2006年12月15日

愛の流刑地

愛の流刑地
 『もう、だれにもさわらせない

 コチラの「愛の流刑地」は、「失楽園」の渡辺淳一の原作が日本経済新聞で連載され「愛ルケ」現象を巻き起こした来年1/13公開になる映画化なのですが、試写会で観てきちゃいましたぁ〜♪

 今回の試写会は、公開を1ヶ月後に控えたちょっと先取りの試写会だったのですが、鶴橋監督&トヨエツさん&寺島しのぶさんがサプライズゲストで登場してくれちゃいましたO(≧▽≦)O ワーイ♪

 実を言うと、結構試写会には行ってるのですが、舞台挨拶付きは今回が初めてだったので、すごく嬉しかったのですが、一番後ろのセンターの席だったので、かなり遠くからしか見れずちょっと残念でした(´・ω・`)ショボーン

 でも、トヨエツさんはやっぱり足が長くてカッコ良かったです♪それだけは、遠くからでも分かりました(´▽`*)アハハ それに、生で映画についてお話が聞けて、とても貴重な体験でした。

 で、映画の方は、舞台挨拶で寺島さんが「撮影中は、ホテルにこもってずっとセックスしてました。」との過激な発言が飛び出すほど、なかなか官能的な感じもあるのですが、基本的には究極の恋愛を描いている作品なんだと思います。

 映画の中で、村尾(豊川悦司)が「あなたは死にたくなる程、誰かを好きになった事がありますか?!」って語りかけているように、「髪結いの亭主」だとか「愛のコリーダ」なんかにも通じるようなエロティックな純愛みたいな印象を受けました。

 とは言っても不倫でしょ?と冷めた見方をしてしまう方もいるとは思いますが、監督が「誰かに感情移入したりせずに観るといい。」みたいな事をおっしゃってました。映画のような情熱的な恋愛は、サスガに共感は出来ませんが、命を賭す程みたいな心情は理解出来なくはないですしね。

 公式サイトはコチラ

◆ title: 愛の流刑地(2006/日本)
◆ date: 2005.12.14
◆ director: 鶴橋 康夫
◆ performer: 豊川 悦司/寺島 しのぶ/長谷川 京子/仲村 トオル/佐藤 浩市/陣内 孝則/浅田 美代子/佐々木 蔵之介/貫地谷 しほり/松重 豊/本田 博太郎/余 貴美子/富司 純子/津川 雅彦

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG     

この記事へのコメント

1. Posted by kaz.   2006年12月16日 01:48
イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!
トヨエツさん&寺島しのぶ見たんかいな〜。

これ予告で見たけど、う〜んやっぱアロチィ〜〜ック。(・ω・)bグッ
やっぱり純愛なのか?(-o-;
2. Posted by あっしゅ   2006年12月16日 13:51
miyuさん、こんにちわ。

おぉ〜すごい!生トヨエツを見られたんですか〜!いいなぁ♪

そりゃ生だったら足も長くてかっこいいでしょう、、、。でもすごい!

不倫なんですね。「もう、だれにもさわらせない」ってキャッチコピーからもこの映画のすごさがヒシヒシと伝わってきますねぇ〜。
3. Posted by miyu   2006年12月16日 21:52
>Kaz.さん
はい!見ちゃいましたv( ̄Д ̄)v
って言ってもかなり遠くからだったので、
小さくしか見れませんでしたけどね(^-^;
かなりエッチなシーンは多いですね。
でも、後半は法廷がメインとなって、
寺島さんもおっしゃってたのですが、
かなりスピーディな展開でなかなか
楽しめましたよ〜。
まぁ純愛の定義は人それぞれでしょうけど、
究極の恋愛って感じのラブストーリーだと
思いましたよ〜。

>あっしゅさん
そうなんですよ〜v( ̄Д ̄)v
生トヨエツさんはステキでした。
不倫モノは苦手ですか?
だったらちょっとヒイちゃうかもしれないですね。
不倫としてではなく男女の究極の情愛として
観れたら結構いいと思うんですけどね。
4. Posted by nigera   2006年12月16日 23:24
凄いな〜。
中央にいるとこんな時いいですよね〜。
それにしても、早い!
これはね、渡辺淳一が微妙〜かしら。
純愛といえば、純愛なんでしょうかね。
官能的な部分をちょっと観てみたいとは思いますけどね。
5. Posted by Anvil   2006年12月17日 20:42
やっぱりトヨエツはかっこよかったですかw

