2006年10月18日

手紙


 『兄貴、元気ですか?
 これが最後の手紙です。


 コチラの「手紙」は、11/3公開になる東野圭吾さんの同名ベストセラー小説の映画化なんですが、試写会で観て来ました♪この映画の感想を冷静に書くことなんて、とてもじゃないけど無理。途中でおすぎが憑依しちゃいそうなイキオイです(´▽`*)アハハ

 元々涙もろい方だとは思うんだけど、映画を観てここまで号泣してしまった事ってあったかしら?と思うほどでした。家で観ていたら確実に、嗚咽していたと思います。なんとか声を押し殺すのがやっとな状態でした(^-^;

 エンドロールが終わっても泣き止めないってのは、今までにもあったんだけど、帰りの電車や今この瞬間までも、この映画の事を考えると、思い出し泣きしちゃいそうになるんです。

 と言うのも、ただ単に泣けるという映画じゃなくって、深く考えさせられる映画でもあったからなんです。武島直貴(山田孝之)と兄の剛志(玉山鉄二)は、早くに両親を亡くし兄弟2人だけで暮らしていたんですが、兄は弟を大学に進学させるため必死に働き、腰を痛めてしまい、会社をクビになってしまいます。

 兄は思いつめた末に盗みに入り、家人に見つかってしまい、誤って殺してしまいます。そして、弟は人殺しの弟と言うレッテルを貼られ、生きていく事になります。それでも幸せを手に入れようと必死に生きる弟なんですが、差別や偏見に苦しみます。

 『差別のない国を探すんじゃない、君はここで生きていくんだ――

 でも、生野慈朗監督の「人間って捨てたもんじゃねぇ、ってことを伝えたかったんです」って言葉にあるように、そんな差別や偏見すらも受け止める強さのある映画だと思いました。おや?とかあれれ?ってな部分もなくはないのですが、わずか121分の映画で、人生観さえも揺さぶられちゃうぐらい深く感銘を受けてしまったので、ヨシとしちゃいたいんです!

 それに、東野圭吾さんの「罪を犯すとはどういうことか、刑罰とは何なのか、真の更生とは――そんなことを考えながら書きました」って言葉にあるように、家族や贖罪といった様々な事について深く考えさせられちゃう映画でした。ちょっと重苦しい内容なのかもしれません。でも、いい映画でした。

 公式サイトはコチラ

◆ title: 手紙(2006/日本)
◆ date: 2006.10.16
◆ director: 生野 慈朗
◆ performer: 山田 孝之/玉山 鉄二/沢尻 エリカ/吹石 一恵/尾上 寛之/吹越 満/風間 杜夫/杉浦 直樹

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG     

この記事へのコメント

1. Posted by くまたん   2006年10月18日 21:27
いやいや凄すぎますね。あなた。
これ、すごく玉鉄気になってます。
ちょっと、物理的に映画行けそうも無いので、DVD待ちかな〜〜
でも、観たいわん。
2. Posted by やっぱり邦画好き…   2006年10月18日 21:28
おすぎが憑依(笑)納得。
ほんと、miyuさんの仰るように感想が書けないですね・・・
公開したらまた見てきます(^^)

3. Posted by にゃむばなな   2006年10月18日 21:37
映画を見終わっても泣けてくる気持ちわかりますよ〜。私も予告編で玉鉄さんが合掌しているシーンを見るだけで涙腺が緩みますから。
本公開を迎えたらもう一度見てみたいですね。
4. Posted by miyu   2006年10月18日 23:39
>くまたん
コレはね〜良かったですよ。
まぁ人それぞれ感じ方が違うし、
ひょっとしたら意見の分かれる映画かもしれないんだけど、
とても良かったです。
玉鉄さんも良かったですよ〜。
コレはね。DVDでもいいです。
つーかDVD欲しいです。

>邦画好きさん
おすぎが憑依して絶賛しないように
抑えるのに必死でした(´▽`*)アハハ
実を言うと彼が仕事で一緒に試写会に
行けなかったので、
あたしも公開されたらもう1回行くかもしれません。
次はもうちょっと冷静に観たいと思います(^-^;

>にゃむばななさん
そうですね。
TVや映画館でこの予告が流れたら
スグに涙腺が緩んじゃいますよね〜(^-^;
公開されたらもう1回行きたいなんて
めったに思わないんですけどね。
思ってもなかなか行けませんが(^-^;
DVD出たら家で思う存分嗚咽しながら
観たいと思います。
5. Posted by こっちゃん   2006年10月19日 00:22
号泣?!嗚咽寸前!?
な、な、なんと。

そんなに凄い映画でしたか。
今日からmiyuぽんはおすぎ先生が憑依して
miyuすぎになっちゃうんだね。
(/ω\)
6. Posted by あっしゅ   2006年10月19日 00:43
miyuさ〜ん!毎度です。
これもボク観たい作品なんですよぉ。
っていつも先取り出来ていいですねぇ〜。うらやましいなぁ。
なんだか堅苦しい内容のようですねぇ。
でも気になる、、、。
7. Posted by kaz.   2006年10月19日 01:43
そんなに凄い良い映画なのか!?
じ、じつは、この映画の試写会が当たったんですよ。
でも時間的に無理だったから、観に行くのをやめた映画なんだよね。

そっかー、そんなに良いのか!?( ̄∀ ̄*)
8. Posted by m52387177   2006年10月19日 20:32
そんなによく感じたんですね。

原作を読んでいそうな人に聞いて良い内容だったら見に行こうかなぁ〜。

もちろん原作を読んでいそうな人はあの人ですけどね。(´▽`*)アハハ
9. Posted by はんな   2006年10月19日 22:51
このタイトル見ると、小田和正の声がするんですねぇ。
★5なのね、時間と相談です。
10. Posted by Anvil   2006年10月19日 23:30
はーい^^東野圭吾ファンですw
でも、この作品はまだ読んでいないのですよ。
文庫になったら読もうと思っていたら
いつの間にか映画公開間近になってましたね^^;

