセンスがいいなぁ〜と
感じますものね!
うんうん、伊勢谷んかっちょえかったっすよね!
あたしもこの作品とか「ハチクロ」あたりで
彼に惚れました(*´ェ`*)ポッ
そろそろ「ブラインドネス」が公開になるのだけど、
あれはチョイ役なんでしょうかね〜?
16. Posted by ミチ   2008年10月16日 22:51
こちらにも・・・。
ううー、本当に皆さん大絶賛なんですよね〜。
私はこの映画が全然ダメだったんです。
(原作もイマイチ好みではなかったし・・・)
多分中島監督との相性が悪いのだろうと思って、『パコ』も見に行かなかった次第です。
17. Posted by miyu   2008年10月16日 22:53
>ミチさん
あ〜そうなんですかぁ。
まぁ好みと言うか、相性?もありますよね〜。
あたしは結構中島監督の作品は好きなんで
パコも楽しめたのですが、
た〜くさん映画は公開されますから、
苦手なの、相性悪いのはスルーするに限りますよね( ´艸`)
18. Posted by hyoutan2005   2008年10月27日 23:35
こんばんは。
トラックバックのお返しが非常に遅れた為たまってしまっています。
ごめんなさい。
ぼちぼちお返ししていきますね。
この作品は深くにも結構泣かされた覚えがあります。
原作を読んでから観たのですが、そのイメージが損なわれること無く中島カラーに塗り替えられていたことに拍手です。
19. Posted by miyu   2008年10月27日 23:39
>hyoutan2005さん
いえいえ、お忙しいなかすんませんです。
原作も読まれてるとまた違うのかなぁ?
でも、あたしも結構深く突き刺さる映画でしたよ〜♪
20. Posted by 間諜X72   2010年12月07日 20:59
まあ、本音を言えば僕はテレビ版の方が良かったです。
テレビ版→映画→小説の順で見たからかも知れません。
また中谷美紀さんにあまり魅力を感じない。内山理名さんの方が魅力を感じる。個人的な好みでごめんなさい。

>振り返ってみれば家族や友人そして恋人にも恵まれた女性だったんですね。

なるほど!そういう考え方もありますね。
21. Posted by miyu   2010年12月07日 21:32
>間諜X72さん
おぉ〜そうなんですかぁ。
全部制覇?すごいですね。
あたしは映画しか見てません(/ω\)
色んなメディアで1つの作品を表現しているのですから、
興味深いですよね^^
22. Posted by 間諜X72   2010年12月09日 07:53
ドラマ版「嫌われ松子の一生」が放映された頃、ドラマ版「だめんず・うぉ〜か〜」も放映されたいました。
だめんずは子供の頃に愛情に飢えていた女性がなり易い。生活能力が無い男を支える事で精神的に男に依存する。自分の存在感を見つける。テレビ番組でそう言うのを聞きました。
松子がまさにその典型でしょうね。
23. Posted by miyu   2010年12月09日 19:43
>間諜X72さん
なるほどねぇ。必要とされたいってことでしょうかね。
気持ちは分からなくもないですね。
「あたしがいなきゃダメなのよ」みたいなことですよねぇw
24. Posted by 間諜X72   2010年12月11日 18:54
miyuさんは、だめんずに関してどう思われますか?僕は自分の娘がだめんずとくっついたら絶対に嫌ですね!モテるだめんず。もっと嫌ですねー!
25. Posted by miyu   2010年12月11日 21:48
>間諜X72さん
ん〜、確かに自分の子供がと思えば、イヤなのですがw
あたしは女なので、ダメだけどいい男ってのが分かっちゃうんです。
そうゆう男性ってモテちゃうんですよねぇ。
モテちゃうから、なお、ダメになっていくんですよねぇ。
本当苦労したことがないんですね。多分。
いつかきっと本当の苦労を味わうのでしょうが、
そこまでダメなままなんだと思いますw
26. Posted by 間諜X72   2010年12月12日 11:22
なるほど。一つ勉強になりました。
駄目だけどモテる男。女性から見るとそういうもんなんですね。
逆のタイプ。
真面目に働いてるし、安定した収入がある男だけど、モテない男。女性から見ると敬遠しますか?僕の周りに結構います。我々男から見ると好感持てるけど、女性から見ると・・・・・。
27. Posted by miyu   2010年12月12日 18:49
>間諜X72さん
ん〜どうなのかなぁ?
