2007年10月12日

ボーン・アイデンティティー

ボーン・アイデンティティー
 コチラの「ボーン・アイデンティティー」は、ロバート・ラドラム原作の3部作からなるポリティカル・サスペンスの1作目を映画化したサスペンス・アクションです。

 実を言うと、以前TV放送されたのを観た事があったのですが、どうも合わないと言うか、今ひとつ乗り切れないんですよねぇ〜(-д-`*)ウゥ-

 主演のマット・デイモンにとっては代表作、ひいては彼を"お買い得俳優"1位にした程の大ヒット・シリーズの1作目ですし、シリーズ3作目となる最新作にして完結編になるのかな?の「ボーン・アルティメイタム」が11/10に公開されますし、先に公開されたアメリカではまたまた大ヒット&批評家にも好評とのコトなので、改めて振り返ってみるコトにした次第でございます。

 監督は、「Mr.&Mrs.スミス」のダグ・リーマン監督。共演は、「ラン・ローラ・ラン」のフランカ・ポテンテ。

 凄腕スパイのジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が、とある重要なミッション中に記憶を失い、偶然出会ったマリー(フランカ・ポテンテ)に助けられながら、自分の正体を突き止めようとするのだけど、行く手を阻むこれまた凄腕のヤツらと戦わなくっちゃなんないし、色んな陰謀めいたものが蠢いていたりもするって感じのお話。

 なんだけどぉ〜、あぁ〜やっぱりダメだぁ〜ヽ(;´Д`)ノ きっと楽しめるハズの映画なのに、あたしには楽しめない(TωT) そもそも「ディパーテッド」もそうだったんだけど、マット君が出ている時点でダメなのかも。

 彼のコトは別段嫌いなワケじゃないんだけど、「オーシャンズ13」のようなおチャラけた映画の方がやっぱり合ってる気がしちゃうんですよねぇ〜。強靭な肉体、精神、そして知性って言われても、いまいちピンと来ないんです〜(/ω\)

 それから、このテのお話ではありがちっちゃ〜ありがちなのだけど、どうしてもマリーの存在が邪魔をしていると言うか、足を引っ張ってる感じがしちゃうんですよねぇ〜。ちょぴっと芽生える恋愛感情?そうゆうの抜きでもっとハードボイルドに徹しても良かったんじゃないかしら?って元も子もないコトを書いちゃいましたけどぉ〜(´▽`*)アハハ

 でもまぁ、この作品のオカゲでマット君も"セクシー俳優"には選ばれずとも"お買い得俳優"となり、今まで散々バカにされてきたジョージ・クルーニーにメールを送るほど、喜んだのだそうだからまぁ良かったのかなぁ?って、"お買い得俳優"って喜ぶコトなんだろうか?(^-^;

◆ title: THE BOURNE IDENTITY(2002/アメリカ)
◆ date: 2006.09.30
◆ director: Doug Liman
◆ performer: Matt Damon/Franka Potente/Chris Cooper/Clive Owen/Brian Cox/Adewale Akinnuoye-Agbaje/Gabriel Mann/Walt Goggins/Josh Hamilton/Julia Stiles/Orso Maria Guerrini/Tim Dutton

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG     

この記事へのコメント

1. Posted by Kaz.   2007年10月13日 00:18
あはは〜〜、やっぱmiyuぽんはマットがダメなのかぁ〜〜。
う〜ん、まぁ映画的には面白いけどね〜。
凄腕スパイが記憶を失う、と言うのはけっこうありふれたストーリーだわな。( ̄∀ ̄*)ウーン
2. Posted by にげら   2007年10月13日 00:21
え〜〜〜〜、そうなの?
私はこれでマットにやられちゃったんだけど^^;
この映画はシネマ友と映画館観賞したんだけど、共に顔を見合わせるくらい、
イケていた映画だったんだけどなぁ。

そっか、マットがダメなのね。
「3」は前売り買ってあるから行くぞ〜〜。
3. Posted by あっしゅ   2007年10月13日 00:25
miyuたん〜♪ゴロゴロ〜(甘)。

お久しぶりですぅ〜!
あっしゅ、忘れちゃった???