多分本を読んでから見に行くと思います。
miyuさんはとっても気持ちを揺さぶられた映画だったんですね☆
11. Posted by miyu   2006年10月20日 00:02
>こっちゃん
どうもmiyuすぎですv( ̄Д ̄)v
はい!これ凄かったです〜。
こうゆう感動って邦画ならではだと思います。

>あっしゅさん
そうですねぇ〜。堅苦しいかも(^-^;
でも、良かったです!
人それぞれだとは思うけど、
あたしは深く感銘を受けました。

>Kaz.さん
うわぁ〜もったいな〜いっ!
Kaz.さんも試写会応募してたんだね。
個人的にはかなり良かったですよ〜。
12. Posted by miyu   2006年10月20日 00:02
>mさん
コレは良かったですよ〜♪
原作はどうかな?
読みたくなってきました。

>はんなママ
そうなんですよ〜。
あの小田和正さんの曲もステキですよね。
ラストに流れるのですが、
曲を思い出しただけで(T-T) ウルウルきちゃいます。

>Anvilさん
あたしも東野圭吾さん好きです!
とは言えそんなに読んでないんですけどね(^-^;
あたしは先に映画観ちゃったけど、
原作も読みたくなってきました♪
13. Posted by nigera   2006年10月20日 00:26
東野圭吾さんのはどれもいい作品だそうですね。
本に嵌っている人が言ってますよ。
これは是非とも外せない映画ですね。
14. Posted by 木蓮   2006年10月20日 00:38
こんばんわ〜
TBさせて頂きました。

ずしんと重く、ジワ〜っと良い映画でした。
また良い時に、挿入歌の「言葉にできない」が
流れて〜〜
余計、涙そそりますよね
最後は、兄貴、どこ?どこ?って、
めっちゃ捜しましたよ〜〜
個人的には、玉山兄貴の演技がいい味だしていて
良かった〜〜
杉浦さんは言うことなし!
15. Posted by Anvil   2006年10月20日 22:17
原作読み終わりましたよ。
映画のHPを見ると多少設定が変わっているようですね。

なかなか重い内容なので途中で読むのが辛くなりましたが、
最後のあのシーンを読んで、放棄しなくてよかったと思いました^^

できれば原作もどうぞ。
お笑い芸人よりは原作の設定の方が
味があってよかったかもしれません☆
16. Posted by miyu   2006年10月21日 01:00
>nigeraさん
東野圭吾さんの作品って面白いんですよね。
それに独特の世界観もあってあたしも好きです。
あたしはコレ大好きです!

>木蓮さん
トラバ&コメありがとうございます!
玉鉄さん出番はそんなに多くなかったけど、
良かったですよねぇ〜。

>Anvilさん
おぉ〜原作も良いのですね!
是非読みたいと思います。
そっかぁ〜ちょこっと設定なんかが違うのね。
確かに重い感じはするけど、
それだけじゃないし、単に泣ける!
ってだけの話じゃないですもんね。
17. Posted by ゆゆ   2006年10月22日 10:16
東野圭吾さんの作品なんだ!
じゃあ観たいなあ〜^^
東野さんだと「秘密」、「ゲーム」、「宿命」、「変身」を観ました♪
私は彼の作品を観るとウルウルしちゃう方なので、コレ泣いちゃいそう。。。
18. Posted by miyu   2006年10月22日 23:57
>ゆゆさん
東野圭吾さんの作品って結構映像化されてますね。
コレは個人的にはものすごいヤラレちゃったんですが、
結構会場でも泣いてる方多かったみたいですよ。
泣きたい時に見る映画って感じではないのですが、
ものすごくいい映画だったと思います。
19. Posted by あんぱんち   2006年10月26日 18:58
バタン♪Ю―(^O^ )オジャマシマース

>でおすぎが憑依しちゃいそうなイキオイです(´▽`*)アハハ
わかります。
なんか誉めないと罰が当たりそうで(笑)

玉鉄よかったなぁ (/_<。)ビェェン
今年、2番目によい映画でした。

20. Posted by miyu   2006年10月27日 00:52
>あんぱんちさん
2番目ですか?1番目が気になっちゃう(´∀`*)ウフフ
でも、冷めた記事なような気がしましたけど、
結構良かったんですね(´▽`) ホッ
褒めなくってもコレはきっとバチは当たらないですよ〜。
おすぎさん別の映画のCMで連呼してましたからね(´▽`*)アハハ
21. Posted by ジグソー   2006年11月03日 22:29
どうも!
また遊びに来ました!

たった今二回目を観て号泣してきた所です。
試写会で最初に見たときも号泣でしたが、今回の方が止めどなく泣いてしまいました。
涙腺がかた〜い方で、泣かないんですが、この作品はだめだぁ〜
miyuさんも3回目に挑戦するんですか?
すごいなぁ。
僕もまたいくかも・・・
22. Posted by miyu   2006年11月04日 23:46
>ジグソーさん
(〃⌒ー⌒)/どもっ♪
ジグソーさんも2回観られたのですね。
実を言うと鑑賞券が当たってまして、
しかも2ペア(4枚)。。。
とてもいい映画なので出来たら、
あと2回観れたらいいのですけど、
ちょっと彼が付き合ってくれるかビミョーなんですよね(^-^;
彼はまだ1度、しかもオンライン試写会
の方でしか観てないので、
もう1回は付き合ってくれそうなんですけどね。
23. Posted by あっしゅ   2006年11月05日 10:03
miyuさん、おはようございます。