安定してる方がそりゃ〜いいとは思うのですが、
結局そうゆうのって関係なかったりもしますからねぇ。
もちろん、そうゆうので相手を選ぶ人もいるんでしょうが、
やっぱり一緒にいて、安らげたり、楽しかったり、
ドキドキしたりw
そうゆうのってやっぱり大事ですよね。
お金がある幸せ、
お金がなくても幸せ、
難しいところですね♪
28. Posted by 間諜X72   2010年12月14日 06:14
>一緒にいて、^造蕕欧燭蝓↓楽しかったり、ドキドキしたり

特にが大事かも知れません。
真面目で安定した収入があるのにモテない男は、がないのでは?
また、デートする時に「こんな楽しいところに連れて行ってくれるの?」ってのがないと駄目でしょうね。

松子から随分話が外れてしまいました。すみません・・・・・・(^^;
29. Posted by miyu   2010年12月14日 07:00
>間諜X72さん
おはようございます☆
ん〜、そうかもしれませんねぇ。
なんだかんだでやっぱりトキメキwは重要ですしねぇ。
それはもうフィーリング?直感ですから、
なにがどう!ってのは言いづらいかと思うので、
モテない人も直しようがないから難しいんでしょうね。
これって逆に女性にも言えることだと思うのですが、
家庭的で性格もいいのにモテない女性。。。
とかね。同性から見れば、いいのになぁ〜と思っても
男性からは。。。とかきっとありますよね。
30. Posted by 間諜X72   2010年12月18日 19:53
美人でも魅力が無い女性。
ちょっとブスだけど、セックスアピールがある女性。
男から見た基準はいろいろですよ。
結婚して家庭を持つと、やはり性格が良くて家事育児がきちんと出来る女性ですね。顔はあまり関係なくなります。

映画「華麗なる賭け」でスティーヴ・マックィーンとフェイ・ダナウェイのデートはオシャレで楽しそうでした。僕は結婚が近い頃、ああいうデートは出来なかった。妻よ、ごめん・・・・・。

松子は彼らとフィーリングでくっついて付き合って転落してしまいました。何だか話の戻し方が強引ですね・・・・・(^^;
31. Posted by miyu   2010年12月18日 20:55
>間諜X72さん
そうですね。男性から見て、何で?と思うように、
女性から見ても、何で?と思うような人がモテることもありますよね。
なぜか魅力がある。
それはもう殆ど天性のもののように思いますが。。。
デートはどんなデートか、ではなく、誰とするかですよね^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 嫌われ松子の一生  [ こっちゃんと映画をみまちょ♪ ]   2006年06月11日 23:29
めくるめく転落人生。この映画の中で、荒川良々との出会いが一番ハッピーに見えたこと、そのものが一番悲しい...(つд⊂) 松子さん、あなたの人生っていったい.... 【2006年 日本映画/映画館にて鑑賞】  初公開年月2006.05.27 嫌われ松子の一生(公式HP) 【...
2. 嫌われ松子の一生  [ アル青年のFM Music Cafe ]   2006年06月12日 18:50
映画「嫌われ松子の一生」を見に行ってきました。 BONNIE PINKなど、人気ミュージシャンが多数出演するということで、楽しみに待っていた映画なのですが、なかなか作品自体がとてもよく出来ていました。 原作が6割、映画監督である中島哲也さんの遊び心が....
3. 『 嫌われ松子の一生 』  [ やっぱり邦画好き… ]   2006年06月13日 03:37
 公式サイト 映画 『 嫌われ松子の一生  』  [劇場鑑賞] 2006年:日本  【5月27日ロードショー】 [上映劇場 ] 監 督:中島哲也 脚 本:中島哲也 原 作:山田宗樹  山田 宗樹 嫌われ松子の一生 [ キャスト ] 中谷美紀 ...
4.  「嫌われ松子の一生」  一緒に楽しく 虚しく 切なく   [ bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ ]   2006年06月17日 17:51
中谷美紀主演VS中島哲也監督 話題の映画 「嫌われ松子の一生」を 公開初日に観ました。 撮影中の「悪い」やりとりが 先行した感がありますが 初日の舞台挨拶で和解したとか? 物語は 「川尻松子」と言う女性の 昭和22年から平成13年までの 一生の人生物語。 53年...
