2008年05月19日

ジェイン・オースティンの読書会

ジェイン・オースティンの読書会
 『ワインとおしゃべり、時々 恋──
 それが女たちの読書会。


 コチラの「ジェイン・オースティンの読書会」は、アメリカで流行している読書会のメンバーの人間模様を描いた、4/12公開のロマンティック・コメディなのですが、遅ればせながら観て来ちゃいましたぁ〜♪

 本作もなかなか評判がヨサゲでしたし、予告の雰囲気も好みっぽいし、何と言っても「トランスアメリカ」のケヴィン・ゼガーズが出演しているんですもの〜(人‘∀‘) まぁ出番はそんなに多くはないんだけど、読書会のメンバーの1人で高校のフランス語教師プルーディー(エミリー・ブラント)を魅了するステキなトレイ(ケヴィン・ゼガーズ)を爽やかに演じていましたよ〜♪

 それから、「いつか眠りにつく前に」のヒュー・ダンシーや、「LOST」でブーンのワガママな妹シャノンを演じていたマギー・グレイス、「プラダを着た悪魔」や「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」のエミリー・ブラントも読書会のメンバーとして出演。

 今後の活躍が期待される若手、そしてキャシー・ベイカー、マリア・ベロ、エイミー・ブレネマンといった実績のある女優陣も顔を揃え、「SAYURI」の脚本を担当したロビン・スウィコードが初監督しています。原作は、カレン・ジョイ・ファウラーの同名ベストセラー小説で、読書会で取り上げられるのは「エマ」や「プライドと偏見」の原作者ジェイン・オースティンの長編6作品。

 オープニングで流れる”あるあるネタ”、人生って本当ままならない。それは恋愛においても一緒で、傍から見てれば分かるのに、当事者となったら勇気がなくて踏み出せなかったり、分かりきったことなのに気付けなかったり、つまづいてばっかり。ままならない人生を、少しでもいい方向に向わせてくれるヒントが欲しい。離婚暦6回のバーナテッド(キャシー・ベイカー)、愛犬を亡くしたばかりの独身のジョスリン(マリア・ベロ)、プルーディー、20年連れ添った夫に離婚を切り出されたシルヴィア(エイミー・ブレネマン)、SF好きのグリッグ(ヒュー・ダンシー)、シルヴィアの娘でレズビアンのアレグラ(マギー・グレイス)は、ジェイン・オースティンに聞いてみることにしたのです。

 まず2月はジョスリンが担当する「エマ」、3月はシルヴィアが担当する「マンスフィールド・パーク」、4月はグリッグが担当する「ノーサンガー・アベイ」、5月はバーナテッドが担当する「自負と偏見」、6月はアレグラが担当する「分別と多感」、そして7月はプルーディーが担当する「説得」。

 考えてみたらこうやって映画ブログをやってるのも、彼らの読書会としていることは同じなのかもしれません。自分の感想を書き連ね、他の方の書かれた感想を読み、その感想に対する意見をコメントで残したり、トラバを送ったりして、意見を交換することで、改めてその作品に対する考察を深めたり、あいまいに浮かび上がってくる自分の感じた事を言葉というカタチに表したりする。そうすることで、ただぼんやり眺める以上の価値を映画鑑賞に求めているのかもしれませんね。本編で描かれる読書会メンバーの人生模様もまた、オープニング同様”あるあるネタ”揃いで、目新しさはないかもしれないが、さすが読書会を開く読書家揃いだけあって、交わされる会話が奥深くってメタファーや含蓄のある表現がいかにも文学好きって感じがして、面白かったです。1つの作品を取り上げていても、感じる事はそれぞれ違うし、どうしてもそのディスカッションには自分の人生観が投影されるモノで、興味を抱く登場人物も人それぞれだけど、案外脇役にこそ作者の言わんとしている事を言わせている事とかもありますものね。

 公式サイトはコチラ

◆ title: THE JANE AUSTEN BOOK CLUB(2007/アメリカ)
◆ date: 2008.05.18
◆ director: Robin Swicord
◆ performer: Kathy Baker/Maria Bello/Emily Blunt/Amy Brenneman/Hugh Dancy/Maggie Grace/Lynn Redgrave/Jimmy Smits/Marc Blucas/Kevin Zegers/Gwendoline Yeo

