2008年03月31日

4ヶ月、3週と2日

4ヶ月、3週と2日
 『これは
 二人だけ
 の秘密──。


 コチラの「4ヶ月、3週と2日」は、1987年独裁政権下のルーマニアを舞台に法律で禁じられたことを実行した勇気あるヒロインを描いたPG-12指定のサスペンスで、3/1公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪

 60回を迎えた2007年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した作品なのですが、てっきり社会派サスペンスかと思いきや、その実オスカー作品となった「ノーカントリー」に勝るとも劣らない緊迫感溢れるヒューマン・サスペンスって感じの作品でした。

 主人公のオティリア(アナマリア・マリンカ)は、寮に住む学生。望まない妊娠をしたルームメイトのガビツァ(ローラ・ヴァシリウ)の違法中絶を手助けする彼女の壮絶な1日を描いているのですが、それがまぁ〜緊張感に満ちた作品に仕上がってるんですね。コレもあたしは好みじゃないんだけど、すさまじいパワーに圧倒される見応えのある作品でした。

 一切のBGMを廃し、生々しいリアリティをつきつけるカメラワークや長回しで観るモノを引きつける。ガビツァの自分勝手というか、浅はかで無責任で考えなしの行動の連続に辟易するとともに、だからこそ何故オティリアがそんなガビツァのために奔走するのかが理解しがたいのですが、本当に彼女の立場となって考えるとなんとなく理解できなくもないんですよね。

 チャウシェスク大統領による独裁政権末期にあったルーマニア、中絶することはおろか避妊することも許されない状況下で、ガビツァの立たされた苦境というのは、オティリアにしてみればまったくもって他人事ではないのですね。明日は我が身、いやひょっとしたら既に彼女自身も同じ苦境に瀕しているのかもしれないのです。

 だからこそオティリアは、ガビツァ以上に深刻に事を捉え、ガビツァ以上に切実に自分の事のように一生懸命になっていたのかもしれないなぁ〜と感じました。だって、あのボーイフレンドのアディ(アレクサンドル・ポトチェアン)はどうにも頼りになりそうにないし、口先だけで目先の事しか考えていなさそうですものね。そして、根こそぎ自由を奪う独裁政権へのささやかな反抗。

 それにしても闇医者のべべ(ヴラド・イヴァノフ)の人の足元を見るかのような、人の弱味に漬け込むかのような、卑劣な行為も許しがたいですし、その後罪悪感を感じるどころか平然と優しい医者ぶる姿は本当イヤ〜な気持ちにさせられました。ガビツァもあの後によくあんなものが食べられるなぁ〜、とその無神経さと人間性を心底疑っちゃいました。

 公式サイトはコチラ

◆ title: 4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE(2007/ルーマニア)
◆ date: 2008.03.30
◆ director: Cristian Mungiu
◆ performer: Anamaria Marinca/Laura Vasiliu/Vlad Ivanov/Luminita Gheorghiu/Alexandru Potocean

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG     

この記事へのコメント

1. Posted by rose_chocolat   2008年03月31日 22:00
早速のTBありがとうございます♪

これ結構グロかったし、登場人物はみんな一癖あるし腹黒いし。
心が休まる映画からは程遠いのですが(笑)、それでも何故か目が離せない。観終わった後に考えさせられるものがあるんですよね。
同じ立場に立たされたらきっと自分だってそうするに違いないから。
2. Posted by miyu   2008年03月31日 22:06
>rose chocolatさん
こちらこそありがとうございます〜♪
そうなんですよねぇ〜。
ちょっと色んな意味でグロい映画ですよね。
映像的にも人間的にもグロさがキツいです。
それでも、おっしゃるように考えさせられるものがありました。
そもそも、共通の敵としての独立政権、体制
そういったものを理解するのにとても適した
映画なのかもしれません。
3. Posted by Kaz.   2008年03月31日 22:26
おぉ〜、なかなか好みのタイプの映画です〜。
チャウシェスク時代のルーマニアが舞台なんですなぁ。 チラッと読んだだけでも、これはカンヌ好みだよね〜。( ̄∀ ̄*)
4. Posted by miyu   2008年03月31日 23:05
>Kaz.さん
でしょ?コレはKaz.さん好みなんじゃないかなぁ〜。
でも、より女性の方が痛切に感じるところは
あるかもしれないです。
でも、そうだね。カンヌ好みな感じはしましたね。
5. Posted by にゃむばなな   2008年03月31日 23:30
当時は密告社会だったために、オリティアのように友人のために奔走するというのはとても崇高な行為だったそうです。
おそらく監督はあの時代を描くにあたって少しデフォルメしたのではないでしょうかね。