5. 嫌われ松子の一生/山田宗樹  [ 文学な?ブログ ]   2006年07月02日 10:03
やるせない思いで最終頁を閉じました。些細なことに何度も自分を見失い、流され、それでも死より生きることを選んできた松子。その人生の終わりがこれではあまりに辛すぎます。 体の弱い妹に父の愛情を奪われ、父の希望をかなえようとなった教師の職を追われ、失踪してあ...
6. 嫌われ松子の一生 06年134本目  [ 猫姫じゃ ]   2006年07月07日 14:46
嫌われ松子の一生 中谷美紀 ≒ 濱田マリ ≒ 柴咲コウ ≒ あたし > 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 原作って、感動ミステリー巨編 (Official HP)?なの??http://bl...
7. 嫌われ松子の一生☆☆☆☆  [ 旭のほとりで ]   2006年12月17日 05:35
主演:中谷美紀 評価:☆☆☆☆ 内容:変死した松子の、憐れでしかし何故か本人は幸福な人生を辿ってゆく物語。 感想:なんかCMみたいな(というかまんまCM風)のオープニングで華々しい幕開け。派手なCGはあり、ミュージカルもあり。こんな豪華な邦画は珍....
8. 嫌われ松子の一生  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2007年01月20日 02:06
  評価:★5点(満点10点) 2006年 130min   監督:中島哲也 主演:中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之 決して嫌われてたんじゃない、、、許されざるものを愛し、そして愛した53年間。彼女こそ、許されざるものの神、そのものだった、、....
9. 嫌われ松子の一生 〜DVDにて〜  [ 三日月のしっぽ。 ]   2007年08月23日 23:04
  嫌われ松子の一生・・・評価  4   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 昭和22年。 福岡県大野島生まれの松子は、父の愛情を一身に倀
10. 映画「嫌われ松子の一生」を観た!  [ とんとん・にっき ]   2007年08月31日 13:57
中島哲也監督は「松子に会いたいから映画にする」と言ってくれた、主演の中谷美紀さんは「松子を演じるために女優を続けてきたのかも知れない」と言ってくれたと、原作者の山田宗樹は、コメントしています。それにしても観る前からこの映画、主演の中谷美紀が中島哲也監督
11. 嫌われ松子の一生  [ Big Screen ]   2007年09月14日 04:16
嫌われ松子の一生 [◆◆◆◆◆◆6/6] ○2006日本/130min/ 東宝 ○コメディ/ドラマ/ロマンス/公開2006/05/27 ○イントロダクション あるきっかけで教師を辞めることになった川尻松子。父親からの愛の減少感がトラウマとなり、一途で不器用な性格とあいまって、そ...
12. 映画・嫌われ松子の一生〜悲劇かコントか、時々ミュージカル!  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2007年11月04日 22:17
映画・嫌われ松子の一生ですが、これは結構面白いです。ドラマの内山理名のも見たのですが、中谷美紀の松子の方が私は好きです。 映画だと、次から次へと川尻松子の転落人生、これでもかと続くわけですが、あまり悲壮感もなく、壮大なコントのような気もしてきますが、ラス...
13. 「嫌われ松子の一生」DVD  [ 日々のつぶやき ]   2007年11月05日 12:08
公開当時に観ようかな??と思いつつ、見逃してしまったのでレンタルしました。 前クールの連ドラでもやっていたようですね。(見てませんでしたが) 何故かブーム? 主演:中谷美紀、瑛太、劇団ひとり、黒沢あすか、柴崎コウ 「松子という叔母がいると聞かされた
14. 嫌われ松子の一生  [ シネマライフ de Moriman. ]   2007年11月06日 09:48
 人生いろいろ、幸せいろいろ。             『下妻物語』の中島哲也監督が、山田宗樹の同名ベストセラー小説を映画化した異色のシンデレラストーリー。壮絶で不幸な日々を過ごしながらもハッピーな人生を目指して奮闘する、川尻松子の波乱万丈な生き様をつ...