観て来ましたよぉ。
犯罪によって周囲からの冷たい差別を受けるだけでなくて、兄と弟の深い絆までも壊してしまう、そんな切ない映画でしたね。
差別の無い国を探すのではなくて、今ここで生きていかなければならない−
逃げたくなる気持ちは誰にでもあると思うのですが、現実から目を背けてはいけない、、、。今を一生懸命生きろってことですよねぇ。
こういう状況にならないとわからないところがたくさんあると思いました。
考えさせられる映画でした、、、。
24. Posted by miyu   2006年11月06日 00:49
>あっしゅさん
そうなんですよね。
あたしがたくさん泣いてしまったので、
誤解させちゃったかもしれませんが、
決して泣ける映画とかではなく
考えさせられる映画なんだと思います。
25. Posted by kira   2007年08月31日 13:28
5 こんにちは!
TBありがとうございました。
とってもいい作品でしたね☆
「白夜行」とかと被りそうな山田君の役でしたが(^^;
犯罪者家族を世間はどう扱うのか、
身近にいたら、自分はどう接するだろうか――
重いテーマでしたがとっても感動しました。

生野さんのドラマには恭子ちゃん作品もあり、よく観ていましたし、
音楽担当の佐藤直紀さんもキライではありません。
それだけに、最後の音楽の使い方が残念でした。
涙は止まりませんでしたが、気持ちが一瞬覚めました(×_×)
やっぱりテレビドラマ的だなぁと感じた瞬間・・(泣け泣け音量?)
なので、観てしばらくして記事を書く段階が一番浸っていたかも
26. Posted by miyu   2007年08月31日 22:14
>kiraさん
こちらこそいつもありがとうございます!
本当コレはあたしにとって、
人生観を揺さぶる程の映画でしたよ〜。
犯罪者の家族―とても重く難しいテーマだけど、
色んなコトに通じる部分もあり、
とても良かったですよね!
あの曲はイマイチでしたか?
(○ ̄ 〜  ̄○;)ウーン・・・あたしは
もう涙涙でした(´▽`*)アハハ
確かにテレビドラマ的だったかもしれませんけどね。
27. Posted by チャラノリ   2007年09月15日 09:54
こんにちは〜。
TBありがとうございます!
久しぶりに日本映画で良い作品にあたったと思った本作品。
DVDを貸してくれた友達が、あまりに絶賛するので、正直、一歩引いていた部分があり、私は号泣は出来ませんでした(悲)
多分、何も知らなくて観ていたら、きっと号泣だったと思います(笑)
28. Posted by miyu   2007年09月17日 20:18
>チャラノリさん
(〃⌒ー⌒)/どもっ♪
こちらこそありがとうございます!
確かに、大絶賛でオススメされちゃうと
ちょっとヒイた目で見てしまいますよね(^-^;
だけど、チャラノリさんの心にもちゃんと
色んなモノが届いたみたいで良かったですよね♪
29. Posted by kimion20002000   2007年10月28日 00:35
TBありがとう。
若手スターたちが、それぞれ持ち味を出して、いい演技をしていたと思います。
30. Posted by miyu   2007年10月28日 00:39
>kimon20002000さん
そうですね。
皆さんいい演技でしたよね。
31. Posted by ありばば   2008年02月10日 22:56
miyuみょーん!
お久々〜!
元気にしてますね〜♪
やっと(笑)観ました!
miyuみょん号泣だったのね。
ありばばはそこまでは…。
でも、最後は何か観てよかったと
今は思えるかな〜。
32. Posted by miyu   2008年02月10日 23:19
>ありばばみょん
きゃ〜ん♪お久し振り〜。
うちは相変わらず元気にしてますよ〜♪
ひょっとしてブログ復活してるの?
んじゃこれから遊びに行きますね〜。
あっ、これイマイチでした?
ん〜あたしはすんげぇボロ泣きでしたヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
33. Posted by sakurai   2008年06月16日 20:01
その後、原作はお読みになりましたか?
この本の持つ力は並大抵のものではなかったです。
読んだ後、しばし、茫然としてしまい、しばらく社会復帰できませんでしたから。
東野さんの本の中では2番目かな・・・。
映画はまっすぐに、映画らしく見せどころをクローズアップさせて見せてましたが、原作を読んでしまってからでは、やはり迫るものは小さくなってました。
一番、不満だったのは、お笑いにてしまったところ。歌だったんですよ。そして「イマジン」を歌いあげて、玉鉄が泣く・・・。
そこが見たかった。
34. Posted by miyu   2008年06月16日 20:15
>sakuraiさん
はい、読みましたよ〜。
映画は2回観て、原作をその後読んだんです。
「イマジン」は映画で使えなかった、許可が下りなかったそうですよ。
そう聞きました。
35. Posted by latifa   2009年01月28日 20:17
miyuさん、凄い古い記事だし、既にTBもしてるんだけど、今改めてmiyuさんの記事拝見して、なんか凄く嬉しくなっちゃって・・・コメント書きたくなっちゃった(^▽^)

私もmiyuさんと同じ状況だったのよ。。。。
これ、そうでもない・・って人もいるんだけど、私はなんかドツボに入っちゃって・・。
普段割と辛口っていうか冷めた目で見ちゃうんだけど、この映画は、泣きすぎてヤバかった。

で、1年後かな?TVで放映あった時に、また見て(カット色々されてたけど)、たぶん前回見た時はたまたま泣きのツボが入りやすかったんだろう?と思ってたんだけど、2回目見ても、最初からうっ・・・となっちゃって、嗚咽出ちゃいまして、家族から「なんでこれでこうなるの?」とあきれられたんだ〜。

