2008年05月22日

コーヒー&シガレッツ

コーヒー&シガレッツ
 『コーヒーを一杯
 タバコを一服
 会話を楽しむ
 人生を楽しむ


 コチラの「コーヒー&シガレッツ」は、「ブロークン・フラワーズ」のジム・ジャームッシュ監督が10年以上にわたって抽出したドリップ短編集です。

 全部で11編のエピソードからなるのですが、いずれもどこかのカフェでコーヒーを飲み、タバコを吸いながらとりとめもない会話を繰り広げるというモノ。9編目の「いとこ同士?」と10編目の「幻覚」では紅茶を飲んではいるのですが、「幻覚」ではウェイターのビル・マーレーがサーバーでコーヒーをガブ飲みしちゃってます。

 ビル・マーレーはまんまビル・マーレーの役なのですが、他のキャストも皆自分の名前で、ほぼ自分の役。7編目の「いとこ同士」のケイト・ブランシェットのみ1人2役なので、ケイトとシェリーという2つの役名が与えられてはいるのですが、豪華なキャストが自分の役を演じているってのもなかなか面白いですよね〜。

 そして、その殆どが1対1の2人っきりの会話劇で、まぁ例外的にもう1人ウェイターだったり、息子だったり、ファンだったりが入ってきて、3人になることはあるのですが、そのごく少人数のビミョーに噛み合わない会話が何とも言えない可笑しさを醸しだしています。

 会話の内容も本当にとりとめのない、ど〜ってことのない会話が殆どなのですが、1つ1つのエピソードはとても短くって、テンポのある短編なので、飽きることなく楽しめてしまいます。それに、全てのエピソードがモノクロで、キャストもなかなか渋い豪華なキャストで、「コーヒー&シガレッツ」に相応しい、これぞ大人のショート・コメディって感じなんですね〜。

 個人的にお気に入りだったのはアルフレッド・モリナとスティーヴ・クーガンの「いとこ同士?」です。アメリカにやって来たイギリスの俳優スティーヴに連絡を取る、アメリカに住んで7年になるやはりイギリス人俳優のアルフレッドが「会いたい」と連絡を入れ、会う事になった2人。そこで、アルフレッドはスティーヴにある事実を告げるのです。

 この2人のイギリス人俳優の会話の間、表情、いずれも絶妙の演技で、やっぱりシェイクスピアのお国、こういった会話劇という形式を取った舞台風のシチュエーションでは光るなぁ〜という印象を受けました。それ以外のエピソードも、味わい深い作品が揃ってますよ〜♪

 公式サイトはコチラ

◆ title: COFFEE AND CIGARETTES(2003/アメリカ)
◆ date: 2008.05.17
◆ director: Jim Jarmusch
◇ Strange to Meet You
◆ performer: Roberto Benigni/Steven Wright
◇ Twins
◆ performer: Joie Lee/Cinqué Lee/Steve Buscemi
◇ Somewhere in California
◆ performer: Iggy Pop/Tom Waits
◇ Those Things'll Kill Ya
◆ performer: Joseph Rigano/Vinny Vella/Vinny Vella Jr.
◇ Renée
◆ performer: Renee French/E.J. Rodriguez
◇ No Problem
◆ performer: Alex Descas/Isaach De Bankolé
◇ Cousins
◆ performer: Cate Blanchett/Michael Hogan
◇ Jack Shows Meg His Tesla Coil
◆ performer: Meg White/Jack White
◇ Cousins?
◆ performer: Alfred Molina/Steve Coogan/Katy Hansz
◇ Delirium
◆ performer: GZA/RZA/Bill Murray
◇ Champagne
◆ performer: William Rice/Taylor Mead

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG     

この記事へのコメント

1. Posted by メル   2008年05月22日 21:19
TBどうもありがとうございました〜

私も「いとこ同士?」がかなり気に入りました♪^^可笑しかったですよね〜。
シンプルなシチュエーションが白黒にばっちり似合ってましたよね。
テーブルもほとんどがチェック柄で、モノクロの良さが出てましたし。
こうやって思い出そうとすると、かなり忘れてるなぁ、やばいなぁ、と思いつつ必死で思い出してこのくらいです(笑)

体調、その後いかがですか?
無理なさらないようになさってくださいね〜。
2. Posted by miyu   2008年05月22日 21:25
>メルさん
体調だいぶ良くなりました。
昨夜早く寝ましたし、今日はほとんど寝てましたからね。
お気遣いありがとう。
本作は、強烈な印象を残すタイプじゃないから、
記憶にはあんまり残らないかもしれませんね。
でも、そこがまた良かったりするって感じがしますよね。
3. Posted by 苗坊   2008年05月22日 21:36
こんばんわ。
TBありがとうございました。
シュールですよね〜。
味のある作品って言う印象が強いです。
でも、入り込めなかった記憶があります。
私がまだ若造だったんですね、きっと・・・^^;
もう1回見直したいですね。
4. Posted by miyu   2008年05月22日 21:40
>苗坊さん
まったり系ですからね〜。
その時の気分や年代によっても感じ方は違うかもしれませんね。
シュールな笑いが好きだとまた楽しめるんでしょうね。
あたしは結構楽しめましたけどね〜。
5. Posted by Kaz.   2008年05月22日 22:21
早くも復活かいな!?
身体はだいじょーぶかァ〜〜〜?(-o-;
無理はしないようにねぇ〜〜。