個人的にはオリティアが最後の最後に見せたあの表情が忘れられません。
6. Posted by miyu   2008年03月31日 23:52
>にゃむばななさん
そうですね。
そういう事なんでしょうね。
確かにあのラストの表情、ぶちっと切れる
ラストは尾を引きますね。
7. Posted by にげら   2008年04月01日 21:49
独裁政権末期にあったルーマニア、中絶することはおろか避妊することも許されない状況下....ですって?!!
すんごく腹立ちます。女性をなんと思っているのかな。女性は自分の身体も守れないの?
これは観てみたい。きっとカッカするかもしれないけど。。
8. Posted by miyu   2008年04月01日 22:08
>にげらさん
そうですよ〜「産めよ増やせよ」ですよね。
労働力の確保、4人ぐらい産まないと中絶できない時代が
あったんだそうです。
しかもね、たった20年前ぐらいのお話なんですよ。
多分ね、女性の方がより真摯に受け止められると
思います。いつの時代も不遇を味わうのは
女性、子供、弱い立場の人なんですよね。
9. Posted by sakurai   2008年05月21日 19:23
いろいろとお世話になりました。
午後の講座だったので、午前中にこれを見てから臨んだのですが、なんかへこみましたわ。
赤ん坊ものは、精神的にだめです・・・。
ガビツァを見てて、腹立ってきたのも事実なのですが、人間性を失わせてしまうような社会状況も見逃せないだろうなとも思いました。
でも、これはルーマニアという特別な状況ではなく、なにか普遍的なものも感じました。
女はタフでなければならない!!
10. Posted by miyu   2008年05月22日 12:24
>sakuraiさん
そうですよね〜。
人間性を失わせてしまうような社会状況、
それこそが全てでしょうね。
本当タフにならなくっちゃね。
11. Posted by Kaz.   2008年09月16日 22:14
これ今夜アップするんで、後でTBしておきますね〜〜。v( ̄Д ̄)v

いやぁ、自分はモロ社会派映画だと感じたよ〜。(^o^;
見応えはじゅうぶんでした。
12. Posted by miyu   2008年09月16日 22:22
>Kaz.さん
おぉ〜ご覧になられましたかぁ〜。
そっかモロにですか?
記事楽しみにしておきますね〜♪
13. Posted by アイマック   2008年09月18日 13:07
こんにちは!
DVDリリースされたので観ました。
知られざるルーマニアの国の実態でしたね〜
緊張感強いられる映画で、主人公にいつのまにか感情移入してました。
むかつく人だらけで(苦笑)、腹がたってくるけど、でもやるせなかった・・
ガビツァのためにオティリアがなぜそこまでするのか、明日は我が身、自分をあてはめていたんだよね。
オティリアがひとりで考え、淡々と行動する姿が印象的でした。
14. Posted by miyu   2008年09月18日 14:07
>アイマックさん
そうですよねぇ〜。
フツーにムカつくけど、みんな必死なんかなぁ〜とも
思ったりして、助け合う心も親切心なんか体制への
反抗心なんかとか考えちゃうとよく分からなくなって
しまったりもしました。
15. Posted by 悠雅   2009年03月22日 22:13
こんばんは〜。
日本がバブルで浮かれている頃、
(わたしはバブルとは無縁で、1歳の息子の世話に明け暮れる毎日でしたけど)ヨーロッパの1つの国では、
こんな現状の中、同年代の女性たちは、避妊も禁止されていたなんて…
映画がなければ知らなかった歴史の事実はたくさんあるけれど、
『ヴェラ・ドレイク』とはまた違う意味と方法の堕胎が
かなりショックでした。