どうもこの映画、他の人には平気なのかもしれないけど、私には特別みたいなの。本でも泣き、映画でも泣き・・・。今も思い出すと、目がじわ〜っと来てしまうんだな〜。miyuさんも小説も読んで、映画も2回見たのね〜☆
長くなって失礼しました〜。
36. Posted by miyu   2009年01月28日 20:43
>latifaさん
あ、そっかぁ〜「BOY A」からですね( ´艸`)
あたしもこれは本当にやばかったです。
小説もその後読んだのですが、
映画とはまた違った良さがありましたね。
差別のない国なんてない、ジャックにもそう教えてあげたいですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『 手紙 』  [ やっぱり邦画好き… ]   2006年10月18日 21:28
公式サイト 映画 『 手紙 』  [試写会鑑賞] 2006年:日本 【2006年11月3日公開】[ 上映劇場  ] 監督:生野慈朗 原作:東野圭吾 【キャスト】 山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ 吹石一恵 尾上寛之 吹越満 風間杜夫 杉浦直樹 ...
2. 手紙  [ Infection coloress. ]   2006年10月20日 00:34
試写会へ行って来ました。 監督 生野慈朗 出演 山田 孝之 玉山 鉄二 沢尻 エリカ 吹石 一恵 尾上 寛之 吹越 満 風間 杜夫 杉浦 直樹 他 ■解説 「元気ですか?」 自分を守るために罪を犯した兄から届く 月に一度の手紙。「人殺しの弟」と呼ばれ、 恋人、....
3. 「手紙」試写会  [ Thanksgiving Day ]   2006年10月20日 03:57
よみうりホールで行われた、映画「手紙」の試写会に行ってきました!! 東野圭吾原作の小説を映画化した作品なんですけど、感動的でしたよ(;θ;) こんなストーリーです。 『武島直貴には人目を避ける理由があった。兄・剛志が直孝の大学進学のための学費欲しさに盗みに...
4. 手紙  [ C'est Joli ]   2006年10月26日 00:25
4 手紙’06:日本 ★監督;生野慈朗「ビューティフルライフ」(TV)「3年B組金八先生」(TV)★出演;山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ ★STORY川崎のリサイクル工場への送迎バス。最後部座席に、野球帽を目深に被った青年の姿がある。――武島直貴(山田孝之)、20歳。誰と....
5. 東京国際映画祭『手紙』舞台挨拶@オーチャードホール  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2006年10月26日 19:04
観たい映画に必ずと言っていいほど出ている沢尻エリカ第3弾(ぇLIVEまで時間が空いたんで、東京国際映画祭から「虹の女神」と天秤にかけ『手紙』を選択。沢尻エリカは、おとといも見たばかり(笑) 過去2作のレビューは、一番下のリンクから。。。ではいつものように舞台....
6. 『手紙』 試写会  [ **Sweet Days** ]   2006年10月27日 06:04
原作:東野圭吾 CAST:山田孝之、沢尻エリカ、玉山鉄二 他 STORY:剛志(玉山鉄二)と直貴(山田孝之)は両親を亡くし、剛志の収入だけで兄弟2人で細々と暮らしていた。しかし腰を痛め勤められなくなった剛志は、ある日強盗目的で他人の家に押し入り人を殺してしま...
7. 「手紙」東野圭吾  [ お天気屋AnvilのきまぐれBLOG ]   2006年10月28日 22:28
忙しい10月でしたが、外に出かけることが多かったため、電車読書は沢山できました。 '''東野圭吾の「手紙」'''もそのうちの1冊です。 [[attached(1,center)]] 「手紙」といえば11月3日から映画も公開されますね。 一足先に試写会で映画をご覧に...
8. 「手紙」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2006年11月03日 03:13
5 「手紙」(2006) 《兄貴、元気ですか?これが最後の手紙です。》 9/26イイノホールでの試写会にて観賞 intrduction 監督:生野慈朗 cast 山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ 【STORY】 どこか影のある青年、武島直貴(山田孝之)には人には言えない秘密があった。それ....
9. 手紙  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2006年11月05日 09:45
&nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; 評価:★8点(満点10点) 2006年 121min 監督:生野滋朗 主演:山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ 吹石一恵  【あらすじ】直貴(山田孝之)の兄(玉山鉄二)は、弟の学費欲しさに....
10. 「手紙」悪夢の連鎖を断ち切る想いを綴った最後の手紙  [ オールマイティにコメンテート ]   2006年11月05日 21:30
5 「手紙」は殺人事件を犯して無期懲役で服役している兄と世間からの差別に苦しむその弟との手紙を通じたやりとりが描かれている。今は殆どメールでのやりとりが多くなったけれど、手紙から思いが伝わる事もあるし、それで苦しむ事もある事を確りと描かれており、苦悩する側の....
11. 『手紙』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2006年11月05日 23:50
差別のない国を探すんじゃない。君はこの国で生きてくんだ。 &nbsp; &nbsp; ■監督 生野滋朗■脚本 安倍照雄、清水友佳子■原作 東野圭吾(「手紙」毎日新聞社、文春文庫刊)■キャスト 山田孝之、玉山鉄ニ、沢尻エリカ、尾上寛之、吹越満、田中要次、杉浦直樹、吹石...
12. 『手紙』  [ 世界中のトラが溶けてバターになる瞬間 ]   2006年11月07日 01:48
『手紙』です 色々説明したり感想を言う前に言っておきたいんですけど、 この映画はすごく良いです 感動します 泣けます 胸打たれます なので観てください(笑)はい。 川崎のリサイクル工場への送迎バス。 一番後ろの席に、野球帽を目深に被って 人目を....
13. 『手紙』鑑賞!  [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ]   2006年11月07日 13:29
『手紙』鑑賞レビュー! 人は、ひとりでは生きていけないー。 11月3日全国松竹東急系にてロードショー! 第134回直木賞作家 東野圭吾の涙のロングセラー 待望の映画化! 優しさを失った現代社会の 希望を失ったすべての人々に贈る 魂の人間讃歌...
