2008年10月13日

宮廷画家ゴヤは見た

宮廷画家ゴヤは見た
 『それは、立ち入り禁止の、愛。

 コチラの「宮廷画家ゴヤは見た」は、10/4公開となった「カッコーの巣の上で」、「アマデウス」、「マン・オン・ザ・ムーン」の名匠ミロス・フォアマン監督が、”スペインの天才画家ゴヤの目を通して、愛の真実に迫る問題作”なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪

 チラシには、”絵筆が暴く、2人の愛の裏側―2枚の肖像画に描かれた少女と神父の数奇な運命とは?”となっていたので、「レンブラントの夜警」みたいな感じ?それともロレンソ神父(ハビエル・バルデム)と美しい少女イネス(ナタリー・ポートマン)の美しくも悲しい愛のお話?と思っていたのですが、そのどちらとも違うショッキングでスキャンダラスなお話の作品でした。

 時代は、18世紀末から19世紀初頭にかけての激動のスペイン。宮廷画家のゴヤ(ステラン・スカルスガルド)の目を通し、描かれる神父と少女の数奇な運命。時代の蠢く波に乗り、またその波に飲み込まれながら、生き抜こうとする2人の姿にゴヤ同様、目が離せなくなってしまいました。

 主演のハビエル・バルデムは、「コレラの時代の愛」、共演のナタリー・ポートマンは「ブーリン家の姉妹」に続いての時代モノ。2人とも格調高い作品にふさわしい佇まい、そして演技を披露しています。

 特に、ナタリー・ポートマンは「ダージリン急行」のプロローグ「ホテル・シュバリエ」同様またまたヌードを披露したり、後半のメイクはすっごいです。裕福な商家の勝気な娘、精神のバランスを崩した女性、売春婦と様々な顔の演じワケはお見事!

 ハビエル・バルデムも最初はゴヤが主役でお話が作られていたコトもあって、ゴヤ役にキャスティングされていたそうだけど、最近どうも彼のイメージが悪いかも(;・∀・) いや、ロレンソ神父も根っからの悪人ってワケではないのだけど、どうしてもちょっと憎まれ役というか、観ていて憎々しく感じてしまう役でしたよね〜。

 時代の蠢く波に翻弄されるのは、その時代に生きる人だけでではなく、法も宗教も正義すらも一瞬にして変わってしまう様は、運命と言うには残酷過ぎるようでもあり、どこか滑稽にすら感じるものですね。ギッシリと中身の濃い114分、なかなか見応えありましたよ!

 公式サイトはコチラ

◆ title: GOYA'S GHOSTS(2008/アメリカ・スペイン)
◆ date: 2008.10.13
◆ director: Milos Forman
◆ performer: Javier Bardem/Natalie Portman/Stellan Skarsgård/Randy Quaid/Michael Lonsdale/José Luis Gómez/Mabel Rivera

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG     

この記事へのコメント

1. Posted by KGR   2008年10月13日 17:08
TBありがとうございました。

私にはちょっと散漫に思えました。

観たときは、この当時のスペインについて
何も知らなかったので、
「スペインの異端審問」もよくわからず、
鑑賞後に調べた次第です。

それでもやはり、言いたいことと
描き方に(あるいは私の受け取り方に)
ズレがあったような気がしました。
2. Posted by miyu   2008年10月13日 17:17
>KGRさん
う〜んそうですかぁ。
まぁ観る人それぞれですからねぇ〜。
スペインの異端審問はあたしもよく知らなかったのですが、
それでもあたしには内容ぎっしりの
見応えのある作品に感じました。
3. Posted by くまんちゅう   2008年10月13日 17:32
ハビエルさんとナタリーさんの演技に圧倒されましたです
特にナタリーさんの汚れ役、凄かったですね
中世の時代背景も興味深くて、引き込まれました。
拷問シーンは痛そうで辛かったですが・・
救いの無い話なのかも知れませんが
個人的には堪能いたしました
エンドロールの背景がまた良かったです
4. Posted by miyu   2008年10月13日 17:41
>くまんちゅうさん
そうですね!ハビエルさんとナタリーの演技は
素晴らしくってそれだけでもとても引き込まれましたが、
お話自体もとても興味深い内容でしたね。
確かにあの拷問は単純なだけに痛々しかったです〜(/ω\)
5. Posted by kira   2008年10月13日 21:59
愛の物語というには、あまりにも偏った関係でしたが、
やはり一つの恋を知らない少女の
愛のカタチだったのかも〜・・・(ノ_u。
ナタリー、益々好きになっちゃった〜