劇中の言葉を信じれば、オティリアはまだ妊娠はしてなかったけれど、
今月はかなり危ない状況みたいで、だからこそ、
あの恋人の言葉にも苛々しただろうし、
仕方なく主婦になる道は嫌だったんだろうし、やっぱり気の毒で
あれこれ考えてしまいました。
16. Posted by miyu   2009年03月22日 22:20
>悠雅さん
確かなところは分かりませんが、
決して他人事ではない状況だったことは推察できましたよね。
だからこそ、彼女は友人のためというよりも
自分自身を救ってるような気持ちで必死だったんだろうなぁ〜と
あたしは思ったんですよ〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『4ヶ月、3週と2日』 (2007) / ルーマニア  [ NiceOne!! ]   2008年03月31日 21:57
原題:4LUNI,3SAPTAMANISI2ZILE/4MONTHS,3WEEKSAND2DAYS/4MOIS,3SEMAINES,2JOURS監督・脚本:クリスティアン・ムンジウ出演:アナマリア・マリンカ、ローラ・ヴァシリウ、ヴラド・イヴァノフ、ルミニツァ・ゲオルジウ鑑賞劇場 : 銀座テアトルシネマ公式サイトはこちら...
2. 『4ヶ月、3週と2日』  [ めでぃあみっくす ]   2008年03月31日 22:35
2007年のカンヌではパルムドールを受賞、ヨーロッパ映画賞では作品賞に輝いたこのルーマニア映画。チャウシェスク独裁政権下で法律で禁止されていた中絶手術に望むルームメイトを手助けしようとする女子学生オティリアを主人公にしているものの、決して独裁政権を批判するだ....
3. 4ヶ月、3週と2日  [ 映画通の部屋 ]   2008年03月31日 22:41
「4ヶ月、3週と2日」 4 LUNI, 3 SAPTAMINI SI 2 ZIL
4. 4ヶ月、3週と2日  [ シャーロットの涙 ]   2008年03月31日 22:49
第60回カンヌ国際映画祭にてパルムドール受賞したルーマニアのクリスティアン・ムンジウ監督作品
5. 少女の一番長い日  [ 宇宙のめいぐると ]   2008年03月31日 22:58
「4ヶ月、3週と2日」
6. 『4ヶ月、3週間と2日』  [ ラムの大通り ]   2008年03月31日 23:39
(原題:4 mois 3 semaines 2 jours) ----この映画、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したんでしょ。 変わったタイトルだよね。 「実は、このタイトルに意味があるんだけどね…。 すでにいろんなところで、ネタバレチックな紹介がされているけど、 ボクはこの映画は、あ...
7. 4ヶ月、3週と2日  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2008年04月01日 00:03
4 重く凄みのある作品だ。チャウシェスク政権下のルーマニアを舞台に、友人の違法の中絶のため奔走するヒロインの緊迫した1日を描くもの。妊娠や中絶に対する無知は、不条理な社会情勢を映す鏡だ。劇中には、違法手術に伴う犠牲や死んだ胎児の映像など、痛々しい場面も。だが....
8. 4ヶ月、3週と2日  [ 映画三昧、活字中毒 ]   2008年04月01日 00:52
■ 銀座テアトルシネマにて鑑賞4ヶ月、3週と2日/4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE 2007年/ルーマニア/113分 監督: クリスティアン・ムンジウ 出演: ア...
9. 『4ヶ月、3週と2日』 4 Luni, 3 Saptamani si 2 Zile  [ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]   2008年04月01日 02:47
傷痕。 1987年のルーマニア、チャウシェスク独裁政権末期、女子大生のオティリアは、ルームメート、ガビツァの違法中絶を手助けする。これは、4ヶ月と3週と2日という期間が描かれているのではなく、長い長い1日の物語だった。去年のカンヌ国際映画祭でパルムドール...
10. 4ヶ月、3週と2日/ 4 mois 3 semaines 2 jours  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2008年04月01日 09:52