14. 手紙  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2006年11月16日 19:43
かもめ食堂を観に行ったときに試写会招待の応募があったので、応募したら当たった! 二人の絆であるべき「手紙」をあえて断ち切らなければならない二人の心情が計り知れない。ラストの慰問公演で、縁を切っても「それでも兄は兄」と悟る。彼らのこれからの人生を応援したく....
15. 【手紙】今いる場所から逃げないという事  [ 見取り八段・実0段 ]   2006年11月29日 14:01
その手紙は、時を遡り遡り懺悔の言葉を繰り返す般若心経のように犯罪者の身内とは、こんなにも差別を受け続けるものなのか。。。罪を犯した者は塀の中に入ってしまえば、外を知る事はできない。罪を償うと言う事は、剛志にとっては塀の中の孤独と闘う事だったのかも知れな...
16. 手紙  [ to Heart ]   2007年08月31日 13:01
―言葉に できない。― 製作年度 2006年 原作 東野圭吾 脚本 安倍照雄/清水友佳子 監督 生野慈朗 音楽 佐藤直紀 出演 山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ 親もなくふたりで生きてきた竹島兄弟。出来のいい弟・直貴(山田孝之)の為に頑張って仕事をしてきた兄(玉山鉄二...
17. 感想/手紙(文庫&DVD)  [ APRIL FOOLS ]   2007年09月05日 01:08
映画公開時に文庫化されて猛烈に平積まれてた頃に読了。非ミステリな東野圭吾『手紙』。兄が殺人を犯し、天涯孤独となった男。服役囚の家族として世間の目にさらされなければならない苦悩と、社会との繋がりを描いた物語。傑作。 すんごいリアル! 章ごとにさまざまな壁...
18. 悲劇の中でも恵まれた事件●手紙  [ Prism Viewpoints ]   2007年09月08日 08:20
「差別のない国を探すんじゃない、君はここで生きていくんだ――」 『Letter』 武島剛志は、高校3年生の弟である直貴が安心して大学へ行けるような金が欲しくて、 家宅侵入・窃盗を行なうが、家の住人に見つかり結果殺人を犯」??????
19. 『手紙』(試写会)  [ たーくん'sシネマカフェ ]   2007年09月10日 15:18
予告どおり「手紙」をワーナーマイカルシネマズで見て来ました。イオン浦和美園の中にある映画館で初めて行ったんですがテーマパークのように大きくそびえているのですぐわかりました「ゆれる」(過去日記)が事件と裁判を当事者中心に兄弟を描いたものだとすると「手紙」は...
20. 手紙  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年09月12日 21:00
原作は東野圭吾。 こちらは未読。 犯罪加害者に焦点をあてたということに興味あり。 DVDで鑑賞。 工場で働く20歳の武島直貴は、 職場の人間ともまるで打ち解けず、人目を避けるように暮らしていた。 それは唯一の家族で親代わりである兄・剛志が、 直貴の大学進学の...
21. 手紙 〜DVDにて〜  [ 三日月のしっぽ。 ]   2007年09月15日 09:51
  手紙・・・評価  4.5   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 弟の大学進学のための学費欲しさに盗みに入った兄。 だが、その屋敷で耀????
22. 「手紙」試写会レビュー  涙が、溢れてしまう。  [ 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]   2007年09月26日 01:15
クライマックスには、まさに、涙が溢れるという表現がぴったりの映画だ。
23. 手紙…原作よりも必要以上に泣かせる作品?  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2007年10月11日 07:13
今日{/kaeru_fine/}からうちの長男が宿泊研修とのこと。 多分キツイ登山とかさせられるんだよね。多分{/face_nika/} 今日も映画の記事です。 「手紙」 (監督:生野慈朗、出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、2006年邦画) TSUTAYAさんで「ナチョ・リブレ 覆面の神様...
24. 手紙  [ シネマライフ de Moriman. ]   2007年10月11日 10:13
 どうやって自分を救うか。                東野圭吾のロングセラー小説を映画化した社会派人間ドラマ。殺人という大罪を犯した兄のせいで、人生を狂わされる弟の受難の日々を追う。『電車男』の山田孝之が不運な弟にふんし繊細(せんさい)な演技をみせ...
25. 2通の「最後の手紙」  [ 美容師は見た… ]   2007年10月23日 00:43
  昨年ロードーショーされた『手紙』 やっと観ることが出来ました。 やっぱりこういうものには弱いです。兄は弟の学費のために盗みに入った先の、女主人を誤って殺害してしまう。兄と弟の手紙のやり取り。兄からは検閲印の押された手紙が届きます。弟・直貴(山田孝之)
26. mini review 07052「手紙」★★★★★★☆☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2007年10月28日 00:32
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 121分 公開日 : 2006-11-03〜2006-12-22 監督 : 生野慈朗 出演 : 山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ 吹石一恵 吹越満 風間杜夫 杉浦直樹 殺人を犯した兄のせいで、人生を狂わされる弟の苦...
27. 手紙  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2007年11月01日 22:29
東野圭吾の同名小説を映画化した作品です。原作は未読です。 たった一人の身内である兄、武島剛志が強盗殺人を犯したために、社会から阻害されていく弟、直貴と直貴を取り巻く人々の物語です。 罪を犯すということ、刑罰ということ、更正ということ、赦しということ....
28. 『手紙』を観たよ。  [ 【待宵夜話】++徒然夢想++ ]   2007年11月08日 00:16
 その「美しさ」が、リアリティの邪魔をした。 『手紙』 参考:手紙@映画生活 手紙-シネマトゥデイ 2006年・日本・121分 監督:生野滋朗 製作:宇野康秀 大澤茂樹 他 プロデヮ..
29. [Review] 手紙  [ Diary of Cyber ]   2007年11月10日 01:25