まだ転勤はしてないのですが、そろそろコメントしないと大好きなmiyuたんから嫌われちゃって、忘れられると思って♪

元気にしてますよぉ〜!でも転勤ってたいへんなんだよぉ〜!
住むところが変わるって一番たいへんだよ!すごくドキドキだけど落ち着いたらまた映画記事を復活させるよぉ〜。待っててね!

ボクこれみたよ!
記事は書いてないけど、1も2も観てます!
3は完結するようだけどどうなんだろ!たぶん見に行くと思いますよ!
4. Posted by miyu   2007年10月13日 00:51
>Kaz.さん
マット君苦手ってワケでもないと思うんだけど、
やっぱり苦手なのかなぁ〜?(^-^;
なんか乗り切れませんでしたわぁ〜。
きっと面白い映画なんだろうけどね。

>にげらさん
あぁ〜そうなの?
コレでマット君にやられちゃいましたかぁ。
基本的にはにげらさんとはカブる事も多いのにね。
マット君は例外かしら?(^-^;

>あっしゅさん
大丈夫よ(´▽`*)アハハ
忘れませんし、キライになんてならないです〜。
3は来月だけど、その頃には落ち着いてるかしら?
5. Posted by m52387177   2007年10月13日 09:30
おいらはこの一作目は楽しめたのだけど、2作目はダメでした。

意外とおいらはマット君好きです。
うっふ〜ん(o^-^o) ウフッ

「グッド・ウィル・ハンティング」のマット君はどうですか?
6. Posted by にゃむばなな   2007年10月13日 20:27
『チーム☆アメリカ』で「まっと・でいもん」と揶揄されていた人ですからね。
まともに見るとやっぱりアクションは似合わないですよね。

まぁ私はいつも彼のことを「アメリカのジミー大西」として見ていますよ。
だって本当に似ているんですもん!
7. Posted by miyu   2007年10月13日 22:44
>mさん
「グッド・ウィル・ハンティング」の頃は
まだ今のマット君キャラが確立されてなかったからかな?
別に何とも思わなかったんだよねぇ〜。
けど、最近ちょっとアホ化が進んでる
ってめちゃめちゃ失礼だけど〜(´▽`*)アハハ
みたいな、勝手なイメージなんだけどね。

>にゃむばななさん
そうなんですよぉ〜!
「まっと・でいもん」がやっと言える
レヴェルですよ〜。それこそジミーちゃんと
なんら変わりがありませんヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
8. Posted by カヌ   2007年10月15日 23:20
こんばんは〜
いつもありがとうございます。
私も彼はあんまり好きじゃなかったですけど、この映画の2作目でやっと見直したかな。相変わらずサル顔ですけどね(^^;
9. Posted by miyu   2007年10月15日 23:40
>カヌさん
あ〜そうなのですか?
あたしはこのシリーズを観ても
ひょっとしたらダメかも〜(/ω\)サルダモン
10. Posted by くまんちゅう   2007年11月30日 23:39
毎度トラバどうもっス。/(-_☆)

最初の頃はマット君とろそうだなって思ってたけど、3作目では結構キレてましたですな、成長したって事でしょう。
スピーディーな展開なので楽しんで見てた記憶があります。
マリーの存在は微妙でしたけど、お話的には必要だったんでしょうね。
11. Posted by miyu   2007年12月01日 00:58
>くまんちゅうさん
こちらこそありがとうございます。
ん〜、そうですね!
マット君の成長のオカゲかな。
あたしも3作目は楽しめました。
確かに、シリーズを通すとマリーの存在は
必要でしたね。
1作目だけだと、足を引っ張ってる感じが
しちゃったんですけどね(^-^;
12. Posted by せつら   2008年06月16日 21:25
miyuさん今晩は

