2008年09月28日

イントゥ・ザ・ワイルド

イントゥ・ザ・ワイルド
 『そして僕は歩いて行く
 まだ見ぬ自分と出会うために


 コチラの「イントゥ・ザ・ワイルド」は、裕福な家庭に育った優等生の若者が全てを捨て去り、”ジブンをぶっこわす旅”の末、過酷なアラスカの荒野で1992年夏に遺体で発見された実在の人物クリス・マッカンドレスの旅に迫ったジョン・クラカワーのノンフィクション「荒野へ」をショーン・ペンが映画化した9/6公開の青春ロード・ムービーなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪

 偽りだらけの家族、マテリアリズムな社会、全てを捨て、己の体1つで大自然に立ち向かうことで、生きている実感を得ようとしたクリス(エミール・ハーシュ)。確かに、彼は若かったのかもしれない。無鉄砲だったのかもしれない。頭でっかちだったのかもしれない。でも、本当の空腹も喉の渇きも知らないあたしなんかから見たら、彼の求めるモノが何となく分かるような気がするんですよね。いや、多分分かったような気になっているだけ。分かりたいと思っているだけなのかもしれない。

 主演のエミール・ハーシュ!やっぱりステキだったなぁ〜(ノ´∀`*) 「ロード・オブ・ドッグタウン」、「スピード・レーサー」、「アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン」と見てきたけど、どこか知性を感じさせるワイルドさという彼の魅力を最大限に引き出してくれる役柄でした!

 後半、痛々しいまでに痩せ細ってしまうのですが、元々ぽっちゃり気味?顔がちょい大きいのかな?まぁ背がちょっと低めだからねぇ〜(;・∀・) あっ、でも好きなんですよ!( ´艸`) そんなエミールだから、むしろ精悍さが増して、よりワイルドでステキに見えちゃいました!ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ 痩せてる方がかっちょいいよ〜!

 アラスカを目指す旅の途中で出会う人々との交流から、クリスはそれまでの人生で築けなかった大切な絆を知るコトになります。ヒッピーのカップルのレイニー(ブライアン・ディアカー)とジャン(キャサリン・キーナー)とは、本当の両親のウォルト(ウィリアム・ハート)とビリー(マーシャ・ベイ・ハーデン)と話せなかったコト、許せなかったコト、出来なかったコトをする。彼らとしたように両親と接することが出来たなら、両親もクリスとちゃんと向き合っていたら、そう思わずにはいられませんでした。

 トレイシー(クリステン・スチュワート)は、唯一心を許していた妹のカリーン(ジェナ・マローン)を彷彿とさせます。トレイシーとは互いに惹かれ合いながらも、同じ思いを抱え育ってきた妹を大事に思いながらも、彼を駆り立てるアラスカの荒野への思い。そして、人生の様々な事を教えてくれたウェイン(ヴィンス・ボーン)やロン(ハル・ホルブルック)らとの友情。1人で思い悩むタイプのクリスとたくさんの事を語り、内に秘めるのではなく、それを発散させてくれる兄や祖父のような存在。

 人生において本当に大切なモノ、大切な人達との絆。実際の強さよりも強いと感じる心と、唯一の頼りの頭と手、そしてアラスカの大地を踏みしめる足。人生は旅によく例えられますが、クリスの旅はまさしくそれまでの人生を補い、修復するような旅だったのですね。最後に残した言葉、最後に記した名前、最後に見つけた幸せ、そして最後に流れるパール・ジャムのエディ・ヴェダーの主題歌も良かったです。ショーン・ペン監督自ら、10年越しでクリスの両親を説得しての映画化だけに、その熱い想いが注ぎ込まれた作品。見応えも深みもある作品に仕上がっていました。

 公式サイトはコチラ

◆ title: INTO THE WILD(2007/アメリカ)
◆ date: 2008.09.28
◆ director: Sean Penn
◆ performer: Emile Hirsch/Marcia Gay Harden/William Hurt/Jena Malone/Catherine Keener/Vince Vaughn/Kristen Stewart/Hal Holbrook/Brian H. Dierker/Zach Galifianakis

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG     

この記事へのコメント

1. Posted by にゃむばなな   2008年09月28日 18:29
この映画を見て、なんか久しぶりに昔の仲間に会いたくなりました。
他人なんですけど、一緒にいると家族のように思える大切な人をより大事に思いたくなる、そんな映画でしたよ。
2. Posted by ひろちゃん   2008年09月28日 18:30
miyuさんからTBがあって?あれっ?っと
思ったら・・・miyuさん、まだご覧になって
なかったんですね(^^ゞお好きな(笑)
エミール君の主演なので、とっくに
ご覧になっていたように思っちゃった
みたいです(^_^;)

エミール君は、スピード〜より、こちらのほうが、断然素敵で良かったです^^
でも、体重18キロ減はつらかったでしょうね(^^ゞでも、そのかいあってリアリティが
ありましたよね^^
見応えも深みもある作品でしたが、母親目線
での私にはつらいものもありました(T^T)
3. Posted by miyu   2008年09月28日 19:00
>にゃむばななさん
おぉ〜!それは素敵ですね。
そんな風に感じさせてくれる映画っていいですよね。うん。