     もし犯罪者が君の大切な人を殺したら、どうする? 許さない。絶対に許さない。      殺したいくらい? そうだね。殺したいくらい憎らしい。      じゃあ、もし本当に実際に被害者になったら、犯人を殺す? &hellip;&hellip;&hellip;&hell...
30. 手紙  [ そーれりぽーと ]   2007年11月17日 11:16
殺人犯の家族が負う差別を描いた『手紙』を観てきました。 ★★★ 差別に次ぐ差別で救われない日々。 綺麗事を並べるのではなく、現実の厳しさを描いている。 自分の周りはどうか。いや、自分自身はこんな家族が近所に居たらどんな対応をするだろうか。 家族に贖罪の義務が...
31. 「手紙」  [ キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜 ]   2007年11月28日 23:38
注:ネタバレあります。 「手紙」を観てきました。 繊細で静謐な演出。 人間の持つ業、あるいは原罪といったものを描きながら、それでいてとても清々しく心温まる作品でした。 確かに主人公の直貴は兄が犯した殺人によって苦しめられますが、彼の傍にはいつも彼を支えてく...
32. 手紙  [ pure's movie review ]   2007年12月02日 22:06
2006年度 日本作品 121分 GAGA=Communications配給 STAFF 監督:生野慈朗 脚本:安倍照雄 清水友佳子 原作: 東野圭吾『手紙』 CAST 山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ 吹石一恵 杉浦直樹 田中要次 風間杜夫 吹越満 原作も良かったけど、映画も良かったです。被害者...
33. 「手紙」映画  [ 日々のつぶやき ]   2007年12月03日 11:50
山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ 東野圭吾さんの同名の原作 は素晴らしかった。 なので、主演の山田孝之さんはあまり好みじゃないのだけれど、どうしても見たい映画の一つだったので早速行ってきました。 二人きりの兄弟。生活の為、弟直貴の学費の為に必死に働いて...
34. 映画「手紙」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年12月09日 02:57
身寄りの無い兄弟、塀の中と外に分かれた二人をつなぐもの・・それは手紙、それは安らぎ、癒し、生きる希望でもあるけど、過去の罪の苦しみを引きずる・・ 武島直貴(山田孝之)の兄武島剛志(玉山鉄二)は、弟の大学費用を工面するため盗みに入り家人を殺してしま...
35. 『手紙』'06・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2007年12月15日 21:50
あらすじ直貴(山田孝之)の兄(玉山鉄二)は、弟の学費欲しさに盗みに入った屋敷で、誤って人を殺し服役中だった。大学進学もあきらめ、工場で働く直貴の夢は幼なじみの祐輔(尾上寛之)とお笑いでプロになることだったが・・・。感想人気作家の東野圭吾が直木賞候補にな...
36. 手紙  [ キューピーヘアーのたらたら日記 ]   2007年12月16日 11:40
あるところに、世界一暗い漫才師がいました。 彼:ナオキの兄は強盗殺人犯で刑務所にいました。 ナオキは兄の犯した罪により、アパートを追い出されました。 大学進学も諦めました。 職場で兄のことがばれると、すぐ首になりました。 漫才師としてテレビにも出演するよ...
37. 「手紙」  [ てんびんthe LIFE ]   2007年12月19日 01:26
「手紙」明治安田生命ホールで鑑賞 泣かされると思って行ったら本当に泣けました。不思議。突っ込みどころ満載の話なのに。理由は単純。玉鉄をみていたらそれだけで泣けました。哀愁漂っていると言うか、悲しい人生。作品そのものは山田孝之くん演じる直樹に対する差別と...
38. 手紙〜犯罪加害者の家族  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2007年12月24日 23:27
手紙ですが、東野圭吾原作で犯罪加害者の家族を描いた映画です。主人公の直貴(山田孝之)の兄(玉山鉄二)が服役中ですが、それはもう大変な目に遭いかなり重い内容ですが、沢尻エリカが関西弁を喋っています。(以下に続きます)
39. 「手紙」テレビで鑑賞  [ ももたろうサブライ ]   2007年12月25日 21:40
監督 生野慈朗 少し前に原作を読んだ。映画の方も観たいと思っていたところ、運良くテレビで放映されたので鑑賞。 テレビ枠に合わせてカットしている関係もあるのだろうけど、話が淡々とすすみ、弟の転職や引越しも妙に早く感じ、「そこまで逃げ回らんでも」という気に...
40.  手 紙  [ ★Shaberiba ★ ]   2007年12月26日 02:17
罪を償うとは、絆とは……。やっぱり顔を背けて入られませんでした〜!!
41. 手紙 (2006)  [ 白ブタさん ]   2007年12月26日 23:35
東野圭吾原作{%clover%} テレビ放映したのを鑑賞しました??{%spring%}
42. 映画「手紙」  [ <花>の本と映画の感想 ]   2007年12月29日 13:36
手紙  監督 生野慈朗 出演 山田孝之, 玉山鉄二 沢尻エリカ, 吹石一恵, 風間杜夫 剛志は弟直貴の大学進学の費用のために金を盗もうと泥棒に入り、なりゆきで、老婆を殺してしまい、懲役15年の刑を受ける。そして、獄中より直貴へ手紙を送り続ける...
43. 手紙  [ 空想俳人日記 ]   2008年01月03日 22:07
言の葉を 重ね合わせる 合掌かな   いや、別に沢尻エリカが出演するからといって観に行ったわけではありませぬ。もし、そうなれば、おそらくプロダクションが「今が売れ時、売り込み時」と判断して、特に、この2006年などは、「間宮兄弟」「シュガー&amp;スパイ...
44. 「手紙」映画と小説、両方で号泣(T_T)  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2008年01月09日 19:40
原作を読んで、凄い色々考えさせられたし、映画に行った回りの人達の評判を聞いたら、レンタル開始になるまで待てない気分になって、映画も??..
45. 手紙  [ SSKS* ]   2008年01月14日 22:31
オフィシャルサイト 2006 日本 監督:生野滋朗 出演:山田孝之/玉山鉄ニ/沢尻エリカ/吹石一恵/尾上寛之/吹越満 ストーリー:武島直貴(山田孝之)、20歳。暗い目をしたこの青年には、人目を避ける理由があった。兄・剛志(玉山鉄ニ)が、直貴を大学にやる学費欲しさに...
46. 「手紙」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2008年01月15日 21:58