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG     

この記事へのコメント

1. Posted by ★しんぽん★   2008年05月19日 20:27
miyuさん、こんばんはー。
いつもいつもTBありがとうございますー。
これ、観てきたんですねー。よかったですよねー。
読書会っていうベースの中で、個々の価値観やらキャラクターが反映されるっていう展開にめちゃくちゃハマッちゃいました。

そうですよね、ブログに感想をあげているのもサークルのように確固としたつながりがないだけで、やっていることはたいして変わりなかったりしますもんねー。
皆さんのブログを見てて、そういう意図で描かれたって解釈もあるんだーとか結構勉強になりますし。
2. Posted by miyu   2008年05月19日 20:55
>しんぽんさん
こちらこそありがとうございます。
そうなんですよね〜。
人それぞれの解釈があるのも似ていますよね。
映画も本もそれぞれの感じ方、受け止め方が
あって面白いですよね〜♪
3. Posted by kira   2008年05月19日 22:15
こんばんは〜
とくに何か目新しい事件が起こるわけではない
6人の出会いと、展開なんだけど
皆が可愛らしく、いい人で、
寄り添って観ていくことが出来ますよね〜
ちょっと天然入ってるグリッグが良かったわー
これ、2回観たんでした!キャッ(照)
4. Posted by rose_chocolat   2008年05月19日 22:29
>こうやって映画ブログをやってるのも、彼らの読書会としていることは同じなのかも

なるほど〜。 そう考えるとすごくこの作業(笑)って価値あるのかもしれない!?

>改めてその作品に対する考察を深めたり、あいまいに浮かび上がってくる自分の感じた事を言葉というカタチに表したりする

↑ 深いっ♪
自分はもともと単なる記録として書いているだけでしたから、そう思うと、ちゃんと考察するってことも大事になってきます。

>ただぼんやり眺める以上の価値を映画鑑賞に求めている

いつもmiyuさんのレビューは丁寧ですものね。
自分は好きな映画とそうじゃない映画(!) ではビミョーに力の入れ具合が違ってしまうので(!)。。。
好きな映画だからと言っても、あんまり書き過ぎてネタばれはしちゃいけないし・・・っていうのもあるので、そこのところ難しいのですが(苦笑
5. Posted by miyu   2008年05月19日 23:05
>kiraさん
え〜!そうなんですか?
もう2回観ちゃったの〜♪
でも、素敵な映画でしたよね。
なんか共感する部分も多かったです〜♪

>rose_chocolatさん
いやぁ〜あたしもそうですよ。
好きな作品だと力入りますもの。
んで、空回りしちゃったり(;・∀・)
あたしも最初は備忘録のためにはじめたのですが、
やっぱりコメやトラバを通じて他の方の
感想や意見をいただくうちに色々と
変わっていったと思います。
だから、読書会にハマる気持ち分かります〜。
6. Posted by ALICE   2008年05月20日 12:16
こんにちは☆

私もこの映画すごくお気に入りになりました。

>考えてみたらこうやって映画ブログをやってるのも、彼らの読書会としていることは同じなのかもしれません。

私も同感で自分の意見を自分の中だけで完結
するのではなく多くの人の感想を読んだり
意見しあったりして作品に対する考え方を
深めてまた自分に人生にも投影したりして
楽しんでいるんだなって思っています。
7. Posted by miyu   2008年05月20日 13:50
>ALICEさん
そうなんですよね〜。
もちろん自分を見つめ直し、ちゃんと自分の中で意見を
固めておかないと他の方の意見につられちゃったりも
するのですが、意見の交換をすることで新たな視点で
観られるようになったりするのはとても面白いことですよね。
映画や本との出会いは、知らなかった自分との出会いでもあるんですね〜。
8. Posted by ひろちゃん   2008年05月20日 16:59
こんにちは^^
TBとコメントありがとうございました!
派手ではないんですが、この映画は観て
良かったと本当に思える作品でした^^