>ひろちゃん
あはは、そうですよね〜。やっと観れました(*^-゜)vィェィ♪
「スピードレーサー」の時は皆さん散々(ってほどでもないけど)
だったので、この映画でシュっとしたかっこいい
エミール君を皆さんに見ていただけて嬉しく思っております。
確かに、親目線で観ちゃうと辛い映画ですよね。
4. Posted by Kaz.   2008年09月28日 19:02
あくまで映画的に言っても名作の域ですなぁ。
ショーン・ペン監督に脱帽です。

観ている側も身につまされるところが大きい一作だね、でも。
エミール君の一人舞台的な感じで、彼を満喫出来ましたぜ。( ̄∀ ̄*)
5. Posted by miyu   2008年09月28日 19:13
>Kaz.さん
ですねぇ〜。
壮大な自然の映像も満喫できましたし、
エミール君の1人舞台も堪能しました( ´艸`)
でも、テーマがテーマなだけに感じるところの
大きい映画でしたよね(・ω・)bグッ
6. Posted by Mary   2008年09月28日 22:03
これ気になってたんですよねぇ!!
劇場には時間がなくて行けなさそうなので、DVDになってからゆっくり堪能したいデス★
7. Posted by miyu   2008年09月28日 22:15
>Maryさん
あら〜そうなんですかぁ。
壮大なアラスカをはじめとするアメリカの大自然は
スクリーンで堪能したいところでしょうが、
公開劇場数も少ないですしね。
是非DVDでご堪能くださいね〜
8. Posted by mig   2008年09月28日 22:42
こんばんは。miyuさん。

コメントTBありがとうー☆

これは普段長過ぎる!って思うような上映時間なのにあまり退屈せず観ちゃいましたよ〜
エミールくん、好きなのね?^^
ラストの激やせっぷりにはびっくり。
この作品、ショーンペンらしいなって思っちゃった。重いケドなかなかいい映画でした
9. Posted by miyu   2008年09月28日 22:44
>migさん
そうなんです〜
あまり彼の良さをみんなが分かってくれなくって
ちょっと寂しい思いをしております(;・∀・)
でも、本当長さを感じさせない見応えのある
いい作品に仕上がっていましたね〜
ショーン・ペンのおっさんいい仕事しますね〜(・ω・)bグッ
10. Posted by とらねこ   2008年09月29日 00:19
こんばんは、miyuさん★
エミール・ハーシュくん、元々この人は、骨太なんでしょうか?^^;
痩せた方がカッコ良かったですよね!(こごえ)

エディ・ヴェダーの全編流れる音楽も本当良かったですよね。
これは好きな人と嫌いな人が分かれる作品かもしれませんが、自分は結構好きだったです。
ショーン・ペン、マジヤバイっすね!
11. Posted by miyu   2008年09月29日 00:30
>とらねこさん
どうなんかなぁ?骨太かもしれませんね。
でも、ほっそりしたエミール君素敵だったなぁ(ノ´∀`*)
ちょっとダイエットして欲しいぐらいです( ´艸`)
うんうん、音楽はかなり映像にマッチしていて、
良かったと思いましたよ!
映画的にはあたしも結構好きだったなぁ〜。
ちょっとポイントはキビシメだったかも。
もうちょいオマケしても良かったかなぁ。
大好きなエミール君頑張ってたしね!
ショーン・ペン、ヤバイです!(・ω・)bグッ
12. Posted by 睦月   2008年09月29日 09:56
こんにちわ。
お邪魔するのが遅くなってすみません・・・。

≫エヘヘ 痩せてる方がかっちょいいよ〜![

あの痩せ方は尋常じゃありませんでしたけれど、
私も痩せているエミールくんの方が素敵!って
思いました♪

でも、餓死寸前で意識朦朧のクリスの様子は
ちょっと見るに耐えないものがあったなあ(涙)

クリスの生き方に共感できるか出来ないかは
受け手それぞれによるだろうけれど・・・映画
としてはものすごく良く出来ていたなあと
思います。映画監督ショーン・ペンの才能を
見せ付けられた気がしましたです♪


13. Posted by miyu   2008年09月29日 10:01
>睦月さん
いえいえ、とんでもないです。
ありがとうございます〜
確かに、エミール君はかっこ良く見えたのですが、
クリスとして観てるワケですから、
痛々しかったですよねぇ〜。
でも、やっぱりエミールはワイルドな感じがいいです!
理知的な雰囲気もあるから、この役はぴったりだったなぁ〜
クリスの生き方は確かに人それぞれだろうけど、
彼の遺した言葉はとても胸に熱く迫りましたね。
ショーン・ペンもきっとそうだったんでしょうね。
惚れこんだからこそ、いい作品も作れたのかなぁ〜なんて思いましたね。
14. Posted by マリー   2008年10月01日 21:07
miyuさんのダーリン、よかったんですね〜?