実際の人物画によく似た、(似せた?)キャスティングだったんですね〜。
あのカルロス4世一家の肖像画、あまりにキャストが似ていて苦笑い
6. Posted by Kaz.   2008年10月13日 22:06
ナタリー・ポートマンが凄いらしいね、これ。
最初、邦題はどうよ?って思ったけど、このタイトルは納得ですかな〜?

んん、見応えありそう!(・ω・)bグッ
7. Posted by ゆかりん   2008年10月13日 22:18
こんばんは♪
ハビエルさんはゴヤよりロレンソ神父があってましたね。ゴヤ役はそれはそれでうまくこなしていたのかもしれませんけどね。
ナタリーの演じ分けはお見事でした。美しい姿は最初だけでボロボロな姿にはビックリしました。頑張ったなと思いますね。
8. Posted by sakurai   2008年10月13日 22:20
ご覧になられましたねぇ。
見ごたえ十分でしたね。歴史の描き方も、さすがミロス・フォアマン!!さすがの洞察でした。
ゴヤという人は、ある時点からひょうげんがガラッと変わったそうなのですが、あのような激動な時代に生きて、あの革命を目の当たりにしたのですから、それも道理かなと納得の物語でした。
そっか、ハビエルさんが最初は候補だったのか。なる。それでもいいかも。ステランさんのゲルマン系の感じだけが、ちょっと違和感あったのですよ。
とにかく、見ごたえありました。
9. Posted by miyu   2008年10月13日 22:47
>kiraさん
あはは、確かに最後に出てきた絵とか超似てた〜ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
ナタリーは切なかったけど、本当良かったよね!
kiraさんもナタリー好き?
今日観終わって彼に恭子ちゃんとナタリーどっちが好き?
って聞かれちゃった〜( ´艸`)

>Kaz.さん
う〜ん、納得は納得なんだけど、
ちょっと言いづらいしなんか変な邦題だよね。
原題もどうかとは思うけどね〜(;・∀・)
見応えアリだし、ナタリーはスゴイですよ!

>ゆかりんさん
多分最初はゴヤが主人公だったので、
本作のゴヤとはちょっと違った描き方をする
つもりもあってハビエルさんをキャスティング
したんだろうけど、ロレンソ神父はハマり役でしたよね。
ナタリーは本当体も張って頑張ってましたよね〜!
10. Posted by miyu   2008年10月13日 22:49
>sakuraiさん
あ〜確かにゲルマン系(*≧m≦*)ププッ
でも、自画像見るとちょいと雰囲気似せてましたよね。
顔立ちは違いますけど、なかなか良かったかもです。
違和感と言えば、本作も英語なのが唯一あたしは
ちょっとひっかかりましたけど、
でも本当見応えのある作品でしたよね〜。
11. Posted by ひろちゃん   2008年10月13日 23:05
こんばんは〜♪
今週末には観るって言われてましたから
そろそろかなあと思っていました^^

内容は何も知らずに観に行きましたが、
miyuさんも想像していた内容とは
違っていたみたいですね。私もびっくり(笑)の内容でした(^^ゞ

ハビエルは最近憎らしい役多いですよね(^_^;)
ナタリーがあそこまでやることにも
驚きました(@_@)
でも、二人とも佇まいは格調高くて役柄は
ピッタリでしたよね^^

飽きることのない濃い〜〜い114分
でした(*^_^*)
12. Posted by miyu   2008年10月13日 23:24
>ひろちゃん
そうなんですよ〜!やっと観てきました!
昨日はF1生中継見てたもんでヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
ちょっと想像とは違ったのだけど、
それでも見応えがあってすっごく引き込まれちゃいましたね。
憎々しいハビエルさんも見事だったし、
ナタリーの体を張った演技も魅入られました!
ハビエルさん同様濃い映画でしたね( ´艸`)
13. Posted by あん   2008年10月13日 23:53
>ショッキングでスキャンダラスなお話の作品でした。
あぁ、ホント、そうでしたね。
私も、こういう"異端審問"が入った話とは思わなくて、途中のナタリーにはびっくりで...。彼女、体、張りましたよね。