カンヌ国際映画祭で、 最高の賞であるパルムドール受賞! おまけに、アカデミー賞外国語映画賞ルーマニア代表でノミネート。 3月に観たいリストに入れ忘れてたけど、それ聞いて興味がわいた。 妊娠中絶をテーマにした話ということしか知らずに観たけど、、、、、。 ち...
11. 4ヶ月、3週と2日  [ カリスマ映画論 ]   2008年04月01日 22:28
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  貢献と見返り  
12. 「4ヶ月、3週と2日」  [ ヨーロッパ映画を観よう! ]   2008年04月02日 22:17
「4 luni, 3 saptamâni si 2 zile」...aka「4 Months, 3 Weeks & 2 Days」 2007 ルーマニア 2007年カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した違法中絶がテーマの人間ドラマ。 主演のオティリアにアナマリア・マリンカ。望まない妊娠をしたルームメイト、ガビツァにローラ...
13. 真・映画日記『4ヶ月、3週と2日』  [            ]   2008年04月03日 17:56
JUGEMテーマ:日記・一般 3月1日(土)◆731日目◆ 一人一人の1日の行動。 それには そこに至るまでの出来事、前日に立てた予定、準備等があって「その日(のイベント・出来事)」をむかえる。 ちなみに、ボクの「2008年3月1日(のイベント・出来事)」は2007年の...
14. 「4ヶ月、3週と2日」:本郷三丁目駅前バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2008年04月05日 07:53
{/hiyo_en2/}こんなところに、医科器械会館なんてあるのね。 {/kaeru_en4/}このあたりは、大学病院が近いせいか、医療機器関係の会社が密集しているからな。 {/hiyo_en2/}「4ヶ月、3週と2日」の主人公も、このあたりに住んでいれば、最新技術の医療が受けられて、あんな...
15. ★★★★ 『4ヶ月、3週と2日』  [ 映画の感想文日記 ]   2008年04月07日 23:16
2007年。ルーマニア。"4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE".  クリスティアン・ムンジウ監督。  アナマリア・マリンカ、その他出演。  ルームメイトが予定外の妊娠をしてしまい、非合法の堕胎手術を受け...
16. 女だから。〜『4ヶ月、3週と2日』  [ 真紅のthinkingdays ]   2008年04月16日 09:09
 4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE  1987年、チャウシェスク独裁政権末期のルーマニア。法で禁じられた堕胎手術 を受けるルームメイトを手助けすギ..
17. おじさんシネマ(4ヶ月、3週と2日)  [ おじさん(Age.52)日記By宙虫 ]   2008年04月25日 00:32
4ヶ月、3週と2日 ルーマニア映画。 かなり衝撃的な内容だ。 1989年。ベルリンの壁崩壊に続く東欧社会主義国の崩壊。 ルーマニアも当時のシャウシェスク政権の様々な腐敗が報道された。 そして、シャウシェスク政権も崩壊した。 この物語は、その直前のルーマニ...
18. 4ヶ月、3週と2日 93点(100点満点中)  [ (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) ]   2008年04月25日 22:10
はい誕生、 はい死亡。 公式サイト 2007年カンヌ国際映画祭にてパルムドールを受賞したルーマニア映画。 1987年、チャウシェスク政権下のルーマニアを舞台としており、その事が作品背景にリアリティを与えてはいるが、扱われている題材そのものは普遍的なものであり、...
19. 4ヶ月、3週と2日  [  Art- Mill  あーとみる ]   2008年04月26日 15:12
4ヶ月、3週と2日 HP http://www.432film.jp/ わからないことが多い作品だった。 予備知識なくみたので、タイトルもどんな意味なのかわからず、映画のはじまりでは困惑。時間の進行
20. 映画『4ヶ月、3週と2日』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2008年04月27日 23:53