渡辺さんの小説はどうも苦手なんですよ^^;
一歩引いて鑑賞したらいいですか^^;
6. Posted by miyu   2006年12月17日 21:44
>nigeraさん
やっぱり寺島さんですから女性向け?
な感じはしましたよ。
官能的って言ってもエロティックって
感じでいやらしさよりもキレイでしたし。
渡辺淳一さんの著書は読んでないので
分かりませんけどね〜(^-^;

>Anvilさん
やっぱりカッコいいですよねぇ〜♪
あ〜Anvilさんも苦手なんですね(^-^;
コレはなかなか良かったですけどね。
7. Posted by あっしゅ   2007年01月14日 23:58
miyuたん!こんばんわ!

これ観ましたよぉ〜♪
確かにもろ不倫ですけど、真の愛の意味がわかったような気がします。
死んでもいいくらい人をここまで愛しぬく素晴らしさ、、、ボクも見習いたいと思います!
トヨエツの演技には驚かされました!すごい!
8. Posted by miyu   2007年01月15日 21:25
>あっしゅさん
いやぁ〜やっぱり命は大切にしないと(´▽`*)アハハ
でも、自分の事よりも相手の事を想える
恋愛ってスゴイとは思いますよね。
ちょっとだけ見習っておきましょうね。
9. Posted by メビウス   2007年10月31日 00:16
miyuさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

まだ真剣な恋愛をした事が無いもんですから、村尾達の心情にはあまり感情移入できなかったのが正直な所。むしろ事件が公になったことで、村尾達の家族の風当たりの悪さが予想できてしまう辺りが辛かったですね〜。