ブログも、読書サークルではないけど、
お顔は見えないけど、miyuさんの
おっしゃる通り、意見や感想の交流の場で、
改めてその作品に対する考察を深めたり
することも確かに多いですよね。
って言うか私はほとんどそれ(皆様の
感想を読んで深める)ですが(笑)

miyuさんとテレンス、ケヴィンと好みが
同じで嬉しいです♪(笑)
9. Posted by miyu   2008年05月20日 21:29
>ひろちゃん
ケヴィンは「トランスアメリカ」以来ず〜っと
心のどこかに引っかかっていたのですが、
久し振りに観れて良かったです〜♪
テレンスは、う〜ん、ちょっと違うんだ。
役者さんとしてはいいけど、タイプじゃないです(´▽`*)アハハ
でも、ひろちゃんジョニーファンだから多分、
タイプは近いと思いますヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
10. Posted by moriyuh   2008年05月20日 22:53
miyuさま

どうも、こんばんは。
TB&コメントありがとうございました。お返し遅くなりすみません。

>1つの作品を取り上げていても、感じる事はそれぞれ違うし、どうしてもそのディスカッションには自分の人生観が投影されるモノで、興味を抱く登場人物も人それぞれだけど、案外脇役にこそ作者の言わんとしている事を言わせている事とかもありますものね。


奥深いですね、人それぞれ感じるポイントは違うものだし、だからこそ、いろいろな人の考えや思いを聞いて、自分との差異をまた楽しむ〜。ある意味豊かな感性をもっていないとできないかもしれませんね。

脇役の存在は、ヒトの人生においては欠かせないものですし、改めて自分の存在を確認できるのかも?
11. Posted by miyu   2008年05月20日 23:21
>moriyuhさん
いえいえ、ありがとうございます。
そうなんですよね〜。
自分と意見が違うからこそ、
それらをちゃんと受け止める姿勢が必要なんですよね。
まぁ同じ気持ちになれるのもそれはそれで幸せな
気分になれますから、
どちらであっても吸収していきたいですけどね♪
12. Posted by オリーブリー   2008年05月21日 16:21
そうなんですよね〜映画のブログも読書会と同じ感覚です。
お顔が見えず、食べ物がないけど(笑)
自分では解からないことや、何となくモヤモヤ〜とした気持ちをきちんと言葉にされているブログを読むと嬉しくなっちゃうヽ(´▽`)ノワーイ♪

この映画は地味だけど、奥深くて素敵な物語です〜私もお気に入りです♪
久々のケヴィンも素敵でしたね(*^_^*)
13. Posted by miyu   2008年05月21日 16:43
>オリーブリーさん
そうなんですよね〜。
自分が思っていたことをちゃんと上手く書けてないのは
ちょっと落ち込みますけど、
それをちゃんと文章にされてる方の感想はとても嬉しくもありますよね。
14. Posted by Kaz.   2008年05月21日 17:00
「あるあるネタ」かぁ〜〜。
立て続けに新作3本アップですなぁ〜〜。(・ω・)bグッ

これはDVDになったら観る気でいてますがな!(・ω・)bグッ
15. Posted by miyu   2008年05月21日 17:07
>Kaz.さん
あ、オープニングだけですけどね。
本編はしっとりとしてますよ。
DVDで是非!
16. Posted by kazu   2008年05月29日 11:06
こんにちは〜!