私は、『ロード・オブ・・』で彼を見直したので、もう“ダサい”なんて言わないからね〜(爆)

早く観たかったのに〜公開が延びてしまったの。くすん・・・
観たら、またお邪魔しますね。

15. Posted by miyu   2008年10月01日 21:14
>マリーさん
コレは「スピードレーサー」でイマイチって
言ってた人もいい!って言ってくれたんですよ!
嬉しくってね〜♪
マリーさんの方ではまだ公開されてないのかな?
是非観て、また惚れ直してくださいね〜( ´艸`)
16. Posted by イジー   2008年10月01日 23:11
はじめましてー。
今日、この映画を観てきまして、
ブログ検索して訪問させてもらいました!
ほんと素晴らしい映画で、見終わった後、
ひとりでしばらく余韻に浸りたい感じでした。
miyuさんの書かれていることに、すごく共感できました。
17. Posted by miyu   2008年10月01日 23:30
>イジーさん
(〃⌒ー⌒)/どもっ♪
はじめまして〜!おぉ〜そうですかっ。
共感いただけて嬉しいです。
またお願いしますね〜。
18. Posted by 真紅   2008年10月02日 16:58
miyuさん、こんにちは〜。
私、この映画無茶苦茶好きです・・・。クリスは無謀だと思うんだけどね。
ショーン・ペン、凄い映画撮ったなぁ〜って。
エミール・ハーシュいいですね、頑張って欲しいな〜。
ではでは、また来ますね。
19. Posted by miyu   2008年10月02日 17:13
>真紅さん
うん。クリスの若さや無謀さをとがめる気持ちと
彼の内面へと向う哲学的な思考が胸に迫るのとは
また別ものですものね。
映像も音楽も含めて映画としては良かったですよね。
エミール君応援してください♪
20. Posted by sakurai   2008年10月29日 08:47
本当に映画としては、超一級品だったと思います。
映像といい、その捉え方といい、俯瞰の絵に、すべての人の精神構造をあまねく描いて、どれも見事!!
でも決定的なのが主人公の生き方。
わかんなくもないし、きっと若い時はそう思っても全然おかしくないのですが、なんか釈然としないんですよね。
彼が何かをつかんで帰ってきてくれたら母としたまだ気持ちのやり場があるのですが・・。
ま、彼の人生ですからねええ。
映画は見ごたえ十二分でした。
21. Posted by miyu   2008年10月29日 09:18
>sakuraiさん
そうなんですよねぇ〜。
とっても頭のいい方なんだなぁ〜ってのは分かりましたし、
彼の考えてしまったこと、おっしゃるように若いときには
そうゆう風に思ってもおかしくないのですよね。
22. Posted by 健太郎   2008年12月02日 23:41
4 こんばんは。

上手く言葉に出来ないのですが、「感じる」映画でしたね。
私はこの手の作品は正直苦手なのですが、この作品は好きです。

旅の途中で出会う人達は何かしら心に傷があって、だからこそお互いに引き合っているように感じました。

アラスカで何をしたかったのか正直解りませんが、もしかしたらそれが人生なのかもしれませんね。

家族や社会の中での旅を、自然に置き換え旅である人生を、そのものずばり旅にした。
そんな気がします。
23. Posted by miyu   2008年12月02日 23:49
>健太郎さん
(〃⌒ー⌒)/どもっ♪
う〜ん、なんとなく分かる気がするなぁ〜。
主人公の彼にしたって、考えると分からないのだけど、
気持ちはなんとなく分かる気がしたんですよね。
本当「感じる」映画だったのかもしれませんね。
24. Posted by マサル   2008年12月08日 19:27
早速のTB返し、ありがとうございます。m(__)m

 この映画、ブログにも書いたんですけど、人間の創った<社会>の外にある<世界>を観てみたいという主人公の気持は分かる気がしました。しかし、それを実行するに至る強い動機は、幸か不幸か、私には(っていうか普通は)ありませんね..。

 本当に身もだえするくらいに惜しいと思うのは、<世界>に行って感じた「幸せとは、分かち合う誰かがいて始めて感じられるものだ」ということを、<社会>に帰って実践することができなかった主人公の不幸です。我々のように「ずっと<社会>で過ごしている人間」には到底達することができないくらいの深遠な理解をしていただろうに...。

 思うところがありすぎて、ブログの記事も長くなってしまった、そんな映画でした。
25. Posted by miyu   2008年12月08日 20:00
>マサルさん
こちらこそありがとうございます〜。
確かに、うん。そうですよね〜。
分かち合えてこそなんですよね。
美しい景色を見て、「きれいだね」って言える
人がいることこそ幸せなんだとあたしも思います。
26. Posted by 小米花   2009年09月03日 00:08
miyuさんは主演のエミール・ハーシュがお気に入りだったんですね。
私はあまり知らない俳優さんでした。<(_ _)>
話も事実だというので興味を持ちましたが、
う〜〜ん、クリスの行動が???なだけでしたよ。
脇を固める俳優さんは素晴らしかったけど、
作品には感情移入出来ず、残念でした。