でも欧州辺りは不倫がオープンだと聞いた事があるんですけど、この作品ってもしかしたら外国人には受けが良いかも?(笑
10. Posted by miyu   2007年10月31日 00:42
>メビウスさん
こちらこそありがとうございました。
えぇ?不倫がオープン?
でも、むしろオープンだったら成立しない
かもしれませんよね?(´▽`*)アハハ
11. Posted by エビマヨ丼   2008年04月10日 05:59
失楽園にもハマりましたが
こちらの方が好きな作品です。
どちらかと言うと、こちらの恋愛の方が共感が持てるので。
この作品は 自分の持ってる恋愛観によって随分と違った
見方になるんでしょうね。
死ぬ程までも好きだと思える人に出会える事が
幸せか不幸か。
12. Posted by miyu   2008年04月10日 06:49
>エビマヨ丼さん
ん〜、難しいです〜。
幸せかもしれないけど、死んでしまったらね〜(;・∀・)
まぁ愛する人と仲良くハッピーに暮らすのが
やっぱり一番かなぁ〜(´∀`*)ウフフ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 愛の流刑地  [ 花ごよみ ]   2006年12月28日 16:31
↑ 京都、上賀茂神社境内の  鎮守の森での幻想的なシーン。  東福寺(H17)の通天橋での  出会いのシーンもありました。 試写会で観ました。  原作は、渡辺淳一、 監督は「永遠の子」など  テレビドラマでおなじみの鶴橋康夫。 これがなんと映画監督第1作と  な...
2. 愛の流刑地  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2007年01月14日 23:59
  もう、 誰にも さわらせない                                      &...
3. 「愛の流刑地」:東京運輸支所前バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2007年01月15日 23:14
{/hiyo_en2/}鮫洲の運転試験場、みんないちどはお世話になるところ。 {/kaeru_en4/}18歳越えれば運転免許は取れるけど、免許を持ってりゃいいってもんじゃないよな、車の運転も恋の運転も。 {/hiyo_en2/}恋の運転?なに、その、奇妙な表現。 {/kaeru_en4/}文学的表現って...
4. 【2007-6】愛の流刑地  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年01月15日 23:41
4 私は選ばれた殺人者なのです・・・ もう、だれにもさわらせない
5. 映画「愛の流刑地」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年01月17日 01:51
冬香と菊治、オープニングでいきなり一糸まとわずのくんずほぐれつ、夫婦仲は既に壊れているとはいえ、お互いに子供もいる身なのに愛欲の炎に身を焦がす 男は村岡菊治(豊川悦司)、ベストセラー作家ながらもう何年も新作に手がつかない、女は入江冬香(寺島しのぶ)、...
6. 「愛の流刑地」映画館レビュー 僕は映画で感動した。  [ 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]   2007年01月18日 02:11
僕は今年はじまってまもないのにこんな映画に出会えて幸せだ。必然的に撮られ 、必然的に素晴らしいから、僕は必然的に感動したのだ。
7. 愛の流刑地  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2007年01月18日 21:08
評価の分かれる映画でしょうか。失楽園を越えるのは難しいかも知れませんが、富司母娘の演技が二人の親子の縮図のように濃縮されていて、それだけでも見ごたえは十分です。狙っているとはいえ、見事なまでに花開いているといった感じです。
8. 愛の流刑地  [ 週末映画! ]   2007年01月19日 12:56
期待値: 53%  渡辺淳一原作の恋愛映画。 富司純子と寺島しのぶの親子競演も話題の作品。 感想で一
9. 愛の流刑地:私おかしいんでしょうか、こんなになってしまって キネカ大森  [ 気ままに映画日記☆ ]   2007年08月19日 08:33
「やわらかい生活」に続く、トヨエツと寺島しのぶの恋愛映画。 この二人が出てるともう間違いがない。 タイトル:愛の流刑地 監督・脚本:鶴橋康夫 出演:豊川悦司/寺島しのぶ/長谷川京子/仲村トオル/佐藤浩市 /陣内孝則/浅田美代子/佐々木蔵之介/貫地谷しほり/松重豊/本....
10. 愛の流刑地  [ とんとん亭 ]   2007年08月23日 23:32
「愛の流刑地」 2007年 日 ★★★★★ 渡辺淳一の本は、苦手な私(元々全然読まないけど^^) 何冊か読んだ感想ですが、どうも「恋愛至上主義者」ばかりの物語が多い気がして 恋愛物に興味がなかった私は敬遠していたのでした。 しかし、映画もこの...
11. 「愛の流刑地」映画館レビュー 僕は映画で感動した。  [ 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]   2007年08月25日 00:09