15. [Review] 嫌われ松子の一生  [ Diary of Cyber ]   2007年11月07日 06:28
人間というのは。 一度何かの欲や快楽を覚えると、それに慣れてしまい、それ以上の欲や快楽を求めてしまいます。もっと、もっと。今よりもずっといい欲求を。 けれど、世の中全ての人間が同じように『前以上の欲求』を満たすことなんて有り得なくて。勿論、努力精進の末勝...
16. 嫌われ松子の一生  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2007年11月28日 00:16
ある日、荒川の河川敷で女性の他殺体が発見されます。川尻松子(中谷美紀)、53歳。今まで彼女の存在を知らずにいた甥の笙(瑛太)は、松子の弟である父親(香川照之)に頼まれ、松子の住んでいた部屋の後片付けをすることになります。乱雑jな部屋を片付けながら、笙は、松...
17. 『嫌われ松子の一生』  [ 唐揚げ大好き! ]   2007年12月26日 05:40
    『嫌われ松子の一生』   女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子もそのひとり。 でも現実は……   言葉を選べば自分の感性と合わなかった。 もっと平たく言えば観なきゃ良かった。 極彩色に彩られ
18. 明るい悲劇  [ 宇宙のめいぐると ]   2007年12月27日 00:13
「嫌われ松子の一生」やっとDVDにて鑑賞。
19. 「嫌われ松子の一生」  [ 雑板屋 ]   2007年12月29日 13:43
5 作品、映画としてもとても素晴らしいと思った。 生きるって、壮絶で残酷で無情・・・容赦ない不幸が次々と描かれていて不運の連続。 中谷美紀の体当たり演技も、キャストも音楽も・・・明るく輝きのある映像へと見事に繋がってる気がして、この世界観に心酔した。 ....
20. 「嫌われ松子の一生」  [ 或る日の出来事 ]   2008年01月07日 23:10
BJ「男運に恵まれず、怒涛(どとう)の転落人生を一直線にすべり落ちる、ある女の人生を描いた、娯楽快作」 ノーマ「ん、娯楽快作?」 「快佮..
21. 「嫌われ松子の一生」松子があまり好きになれず・・・  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2008年01月11日 19:09
「下妻物語」が凄く面白かったので、この「嫌われ松子の一生」にも期待をしていました。映画館に行こうかな?と真剣に思ったのだけれど、不幮..
22. 『嫌われ松子の一生』'06・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年01月23日 20:52
あらすじ昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになりエリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしまう・・・。感想『下妻物語』の中島哲也監督が山田宗樹の小説を映画化...
23. [ 嫌われ松子の一生 ]中島哲也ワールド  [ アロハ坊主の日がな一日 ]   2008年02月03日 01:18
[ 嫌われ松子の一生 ]@吉祥寺で鑑賞 なんで、一人でこんな世界が描けるのか。 すごい。すごすぎる。 中島哲也監督って、たぶん完ぺき主義なんだろうな。 音楽といい、画といい一つの世界が完成されている。 山田宗樹の同名ベストセラー小説の映画化。 壮絶で不...
24. 嫌われ松子の一生  [ キューピーヘアーのたらたら日記 ]   2008年02月21日 19:51
松子っ!仲間に入れたげるっ! だから、もう一人じゃないよ! と、呼びかけてはみたものの、 彼女の転落人生、重いよねえ。 何度も出てくるフレーズ、 「その瞬間、人生が終わったと思いました。」 キューピーにも分るよ、その瞬間。 (幸運なことに殺人までは犯さな...
25. 嫌われ松子の一生  [ そーれりぽーと ]   2008年02月24日 20:17
劇場コマーシャルの出来がサイコーな「嫌われ松子の一生」 きっとコマーシャルの出来が良過ぎるだけで、内容はイマイチに違いないと期待薄に観に行きました。 ★★★★★ ごめんなさい、今のところ今年一番面白かったです。 このシーズン公開作の感想をまだあと4つ書けてい...
26. 『嫌われ松子の一生』  [ マガジンひとり ]   2008年02月27日 23:19
渋谷・シネクイントにて、中島哲也監督。 東京へ出てミュージシャンになる夢も見失いかけていた18歳の笙(瑛太)の前に、突然父(香川照之)が、存在すら知らなかった伯母・松子(中谷美紀)の遺骨を持って現れる。 松子は中学教師をクビになったうえ男運が悪く風俗嬢にまで...