もう一度機会があったら見てみたいです。
違った感想が持てるかもしれないですね。
27. Posted by miyu   2009年09月03日 00:12
>小米花さん
そうなんですよ〜♪
エミール君ごひいきにしてあげてください( ´艸`)
確かにちょっとクリスの行動って理解出来ない人には
まったくもって分からないんだよね。
あたしもなんとなくはわからないでもない
って程度であまりハマりきれなかったかなぁ。
映画としては良かったんですけどね。
主人公の感情が理解できないと結構きびしいですよね。
28. Posted by    2010年02月17日 21:39
クリスの行動は理解できませんでした。
それでも、自然のなかで、模索しているクリスの姿には、圧倒されました。
29. Posted by miyu   2010年02月17日 21:44
>花さん
そうですねぇ。あたしもちょっと分かるような
分からないようなでした(´▽`*)アハハ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ★★★★★ 『イントゥ・ザ・ワイルド』  [ 映画の感想文日記 ]   2008年09月28日 17:48
2007年。アメリカ。&quot;INTO THE WILD&quot;.   ショーン・ペン監督。  裕福な家庭に育ったクリス・マッカンドレスという青年が、すべてを捨て去り、放浪の旅に出て、むごたらしい死を迎えるま...
2. 映画「イントゥ・ザ・ワイルド」を試写会にて鑑賞  [ masalaの辛口映画館 ]   2008年09月28日 17:52
 19日「イントゥ・ザ・ワイルド」@一ツ橋ホール 試写会の主権はニッポン放送「高嶋ひでたけの特ダネラジオ 夕焼けホットライン」で、上映前にパーソナリティーの高嶋ひでたけさんとアシスタントの小口絵里子さんの舞台挨拶があり上映、客入りは7割ほど。 映画の話...
3. ★イントゥ・ザ・ワイルド(2007)★  [ CinemaCollection ]   2008年09月28日 18:22
INTOTHEWILDそして僕は歩いて行くまだ見ぬ自分と出会うために映時間148分製作国アメリカ公開情報劇場公開(スタイルジャム)初公開年月2008/09/06ジャンルドラマ/青春【解説】若さゆえの生真面目さで自らの心と向き合い、過酷なアラスカの大自然に立ち向かっていった一人の...
4. イントゥ・ザ・ワイルド  [ めでぃあみっくす ]   2008年09月28日 18:31
この映画を見終わった後、少しだけショーン・ペンが羨ましく思えました。おそらく彼はこの『荒野へ』という原作を映画化したことで、彼の中での「幸福論」に答えを出すことができたのでしょう。幸せなんて人それぞれ千差万別、なのに世間は人並みの幸せを求めている矛盾。誰....
5. 映画「イントゥ・ザ・ワイルド」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2008年09月28日 18:36
原題:INTO THE WILD 予告も見ず、予備知識も何一つ得ないまま、ただタイトルに興味を惹かれての映画鑑賞だったけど、魂を揺さぶられると言っていい??衝撃の実話の映画化?? 本当に実話ということを知ったのは映画の最後のほうだったけど、最初のほうでは長くて退屈...
6. イントゥ・ザ・ワイルド  [ Kaz.Log ☞ Loft Cinema ]   2008年09月28日 19:02
=== アラスカの荒野で・・・ 『イントゥ・ザ・ワイルド』 === {{{: 【イントゥ・ザ・ワイルド】 INTO THE WILD 2007 '''監督・製作・脚本''' ショーン・ペン  '''製作''' アート・リンソン / ビル...
7. 「イントゥ・ザ・ワイルド(INTO THE WILD)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2008年09月28日 19:22
「名優ショーン・ペンが久々に監督を務めたロード・ムービー。ベストセラー・ノンフィクション「荒野へ」を基に、アラスカで謎の
8. 「イントゥ・ザ・ワイルド」  [ 古今東西座 ]   2008年09月28日 19:34
こんな僕でも(?)若い頃に「自分は親の言いなりになって敷かれたレールの上を走らされてるだけじゃないのか?」なんて青臭いことを思ったことがある。この『イントゥ・ザ・ワイルド』の主人公クリストファー・マッカンドレス(エミール・ハーシュ)はそれに加えて家庭環境...
9. イントゥ・ザ・ワイルド  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2008年09月28日 19:35
若者が欲するピュアな孤独を描いた秀作。大学卒業と同時に家族や金銭、車を捨てて、真の自由を求めてアラスカの荒野を目指す青年クリスが、彷徨の果てに悲劇的な最期を迎えるまでを静かにつづる。一歩間違えば甘ったれた青年のドジな物語なのだが、若さとはいつも必要以上に....
10. 『イントゥ・ザ・ワイルド』 (2007) / アメリカ  [ NiceOne!! ]   2008年09月28日 20:30
原題:INTOTHEWILD監督・脚本:ショーン・ペン原作:ジョン・クラカワー出演:エミール・ハーシュ、ハル・ホルブルック、キャサリン・キーナー、ウィリアム・ハート、ヴィンス・ヴォーン鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>1990年夏、アトラ...
11. 『イントゥ・ザ・ワイルド』  [ ラムの大通り ]   2008年09月28日 20:45
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Into The Wikd) ----これって、今回のカンヌ映画祭審査委員長ショーン・ペンの 最高傑作と言われている超話題作だよね。 トレーラーでは「きみの青春は、...
12. 「イントゥ・ザ・ワイルド」  [ ハピネス道 ]   2008年09月28日 21:20
JUGEMテーマ:映画大学の卒業式、誇らしげに見守る両親そんなシーンで始まるこの映画は裕福な家庭に育った優等生の青年クリストファーが23歳の若さでアラスカの大地に散るまでを描いた実話に基づく物語でした。ショーン・ペンが10年の歳月をかけて映画化した思い入れの深い作...
13. イントゥ・ザ・ワイルド/INTO THE WILD  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2008年09月28日 22:39