33.4ヶ月、3週と2日■原題:4Luni,3SaptaminiSi2Zile■製作年・国:2007年、ルーマニア■上映時間:113分■字幕:地田牧子■鑑賞日:3月29日、銀座テアトルシネマ(京橋)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・製作:クリスティアン・ムンジウ...
21. 65●4ヶ月、3週と2日  [ レザボアCATs ]   2008年05月04日 01:36
選ぶ権利と、その責任の重さ。驚嘆すべき物語を、アッサリと語る、ドライなリアリズムが刺さった。
22. 【2008-103】4ヶ月、3週と2日(4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年05月04日 15:16
5 人気ブログランキングの順位は? 1987年 ルーマニア・・・ 独裁政権下の自由を奪われた社会 ルームメイトを助けるために 彼女の長い一日が始まる> これは、二人だけの秘密──。
23. 4ヶ月、3週と2日  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年05月05日 22:42
5 これは二人だけの秘密!__独裁政権下の自由を奪われた社会。たった一日の出来事が彼女を変えた。どんなことがあっても、私は女として自由でありたい。 全女性必見の勇気あるヒロインの物語! 1987年の冬のある日、チャウシェスク政権下のルーマニアで、大学生のオティ...
24. 映画 【4ヶ月、3週と2日】  [ ミチの雑記帳 ]   2008年05月10日 19:29
映画館にて「4ヶ月、3週と2日」 2007年カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)を受賞した、ルーマニア映画。 おはなし:1987年、チャウシェスク独裁政権末期のルーマニア。大学生のオティリア(アナマリア・マリンカ)はルームメイトのガビツァの中絶手術を手伝うべく、二...
25. 「4カ月、3週間と2日」 4 luni, 3 saptamani si 2 zile  [ 俺の明日はどっちだ ]   2008年05月14日 09:53
舞台は1987年、チャウシェスクが大統領だったルーマニア。 かつての日本同様、「産めよ、増やせよ」が国策となっていて中絶が厳しく禁じられたいた中、ルームメイトが望まぬ妊娠をし、その非合法の中絶を手伝う女子大学生の1日を思い切り丹念に描き、当時の社会主義国家が持...
26. 4ヶ月、3週と2日  [ eclipse的な独り言 ]   2008年05月20日 20:19
 カンヌ映画祭グランプリ。重苦しい話で、ちょっと辛かったです。(5月20日 静岡
27. 4ヶ月、3週と2日  [ 迷宮映画館 ]   2008年05月21日 19:19
トンデモなかったあの時代を振り返るのは大事なことだ。
28. 4ヶ月、3週と2日  [ ★試写会中毒★ ]   2008年05月26日 03:50
満 足 度:★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:クリスティアン・ムンジウ キャスト:アナマリア・マリンカ       ローラ・ヴァシリウ       ヴラド・イヴァノフ       アレクサンドル・ポトチェアン       ルミニツァ・
29. 「4ヶ月、3週と2日」  [ 再出発日記 ]   2008年05月31日 22:15
□監督・脚本・製作:クリスティアン・ムンジウ□撮影・製作:オレグ・ムトゥキャスト◆アナマリア・マリンカ(オティリア)大学の寮で生活しルームメイトの為に「一肌脱ぐ」◆ローラ・ヴァシリウ(ガビツァ)望まない妊娠をして違法な中絶を決意しオティリアに協力を仰ぐ...
30. 4ヶ月、3週と2日 独裁政権下のルーマニアの現状を描いた作品  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年06月02日 16:17
 これは二人だけの秘密・・・・・。貴方ならどうしますか? 6月に入りました。梅雨ですね。この映画は5月2日に鑑賞したのですが・・・。レビューせず、ほったらかしにしていました。もう1ヶ月経ってしまったのですが。かなり印象深い作品でしたね。 ルーマニアの映画...
31. 映画[ 4ヶ月、3週と2日 ]女性は決して、振り返れない  [ アロハ坊主の日がな一日 ]   2008年07月03日 01:35
映画[ 4ヶ月、3週と2日 ]をユーロスペースで鑑賞。 2007年カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞している本作は、前向きに生きた、ひとりの女性の物語。個人の自由が圧倒的に制限されていた社会で、彼女は人として生きるためにある決断をする。 リアリズムに徹した映像...