27. 『嫌われ松子の一生』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2008年03月02日 12:09
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌われ松子の一...
28. 嫌われ松子の一生  [ 空想俳人日記 ]   2008年03月02日 18:02
空仰ぎ 曲げて伸ばして 星になる   そういえば、「無法松の一生」ってありましたね。それが何って、別に何でもないけど。  この映画、「おもろいやんけ、でも、ちと浅いかなあ」タイプと「つまんねえけど何かぐっと感じるんだよね」タイプと、そんな狭間を行った...
29. 映画〜嫌われ松子の一生  [ きららのきらきら生活 ]   2008年03月09日 21:36
 「嫌われ松子の一生」公式サイト「下妻物語」の中島哲也監督最新作、観て来ました昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってし...
30. 「嫌われ松子の一生」  [ NOHOHONブログ ]   2008年03月14日 23:46
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 教師から一転して転落人生 ダメな男ばかり愛して利用され捨てられ果ては殺人までしてしまう松子。 中谷美紀という女優とそのキャラクターが結び付かず リアルにそういう女を演じちゃう女優のキャスティングも有り得ただろうに それを....
31. 「中島ワールド」炸裂!〜『嫌われ松子の一生』  [ 真紅のthinkingdays ]   2008年03月15日 02:56
 母からメール。「先日の朝日の映画評を読んで、今朝『嫌われ松子の一生』を観て 来ました。これは面白い!!邦画をみて久しぶりに感動、是...
32. 嫌われ松子の一生  [ 映画三昧、活字中毒 ]   2008年04月09日 21:46
■ 新宿コマ東宝にて鑑賞嫌われ松子の一生 2006年/日本/130分 監督: 中島哲也 出演: 中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子...
33. 「嫌われ松子の一生」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2008年04月12日 21:46
嫌われ松子の一生 通常版アミューズソフトエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子(中谷美紀)。 お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、 やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。 ...
34. 『嫌われ松子の一生』  [ 映画大陸 ]   2008年04月23日 22:31
 中谷美紀 罵声監督と“涙の和解”  ヤフーのニューストピックスにこんな記事が掲載されているのを発見して興味を持って記事を読んでみました。その記事によるとこの映画の撮影中に中島哲也監督から中谷美紀に向って「下手くそ!女優辞めろ!」なんて罵倒が毎日毎日飛....
35. 「嫌われ松子の一生」  [ てんびんthe LIFE ]   2008年04月26日 00:18
「嫌われ松子の一生」TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7で鑑賞 2時間サスペンスの女王 片平なぎさ 何とも…、こんな映画初めて見ました。映画をを見る前にスポーツクラブにいてバイクをこぎながらぼおーーっとTVを見ていたらちょうどこの作品のメイキングを放...
36. ついに観ました!嫌われ松子の一生  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年04月29日 00:03
「嫌われ松子の一生」はかなりの人気らしいあちらこちらのブログでも、皆が絶賛しているという事で、水曜日のレディースディに観に行ってきた。上映時間までは、まだ30分以上あったので、それほど人もいなかったが・・・・時間が経つにつれて、来る!来る!次々と大半は2...
37. 嫌われ松子の一生 80点(100点満点中)  [ (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) ]   2008年05月02日 00:30
作中に一部問題のある名称がうんたらかんたら 公式サイト 山田宗樹の同名小説を原作に、『下妻物語』で一躍大ブレイクした鬼才・中島哲也が、前作ヒットにより大幅アップした予算と、進歩した映像技術により、更に磨きがかかった独特の映像表現手法を引っ提げて、満を持....
38. 『嫌われ松子の一生』  [ ラムの大通り ]   2008年05月30日 21:55
----『下妻物語』の中島哲也監督の新作。 前作が大絶賛されただけに注目度も高いよね。 「う〜ん。これはある意味、スゴい問題作だね。 どう評価していいのか、 一言で言えばこんな映画観たことがない。 これまで彼が豊川悦司&山崎努の卓球対決(『サッポロ黒ビール』)など...