僕は今年はじまってまもないのにこんな映画に出会えて幸せだ。必然的に撮られ 、必然的に素晴らしいから、僕は必然的に感動したのだ。
12. 「愛の流刑地」  [ てんびんthe LIFE ]   2007年10月19日 16:07
「愛の流刑地」ニッショーホールで鑑賞 去年から約束していた「墨功」をやめ(ごめんね!一緒に行けなくて!)、舞台挨拶のある「ユメ十夜」をやめ、選んだ作品がこれ。たぶん、今年の映画を語るに当たり邦画でここを抑えておかないと何も語れなくなりそうなので行ってき...
13. [Review] 愛の流刑地  [ Diary of Cyber ]   2007年10月28日 08:18
男の望みは、愛する女と共に生命が果てるまで生きることだった。 女の望みは、愛する男の手にかかって死ぬことだった。 この世の全てを、自分の人生さえ引き換えにしても構わないくらい愛した人に、「私を殺して」と言われたら、貴方はどうしますか     ? 惜...
14. 『愛の流刑地』鑑賞!  [ ★☆★風景写真blog★☆★healing Photo! ]   2007年10月28日 10:52
『愛の流刑地』情報! 連載中から話題の渡辺文学、早くも映画化! 『愛しているなら、私を殺して』?? 究極の愛の果てに 男と女が選んだ道とは… ★review★ 本作は、渡辺淳一の同名ベストセラー小説の映画化 映像化したのはTVドラマの演出家で 映画...
15. 愛の流刑地(評価:◎)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2007年10月31日 00:08
【監督】鶴橋康夫 【出演】豊川悦司/寺島しのぶ/長谷川京子/仲村トオル/佐藤浩市/陣内孝則/高島礼子/富司純子/津川正彦/他 【公開日】2007/1.13 【製作】日本 【ストーリー】 ある朝、作家・村尾菊治が人妻・入江冬香を絞殀ourcP
16. 愛の流刑地  [ しぇんて的風来坊ブログ ]   2007年11月01日 22:40
観てもあまりに今ひとつだったものは記事にしないんですが、書いてみます。 この映画、初日(観たトコでは)で観たんだが普段より(普通客が少ない館)客が多く、年配の女性が多かった。また待合室で、何人かはりゅうけいち、と言ってました。るけいちなんだけれど。 原作...
17. 『愛の流刑地』  [ 唐揚げ大好き! ]   2007年11月07日 06:08
  『愛の流刑地』   もう、だれにもさわらせない   「愛ルケ」という言葉が世間にどこまで浸透しているのか分かりませんが、原作未読です。 ついでに言うと『失楽園』も映画、テレビドラマとも未見です。 なので、渡辺淳一ワールド(なのか?)は初めての体験・・
18. 「愛の流刑地」試写会  [ 今日という一日。 ]   2007年11月08日 14:02
今日も、さっさと仕事を切り上げ、試写会へ行ってきました。今日は「愛の流刑地」、愛ルケです。   予測通りというか話題通り、濡れ場シーンの連続。しかも、冒頭からいきなり始まり、次から次へと濡れ場シーンです。平凡な主婦であった冬香が、愛されることで変わってい...
19. 愛の流刑地  [ キューピーヘアーのたらたら日記 ]   2007年11月08日 17:08
キューピーは死にたくなるほど人を愛したことがないので、 えらそーなことが言えないのだが、そーゆーことにしてしまうと 何も記事を書くことができなくなってしまうので、ともかく何か書くことにする。 僕は、ずっと、大人のことはよーわからんわいと、この映画を観てい...
20. 「愛の流刑地」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2007年11月11日 07:26
愛の流刑地東宝このアイテムの詳細を見る ある日、情事の果てに相手の女性を絞殺したとして一人の男が逮捕される。男は元ベストセラー 作家の村尾菊治(豊川悦司)。被害者は夫も子どももいる女性、入江冬香(寺島しのぶ)。 菊治は、冬香が殺してほしいと望んだからだと主張...
21. 『愛の流刑地』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2007年11月15日 23:16
もう、だれにもさわらせない     ■監督・脚本 鶴橋康夫■原作 渡辺淳一(「愛の流刑地」幻冬舎刊)■キャスト  豊川悦司、寺島しのぶ、富司純子、長谷川京子、陣内孝則、仲村トオル、佐藤浩市、佐々木蔵之介、貫地谷しほり、余貴美子、高島礼子、津川雅彦、...
22. 愛の流刑地  [ skywave blog シネマな独り言 ]   2007年11月26日 21:00
主人公の豊川悦二が、恋人の寺島しのぶに携帯メールを送るシーンがあるのですが、親指パカパカ、メールを打つ姿は、美しくない。まして、中年男が流暢に打っている姿は、特に。
23. 『愛の流刑地』  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年12月06日 23:28