TBありがとうございました。
見るつもりはなく見た映画でしたが、
得した気分です。
みんながハッピーになれて
こちらまでホットな気持ちになれました。






17. Posted by miyu   2008年05月29日 11:10
>kazuさん
案外そんなもんなのかもしれませんね。
何気なく行った映画がいいと嬉しくなりますよね〜。
18. Posted by sakurai   2008年07月10日 12:19
自己を表現できる、ブログって言うのは、ずいぶんカウンセリングになっているのかもしれませんね。ああいう状態に陥ったら、普通ならそくカウンセラーに行っちゃうのがアメリカ的なところを、自分たちでカウンセリングしちゃった・・という風に感じましたもん。
なので、きちんと答えてくれるmiyuさんは、素晴らしいカウンセラーでもあると。
ちょっと他人を思いやる、一息ついて冷静に考える・・・その辺が大事だとさりげなく教えていたような。
結婚20年目の私らには、ちょっと身につまされるものが・・・。
あとは、ヒュー・ダンシーが拾いモンでした。あ、また浮気性が・・・。
19. Posted by miyu   2008年07月10日 13:15
>sakuraiさん
おぉ〜カウンセリングですかぁ。
そうかもしれませんね。
あたしなんか、カウンセラーとはさすがにおこがましいですけど、
自分達でカウンセリングになってるんですかね。
ヒュー・ダンシー?
sakurai先生、「いつか眠りにつく前に」観てませんでしたっけ?
あっちの彼も良かったですよ♪
20. Posted by メル   2008年09月30日 21:19
確かに〜!
するどいわ、miyuさん♪
ほんと、ブログやってるって読書会みたいなもんですね〜。目からうろこ(^^;;)
ああでもない、こうでもない、おなじ作品を読んだり見たり、あるいは何かのトピックについて、ああでもないこうでもない、いろんな人の意見があって、いろんな見方があって
それを交換してるんですもんね〜。
彼らの事、羨ましいかも、って思ったけど
なんだ、私もちゃんと似たようなことやってたんだ〜、ってなんだかすごく嬉しくなりました♪
miyuさん、教えてくださってありがとう〜!!!^^
21. Posted by miyu   2008年09月30日 21:33
>メルさん
最初は自分の記録、メモ、備忘録でしかなかったブログですが、
こうやってメルさんやブロ友さんたちとコメなんかでやり取りをしたり、
トラバを送り合って相手の書かれた記事を読んだりしてると
この映画で描かれていたような読書会をしているような
気分になりません?( ´艸`)
だから、やめられないのですよね〜♪
22. Posted by アイマック   2008年10月01日 20:39
こんばんは!
群像劇は苦手なんだけど、女性たちに共感できたし、
脇の男性陣もよくて、楽しめました。
miyuさんもケヴィン・ゼガーズ目当てだったのね。笑
すっきりラストもよかったです。
確かにブログも読書会と似てますね。楽しいもんね。
23. Posted by miyu   2008年10月01日 20:46
>アイマックさん
あら〜群像劇は苦手でしたかぁ〜!(;・∀・)
でも、コレはまさにオースティン作品のように、
あるあるネタ&あるあるキャラでしたしね〜!
ケヴィンは渡しませんっ!ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
24. Posted by Aki.   2008年11月09日 02:22
こんばんは〜♪TB&コメント有難う御座いました♪
マリア・ベロ狙いで観ましたが実にワタクシの嗜好に合うお話でした(^^ゞ
何より、素敵な女性陣に囲まれてるグレッグの羨ましいことと言ったらw
あんな会に参加出来るならどんな本でも読むんですけど〜(^^ゞ

ではでは〜、これからもよろしくお願いします♪
25. Posted by miyu   2008年11月09日 08:54
>Aki.さん
あはは!そっか〜男性だったらそうかもね(*≧m≦*)ププッ
なんか針のムシロ?って感じもしたけど、
それもまた楽しいのかな?
26. Posted by 悠雅   2009年07月30日 20:26
是非観たいと思っていたのに、今頃ようやくWOWOWでだったけれど、観れて嬉しかったです〜

ホント、わたしも拙いなりに感想を書いて、
コメントをし合っていることって、読書会のようなものかな、と思ったんです。
でも、美味しいものを真ん中に置いて、
顔を見て、声を聞いて語り合えたらどれだけ嬉しいでしょうね。
でも、ブログがあったおかげで、信じられない数の方々と、文面ででも語り合える今の時代とツールに感謝もしてますけどね。

そうそう。オープニングの「あるあるネタ」、
人物たちを紹介しながら、自分の出来事とお話をリンクさせることの暗示のようでもあって、
導入としてとっても楽しく効果的でしたよね。
27. Posted by miyu   2009年07月30日 20:59
>悠雅さん
おぉ〜そうでしたかぁ。
うんうん、そうだよね。
実際に会ってリアルタイムで対話をするのは
コメントのやり取りだけでは得られない深い議論が
交わせるんだろうなぁ〜って思いますよね。
28. Posted by latifa   2010年11月11日 14:24
miyuさん、こんにちは!
>考えてみたらこうやって映画ブログをやってるのも、彼らの読書会としていることは同じなのかもしれません。