39. 嫌われ松子の一生  [ future world ]   2008年06月03日 00:04
‘ま〜げて〜のばして〜おほしさまをつかもう〜♪’ 松子「心の愛唱歌」・・・私これ、知ってますが・・何か?・・ロンパールームだっけ? 「下妻物語」のあの中島監督に主演が中谷美紀とくれば、どれほどの期待だったことか! ほんとよく出来てる、面白い〜〜‘酷’‘....
40. 嫌われ松子の一生・・・・・1200円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2008年06月13日 00:50
中島哲也はCMの世界の巨匠である。 業界には彼を崇拝している人も多いし、実際素晴しい仕事を多く残している。 長編映画三作目となった前??.
41. 嫌われ松子の一生  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年06月13日 13:00
『嫌われ松子の一生』公開:2006/05/27(05/31)監督:中島哲也原作:山田宗樹『嫌われ松子の一生』(幻冬舎文庫刊) 出演: 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子。お姫さまのような人生を夢みる明...
42. 『嫌われ松子の一生』 (初鑑賞38本目・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2008年06月22日 12:10
☆☆☆???? (5段階評価で 3) 5月27日(土) シネ・リーブル神戸シネマ1 にて 12:55の回を鑑賞。
43. 嫌われ松子の一生  [ 欧風 ]   2008年06月25日 20:41
「下妻物語」と言えば、前も書きましたが、私の終身名誉映画</spa
44. 嫌われ松子の一生見てきました。  [ よしなしごと ]   2008年06月30日 01:46
 正直最初は見なくても良いかなと思っていたのですが、他の方のブログを読むとかなり評判がよいので嫌われ松子の一生見てきました。
45. 嫌われ松子の一生  [ 映画を観たよ ]   2008年07月08日 21:50
「曲げて〜伸ばして〜お星様をつかもう〜♪」 松子が口ずさんでいた歌が、耳から離れないです。 期待して観にいきましたがばっちり期待に答えてくれました! 正直、最初はあんまし入り込めなくて「大丈夫かなぁ?」とか思ったりしましたけど。 「なぜに嘘ついたん?」と窃盗...
46. 嫌われ松子の一生 (2006)  [ 極私的映画論+α ]   2008年07月14日 12:16
この映画すごいです。私は絶賛してしまいます。
47. 実は愛されていた。『嫌われ松子の一生』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2008年07月15日 12:23
波乱に満ちた人生を送った、ひとりの女性の物語です。
48. 映画「嫌われ松子の一生」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2008年07月19日 21:36
昭和22年福岡で生まれ、男に恵まれず堕ちて53年の生涯を荒川の河川敷で閉じた一人の女性。山田宗樹の小説&quot;嫌われ松子の一生&quot;の映画化。 川尻松子(中谷美紀)、物語は松子の生涯に興味を抱いた甥(瑛太)が、彼女に成り代わり一生を回想するように進む。...
49. 「嫌われ松子の一生」 Memories of Matsuko  [ 俺の明日はどっちだ ]   2008年07月20日 00:07
いやはや何とも、ひと言では言い表せない超弩級の新たなる映画というべき作品。 とにかくそんな手があったのかという独特の映像表現にすっかり楽しませてもらった。 話そのものは今まさに2007年問題として話題となっているいわゆる団塊の世代である昭和22年(1947年)生まれ...
50. 嫌われ松子の一生:「主観」で暴走する人生  [ 犬儒学派的牧歌 ]   2008年07月27日 08:38
★監督:中島哲也(2006年 日本作品) 新京極シネラリーベにて鑑賞。 シアターの名称が「弥生座」か...
51. 「嫌われ松子の一生」史上最悪の男運でも男を愛し続けた一生  [ オールマイティにコメンテート ]   2008年07月28日 23:09
3 「嫌われ松子の一生」は昭和22年(1947年)福岡県大野島生まれの川尻松子の波乱万丈の一生を描いた作品である。これだけ不幸で、史上最悪な男運の女性がそれでも男たちを愛してやまなかった人生をコミカルに描いている。
52. 嫌われ松子の一生/中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介  [ カノンな日々 ]   2008年08月11日 21:25
3 レディスデイということを差し引いても平日の昼間の回にしてはけっこうなお客さんの入りで、しかもこの作品にはあまり似つかわしくないような年配の女性も多くてちょっとビックリ。逆に男性はほんの数人しかいなくて、もしかしてコレは女性映画なのかもと思ってしまうくらい....