名優、ショーン・ペンが10年の歳月をかけて実現{/star/}監督、脚本した会心作{/atten/} 試写行って来ました。 全米で大ベストセラーとなったジョン・クラカワー原作の「荒野へ」で実話。 持ってたチラシをじっくりみてなかったから、てっきりショーン・ペン主演してる...
14. イントゥ・ザ・ワイルド  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2008年09月28日 22:45
公式サイト。 ジョン・クラカワー原作、ショーン・ペン原作、エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ハル・ホルブルック、キャサリン・キーナー、ヴィンス・ヴォーン、ジェナ・マローン、クリステン・スチュワート、ブライアン・ディアカー。人...
15. 『イントゥ・ザ・ワイルド』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2008年09月28日 23:32
ショーン・ペン監督最新作で、エミール・ハーシュ主演の『イントゥ・ザ・ワイルド』のeiga.comさん主催の試写会に行ってきました。 ロケーションの美しさと放浪を続ける主人公の姿を静かに追った映像が、とても印象に残る作品になっていると思います。 *****************...
16. ★「イントゥ・ザ・ワイルド」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2008年09月28日 23:54
今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」でこの作品。 ショーン・ペン監督作品で、 「スピード・レーサー」に主演のエミール・ハーシュがまたまた主演。 実話ものらしいけど、アラスカ・・って、見るからに寒そう。
17. 試写会「イントゥ・ザ・ワイルド」  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   2008年09月29日 00:07
2008/8/5、有楽町朝日ホールでの開催。 最前列4列は座席ではなくイスを並べてあった。 運悪く、とても姿勢の良い男性が前に座ってしまった。 ところがこの男性、上映の途中でやおら立ち上がり、 頭をかがめるでもなく、堂々とゆっくり歩いて席を移動。 暫くして傘を忘れ...
18. 120●イントゥ・ザ・ワイルド  [ レザボアCATs ]   2008年09月29日 00:20
忘れ難い作品になりそう。自分にとっては、ジャック・ケルアックの『路上』と、ヘミングウェイの『海流の中の島々』を足したような、大好きな作品になった。
19. イントゥ・ザ・ワイルド  [ 5125年映画の旅 ]   2008年09月29日 07:23
4 大学を卒業したクリスは、金も車も捨てて、家族に何も告げる事無く放浪の旅に出る。様々な地をさまよったクリスは、旅の集大成としてアラスカに向かう。 アカデミー賞俳優ショーン・ペンが監督したロードムービー。クリス・マッカンドレスという青年がアラスカの奥地で遺...
20. 「イントゥ・ザ・ワイルド」良かったけれど、ちょっと長過ぎ・・・  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2008年09月29日 08:21
丁寧に作ってあって、とても良かったけれど、少し長すぎたかな・・・。4つ☆〜4つ☆半
21. 映画* Into the Wild  [ 有閑マダムは何を観ているのか? in California ]   2008年09月29日 13:28
こういう若者は、日本にもアメリカにも結構いると思う。 「こういう」とは、つまり、親を否定したり、現代社会を嫌悪したり、ふらりとどこかに出て行ってしまうような若者。 だけど、この映画の主人公クリストファー・マッカンドレスには、そういうよくある現実逃避やた...
22. イントゥ・ザ・ワイルド/エミール・ハーシュ  [ カノンな日々 ]   2008年09月29日 16:23
話題作だと思っていたら意外と公開規模が小さいんですよね。でもそのおかげでTOHOシネマズららぽーと横浜のプレミアスクリーンで観ることが出来ました。ここはゆったりしていて快適なんですよね。 出演はその他に、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ....
23. イントゥ・ザ・ワイルド  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2008年09月29日 17:05
 アメリカ  ドラマ&青春  監督:ショーン・ペン  出演:エミール・ハーシュ      マーシャ・ゲイ・ハーデン      ウィリアム・ハート      ジェナ・マローン 【物語】  1990年夏、ジョージア州の大学を優秀な成績で卒業した22歳の青年、 クリス...
24. イントゥ・ザ・ワイルド/Into the Wild  [ Kristen Stewart News ]   2008年09月29日 19:39
監督:ショーン・ペン共演:エミール・ハーシュ、ヴィンス・ヴォーン、キャサリン・キーナー 他 ステータス:撮影中 原作邦訳あり Watch the l...
25. イントゥ・ザ・ワイルド (2007・アメリカ)  [ 白ブタさん ]   2008年09月29日 21:33
試写会に行ってきました(^^♪
26. 試写会『イントゥ・ザ・ワイルド』 7.5P  [ OL映画でいやし生活 ]   2008年09月29日 23:23
私的オススメ度:7.5Pショーン・ペン監督作っていうことで気になっていた映画。この日ショーン・ペン大好き友達に突然試写会に誘われて、急遽見に行ってきましたー。【STORY】大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は車や財布を捨て、自由を手に入...
27. イントゥ・ザ・ワイルド  [ おたむ’ず ]   2008年09月29日 23:55
★★★★☆byおたむ   ショーン・ペンぽさをひしひしと感じつつ。   原題☆INTO THE WILD 制作☆2007年☆アメリカ 監督☆ショーン・ペン 出殮.
28. イントゥ・ザ・ワイルド  [ カリスマ映画論 ]   2008年09月30日 10:21
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 真理の探究・原理への挑戦・果てなき逃避  