あはは、「抽出したドリップ短編集」って巧いこと言うなぁ〜。
まさにそんな感じだもんね。(・ω・)bグッ

う〜ん、自分はイギー・ポップとトム・ウェイツのオフ・ビートさがお気に入りかな〜〜。(・ω・)bグッ
6. Posted by miyu   2008年05月22日 23:03
>Kaz.さん
あはは、復活しちゃいました。
でも、だいぶいいですよ〜。
まぁムリしない程度にやっていきます。

観ていてなんかドリップ感を感じたんですよね〜。
でも、味わいとしてはドリップした上質な香り漂う感じよりも
ファミレスとかの?おかわりしまくった出がらしみたいな味わいではありますよね〜。
うんうん、イギー・ポップとトム・ウェイツのも
面白かったです〜♪
7. Posted by rose_chocolat   2008年05月23日 08:14
ずいぶん昔に、やっぱり見逃してDVDで観ました。今考えるとかなり豪華キャストですね。

コーヒーにミルクを入れて色が微妙に変わるのなんかが面白かったです。白黒ならではの場面ですね。
8. Posted by miyu   2008年05月23日 09:29
>rose_chocolatさん
そうですね!かなり豪華なキャストですよね〜。
それだけでも楽しめるのですが、おっしゃるように
そういった白黒ならではの面白味を感じさせたり
なかなかオシャレ感もあって良かったですよね〜。
9. Posted by ミチ   2008年05月23日 21:16
こんばんは♪
もう随分良くなられましたか?