53. 嫌われ松子の一生  [ 映画、言いたい放題! ]   2008年08月21日 21:25
誰に聞いても絶賛のこの作品。 2006年が終わる前にDVDでやっと観ました。 ふぅ。 平成13年の夏、。荒川の河川敷に何者かに撲殺された女性の死体。 その姿は醜く肥え太り、身なりはホームレスのようだった。 彼女の名は川尻松子。 彼女は何故殺されなければならなかっ...
54. 嫌われ松子の一生  [ Akira's VOICE ]   2008年09月12日 11:23
色彩豊かに歌い上げる人間讃歌♪
55. 嫌われ松子の一生  [ 生まれてから今まで観てきた映画全部 ]   2008年09月16日 18:45
嫌われ松子の一生 通常版(2006/11/17)中谷美紀瑛太商品詳細を見る 新作の「パコと魔法の絵本」も公開中の中島哲也監督の「嫌われ松子の一生」で...
56. 嫌われ松子の一生  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2008年09月20日 17:23
“生れて、すみません。” 松子の一生は、駆け足のように足早に・・・ ・・・その中で人を愛し・・・ ・・・誰よりも前向きに精一杯に生きた一生でした。 その松子の人生に、私は・・・ 涙がでました! “意気消沈”している日本映画において、こんなにも...
57. 嫌われ松子の一生  [ 迷宮映画館 ]   2008年10月05日 22:13
ベストセラー小説、『嫌われ松子の一生』が映画になった!福岡で生まれた川尻松子。歌が好きで、勉強もできたどこにでもいそうな普通の女の子。親の望むまま、中学校の先生になり、順風満帆の未来が見えてたはずだった。のだが・・・。 お金を盗んだ、盗まないのいざこざか...
58. 映画「嫌われ松子の一生」  [ ミチの雑記帳 ]   2008年10月16日 22:50
映画館にて「嫌われ松子の一生」 山田宗樹の同名小説の映画化。松子のあの壮絶な転落人生をここまでエンタテインメント作品にしてしまうとは驚いた!原作からはタイトルと話の流れのみを借りてあとは中島監督の脚色によって別印象に仕上がっている。 ケバケバしい色の映像...
59. ★「嫌われ松子の一生」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2008年10月22日 23:28
たまには邦画でも・・・(なんでーーー) たまにはTOHOシネマズ川崎に・・・(なんでーーー) 下妻物語の監督の最新作だから・・・(なんでーーー) 見てみることにしてみました。 そう、この映画の主人公は「何でーーーー」ばかりの人生。
60. 嫌われ松子の一生 (2006)  [ 白ブタさん ]   2008年10月22日 23:45
『パコ』 も 『下妻物語』 も大好きなのに、まだ見てなかったこの作品(^^ゞ ようやく鑑賞しました??{%月webry%}
61. 人生の綻び・2(映画版松子)  [ ひょうたんからこまッ・Part2 ]   2008年10月27日 23:33
『嫌われ松子の一生』 公式サイト (2006年/130分) 「おかえり」、「ただいま」。 そんな家族のなにげない挨拶から、 いつしか縁が無くなってしまった女。 幼い頃から父の愛に飢え、人の愛に飢え、 何故か全てに報われない女。 女はある日、些細な出来
62. 嫌われ松子の一生  [ Blossom Blog ]   2008年11月03日 18:14
嫌われ松子の一生 MEMORIES OF MATSUKO 監督 中島哲也 出演 中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之     市川実日子 黒沢あすか 柄本明 ...
63. 嫌われ松子の一生  [ 5125年映画の旅 ]   2008年12月10日 07:17
2 『下妻物語』の中島哲也監督最新作。下妻が好きなので期待してたんですがこれはちょっと・・・・・。 僕はこの映画に明るいコメディを求めて観に行きました。この映画は確かにコメディ要素が満載でしたが決してコメディではない。ここが僕には致命的でした。 主人公松子...