29. イントゥ・ザ・ワイルド  [ 映画、言いたい放題! ]   2008年09月30日 12:02
試写会で見ました。 ショーン・ペンが10年かけて構想して作った映画らしい。 ショーン・ペンはあまり好きではないが、興味津津。 ウィリアム・ハートを見るのも久しぶりかも。 原作はアメリカでベストセラーになったジョン・クラカワーの ノンフィクション小説『荒野へ...
30. 「イントゥ・ザ・ワイルド」  [ てんびんthe LIFE ]   2008年09月30日 23:12
「イントゥ・ザ・ワイルド」試写会 よみうりホールで鑑賞 これまた、主人公に思い入れができなくて、私には受け入れられない作品でした。 監督はあのショーン・ペン。 途中でほかの監督さんたちのように自分でも少し登場するのかとも思ったのですがそんなことはありま...
31. 『イントゥ・ザ・ワイルド』  [ ラングランド "WaiWai"ブログ ]   2008年10月01日 23:57
ジョン・クラカワー著のノンフィクション小説『Into the Wild』を ショーン・ペンが監督、映画化した壮大なロードムービー。 日頃、「どこか遠くへ行きたい」などと現実逃避的に考えることは、誰しもがあるはずです。 ただし、この主人公の場合は、...
32. 荒野へ〜『イントゥ・ザ・ワイルド』  [ 真紅のthinkingdays ]   2008年10月02日 16:55
 INTO THE WILD  優秀な成績で大学を卒業したクリストファー・ジョンソン・マッカンドレス(エミール ・ハーシュ)は、誰にも告げるこの..
33. 「イン・トゥ・ザ・ワイルド」  [ ヨーロッパ映画を観よう! ]   2008年10月03日 22:37
「Into the Wild 」2007 USA 裕福な家庭に育った青年が文明を捨て荒野へと旅立つロード・ムーヴィー。 クリスに「卒業の朝/2002」のエミール・ハーシュ。 母親ビリーに「ポロック2人だけのアトリエ/2000」「ルイーズに訪れた恋は/2004」のマーシャ・ゲイ・ハーデン...
34. イントゥ・ザ・ワイルド  [ シャーロットの涙 ]   2008年10月04日 18:01
レザー・トランプ〜皮靴の放浪者が本当に欲していたものは・・・
35. イントゥ・ザ・ワイルド  [ Movies 1-800 ]   2008年10月05日 01:59
Into the Wild (2007年) 監督:ショーン・ペン 出演:エミール・ハーシュ、キャサリン・キーナー、ヴィンス・ヴォーン、ハル・ホルブルック アラスカの山中で死体で発見された若者が死に至るまでの2年間の軌跡を追った物語。 主人公は実在の人物で、残された日記や手紙、関...
36. イントゥ・ザ・ワイルド  [ 映画通の部屋 ]   2008年10月05日 11:13
「イントゥ・ザ・ワイルド」INTO THE WILD/製作:2007年、アメリカ
37. イントゥ・ザ・ワイルド☆ショーン・ペン監督作品  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年10月05日 20:47
 彼が最後に呟いた言葉は、”アラスカの罠にはまった”でした・・・・・。 &nbsp; 9月30日、この日は、「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」とこの作品を鑑賞しました。東宝シネマズ二条で観た「イントゥ・ザ・ワイルド」、俳優ショーン・ペンが監督した2001年の...
38. イントゥザワイルド  [ シネマ日記 ]   2008年10月06日 13:53
ショーンペンが監督した作品だから、見に行こうかなぁとは思っていたものの、裕福な若者が何もかもを捨てて一人アラスカを目指す話?それって、大自然との闘いみたいなの?一人で行くってことはセリフもめちゃ少ない?寝てしまうかも?とちょっと、迷い気味だったワタクシで...
39. イントゥ・ザ・ワイルド 2008-56  [ 観たよ〜ん〜 ]   2008年10月12日 08:38
「イントゥ・ザ・ワイルド」を観てきました〜♪ 1990年夏、エモリー大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は、ハーバードのロースクールに入学する予定のお金を寄付し、身分証明書もクレジットカードも棄て旅に出る。彼が最終的に目指したのは、北...
40. イントゥ・ザ・ワイルド  [ Memoirs_of_dai ]   2008年10月13日 22:02
優秀な人間は時として奇行起こす 【Story】 大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は車や財布を捨て、自由を手に入れる??.
41. 『イントゥ・ザ・ワイルド』 2008-No66  [ 映画館で観ましょ♪ ]   2008年10月17日 21:19
ショーン・ペン監督作品 『スピード・レーサー』に主演したエミール・ハーシュが 18キロも減量して演じている。 『 そして僕は歩いて??.
42. イントゥ・ザー・ワイルド (ネタバレ編)  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2008年10月17日 21:45
4 ヒューマン=ブラック・ボックス - 映画のご紹介 (397) イントゥ・ザー・ワイルド(ネタバレ編) -とてもつらい映画である。しかし顔を背けさせない真摯さに強く引きつけられる 少し前に歌人の俵万智の話を聞いたときのことだが、彼女が言っ...
43. そして僕は歩いていく、荒野へ  [ CINECHANの映画感想 ]   2008年10月20日 23:44
270「イントゥ・ザ・ワイルド」(アメリカ)  1990年夏、アトランタのエモリー大学を優秀な成績で卒業した22才の青年・クリス・マッカンドレス。卒業祝いに両親から新車を買ってやるという申し出を断り、預金全額を慈善団体に寄付し、家族に何も告げず、無一文で...
44. イントゥ・ザ・ワイルド  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年10月28日 16:02
4 将来を約束された青年の自由を求める旅路 裕福な家庭で育った青年が目指したのは絶対的な孤独の地アラスカだった。 名優ショーン・ペンが久々に監督を務めたロード・ムービー。ベストセラー・ノンフィクション「荒野へ」を基に、アラスカで謎の死を遂げた青年の旅の様子...
45. イントゥ・ザ・ワイルド  [ 迷宮映画館 ]   2008年10月29日 08:43