おおお〜〜!!!ホントだ、気がつかなかった。確かにそうだね。
自分一人で映画見て、暫く後に友達で偶然同じ映画見た人がいて、その人とワイワイ話す・・って程度だったのに、ブログやりはじめてから、色々な人の感想を読んだり、色々お話したり・・ってのが楽しくて、それで、ますます映画見るのが楽しくなってった・・・って感じだもの。

何か映画を見終わったら、必ずお友達ブロガーさんの感想はどうかな?って見に行くのも、また更に楽しくてね♪
29. Posted by miyu   2010年11月11日 23:26
>latifaさん
そうだよね^^
同じ映画を見た人が周囲にいたとしても
ブログほどいろんな人の意見をじっくりと
教えてもらうことって難しいものね♪
とりとめなくお話する楽しさとはまた違って
じっくりとってのもいいかな?
って思うよね^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『ジェイン・オースティンの読書会』  [ cinema!cinema!??ミーハー映画・DVDレビュー ]   2008年05月19日 20:18
よーく考えてみたら、4月になってこれが初めての劇場鑑賞作品です。 やっぱ3月のハイペースがたたったかw。 4月で一番観たい作品だった『ジェイン・オースティンの読書会』を観に、渋谷のBunkamuraル・シネマに行ってきました。 仕事が17時過ぎには終わってたんで、最終...
2. 「ジェイン・オースティンの読書会」  [ かいコ。の気ままに生活 ]   2008年05月19日 20:40
読書会のメンバー6人を描き込んだヒューマンドラマ。「ジェイン・オースティンの読書会」公式サイト伺ってるブロガーさま方の感想がよさそうだったのですごく観たくなって。なんだかハマりました〜観てよかったですージェイン・オースティンの6つの長編をひとり一作ずつ...
3. 「ジェイン・オースティンの読書会」   [ ハピネス道 ]   2008年05月19日 21:33
JUGEMテーマ:映画 観終わってから原作本が読んでみたくなるって、結構珍しい事かも。 今、アメリカでは“読書会”が空前のブームで ミドルクラスの女性の3人に1人が参加しているらしい…。 この本のことはそんな話題とともに新聞の書評欄などで目にしていました...
4. ジェイン・オースティンの読書会  [ to Heart ]   2008年05月19日 22:08
ワインとおしゃべり、時々 恋── それが女たちの読書会。 原題 THE JANE AUSTEN BOOK CLUB 製作年度 2007年 上映時間 105分 原作 カレン・ジョイ・ファウラー 『ジェイン・オースティンの読書会』(白水社刊) 監督 ロビン・スウィコード 音楽 アーロン・ジグマン 出演 ...
5. ジェイン・オースティンの読書会/キャシー・ベイカー  [ カノンな日々 ]   2008年05月19日 22:54
以前に観た映画でも読書会の場面があったけど、アメリカでは読書会なるものがブームなんだとか。この映画では「高慢と偏見」などの小説で知られるジェイン・オースティン作品を題材にして個性的な女性たちの再生の姿を描いていきます。 出演はその他に、マリア・ベロ、エ....
6. ジェイン・オースティンの読書会  [ Big Screen ]   2008年05月19日 23:33
○ジェイン・オースティンの読書会/THE JANE AUSTEN BOOK CLUB ○2007アメリカ/105min/ドラマ・ロマンス・コメディ ○公開2008.04.12/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント イントロダクション(HPより) なぜ、女たちは読書会を開くのか? きっかけは、一匹...
7. ジェイン・オースティンの読書会 (2007・アメリカ)  [ 白ブタさん ]   2008年05月20日 00:12
タイトルどおり、”ジェイン・オースティンの読書会” な映画でした{%新芽webry%} Yahoo! の映画レビューはなかなかの高評価{%ハート1webry%}
8. 「ジェイン・オースティンの読書会」  [ ヨーロッパ映画を観よう! ]   2008年05月20日 00:51
「The Jane Austen Book Club」2007 USA アメリカの女性の間で流行っているという“読書会”。ジェイン・オースティンの6冊の本をテーマにした“読書会”で語り合う女性たちの素敵な群像劇。 読書会の5人の女性に「コールド・マウンテン/2003」「美しい人/2005」のキャ...
9. ジェイン・オースティンの読書会  [ シャーロットの涙 ]   2008年05月20日 09:39
人生を本と共に・・・