ハビエルのゴヤ役ねぇ...う〜ん、見てるだけの役は...ね。なんか視姦されてるみたいな(笑)
やっぱ、ロレンソ神父ですよね。上手い役者さんですねぇ。

ゴヤ役の人も自画像に似てたけど、カルロス4世も肖像画に似てましたよ〜( ´艸`)
14. Posted by miyu   2008年10月13日 23:58
>あんさん
ですよね〜!
こうゆうお話だと思ってなかったもんで、
プチ衝撃でした。
ナタリーの姿もビックリでしたけど、
本当頑張ってましたものね〜!
ハビエルさんのゴヤは視姦ですかぁ〜!ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
でも、そうかも!そうかも!
ゴヤもカルロス4世もなんか雰囲気ばっちりでしたね〜♪
15. Posted by sakurai   2008年10月14日 08:01
スペイン語!!

私もそこがちょっと引っかかりました。
いまどき、スペインもフランスもみんな英語はなあ、と。
名にしおう役者さんたちに母国語以外をしゃべらせるのは大変でしょうけど、そういやオーストリアのアマデウスもみな英語でしたね。
16. Posted by miyu   2008年10月14日 09:21
>sakuraiさん
まぁ映画なんでしょうがないのですけどね〜。
やっぱりちょっと引っかかりましたよね。
そっか「アマデウス」も英語でしたかぁ
17. Posted by 睦月   2008年10月14日 11:07
こんにちわ。

≫運命と言うには残酷過ぎるようでもあり、
どこか滑稽にすら感じるものですね

うん、本当にそうでしたよね。
ドラマとしてかなり出来すぎてると感じるほどに
交錯した運命が描かれていて、それがまたこの
物語に妙な説得力をもたせているようにも感じ
ました。

私は、観終ったあと、結構重くやるせない気持ち
に打つひしがれた感じだったんですよ(苦)。
ラストでロレンソの手を握って共に歩いていく
イネスと、その後を追うゴヤの風景がやたら
痛烈で・・・切なくなりました。

それにしても、ナタリーとハビ様、この共演は
極上でしたよねえ!
18. Posted by miyu   2008年10月14日 11:19
>睦月さん
後世のあたし達は気軽に激動の時代なんて言いますが、
罪人が一瞬にして最高権力者になったり、
権力者が一瞬にして罪人になってしまうなんて、
想像するだに恐ろしいことですよね。

確かにドラマとしては出来過ぎな部分もあったとは思うのですが、
現代に生きるあたし達からすれば滑稽にすら映る
時代の流れの凄まじさが背景にあるので、
それすらもあまり気にならずになってしまいましたね。
おっしゃる通り妙な説得力があったように感じました。

ラストのイネスは、まるで「パンズ・ラビリンス」の
結末のように人それぞれ価値観や観念の違いによって
解釈や受け取り方が違うのもまた面白いところですよね。
19. Posted by mig   2008年10月14日 11:36
miyuさん、こんにちは☆

ハビエル様、こういう憎らしい役はほんとハマるというか
うまい役者だね〜、
ナタリーもそれに負けず劣らずで。

神父の悪事、ほんと観ててキモチワルい〜なんて思っちゃいましたよ^^

そういえば、フォアマン監督作は大好きなのが多いけど
『マンオンザムーン』はいまひとつだったなぁ。。。
20. Posted by miyu   2008年10月14日 11:46
>migさん
ハビエルさん悪人顔っちゃ〜悪人顔なのだけど、
いやぁ〜もうハマり過ぎててお腹いっぱいでしたよねwww