うーん、気持ちは分からないでもないが、やはり母の気持ちで見てしまった。
46. 「イントゥ・ザ・ワイルド」 同世代だから感じる苛立ち  [ はらやんの映画徒然草 ]   2008年11月01日 08:05
1968年生まれ。 エンドロール前に実話を元にしたこの作品の主人公クリス・マッカ
47. イントゥ・ザ・ワイルド(2007年・米)  [ SCARECROW'SROOM ]   2008年11月01日 18:04
★「自由」を手にする為には、何を捨てれば良いのでしょうか?★青春無頼の演じた無意味にして無益なる闘争の眩しさ。やがて海辺はまたもとの静けさにかえった。私は次第に深まりゆく悲哀の念に打たれながら、その夜ほど遠い青春への嫉妬を烈しく感じたことはなかった。作...
48. 『イントゥ・ザ・ワイルド』@テアトル・タイムス・゙スクエア  [ たーくん'sシネマカフェ ]   2008年11月15日 12:58
映画友から薦められたこととショーン・ペン(監督)、実話なことで観たいと思い「イントゥ・ザ・ワイルド」鑑賞。(c)MMVIIbyRIVERROADENTERTAINMENT,LLCandPARAMOUNTVANTAGE,ADivisionofPARAMOUNTPICTURESCORPORATION.AllRightsReserved.原題:INTOTHEWILD監督・脚本:ショ...
49. 『イントゥ・ザ・ワイルド』 2008年94本目  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2008年12月03日 00:03
4 『イントゥ・ザ・ワイルド』 2008年94本目 11/3(月)チネ・ラヴィータ 東海岸の裕福な家庭に生まれ、大学を優秀な成績で卒業したにもかかわらず、全てを投げ出し放浪の果てアラスカで独り最期を迎えた青年の実話を元にした映画。 冒頭のシーンは「厳しい親父さんに....
50. 「イントゥ・ザ・ワイルド」ショーン・ペン  [ Mani_Mani ]   2008年12月06日 09:33
イントゥ・ザ・ワイルド (エミール・ハーシュ主演) [DVD]このアイテムの詳細を見る 2007アメリカ 監督・脚本:ショーン・ペン 原作:ジョン・クラカワー 出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、キャサリン・キー...
51. イントゥ・ザ・ワイルド  [ Men @ Work ]   2008年12月08日 18:49
??  ショーン・ペン監督のアメリカ映画、「イントゥ・ザ・ワイルド」です。新宿武蔵野館のレイトショーで観賞してきました。実は「青い鳥」を観るつもりだったのが、恵比寿のマル...
52. イントゥ・ザ・ワイルド  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2008年12月11日 11:22
5 イントゥ・ザ・ワイルド’07:米 ◆原題:INTO THE WILD◆監督・脚本: ショーン・ペン「プレッジ」「クロッシング・ガード」◆出演:エミール・ハーシュ、ハル・ホルブルック、キャサリン・キーナー&nbsp;、ウィリアム・ハート&nbsp;、ヴィンス・ヴォーン ◆STORY◆1990....
53. 映画 「イントゥ・ザ・ワイルド」  [ After the Pleistocene ]   2008年12月11日 19:12
 全然見当違いの見方だが、アラスカのあんな辺鄙なところに、なぜバスが一台ポツンと取り残されていたのか、この映画を見ていて気になってしょうがなかった。こんな厳しい自然に囲まれた場所(10月から3月までは氷点下の生活)では絶対一人では生活できないという私の想いと...
54. イントゥ・ザ・ワイルド  [ 2ちゃんねる映画ブログ ]   2009年01月26日 22:18
【アラスカで】 イントゥ・ザ・ワイルド 【自分探し】 http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1218898018/ 1 :名無シネマ@上映中 :2008/08/16(土) 23:46:58 ID:yv4NM1vG Into the Wild htt...
55. 「イントゥ・ザ・ワイルド」:魚籃坂下バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2009年02月21日 21:57
{/kaeru_en4/}あそこに見えるのはテレビ屋か?もうすぐアナログテレビは見れなくなっちゃうし、地デジ対応テレビでも買っていくか? {/hiyo_en2/}それより、これを機会にテレビのない生活でもしてみたら? {/kaeru_en4/}そんな野蛮な生活できるかい! {/hiyo_en2/}そういう...
56. 「イントゥ・ザ・ワイルド」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2009年03月11日 09:48
徹底的にストイックな旅・・原作が読んでみたくなりました
57. イントゥー・ザ・ワイルド  [ ピースのAMEBLO CANTABILE ]   2009年03月19日 09:41
【INTO THE WILD】 頭もよく将来を期待されていた一人の青年が、何もかもを捨てアラスカの地を目指して放浪の旅をする人間ドラマ。 実際の話をショーン・ペンが監督をしてるんですがいい映画だと思います。
58. イントゥ・ザ・ワイルド  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年03月25日 12:49
原題:INTO THE WILD公開:2008/09/06製作国・年度:上映時間:148分監督:ショーン・ペン出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、キャサリン・キーナー、ヴィンス・ヴォーン、クリステン・スチュワート、ハル・ホルブ....
59. イントゥ・ザ・ワイルド  [ いつか深夜特急に乗って ]   2009年03月25日 22:26
製作年:2007年 製作国:アメリカ 監 督:ショーン・ペン
60. 野性の命  [ Akira's VOICE ]   2009年04月08日 11:59
「イントゥ・ザ・ワイルド」 「いのちの食べかた」 
61. イントゥ・ザ・ワイルド  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2009年04月09日 15:21