10. ジェイン・オースティンの読書会(映画館)  [ ひるめし。 ]   2008年05月20日 10:48
ワインとおしゃべり、時々恋――― それが女たちの読書会。
11. ★ジェイン・オースティンの読書会(2007)★  [ CinemaCollection ]   2008年05月20日 16:48
THEJANEAUSTENBOOKCLUBワインとおしゃべり、時々恋──それが女たちの読書会。 映時間105分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2008/04/12ジャンルドラマ/ロマンス/コメディ【解説】全米の女性たちの間で一大ブームとな...
12. ジェイン・オースティンの読書会 を観ました。  [ My Favorite Things ]   2008年05月20日 22:44
観たい作品はすべて時間が合わず、でもステキな作品に出会いました。
13. ジェイン・オースティンの読書会  [ 心のままに映画の風景 ]   2008年05月21日 09:24
最愛の犬を亡くしたブリーダーのジョスリン(マリア・ベロ)を元気づけるため、 バーナデット(キャシー・ベイカー)は “人生の解毒剤”??.
14. 61●ジェイン・オースティンの読書会  [ レザボアCATs ]   2008年05月21日 12:20
『高慢と偏見』(『自負と偏見』というタイトルのものもある)の大好きな私にとって、ジェイン・オースティンは、大好きで、尊敬してやまない、イギリス最高の女流作家。
15. ジェイン・オースティンの読書会  [ Memoirs_of_dai ]   2008年05月23日 04:54
ジェイン・オースティンを知ってるかい? 【Story】 最愛の犬を亡くしたブリーダーのジョスリン(マリア・ベロ)を元気づけるために、親友??.
16. ジェイン・オースティンの読書会 62点(100点満点中)  [ (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) ]   2008年05月24日 20:10
トップブリーダーも愛読! 公式サイト 18世紀末から19世紀初頭にかけて、イギリスの女流作家ジェイン・オースティンが発表した六本の長編小説をお題とした、カレン・ジョイ・ファウラーによる小説を映画化。 ジェイン・オースティンの作品について登場人物が語り合う....
17. ジェイン・オースティンの読書会  [ スワロが映画を見た ]   2008年05月24日 22:32
原題:THE JANE AUSTEN BOOK CLUB 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:105分 監督:ロビン・スウィコード 原作:カレン・ジョイ・ファウ??.
18. ジェイン・オースティンの読書会 ヤクルトホール 2008.4.2  [ ◆JOY◆ ??映画鑑賞日記???? ]   2008年05月29日 01:22
あらすじ:人生は思うようにいかない。エネルギッシュで魅力的なのに恋ができなかったり、幸せだったはずの結婚生活が突然崩壊したり、新婚なのに高校生に心惹かれて しまったり…。そんな悩みを抱える、年齢も好みも様々な6人が、ジェイン・オースティンの読書会を始める。...
19. ジェイン・オースティンの読書会  [ 花ごよみ ]   2008年05月29日 10:57
梅田スカイビルにある、 梅田ガーデンシネマで上映されている 「アフタースクール」を、 見るつもりだったんですが 満員で立ち見しかなく、諦めました。 そのまま引き返すのも口惜しいので、 同じビルの階下にある、 シネ・リーブル梅田で、 「ジェイン・オースティンの読書...
20. ジェイン・オースティンの読書会  [  Art- Mill  あーとみる ]   2008年05月30日 22:11
ジェイン・オースティンの読書会HP http://www.sonypictures.jp/movies/janeaustenbookclub/index.html 僕はジェイン・オースティンの作品を読んだことはありません。たぶん、小説作品のタイトル、
21. ★★★ 『ジェイン・オースティンの読書会』  [ 映画の感想文日記 ]   2008年06月05日 23:19
2007年。アメリカ。"THE JANE AUSTEN BOOK CLUB". ロビン・スウィコード監督。  アメリカでブームになっているという読書会を舞台にした群像劇。  この原作を、故ロバート・アルトマンか、あるいは『マグノリア』の頃のポール・トマス・アンダ...
22. 【ジェイン・オースティンの読書会】  [ 日々のつぶやき ]   2008年06月06日 12:37