「マン・オン・ザ・ムーン」はいまひとつでした?
あたしはジム・キャリー結構好きなので面白く観れましたけどね〜。

でも、ロレンソ神父の心情の変化とかって思いを馳せると
なかなか面白いですよね〜。うん。
21. Posted by オリーブリー   2008年10月14日 17:36
見応えあった〜引き込まれました!
ハビエルはモチロン怪演だったけど(笑)
新たな挑戦をしたナタリーは凄かったです。
二人の過酷で皮肉な人生は、ドラマチックでもありました。
ラストのナタリーの笑顔が印象的です。
22. Posted by miyu   2008年10月14日 21:25
>オリーブリーさん
ラストのナタリーの笑顔は本当印象的でしたよね〜。
色んな表情を演じワケていて素晴らしかったです!
「ブーリン家の姉妹」も彼女凄かったんだけど、
それ以上に本作では彼女の挑戦が見られて
ますます彼女にハマりそうです!
ハビエルさんは相変わらずスゴイですよね〜。
それでもやっぱりなんか彼が出てると気になってしまう( ´艸`)
23. Posted by マリー   2008年10月14日 21:59
こんばんは〜〜♪
コレ、観たかった!!
miyuさんレビュー読んだら、ますます観たくなりました〜。
でも、こちらではまだ公開予定なしなの(涙)

ナタリーは、いい女になってますよね。
最近の彼女を見てると〜ますますこれからが楽しみです。

ああ・・観たいなぁ。コレ・・・。
ハビエルさん苦手だけど(爆)
24. Posted by miyu   2008年10月14日 22:11
>マリーさん
わぁ〜そうなの?余計観たくなっちゃいました?
なんかちょっと嬉しいです〜( ´艸`)
でも、公開の予定ないのは切ないですね〜。
うんうん、ナタリーは本当にいい女になってます(・ω・)bグッ
「ブーリン家の姉妹」は公開されますよね?
とりあえずそちらもオススメなので是非!
苦手なハビエルさんは出てませんし(*≧m≦*)ププッ
25. Posted by きらら   2008年10月21日 06:03
こんにちは〜♪

ホント、、、秘められた愛かなんかの物語なのかと思っていたのでビックリしちゃいました。
すごかったですー。
歴史も演技もすごかった。
ナタリーはブーリン家ともどもすごい女優さんだなってのを改めて見せ付けられましたね。
どちらもおススメかも☆
26. Posted by miyu   2008年10月21日 06:38
>きららさん
そうですねぇ〜。どっちも良かったよね〜。
でも、ミニシアター系の映画ってフツーの人には
ススメにくいのですよ〜。
だって、「どこでやってるの?行ったコトないなぁ〜」
って言われちゃうのですよね〜(;・∀・)
27. Posted by とらねこ   2008年10月29日 13:51
miyuさん、こんにちは
ハビエル・バルデムの濃さには、なかなか普通のハリウッド俳優じゃ、太刀打ち出来ないものがありますねー。ハハハ( ̄◇ ̄;)
でも逆に、こういうキワモノ路線に演技力を足した俳優って、今後も売れるにはもってこいの素材かも。
外国人俳優がなんだかんだ言って長続きしないハリウッド事情を考えると、彼は賢いやり方をしているように思います。
28. Posted by miyu   2008年10月29日 13:59
>とらねこさん
う〜ん!なるほどぉ〜!
ハビエルさん戦略上手でもあったのですね。
でも、ハリウッドにはない様々な要素を持ち合わせていますから、
確かに今後も安泰かもしれませんねっ!
29. Posted by 由香   2008年11月22日 23:15
miyuさん、こんばんは〜♪
これは10/4公開だったんですね〜コチラでは今頃上映されましたが(笑)
でも上映してくれてラッキーだったなぁ〜凄く見応えがありました。
・・・・・でも残念ながらよく分からない〜ってところもありましたが(汗)
ナタリーの演技は凄かったねぇ〜異端審問所から解放された後の顔、、、ビックリして息を飲みました!!
バルデムはちょっと悪役だったねぇ〜
でも、ノーカントリーのシガーよりも善の部分があったかも?!
30. Posted by miyu   2008年11月22日 23:45
>由香さん
ミニシアター系の映画は、地域によって
公開時期がかなりズレちゃいますからね〜(;・∀・)
ナタリーは本当壮絶でしたよね〜。
バルデムさんの悪役は迫力あり過ぎだよね(*≧m≦*)ププッ
31. Posted by ミチ   2008年12月14日 23:01
大好きなコスプレもの&美術モノで堪能いたしました。
それにしても異端審問って本当にもーってかんじ。
一端目を付けられたら絶対に見逃してはもらえないのよね。
娘を助けるために父親がロレンソ神父を吊るしたシーンはやるな〜って思いました。
ロレンソ神父、意外に早く降参しちゃいましたね(汗)
32. Posted by miyu   2008年12月14日 23:15
>ミチさん
あはは、本当に早かったですよね〜。
なだけに、あ〜やってすぐに意思を打ち砕かれて
しまった自分の信心そのものを信じられなくなった
ロレンソ神父の末路は痛かったですね〜(/ω\)
33. Posted by メル   2009年04月30日 10:06
なかなか見応えのある、興味津々で最後まで見ることの出来ましたし、良くできた作品だったなぁと思いました。