マットくん初の本格アクションだったようですよ
私もヒロインのフランカさんはミスキャストじゃないか
ってぐらいあわなかったよね、シリーズ的には
三作目が良くできてましたね
13. Posted by miyu   2008年06月16日 21:56
>せつらさん
(〃⌒ー⌒)/どもっ♪
そうですね。あたしも3作目は楽しめました。
ってか、アレでこのシリーズ覆りましたね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ボーン・アイデンティティー  [ めでぃあみっくす ]   2007年10月12日 22:32
この映画の予告編を見たときはすごく心配でした。 だって一部で勝手に「アメリカのジミー大西」と呼ばれているマット・デイモンがアクション映画に主演ですよ。しかもスパイだなんて・・・。ついに彼も自虐に走り出したか〜、大親友のベン・アフレックに対抗したいのかな?....
2. 「ボーン・アイデンティティー」  [ the borderland  ]   2007年10月15日 23:10
映画館に行けば、最近一番見る予告が「ボーン・スプレマシー」 それ程優先順位は高くないのですが、どうせ見るなら、前作見とかないとと思って、DVD借りてきました。 アメリカではなく、チューリッヒ、パリを中心に話が進むからではないとは思うのですが、ハリウッド...
3. ボーン・アイデンティティー  [ りらの感想日記♪ ]   2007年10月20日 19:21
【ボーン・アイデンティティー】 ★★★☆ DVD ストーリー ある嵐の夜、イタリアの漁船が洋上に漂う意識不明の若い男(マット・デイモン)を発
4. ボーン・アイデンティティー  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2007年11月04日 20:29
【THE BOURNE IDENTITY】2003/01/25公開 大事なものは尻にかくせ!!
5. DVD「ボーン・アイデンティティー」  [ 日々のつぶやき ]   2007年11月05日 09:44
監督:ダグ・リーマン 出演:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、クリス・クーパー 「イタリア漁船に助けられた男は記憶を失っていた上に身体には弾痕。ある銀行口座も身体に埋め込まれていた。パリに到着後、何者かに狙われる。出会ったマリーとともに自分が誰か
6. ボーン・アイデンティティ  [ 心琴拘束 ~映画とコラムな日記~ ]   2007年11月06日 22:37
2003年 監督 ダグ・リーマン 出演 マッド・デイモン(ジェイソン・ボーン) フランカ・ポランテ(マリー・クルーツ) ある嵐の晩、意識を失って漂流する一人の男。漁船に救助されるも、その男には、弾痕があり皮膚の下には、マイクロカプセルが埋め込まれていた。...
7. ボーン・アイデンティティー  [ Yuhiの読書日記+α ]   2007年11月07日 01:05
マット・デイモン主演の「ボーン」シリーズの1作目です。 ずっと以前に映画館で見たんですが、今回改めてTVで見てみました。以前に見てるから、もういいかな〜と最初は思ってたんですが、少しだけ見てみるつもりでテレビを付けたら、結局最後まで見てしまいました。細かい...
8. ボーン・アイデンティティー  [ 暖気団の徒然日記・・・・ ]   2007年11月07日 14:50
つれづれなるままに、日暮らし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。 ★★★★★★★☆☆☆(10中7)。 見ました。 以下ネタバレ含む普通に面白かったですね??。   で、キャストはというと、 ...
9. 「ボーン・アイデンティティー」(2回目)  [ 或る日の出来事 ]   2007年11月25日 22:30
前回観たときは、あまり面白くなかったように感想に書いてある(前回の感想は、こちら)が、今度観たら、なかなか良かった。カーチェイスもグッドだったよ。 どういうわけでしょう。いかに私の感想が、そのときの感じ
10. 「ボーン・アイデンティティ」  [ キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜 ]   2008年03月05日 18:53
 マット・デイモン主演のスパイ・スリラー。   思った以上に面白かった。  そのひとつが殺陣。 いまや、ハリウッドのアクションものは、どんどん表現のインフレがすすみ、ワイヤー・アクションやら、フローズン・モメントやらを多用しすぎ。  007やチャリエンも大好き...
11. ボーン・アイデンティティーの感想  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2008年03月09日 10:21