監督:ロビン・スウィコード 出演:キャシー・ベイカー、マリア・ベロ、エミリー・ブラント、エイミー・ブレネマン、ヒュー・ダンシー 「女性五人、男性一人で始めることになったジェイン・オースティンについての作品を語る読書会。 夫の不倫が原因で離婚したばかり
23. THE JANE AUSTEN BOOK CLUB (ジェイン・オースティンの読書会)  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年06月11日 00:18
  女5人の中に男1人・・・・。もてもてやないの〜ヒュー・ダンシー 集まりました。さあ読書会が始まりますよ   ジェイン・オースティンという作家の存在を知りませんでした実は私、読書家ではありません。そこへきて、最近ほんまにを読まなくなった。集中力が...
24. ジェイン・オースティンの読書会  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2008年06月13日 00:09
6回の結婚歴があるバーナデット、ブリーダーで独身を貫くジョスリン、突然別に好きな女性ができたからと離婚を切り出されるシルヴィア、その娘で情熱的なレズビアンのアレグラ、高校のフランス語教師プルーディが、読書会を開くことになりました。取り上げるのは、彼女たちの...
25. ジェイン・オースティンの読書会  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年06月21日 22:18
3 恋愛、結婚、友情・・・それぞれの事情を抱えた女たちが、開いた読書会。 ジェイン・オースティンを通して向きあう人生の、思わぬ顛末とは__? 物語:舞台は、カリフォルニア。バーナデット(キャシー・ベイカー)は離婚歴6回。「ジェイン・オースティンは人生の最大の...
26. ジェイン・オースティンの読書会  [ eclipse的な独り言 ]   2008年06月25日 05:27
サントムーンの二本目です。地味ですがいい映画でした。(6月22日 清水町 サント
27. ジェイン・オースティンの読書会  [ 迷宮映画館 ]   2008年07月10日 12:14
うまくいき過ぎの感が無きにしも非ずだが、どうでしょう・・?
28. 『ジェイン・オースティンの読書会』@ギンレイホール  [ たーくん'sシネマカフェ ]   2008年08月29日 16:39
ギンレイホール。続いて2本目。「ジェイン・オースティンの読書会」原題:THEJANEAUSTENBOOKCLUB監督・脚本:ロビン・スウィコード出演:キャシー・ベイカー、マリア・ベロ、エミリー・ブラント、エイミー・ブレネマン、    ヒュー・ダンシー、マギー・グレイス、リ...
29. 「ジェイン・オースティンの読書会」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2008年09月30日 21:00
離婚歴6回を誇るバーナデット(キャシー・ベイカー)は、愛犬を亡くして落ち込む友人、ジョスリン (マリア・ペロ)を励まそうと、ジェイン・オースティンの読書会を思いつく。別の親友シルヴィア(エイミー・ ブレネマン)も、ちょうど夫から“他に好きな人ができた”と告...
30. ジェイン・オースティンの読書会  [ 小部屋日記 ]   2008年10月01日 20:10
The Jane Austen Book Club(2008/アメリカ)【DVD】 監督・脚本: ロビン・スウィコード 出演:キャシー・ベイカー/マリア・ベロ/マーク・ブルカス/エミリー・ブラント/エイミー・ブレネマン/ヒュー・ダンシー/ケヴィン・ゼガーズ ワインとおしゃべり、時々恋ー ...
31. ジェイン・オースティンの読書会  [ ぷち てんてん ]   2008年10月09日 19:51
秋ですねえ〜^^)金木犀の香りが漂ってますね。こんな時はロマンスでしょうか♪☆ジェイン・オースティンの読書会☆(2007)ロビン・スウィンコード監督キャシー・ベイカーマリア・ベロエミリー・ブラントエイミー・ブレネマンヒュー・ダンシーストーリー離婚歴6回の女...
32. ★★★☆「ジェイン・オースティンの読書会」キャシー・ベイカー...  [ こぶたのベイブウ映画日記 ]   2008年10月13日 10:13
いろんな女性が出てくるのですが「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラント、女教師が存在感あって良かった。「もしジェイン・オースティンだったらどうする?」若い男と浮気するのを思い留まるシーンが印象的でした。20代のころ、私も「宇野千代さんだったらどうする?」...