もう、だれにもさわらせない 昨年「やわらかい生活」で共演した豊川悦司と寺島しのぶが再びコンビを組んだ、『愛の流刑地』を観てきました。日本経済新聞で連載された、渡辺淳一の小説だそうで、読者は経営者、サラリーマン、そしてOLの間で「朝の話題は愛ルケから」という...
24. 愛の流刑地 20点(100点満点中)  [ (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) ]   2007年12月18日 23:28
公式サイト かつてベストセラーとなり、映画やドラマ化もされて社会現象となった小説『失楽園』の作者、渡辺淳一による同名最新作を映画化。 原作の内容は毎度代わり映えせず、女性を性欲の捌け口としか見ていないボケ老人の、工夫のないエロ妄想を延々と書きなぐった....
25. ★「愛の流刑地」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年12月19日 00:32
今週の平日二本立て鑑賞の1本目。 日経新聞で連載されてた・・っていう官能?法廷サスペンスなの??。 経済新聞には縁もなく、小説も読まないので、もっぱら劇場の予告編から推察。
26. 『愛の流刑地』  [ 映画大陸 ]   2007年12月20日 22:23
 映画館へ行くと必ず一度は客席を見渡します。  客席がどれくらい埋まっているのか確認するための行動でもありますが、それ以上に「これから一緒にスクリーンに映し出されるものを共有する仲間は一体どんな人たちなんだろう?」って興味本位な部分の方が強いかもしれませ....
27. 『愛の流刑地』  [ ラムの大通り ]   2007年12月21日 00:05
「こういう映画はフォーンの前では 話しにくいなあ。 ちょっとどこかに行っててくれる」 ----えっ、どうして? そう言われるとよけいに聞きたくなるよ。 「あとでカリカリあげるから……」 ----えっ、ほんと? だったらいいよ。 「いやあ。まったく、お子ちゃまなんだから。 ...
28. 愛の流刑地 (2006) 125分  [ 極私的映画論+α ]   2008年01月07日 07:36
 あのね・・・ 思わず笑っちゃう演出があちこちに(笑)  一つネタバレすれば・・・記事の一番最後に(笑)
29. 愛の流刑地/豊川悦司、寺島しのぶ  [ カノンな日々 ]   2008年01月11日 22:01
4 愛ルケです愛ルケ(笑) 日経新聞に連載されていた渡辺淳一作品ということでハードな性描写が話題となったことから映画化においても公開前から濡れ場が大注目されてたみたいですけど、とりあえず私としてはトヨエツ&寺島しのぶというキャスティングに大いに惹かれての鑑賞で....
30. 愛の流刑地  [ future world ]   2008年01月13日 00:40
最後は何故か・・ウルッときてしまいました。。。 前評判ではかなりハードだと聞いてはいたが・・・ 何人もの主演女優候補がオファーを断りやっと決まった寺島しのぶ、 当初決まっていた役所広司もなかなか相手役が決まらず業を煮やし降板、そして決まった豊川悦司、 ...
31. 愛の流刑地  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年01月14日 20:30
3 現代を生きる、すべての大人の女性に捧げる、“究極の純愛”ストーリー〜 中年の作家と、愛を知らない人妻が心と体を互いに深く求め合い、究極の愛情を構築する大人のラブストーリー。男と女の深遠な愛を描いた渡辺淳一の同名恋愛小説を、TV界で活躍してきた鶴橋康夫監督...
32. 愛の流刑地  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2008年01月16日 15:16
いやらしぃ〜   えげつなぁ〜       クサぁ〜(=いや、クサくはないけど、故・岡八郎さんのギャグです) ちょっと奥さん どう思いますコレ? 長い、長いスランプ状態の「書けない作家」村尾菊治(豊川悦司)。 傍目には幸せそうな家庭の主婦ながら、日...
33. 感想/愛の流刑地(試写)  [ EDITOREAL ]   2008年02月02日 00:58
日経新聞連載時、オジサマ〜OLまでをとりこにしたという"愛ルケ"こと『愛の流刑地』1月13日公開。かつての流行作家・菊治は不倫相手である冬香が情事の最中に口にした「殺してください」という願いを聞き入れ、冬香を殺める。裁判で「愛しているから殺した」と証言する菊治。...
34. 「愛の流刑地」愛無き宣告が愛する人に死を懇願させた悲劇の事件  [ オールマイティにコメンテート ]   2008年02月05日 22:25
4 「愛の流刑地」(R−15指定)は渡辺淳一原作の恋愛小説で2004年11月から2006年1月まで日本経済新聞で掲載されて愛ルケブームを起こした作品を映画化したものである。「愛しているから殺した」という恋愛究極のテーマに賛否両論もあり、愛するからこそどうする....
35. 愛の流刑地  [ カリスマ映画論 ]   2008年03月02日 15:57
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  命を尽くしてあなたとイキます  
36. この恋愛を永遠のモノにする為に・・・。『愛の流刑地』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2008年03月09日 23:01