64. 嫌われ松子の一生  [ しぇんて的風来坊ブログ ]   2009年02月14日 02:47
公式サイト 「下妻物語」でフカキョンのロリ少女とヤンキー少女との友情のヘンテコで痛快な映画を作った中島哲也監督の作品で、この新作を見ても、大げさで綺麗に見せる絵の演出法や、語りの多用や展開のさせ方など、やはり作風は共通している。 舞台挨拶も賑やかだった...
65. 嫌われ松子の一生  [ ネタバレ映画館 ]   2009年02月15日 22:38
 波乱万丈転落人生、でも松子は神や天使のような存在。だって相手の男が、クドカン、劇団ひとり、荒川良々etcだもん・・・恋なんて嘘だな・・・
66. 嫌われ松子の一生/memories of matsuko  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2009年02月18日 00:10
"嫌われ松子"の転落人生をギュッと凝縮した130分! 試写にてちょっとだけ早く観てきました{/kirakira/} 面白かった〜{/onpu/} {/onpu/} 長さなんて全然感じさせないほどテンポ良く魅せる{/kirakira/} 原作は同名の山田宗樹のベストセラー本。 嶽本野ばら原作のハイパーパ...
67. 「嫌われ松子の一生」好きな作品ではない  [ ももたろうサブライ ]   2009年04月05日 07:41
50%OFF◇新品DVD◇【SALE0321B】嫌われ松子の一生 【通常版】監督 中島哲也録画で鑑賞 昨年9月に福田首相辞任のニュースのあおりで放映が延期されていたものが、ようやく深夜枠で放映された。少しあらすじ 川尻松子(中谷美紀)という女性が殺され、彼女の甥(瑛太...
68. 嫌われ松子の一生 ▲80  [ レザボアCATs ]   2009年05月29日 14:38
'06年、日本監督・脚本:中島哲也原作:山田宗樹撮影:阿藤正一音楽:ガブリエル・ロベルト、渋谷毅主題歌:BONNIE PINK中谷美紀  松子瑛太  川尻笙伊勢谷友介  龍香川照之  川尻ノリオ市川美日子  川尻久美黒沢あすか  沢村めぐみ荒川良々  島津柄本明  川....
69. 嫌われ松子の一生(日本)  [ 映画でココロの筋トレ ]   2009年06月04日 23:05
6月のうちに観ておきたかった「嫌われ松子の一生」を観てきました! ( →公式HP  ) 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明 上映時間:130分 昭和22年・福岡県大野島生まれの松子は、 とことん運に見...
70. 嫌われ松子の一生(映画館)  [ ひるめし。 ]   2009年07月18日 21:54
不幸って何?
71. 嫌われ松子の一生  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年07月19日 14:46
松子。人生を100%生きた女。
72. 二題話あるいは「嫌われ松子の一生」幻の脚本  [ 再出発日記 ]   2009年07月23日 11:37
好評上映中の和製ミュージカル「嫌われ松子の一生」には、ボツになった幻の脚本があった。刑務所から出てきた恋人が、ずっと待っていた松子を振ってしまった後、自暴自棄になりながら山谷で働いていた時期のエピソードである。松子はその後、夜遊びをしていた中学生に注意...
73. 嫌われ松子の一生  [ pure's movie review ]   2010年02月07日 22:40
2006年 日本作品 120分 東宝配給 STAFF 監督・脚本:中島哲也 原作:山田宗樹『嫌われ松子の一生』 CAST 中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之 市川実日子 黒沢あすか 柄本明 久々に鑑賞です。 中島哲也監督の作品はどれも独自の雰囲気満載だけど、こんな悲劇の話で...
74. 嫌われ松子の一生~松子版「フォレスト・ガンプ」?  [ Osaka-cinema-cafe ]   2010年08月04日 00:45
随分前に見たのですが、ようやくブログに アップです。 最近の平塚や秋田の事件で、 クローズアップされる二人の女性の生き方。 特に平塚の事件の女性は、 どうも松子とだぶるなあと感じています。 中谷美紀主演 映画「嫌われ松子の一生」 中学教師だった松子(...
75. 嫌われ松子の一生  [ シネマ日記 ]   2010年11月01日 16:32
これはしばらく前に見た作品で、見た直後はレビュー書くほどでもないかなー、と思っていたんですが、ちょっとこの作品を見たことによって、思うところあって、その考えを一度まとめておこうと、記事にすることにしました。原作を読んでいないので、その世...