33. ジェイン・オースティンの読書会★★★☆+劇場30本目:読書会っ...  [ kaoritalyたる所以 ]   2008年10月13日 11:36
5/19は、lunaticさんとランチをご一緒した後、渋谷のBunkamuraに向かって美術展を見ようと思ったのですが、観たいと思っていた表題の映画の上映時間前に遭遇したので、ル・シネマで見てきました。ランチの様子は下のほうに書きましたが、まずは映画のレビューから。今...
34. ジェイン・オースティンの読書会  [ ぶっちゃけ…独り言? ]   2008年11月09日 02:12
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) いや〜〜〜、もったいないなぁ〜〜。 て、決して面白くなかったわけじゃないんですけどね。 ワタクシ的には結構好きなタイプのお話でしたし、楽しめるポイントもたっぷり でしたから。 ただ・・・ これはぶ...
『高慢と偏見』などの小説で知られるジェイン・オースティンの作品に、読書会のメンバー6人の人生を描き込んだヒューマンドラマ。全米ベストセラーとなった小説を基に、『SAYURI』の脚本家ロビン・スウィコードが初メガホンを取った。『プラダを着た悪魔』のエミリー・ブラン...
36. ジェイン・オースティンの読書会  [ naguCo.com ]   2008年12月15日 14:37
大人の映画だったー。 後悔せんように 生きていかなあかんということだね。。 理性と情熱の狭間において 自分は何を一番大切にしたいのか って感じ? 老いも若きも燻吟な女優揃いでとてもよかったわ。 欧米では この『読書会』 なるもんが流行っているよ...
37. 『ジェイン・オースティンの読書会』(2007)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2009年01月06日 21:21
離婚歴6回のバーナデットは、愛犬の死に落ち込むジョスリンを元気付けるために、オースティンの読書会を思いついた。 メンバーは他にジョスリンの高校時代からの友人で、20年以上連れ添った夫から突然別れ話を切り出されたシルヴィア、シルヴィアの娘で恋多き同性愛者の...
38. ジェイン・オースティンの読書会  [ あず沙の映画レビュー・ノート ]   2009年02月01日 13:18
2007 アメリカ 洋画 ドラマ ラブロマンス 作品のイメージ:ほのぼの、おしゃれ、ためになる 出演:キャシー・ベイカー、マリア・ベロ、エミリー・ブラント、エイミー・ブレネマン ジェイン・オースティンのファンの方におススメというか、それも熱烈な ファンの方にお...
39. 『ジェイン・オースティンの読書会』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2009年07月09日 22:38
『ジェイン・オースティンの読書会』を観ました『高慢と偏見』などの小説で知られるジェイン・オースティンの作品に、読書会のメンバー6人の人生を描き込んだヒューマンドラマです>>『ジェイン・オースティンの読書会』関連原題: THEJANEAUSTENBOOKCLUBジャンル: ドラ...
40. ジェイン・オースティンの読書会  [ 悠雅的生活 ]   2009年07月30日 20:28
読書会に集まる6人。それぞれの、ジェイン・オースティン。
41. ジェイン・オースティンの読書会 The Jane Austen Book Club  [ 映画!That' s Entertainment ]   2009年08月13日 23:17
●「ジェイン・オースティンの読書会 The Jane Austen Book Club」 2007 アメリカ Mockingbird Pictures,John Calley Productions,106min. 監督:ロビン・スウィコード 原作:カレン・ジョイ・ファウラー「ジェイン・オースティンの読書会」 出演:キャシー・ベイカー...
42. ジェイン・オースティンの読書会  [ ここにあるもの ]   2009年10月27日 12:04
もと体育の日。だからってアタシにとってはスポーツの秋じゃなくて、読書の秋? クリーニング屋さんと花屋さんとしか会話しなかったなぁ、今日は。 時にそれでも良いではないか。もと体育の日、自由にのんびりできた。 夕食も簡単にすませて、録りためていたDVDでも観ようか...
43. 「恋する宇宙」「ジェイン・オースティンの読書会」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2010年11月13日 21:12
アスペルガー症候群の男性と、同じアパートに引っ越して来た女性のお話。