手紙 スタンダード版日活このアイテムの詳細を見る 川崎のリサイクル工場で働く青年、武島直貴(山田孝之)。積極的に話しかけてくる食堂の 配膳係・由美子(沢尻エリカ)とも打ち解けることなく、人目を避けて生きる彼には ある秘密があった。兄・剛志(玉山鉄二)は、弟を...
47. 手紙  [ 花ごよみ ]   2008年01月15日 23:11
  もう、5年位前になるのでしょうか、 新聞の日曜版の連載で読みました。  すぐに読んだ内容を、 忘れてしまう自分にとっては珍しく、 長期間の連載だったせいもあるが、 かなり年月が経っているにもかかわらず、 結構、記憶に残っている物語でした。  直貴にもう一...
48. 『手紙』  [ ラムの大通り ]   2008年01月15日 23:33
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「気まずいねぇ〜!」 ----ニャんなの。それ? 「映画『手紙』で主人公が組んでいる漫才コンビのネタ。 原作では音楽なんだけど、お笑いに...
49. 手紙  [ skywave blog シネマな独り言 ]   2008年01月17日 21:25
評判通りの良い作品でした。 まず、ストーリーの良さが印象に残ります。犯罪者の弟というレッテルを貼られた主人公直貴(山田孝之)。しかし、挫折のたびに救いの手(田中要次、
50. 「手紙」(2006・日)  [ 雑記帳(ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー) ]   2008年01月27日 22:32
誘われて日本映画「手紙」を観てきました。 原作は東野圭吾が毎日新聞日曜版に連載していた同名小説「手紙」。 と言っても、私は原作を読んでないので 比べてどうこうは言えないのですが。 「東野圭吾?一時期読んでたけど、今イチ合わなかった」くらいの印象しか ...
51. 「 手紙 」  [ MoonDreamWorks★Fc2 ]   2008年02月02日 00:36
監督 : 生野慈朗 出演 : 山田孝之  / 玉山鉄二  / 沢尻エリカ 原作 : 東野圭吾  『手紙』(毎日新聞社刊) 挿入歌 : 小??.
52. オレ、兄貴を捨てる・・  [ CINECHANの映画感想 ]   2008年02月02日 11:12
257「手紙」(日本)  武島直貴、20歳。誰とも打ち解けず、暗い目をした青年。彼が人目を避ける理由、それは兄、剛志が、直貴を大学にやるための学費欲しさに盗みに入った家で、誤って人を殺してしまったことだった。剛志への判決は無期懲役。  殺人犯の弟して疎ま...
53. 「手紙」  [ NOHOHONブログ ]   2008年02月02日 23:59
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 東野圭吾の原作は未読。 直貴(山田孝之)の兄・剛志(玉山鉄二)は盗みに入った邸宅で誤って人を殺してしまい服役中。 強盗殺人者の弟として直貴は世間から差別に遭い引越と転職を繰り返していた。 加害者や被害者ではなく加害者の家族の視点で描....
54. 手紙  [ 映画三昧、活字中毒 ]   2008年02月04日 21:37
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞手紙 2006年/日本/121分 監督: 生野慈朗 出演: 山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ/吹石一恵/...
55. 手紙  [ future world ]   2008年02月12日 23:35
犯した罪、それも取り返しのつかない程の・・・償うことは出来るのか・・そしてその家族は・・。 東野圭吾原作の「手紙」〜未読だが、「殺人無期懲役」という大罪がもたらす苦悩・・・加害者、被害者家族、加害者家族たちの‘想い’をこの映画はとても上手く伝えてると思....
56. 手紙 30点(100点満点中)  [ (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) ]   2008年02月15日 20:03
あたしつるぎさき。おてがみいっぱいかくの! 公式サイト 東野圭吾の同名小説を映画化。同氏の作品は、"加害者側の視点"で、人間としての苦悩を描いたものが多いが、本作もその一つ。人を殺して刑務所に服役中の兄を持つ主人公・直貴の、"人殺しの家族"として世間から受....
57. ★手紙(2006)★  [ CinemaCollection ]   2008年02月21日 00:20
貴、元気ですか?これが最後の手紙です.メディア映画上映時間121分製作国日本公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)初公開年月2006/11/03ジャンルドラマ【解説】人気ミステリー作家・東野圭吾の同名小説を映画化した社会派ドラマ。兄が強盗殺人を犯したことでい...
58. 映画「手紙」を鑑賞。  [ masalaの辛口映画館 ]   2008年02月28日 23:07
 今日から、このブログのスタートです、どうぞ宜しくお願いします。 第一回目の作品は「手紙」。 兄が犯した犯罪で、加害者の弟になってしまった青年の苦悩を描いた作品。 かなり重たい作品です、監督は『3年B組金八先生』のメイン監督の生野慈朗の劇場3作目「金八...
59. 映画「手紙」  [ ちょっとひとことええでっかぁ〜♪ ]   2008年03月16日 18:38
エンディングに流れる小田和正の曲、「言葉にできない」は客を泣かせるスイッチ? 私はあの曲が流れて来ると涙が止り思い出し笑いが…(ノ∀`)...
60. 手紙 (2006) 121分  [ 極私的映画論+α ]   2008年03月16日 22:58
あなたは加害者の家族を許せますか? 
61. 手紙/山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ  [ カノンな日々 ]   2008年03月29日 21:56
5 公開初日に梯子で観ようと思ったとき「デスノート」は決まりでもう1つ何を観るか迷ったんですよねぇ。でも「デスノート」とコレの二本立てにしてたらどちらも感動がかなり薄まってしまったことでしょう。ちょっと小腹が空いてたけど何も買わずに臨んで正解でした。コレ、め....
62. 「手紙」  [ 俺の明日はどっちだ ]   2008年03月30日 16:09
弟に対する愛情ゆえに犯してしまった罪が、結果的に弟の人生に犯罪者の家族という烙印を残してしまい、住むところや仕事、そして恋や夢までも奪ってしまい、弟の未来を狂わせる ----- 。 「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があるけれど、果たして「罪を犯すということは」...