中年作家と人妻の恋愛を描いた作品です。
37. 『愛の流刑地』2007・1.14に観ました  [ 映画と秋葉原と日記 ]   2008年03月21日 17:07
『愛の流刑地』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、情事の果てに相手の女性を絞殺した事件が起こる。犯人は元ベストセラー作家の村尾菊治。情事の相手は冬香。この二人の愛の真相が・・・・・・・。 ●コラム この映画の存在を知ったのは、検索サイ
38. 愛の流刑地  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2008年03月23日 19:28
1 愛の流刑地人気小説で通称“アイルケ”の映画化。愛人を殺害した男の罪とは、と問うが、これで究極の愛と言われても、全く共感できない。キャストに清潔感がないのもマイナスだ。「失楽園」の変形二番煎じのようで脱力。富司純子もこれで母娘共演は辛いだろう。【20点】(....
39. 映画 【愛の流刑地】  [ ミチの雑記帳 ]   2008年03月24日 22:41
映画館にて「愛の流刑地」 渡辺淳一の同名小説の映画化。 スランプにあえぐかつてのベストセラー作家村尾(豊川悦司)は人妻・入江冬香(寺島しのぶ)と出会い、愛に溺れていくが、情事の果てに彼女を絞殺してしまう。 冒頭、誰もが期待しているであろう二人の情事のシー...
40. 愛の流刑地  [ 5125年映画の旅 ]   2008年04月02日 09:54
3 小説家・村尾菊治は、愛人関係にあった女性・入江冬香を情事の果てに絞殺してしまう。自ら警察に通報し逮捕される村尾。警察の事情聴取の中、動機を問い詰められた村尾は、「彼女が殺してくれと懇願してきた。真剣に彼女を愛していたから殺した」と告白する。 豊川悦司、...
41. 愛の流刑地(日本)  [ 映画でココロの筋トレ ]   2008年04月02日 23:51
相変わらず原作を読んでませーん。 だけど、原作は渡辺淳一さんなので。。。エロイ? という予想で試写会に行ってきました。 「愛の流刑地」( → 公式HP  ) 出演:豊川悦司、寺島しのぶ、長谷川京子、仲村トオル、佐藤浩市、陣内孝則、津川雅彦、富司純子 ...
42. 「愛の流刑地」  [ 古今東西座 ]   2008年04月08日 22:32
?? 今年に入ってから公開された映画で「これは観たい!」と思わせてくれる作品がなく、いささかテンション低いまま、気まぐれで観てみた『愛の流刑地』。渡辺淳一に興味無く、原作を読んだことも映画化された作品も観たことが無かった。 映画が始まるといきなり濡れ場。男の...
43. “至高の純愛”  [ HAPPYMANIA ]   2008年04月10日 05:48
ついこないだ、ケーブルTVで 映画版の「愛の流刑地」 を 観てんけど究極のラブストーリーやな 重いよ、すっごく重いよ〜豊川悦司 と 寺島しのぶ の演技が凄かったのもあるけどはっきり言って 不倫やし、殺人も犯してしまうし 実際やったら どえらい事件やねん...
44. ★★★「愛の流刑地」豊川悦司、寺島しのぶ、長谷川京子、仲村ト...  [ こぶたのベイブウ映画日記 ]   2008年04月14日 18:26
いくら最後の女になっても死んだら終わり。もし私が冬香だったら、夫とさっさか離婚して、奥さんと別居中のトヨエツのところへGOだ。子供を残して、真っ裸で死にたいと考える冬香の気持ちが分からず共感できなかった。男性の視点で描かれた女性像が苦手だけれど、終盤のト...
45. 愛の流刑地  [ 夫婦でシネマ ]   2008年04月23日 11:17
おそらく冬香にとって、母や妻としてより女としての自分の方が大切だったのでしょう。また愛する男性を殺人犯にしてまで、彼を一人占めしたかったのだと思われます。
46. 愛の流刑地  [ なんちゃかんちゃ ]   2008年04月27日 01:25
「失楽園」の渡辺淳一が朝刊紙に連載した恋愛小説を、ドラマ演出歴40年の鶴橋康夫が映画化。豊川悦司と寺島しのぶが、不倫愛に落ちる作家と人妻を熱演
47. 愛の流刑地  [ BLACK&WHITE ]   2008年04月27日 18:15
2006年 原作:渡辺淳一 監督:鶴橋康夫  出演:豊川悦司、寺島しのぶ、長谷川京子、仲村トオル、富司純子、津川雅彦 浅田美代子、佐藤浩帮..
48. 愛の流刑地  [ ネタバレ映画館 ]   2008年05月05日 21:03
いいか、よく聞け。過失致死と嘱託殺人の弁明によって、被告人は一気呵成に沈んでいくんだ!
49. 愛の流刑地(映画館)  [ ひるめし。 ]   2008年08月25日 10:40
もう、だれにもさわらせない
50. 『愛の流刑地』 試写会鑑賞  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2009年10月02日 22:47
「本当に愛しているなら、私を殺して」。夏の日の明け方、都内マンションの一室。女の声がする。声に誘われるように、男は女の首に手をかけた。何かが折れる鈍い音。そして女は息絶えた……。男は村尾菊治(45)。かつてはベストセラー作家として名を馳せたが、最近は新作を