この映画はかなり以前に見たのですが、自分の感想を見てみたら★5つの満点で、自分でも今更ながらビックリです。
自分がコーヒー好きっていうこともあり、オシャレな映像とキャストに惚れ惚れした記憶があります。
10. Posted by miyu   2008年05月23日 21:30
>ミチさん
はい、もうだいぶいいですよ〜。
ご心配をおかけしてすみませんでした。
にゃはは、満点ですかぁ〜。
でも、コレいい映画でしたよ。
あまり印象強くは残らないタイプの映画だろうけど、
映像は確かにオシャレだし、キャストも良かったですものね。
11. Posted by kimion20002000   2008年05月24日 00:11
TBありがとう。
俳優さんたちが絶品ですね。
みなさん、愉しんで演じているし、監督との独特の間合いが感じられますね。
12. Posted by miyu   2008年05月24日 00:23
>kimion2000200さん
そうですね〜。
豪華なキャスト陣それぞれが楽しんでる感じが
ありますものね〜。
至極のという形容に相応しい映画でしたね。
13. Posted by たお   2008年06月07日 01:58
こんばんは♪
TBありがとうございます!
もともと絶妙な間と会話の妙でコメディセンスが輝いていたジャームッシュだけに、非常に楽しい短編集でしたねぇ。コーヒーも煙草も手放せない私にとって、珠玉の逸品でした^^
14. Posted by miyu   2008年06月07日 09:09
>たおさん
こちらこそありがとうございます〜。
本当楽しめる映画でしたよね〜。
観ているとコーヒーやタバコが欲しくなっちゃいますよね〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「コーヒー&シガレッツ」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2008年05月22日 21:14
コーヒー & シガレッツ (初回限定生産スペシャル・パッケージ版)角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る ジム・ジャームッシュ監督が“コーヒー”と“タバコ”をめぐる 11のエピソードを綴った短編集で もともと1986年にアメリカの テレビ番組「サタデー・ナイ...
2. コーヒー&シガレッツ  [ 悠雅的生活 ]   2008年05月22日 21:31
コーヒーと煙草のある風景
3. コーヒー&シガレッツ  [ 苗坊の読書日記 ]   2008年05月22日 21:33
3 コーヒー&シガレッツ 本作のプロジェクトはもともと86年に人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』のため、ロベルト・ベニーニとスティーヴン・ライトを起用して撮り上げた一編「コーヒー&シガレッツ/変な出会い」が始まり。 89年にはジョイ・リー、サンキ・...
4. コーヒー&シガレッツ  [ Kaz.Log ]   2008年05月22日 22:13
               劇場公開で見逃した映画だけど、早くもDVDが出てくれてラッキー。 ジム・ジャームッシュ監督が10年以上に渮..
5. コーヒー&シガレッツ  [ Kaz.Log ☞ Loft Cinema ]   2008年05月22日 22:22
まぁ、禁煙初日にこんな映画の紹介も何ですが・・・この映画、劇場公開時に見逃した映画だったんですよね。 ご存知、インディペンデントの有名監督'''ジム・ジャームッシュ'''が、{{{コーヒーとタバコ}}}をめぐる11本のエピーソードを綴...
6. コーヒー&シガレッツ  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2008年05月22日 22:50
5 コーヒー&シガレッツ◆プチレビュー◆まさに“おしゃれな映画”と形容したい。11編の中では「カリフォルニアのどこかで」と「いとこ同士」がお気に入り。 11本のオムニバス作品の共通のテーマは、タバコとコーヒー(時には紅茶)とさりげないおしゃべり。どこか居心...
7. 「コーヒー&シガレッツ」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2008年05月22日 22:52
2006年1本目のDVD鑑賞作品。 ちなみに、ひらりんはプチ・コーヒーマニアなのですよ。 知らない産地のコーヒー豆を買って来ては、チョビチョビ飲んでます。
8. コーヒー&シガレッツ  [ ネタバレ映画館 ]   2008年05月22日 23:13
 アルフレッド・モリナ・・・ますます好きになってしまった。
9. コーヒー・アンド・シガレッツ  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2008年05月22日 23:36
題名の通り、コーヒーを飲み、タバコを吸いながら(一部では、紅茶だったり、タバコはなかったりしますが...)、テーブルを囲む数人が話をしている11種類の場面で構成される短編集。 ? 話としては、特別ドラマ性のあるものではなく、どこにでもありそうなありふれた日常...
10. 嗚呼、タバコが吸いたい〜『コーヒー&シガレッツ』  [ 真紅のthinkingdays ]   2008年05月22日 23:43
『ブロークン・フラワーズ』に行けなかった腹いせ第二弾、『コーヒー&シガレッツ』。 珈琲と煙草、私の人生の枠外にあるもの。珈琲は何故か...
11. 「コーヒー&シガレッツ」  Coffee and Cigarettes  [ 俺の明日はどっちだ ]   2008年05月22日 23:46
きっかけは1986年「ダウン・バイ・ロー」の撮影を終えたジム・ジャームッシュが、ロベルト・ベニーニの素晴らしさに感激して即興的にニューヨークで撮影した ---- コーヒーを飲み、煙草を吸う2人の男(ベニーニとスティーヴン・ライト)のコミカルなやりとりを描いた ---- ...
12. 『コーヒー&シガレッツ』  [ Rabiovsky計画 ]   2008年05月23日 00:50
『コーヒー&シガレッツ』公式サイト 監督:ジム・ジャームッシュ 出演: ロベルト・ベニーニ、スティーブン・ライト、ジョイ・リー    サンキ・リー、スティーブ・ブシェミ、イギー・ポップ    トム・ウェイツ、ジョー・リガーノ 2003年/アメリカ/97....
13. ジム・ジャームッシュ「コーヒー&シガレッツ」  [ Mani_Mani ]   2008年05月23日 01:15