良い!! 個人的にハズレ無しなショーン・ペン監督作 イントゥ・ザ・ワイルドposted with amazlet at 09.04.09Happinet(SB)(D) (2009-02-27)売り上げランキング...
62. イントゥ・ザ・ワイルド  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年05月01日 03:03
そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために &nbsp;
63. イントゥ・ザ・ワイルド / 75点 / INTO THE WILD  [ FUNNY GAMES? ]   2009年05月28日 19:42
&quot;頭(知識)&quot;ではなく&quot;心(経験)&quot;で生きた・・・その不器用さは途轍もなく美しい 『 イン・トゥ・ザ・ワイルド / INTO THE WILD 』 2007年 アメリカ 148分 監督 : ショーン・ペン 脚本 : ショーン・ペン 原作 : ジョン・クラカ
64.  イントゥ・ザ・ワイルド  [ MneMe fragments ]   2009年06月30日 14:02
INTO THE WILD (2007) 出演: エミール・ハーシュ, マーシャ・ゲイ・ハーデン, ウィリアム・ハート, ジェナ・マローン, ブライアン・ダーカー、ハル・ホルブルック監督: ショーン・ペン 音楽: マイケル・ブルック、カーキ・キング、エディ・ヴェダー 若さゆえ、の冒険。若さ...
65. イントゥ・ザ・ワイルド  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2009年07月21日 21:11
イントゥ・ザ・ワイルド [DVD] ¥3,161 Amazon.co.jp 1990年の夏、アトランタの大学を優秀な成績で卒業したクリスは、将来を嘱望される22歳の青年でした。そのまま、いわゆるエリートコースを突き進むことを両親から期待されていましたが、彼は、家族も貯金...
66. イントゥ・ザ・ワイルド  [ あず沙の映画レビュー・ノート ]   2009年07月24日 14:28
2007 アメリカ 洋画 ドラマ 作品のイメージ:切ない 出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン
67. イントゥ・ザ・ワイルド  [ こんな映画見ました〜 ]   2009年09月02日 23:25
『イントゥ・ザ・ワイルド』 ---INTO THE WILD--- 2007年(アメリカ) 監督:ショーン・ペン 出演: エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、 ジェナ・マローン、キャサリン・キーナー 、ヴィンス・ヴォーン、 クリステン・スチュワート ...
68. mini review 09392「イントゥ・ザ・ワイルド 」★★★★★★★☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2009年09月22日 02:02
すべてを捨てアラスカへと放浪の旅へ出た裕福な青年の心の軌跡を描いた人間ドラマ。ショーン・ペンが監督を務め、原作は冒険家ジョン・クラカワー著のノンフィクション小説「荒野へ」。前途有望な未来を捨て自由を選択したすえに悲惨な最期を遂げる若者を演じるのは『ロード...
69. イン・トゥ・ザ・ワイルド Into the Wild  [ 映画!That' s Entertainment ]   2009年09月23日 22:32
●「イン・トゥ・ザ・ワイルド Into the Wild」 2007 アメリカ Paramount Vantage,River Road Entertainment,148min. 監督・製作・脚本:ショーン・ペン  原作:ジョン・クラカワー「荒野へ」 出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハー...
70. ≪イントゥ・ザ・ワイルド≫  [ 日々のつぶやき ]   2009年09月25日 17:39
監督:ショーン・ペン 出演:エミール・ハーシュ、ウィリアム・ハート、マーシャ・ゲイ・ハーデン 「22歳のクリスはアトランタの大学を優秀な成績で卒業後家族に何も告げずに旅に出た。 両親が卒業祝いに新車をプレゼントするというのを断り中古の車のまま・・そし
71. そして若者は旅に出るI 「イントゥ・ザ・ワイルド」 DVD  [ しぇんて的風来坊ブログ ]   2009年11月02日 06:30
この映画の主人公クリスは大学を捨てて冒険旅行に、アラスカの荒野で自分で自然の物資を調達し過ごすという目的のために旅に出た。この映画は実話を元にしている。クリスは自らの家庭環境や世の中のことが嫌いだったのだ。そして若者特有の逃げ出す力を最大限に行使した。彼...
72. イントゥ・ザ・ワイルド  [ しーの映画たわごと ]   2009年11月26日 14:33
監督が、ショーンペンということ以外は全くの知識なしで鑑賞。実話物だったとはラストで知ることになる。元は小説らしいけど、映画としてもそこそこ成立していたんじゃないかな。問題は、主人公への感情移入度ということだろうね。
73. Into the Wild 〜イントゥ・ザ・ワイルド〜  [ むーびーふぁんたすてぃっく ]   2010年01月16日 19:27
「Into the Wild 〜イントゥ・ザ・ワイルド〜」 感想 Into the Wild そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために 資本主義、物質社会の..
74. イントゥ・ザ・ワイルド  [ oguoguの日々映画見っ放し! ]   2010年04月04日 00:23
2008年9月上映 監督:ショーン・ペン 主演:エミール・ハーシュ そして僕は歩...
75. 映画『イントゥ・ザ・ワイルド』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2011年01月30日 18:53
81.イントゥ・ザ・ワイルド■原題:IntoTheWild■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:148分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:9月27日、テアトル・タイムズスクエア(新宿)ス...