今朝、チョッと早起きして、「ボーン・アイデンティティー」見ました。 昨日、TSUTAYAに行ったときに借りた中の1本。なんか、ヨメがマット・デイモンのファンらしいです。だからレンタル。ヤツ(ヨメ)とは話があんまり合いません{/face_ase2/} この映画見た後で、某百貨店...
12. ジェイソン・ボーン 2作品  [ 極私的映画論+α ]   2008年03月15日 07:07
 新作を見る前に復習です(笑)
13. ボーン・アイデンティティ  [ 5125年映画の旅 ]   2008年03月16日 16:53
4 大西洋上で漂流していた男が漁船に救助された。彼には背中に2箇所の銃創と、謎のメッセージが記されたレーザーが残されていたが、彼自身は救助される以前の一切の記憶を失っていた。メッセージに記された貸し金庫には、ボーンという名の身分証明と別の名義の複数のパスポ....
14. 「ボーン・アイデンティティー」  [ 或る日の出来事 ]   2008年03月26日 22:51
THE BOURNE IDENTITY 2002年 アメリカ作品 監督 ダグ・リーマン 出演 マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、クリス・クーパー 記憶をな...
15. ボーン・アイデンティティー (ビデオ)  [ 花ごよみ ]   2008年04月11日 01:16
(ボーン・スプレマシー )を試写会で見て、 面白かったので、 (ボーン・アイデンティティー)を見たくなり、 ビデオで見ました。  映画とテレビの画面の違いもあるが (ボーン・スプレマシー )の方が緊迫感、 迫力において勝ってると思う。   でもマットの冷静で、 ...
16. ボーン・アイデンティティー  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2008年04月15日 00:00
渋くかっこいいマット・デイモンが観られる、スパイアクション。記憶はなくなっても体は覚えているのだぁ〜
17. ボーン・アイデンティティー  [ しーの映画たわごと ]   2008年04月15日 13:43
シリーズ3作鑑賞します。もしも、マットデイモンがブラピだったら……いやなんとなく合いそうだなって。当初からシリーズ物だったのか単発だったのかは不明ですが、続いても続かなくてもそこそこ楽しめる作品。俺的には何と言ってもクラシックMINIでの逃亡劇が最高。ヨ....
18. ボーン・アイデンティティー  [ シェイクで乾杯! ]   2008年05月04日 21:31
3 あれれれ???ストーリーがわかりづらい。(@_@;) 一度観ただけではよく理解できず、もう一度観てしまいました。
19. ボーン・アイデンティティー  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2008年08月11日 20:56
ボーン・アイデンティティー◆プチレビュー◆繊細で知的な青年役が多かったマット・デイモンの新境地。アクションも立派にこなしてフェロモン全開だ。女性ファンも急増だろう。 嵐の海で救助された男の背中には銃弾のあとが。その男は記憶が全くなく、皮膚の下に埋め込まれ....
20. ボーン・アイデンティティー  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2008年08月13日 20:04
あれぇ〜、私の目がどうにかなったんですかねぇ〜 (i´▽`A゙ マット・デーモン君が・・・カッコ良く見えたんですけど (ノ*゚◇゚*)ノ オォォォ 今まで一度も思ったこと無かったのに・・・ この作品に関しては、なかなかイケてました ´3`)´3`)´3`))) ...
21. ボーン・アイデンティティー  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2009年10月31日 21:06
男は、彼らの「武器」となる為に訓練された筈だった 【関連記事】 「ボーン・アルティメイタム」 「ボーン・スプレマシー」 ボーン・アヮ..
22. 映画 ボーン・アイデンティティー  [ VAIOちゃんのよもやまブログ ]   2010年11月14日 19:09
今まで一度も見る機会が無かった「ボーン」シリーズ。1作目の「ボーン・アイデンティティー 」が地上波で放送されていたので、X95で録画してPSPに転送して鑑賞しました。‘み’は吹替版は余り好きではないんですが、まあ地上波ならタダですしね(^_^;)この映画、気....
23. ボーン・アイデンティティー  [ 象のロケット ]   2016年10月29日 14:14
自身の身元も経歴もわからない記憶喪失の男ジェイソン・ボーン。 しかし、彼は語学に堪能、そして強靭な肉体に恐るべき戦闘能力を身につけていた! 一方CIA本部のテッド・コンクリンはプロの殺し屋にジェイソンの暗殺指令を発信する…。 スパイアクション。