63. 映画「手紙」(東野圭吾) 観てきました  [ ハピネス道 ]   2008年04月02日 20:01
観客に対して、物語をリアルに感じてほしいという誠実な作り方だったと思います。奇をてらった演出や大袈裟な描写は無く、役者の演技によって登場人物の気持ちの動きを淡々と描く…そんなタイプの作品でした。レイトショーで観たので¥1000。 ¥1800で観てたら、物足りな...
64. 現実を受け入れて生きていくという事。『手紙』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2008年04月09日 22:38
強盗殺人の罪で無期懲役の判決を受けた服役中の兄と、その弟の物語です。
65. 手紙・・・・・評価額1250円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2008年04月12日 13:01
殺人犯として服役する兄と、犯罪者の家族として、世間の冷たい風の中に生きる弟を軸に、人間と人間のつながりを描いた東野圭吾のベストセラヮ..
66. 手紙  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2008年04月16日 13:45
時間が無いと言いつつも、試写会となれば話は別! 誘っていただいたこの新作を鑑賞してきました〜♪ 思ったとおり泣けました。 通信網がこれだけ発達している世の中でも、携帯やネットで連絡が取れない場所がある・・・。 そこは・・・刑務所の中。 主人公・...
67. 手紙  [ Akira's VOICE ]   2008年04月18日 10:22
伝えたい思いは,心を込めれば必ず届く!
68. 「手紙」、感動しましたぁ??。  [ よしなしごと ]   2008年04月20日 19:52
 実際に千葉刑務所でも慰問上映され、744人の受刑者も見て、涙する人もいた映画「手紙」を見てきました。
69. 手紙  [ シェイクで乾杯! ]   2008年05月01日 22:27
4 自分の犯した罪が、近親者にどれだけ影響を与えてしまうのか― 深く考えさせられる作品だった。
70. 手紙  [ 欧風 ]   2008年05月29日 19:53
さて、11/3の文化の日、3連休の最初の日でしたが皆様いかがお過ごしでしたか。文化の日と言えば、埼玉県で入間航空祭があるんですが、今年は青森にいるし、<a href="http://minkara.carview.co.jp/us
71. 手紙  [ 5125年映画の旅 ]   2008年06月12日 07:51
4 工場で働く真面目な青年、直樹。性格は真面目でお笑い芸人になるという夢も持っている直樹だったが、他人と深く関わろうとはしない。彼には一つの負い目があった。それは、唯一の肉親である兄が強盗殺人で服役中であるという事実だった。 この映画、当初は観に行く予定が...
72. 手紙  [ しーの映画たわごと ]   2008年06月13日 09:27
1年半ほど前に東野圭吾の手紙を読みました。彼の作品は平易な言葉で読みやすいし、たしかこの作品も直木賞候補でしたよね。小説のレベルではそこそこの感動でした。映画にしたらどんなもんかと思って鑑賞してみました。今日で邦画5連続鑑賞。これにてしばらく邦画は封印だ....
73. 手紙  [ 迷宮映画館 ]   2008年06月16日 19:54
玉鉄の〇〇水にやられた私
74. 手紙  [ ネタバレ映画館 ]   2008年06月17日 00:52
 パソコン買いに行くからね。と選んだパソコンのOSがXPだったらTV版「タイヨウのうた」のパロディになりかねない。 
75. 手紙  [ なんちゃかんちゃ ]   2008年06月21日 21:39
直木賞作家、東野圭吾の原作を映画化。主演は東野の原作をテレビドラマ化した「白夜行」に続き山田孝之。兄役に玉山鉄二、ヒロインには人気上昇中の沢尻エリカが扮する
76. ■ 手紙 (2006)  [ MoonDreamWorks ]   2008年07月31日 21:28
監督 : 生野慈朗出演 : 山田孝之 / 玉山鉄二 / 沢尻エリカ原作 : 東野圭吾 『手紙』(毎日新聞社刊)挿入歌 :小田和正『言葉にできない』公式HP:http://www.tegami-movie.jp/ 今年は邦画が良いですね・・・。 先日観た「地下鉄(メトロ)に乗って」も大...
77. 手紙  [ シネマ日記 ]   2008年08月11日 09:26
ネタバレあり。前半から中盤にかけては、ちょっとこのドラマ大丈夫?ってヒヤヒヤもんでした。だって、なんか絵に書いたような展開っていうか、何十年前のドラマやねん!っていう展開が次々にあって、あ〜くっさーみたいな感じで、うわーどうしよーって思ってたんですよ。沢...
78. 手紙  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2008年11月17日 17:41
「おもしろい芸人の役なのにお世辞にも面白いと思えなかった...」 「気マズイねぇ〜!」 テラタケのネタがパッとしないのはボケがシリアスに殮.
79. 手紙(映画館)  [ ひるめし。 ]   2009年01月23日 14:36
兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。
80. 手紙??言葉にならない思い  [ Osaka-cinema-cafe ]   2009年12月16日 02:37
この秋の号泣映画、 「地下鉄(メトロ)に乗って」 に続いて、東野圭吾原作、山田孝之主演の 「手紙」を見てきました。 兄、剛史(玉山鉄二)、弟、直貴(山田孝之)は 親に先立たれ二人で暮らしてきた。 お互いを思いやる兄弟だったが、ある事件を 境に二人の環...
81. 手紙/The Letter(映画/DVD)  [ 映画を感じて考える??大作、カルトムービー問わず映画批評 ]   2010年01月28日 15:25
[手紙] ブログ村キーワード手紙(原題:The Letter)キャッチコピー:兄貴、元気ですか?これが最後の手紙です。製作国:日本製作年:2006年配給:ギャガ・コミュニケーションズジャンル:??.
82. 手紙(2006)  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2011年04月08日 00:00
犯罪加害者は放射性物質か 東野圭吾原作、生野慈朗監督、山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、吹石一恵、尾上寛之、田中要次、山下徹大、石井苗子、杉浦直樹、吹越満、風間杜夫。強盗 ...
83. 映画 手紙  [ VAIOちゃんのよもやまブログ ]   2015年01月23日 21:55
BSで放送されていた映画、手紙。東野圭吾の小説も読んだことが無く、何の気なしに録画して鑑賞しました。正直テーマも重いですし、メガヒットするようなタイトルではなかったと記 ...