コーヒー&シガレッツ角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 2003アメリカ 監督・脚本:ジム・ジャームッシュ 出演:ロベルト・ベニーニ、スティーヴン・ライト    ジョイ・リー、サンキ・リー    スティーヴ・ブシェミ、イギー・ポップ 、トム・ウ...
14. 【DVD鑑賞】 『COFFEEANDCIGARETTS』(2003)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   2008年05月23日 08:12
ちょっとお休みしている間に、映画&読書レビューが、たまっております。去年?おととし?見逃した、ジム・ジャームッシュ監督の『コーヒー&シガレッツ』、やっと借りる気になりました(笑やっと観ました(笑************************『COFFEEAN...
15. コーヒー&シガレッツ  [ しーの映画たわごと ]   2008年05月23日 08:53
いやぁー、よくわかる映画だわ。コーヒーもタバコも両方やる人じゃなきゃこの映画はダメでしょう。いや語っちゃダメでしょう。だって、雰囲気映画だから。これが伝わるのは、あの独特のリラックスを経験したことのある人じゃなきゃ伝わりきれないって。
16. コーヒー&シガレッツ  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2008年05月23日 13:52
モーテルで待っているというイギー・ポップの奥さんは日本人。 コーヒー&シガレッツ【廉価2500円版】posted with amazlet on 08.02.27アスミック (2007/03/...
17. コーヒー&シガレッツ(DVD)  [ ひるめし。 ]   2008年05月23日 14:57
ゆっくりと時間が流れる
18. 映画「コーヒー&シガレッツ」  [ ミチの雑記帳 ]   2008年05月23日 21:14
映画「コーヒー&シガレッツ」 ★★★★★ なんてお洒落で楽しい映画なんだろう! オダギリジョーがリスペクトするジム・ジャームッシュ監督作品ということを除外しても、とても良い作品に巡り会えたような気がする。 コーヒーとタバコにまつわる11のストーリー。 ほと...
19. mini review 05075「コーヒー&シガレッツ」★★★★★★★★☆☆  [ サーカスな日々 ]   2008年05月24日 00:08
『ミステリー・トレイン』『デッドマン』のジム・ジャームッシュ監督が18年に渡って撮りためたコーヒーとタバコをテーマにした短編映画集。11本のショート・フィルムに登場するのは、ケイト・ブランシェット、ビル・マーレイ、スティーブ・ブシェミ、ロベルト・ベニーニなど...
20. 「コーヒー&シガレッツ」  [ キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜 ]   2008年05月24日 04:30
“お洒落”とはこういうこと。 まさに“Good taste”(旨い、趣味がいい)な映画。 チェッカー模様のテーブルとコーヒーとタバコ、という共通項を除けば何の関連もないような短い話が11本。 ところが見続けるうちに、どっかで聞いた台詞やらシチュエーションが出てきて、最...
21. 「コーヒー&シガレッツ」  [ the borderland  ]   2008年05月24日 09:34
コーヒー飲まない、タバコも吸わない私には縁のない映画かと思っていたけど、有名人がたくさんでるらしいと聞いたので見に行ってきました、メンズディ1000円というのもあったけど(^^; 思わぬ人が本人役で出てきましたよ。 11本の短編からなるこの映画、どの作...
22. 18.コーヒー&シガレッツ  [ レザボアCATs ]   2008年05月24日 22:10
 チェス柄(→日本で言えば市松模様・笑)のテーブルクロスに、陶器の白、とコーヒーの茶色。モノクロ映像で映した上からのショットが楽しい、オムニバス作品。
23. コーヒー&シガレッツ  [ future world ]   2008年05月24日 23:18
監督があのジョニー・デップ主演の「デッド・マン」を手がけたジム・ジャームッシュ、出演がケイト・ブランシェット、ビル・マーレイ、イギー・ポップ、スティーブ・ブシェミ・・・そしてモノクロの短編集ということで早々とチェック済み。 11本の物語〜〜どこにでもあり....
24. コーヒー&シガレッツ  [ シェイクで乾杯! ]   2008年05月25日 22:41
3 ジム・ジャームッシュ監督が、1986年から18年に渡って撮り貯めた11本のモノクロ短編集。 だらだらと続く、どうでもいい会話とけだるい音楽。
25. コーヒー&シガレッツ  [ シネマ日記 ]   2008年05月27日 13:38
「コーヒー&シガレッツ」ね。本当に最高の組み合わせ。ワタクシは2年ほど前にタバコはやめちゃって、さすがにやっぱ体には悪いよなーとは思ってるんだけど、やめた今でもやっぱり自分では吸わないけど“タバコ”っていうもの自体は好きだし、よっぽどマナーの悪い吸われ方...
26. 『コーヒー&シガレッツ』を観たよ。  [ 【待宵夜話】++徒然夢想++ ]   2008年05月30日 21:47
「可笑しい」と、漢字で表記したくなる。なんとなく。 『コーヒー&シガレッツ』 原題:"COFFEE AND CIGARETTES" 参考:コーヒー&シガレッツ コ??.
27. 『コーヒー&シガレッツ』 会話とコーヒーそして。  [ キマグレなヒトリゴト ]   2008年06月01日 14:34
東京じゃあとっくに終わっているこの映画、先月ようやく上陸です。 遅い。 ジム・ジャームッシュはとても好きな監督ですがたった一つだけ 難点があります。今回もそれのおかげでちょっと躊躇しちゃった んですけど…それは ロベルト・ベニーニ。 私は彼がどうしても苦手な...
28. 「コーヒー&シガレッツ」 無駄な時間、その快楽  [ はらやんの映画徒然草 ]   2009年01月07日 21:25
僕はタバコは吸わないけれど、コーヒーは飲む。 それもかなり多く。 一日に5〜6杯
29. レンタル3本  [ Akira's VOICE ]   2009年04月23日 10:55
「最後の恋のはじめ方」 「コーヒー&シガレッツ」 「マシニスト」 
30. 映画「コーヒー&シガレッツ」  [ <花>の本と映画の感想 ]   2009年09月19日 21:18
コーヒー&シガレッツ 監督 ジム・ジャームッシュ 出演   ロベルト・ベニーニ+スティーヴン・ライト      ジョイ・リー+サンキ・リー+スティーヴ・ブシェミ      イギー・ポップ+トム・ウェイツ      ジョー・リガーノ+ヴィニー・ヴェラ+ヴィ...