32. 4ヶ月、3週と2日  [ Kaz.Log ☞ Loft Cinema ]   2008年09月17日 00:03
=== あのナイフの使い道が気になったけど・・・ 『4ヶ月、3週と2日』 === {{{: 【4ヶ月、3週と2日】 4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE 2007 ルーマニア '''監督・製作・脚本''' クリスティアン・ムンジウ   ''...
33. 4ヶ月、3週と2日  [ 小部屋日記 ]   2008年09月18日 12:45
4 Months, 3 Weeks, and 2 Days(2007/ルーマニア)【DVD】 監督・脚本・製作: クリスチャン・ムンギウ 出演:アナマリア・マリンカ/ローラ・ヴァシリウ/アレックス・ポトシアン/ルミニツァ・ゲオルジウ/アディ・カラウレアヌ これは二人だけの秘密―。 2007年カン...
34. 4ヶ月、3週と2日  [ レンタルだけど映画好き ]   2008年09月24日 21:26
これは二人だけの秘密──。 1987年 独裁政権下のルーマニア。法律で禁じられたことを実行した勇気あるヒロインの物語。 2007年 ルーマニア  劇場公開日2008/03/01  レンタル開始日 2008/09/10 4ヶ月、3週と2日 デラックス版 監督 クリスティア...
35. DVD:「4ヶ月、3週と2日」 実在した「悪夢」をどう表現するか。  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2008年09月27日 04:39
昨年のカンヌでパルムドール(最高賞)を受賞した作品。 1987年といえば、約20年前。 日本はバブルがぼこぼこ鳴り出した時代(笑) 東京ディズニーランドは既にオープンしてしていたし、「朝シャン」「カウチポテト」なんて言葉がはやったりした。 そんな日本では軽い時代...
36. 「4ヶ月、3週と2日」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2008年10月05日 22:53
1987年。チャウシェスク独裁政権末期のルーマニア。大学生のオティリア(アナマリア・マリンカ)は、 望まない妊娠をした寮のルームメイト、ガビツァ(ローラ・ヴァシリウ)から、違法中絶の手助けを 頼まれる。手術当日、オティリアは恋人からお金を借りると、ガビツァが手...
37. 4ヶ月、3週と2日  [ こんな映画見ました〜 ]   2008年10月07日 23:43
『4ヶ月、3週と2日』 ---4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE/4 MONTHS, 3 WEEKS AND 2 DAYS/4 MOIS, 3 SEMAINES, 2 JOURS --- 2007年(ルーマニア) 監督:クリスティアン・ムンジウ 出演: アナマリア・マリンカ、 ローラ・ヴァシリウ 、ヴラド・イヴァノフ  1987...
38. 4ヶ月、3週と2日(DVD)  [ ひるめし。 ]   2008年11月04日 10:04
これは 二人だけ の秘密―――。
39. 4ヶ月、3週と2日  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2008年11月09日 10:58
リアルな焦燥感 4ヶ月、3週と2日 デラックス版posted with amazlet at 08.11.07ジェネオン エンタテインメント (2008-09-10)売り上げランキング: 1974おすすめ...
40. 4ヶ月、3週と2日  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2008年12月15日 22:31
1987年の冬、チャウシャスク政権下のルーマニアが舞台。大学生のオティリアは、寮のルームメイト、ガビツァのために走り回っていました。寮を出て街に出たオティリアは、ガビツァが予約していたはずのホテルに行きますが、予約が入っていないことを知り、別のホテルへ行き、...
41. 『4ヶ月、3週と2日』  [ 千の天使がバスケットボールする ]   2008年12月21日 21:46
ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したマイク・リー監督の『ヴェラ・ドレイク』は、50年前の時代事情。同じように望まぬ妊娠をしてしまった1987年の女性の一日を描いて、2007年カンヌ国際映画祭でパルムドール賞をルーマニアとして初めて受賞したのが『4ヶ月...
42. カウントダウンは止まらない●4ヶ月、3週と2日  [ Prism Viewpoints ]   2008年12月23日 11:12
これは 二人だけ の秘密──。  ――― (公式キャッチコピー) 『4 MONTHS, 3 WEEKS AND 2 DAYS』 4ヶ月、3週と2日 - goo 映画 1987年の冬のある殮.
43. 4ヶ月の手  [ Akira's VOICE ]   2008年12月30日 10:49
「4ヶ月,3週と2日」 「やわらかい手」 
44. 4ヶ月、3週と2日  [ しぇんて的風来坊ブログ ]   2009年01月17日 23:49
「3、1、2とノックせよ」という小説があるが、全く関係ないです。 ★以下、ネタバレあります。メインとなる事は妊娠中絶です。このこと自体が映画自体では序盤には伏せている進め方なので、こう触れた文章でもってしてネタバレです。予期せぬというか望んでいない妊娠とい...
45. 4ヶ月、3週と2日/アナマリア・マリンカ  [ カノンな日々 ]   2009年02月02日 23:34
昨年日本で公開された映画で観に行けなかったことがとっても悔やまれたのがこの作品です。2007年カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したルーマニア映画です。監督は今作が劇場長編2作目となるルーマニアの新鋭クリスチャン・ムンギウ監督。 出演はその他に、ローラ・ヴ....
46. 『4ヶ月、3週と2日』'07・ルーマニア  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2009年02月03日 19:49
あらすじ1987年の冬のある日、チャウシェスク政権下のルーマニアで、大学生のオティリアは寮のルームメイトのガビツァとせわしくなく動き回っていた。寮を出たオティリアはホテルへ行くが、予約が入っていない事を知り、仕方なく別のホテルを取る。またガビツァの代わ...
47. 4ヶ月、3週と2日  [ ぷち てんてん ]   2009年03月11日 07:40
ルーマニアの映画なのね。☆4ヶ月、3週と2日☆(2007)クリスティアン・ムンジウ監督アナマリア・マリンカローラ・ヴァシリウヴラド・イヴァノフストーリー1987年のルーマニア。大学生オティリアは、同室のガビツァの違法な中絶手術を手伝うべく、二人で準備をしていた...
48. 4ヶ月、3週と2日  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2009年03月19日 08:08
JUGEMテーマ:映画 2008年3月1日 公開作品 2008年9月9日 DVDリリース ★★★☆☆ こういう話はいつも女性が傷を負う 星3っつです! カーネーションじゃだめなの? グラジオラス47本でもいいんじゃないの? ってか私、そのパーティ行か...
49. 映画「4ヶ月、3週と2日」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2009年03月22日 19:05
原題:4 luni, 3 saptamani si 2 zile このタイトルは意味深というか、とっても直接的でそのものズバリでしょう、4ヶ月を越え5ヶ月近くともなれば、そんなことをしちゃあいけないのだろうけどねぇ?? 富国強兵、それが当時のチャウシェスク独裁政権下の国策なんだ...
50. 4ヶ月、3週と2日  [ 悠雅的生活 ]   2009年03月22日 22:06
彼女の、長い長い1日
51. 映画「4ヶ月、3週と2日」  [ <花>の本と映画の感想 ]   2009年08月05日 20:11
4ヶ月、3週と2日 監督 クリスティアン・ムンジウ 出演 アナマリア・マリンカ, ローラ・ヴァシリウ, ヴラド・イヴァノフ 2007年 4ヶ月、3週と2日 デラックス版 [DVD] ¥4,242 Amazon.co.jp 1987年、チャウシェスク独裁政権下のルーマニア。大学...
52. 『4ヵ月、3週と2日』 ('09初鑑賞156・WOWOW)  [ みはいる・BのB ]   2009年10月24日 09:57
☆☆☆???? (5段階評価で 3) 10月22日(木) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。