こんな風に歴史の中では、政権が変わる度に、モラルや何が良いのか悪いの家って事も変わっていって、そういうものに人々は翻弄されるようになってるんですね〜。

ハビエルもさすがの演技でしたが(憎たらしい役がお似合いになっちゃってましたね〜(^_^;))、ナタリー・ポートマンの覇気迫る演技には唸りましたです。
「ブーリン・・」とこの映画で、すっかり彼女を見直した私です(^^ゞ
34. Posted by miyu   2009年04月30日 12:52
>メルさん
うんうん、メルさんが見直してしまうのも分かりますよ〜。
ナタリーって本当うまいよね。
作品選びもステキだし、今後ますます活躍してくれるものと
思いますね!
ハビエルは相変わらず、顔も演技も濃かったけど、
彼にしか出来ない存在感、役ってのが結構ありますよね。
35. Posted by Kaz.   2009年08月01日 22:22
やっと見ましたよ〜〜。(´▽`*)アハハ

いや〜中身はギッシリで見応えありました〜。
あとでトラバしちゃいますね〜〜!(・ω・)bグッ
36. Posted by miyu   2009年08月01日 22:44
>Kaz.さん
おぉ〜!こちらをご覧になりましたかぁ〜。
うんうん、ハビさんといいナタリーといい、
でもってお話も観ごたえありましたよね〜。
37. Posted by アイマック   2010年08月27日 17:03
こんばんは!
ナタリーのメイクはショックでしたよ、、
ハビエル・バルデムは見るからにどうしても悪いヤツって思ってしまうよね。
見応えある映画でしたー。
38. Posted by miyu   2010年08月27日 17:38
>アイマックさん
ど〜もです。そうですねぇ。
でも、ナタリーは元がキレイ過ぎだからw
ハビエルさんってちょっと悪そうなところがセクシーなんですかね〜♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 試写会「宮廷画家ゴヤは見た」  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   2008年10月13日 16:58
2008/9/26、有楽町、よみうりホールでの開催。 ここではいつも1階前列中央に陣取るのだが、 1階中央が満席だったため、珍しく2階席を選んだ。 スクリーンが小さくなってしまうデメリットはあるが、 傾斜のため、前席は全く気にならなかった。 さて、こういう歴史物の場...
2. 宮廷画家ゴヤは見た  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2008年10月13日 17:01
公式サイト。原題:GOYA'S GHOSTS、ミロス・フォアマン監督、ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール。尋問と告白が政治力学でころころと立場も内容も変わってしまう。原題・GOYA'S GHOSTSは、ころ...
3. 『宮廷画家ゴヤは見た』('08初鑑賞130・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2008年10月13日 17:02
☆☆☆★?? (5段階評価で 3.5) 10月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:25の回を鑑賞。
4. 「宮廷画家ゴヤは見た(GOYA'S GHOSTS)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2008年10月13日 17:29
邦題がもうちょっと何とかならなかったのかと、話題の「宮廷画家ゴヤは見た(GOYA'S GHOSTS)」を見てきました。原
5. 「宮廷画家ゴヤは見た」  [ ハピネス道 ]   2008年10月13日 17:31
 「カッコーの巣の上で」「アマデウス」のフォアマン監督の新作。予告編を観た印象は、芸術性と深い愛の本質に迫る…といったものでしたが実際は違っていました。18世紀末から19世紀初頭にかけての動乱のスペインで王制といった権力構造や宗教が支配する価値観まで...
6. 映画「宮廷画家ゴヤは見た」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2008年10月13日 17:33
原題:GOYA'S GHOSTS この邦題は思わず、"家政婦は見た"みたいな連想をしてしまうけど、ゴヤ自身は聴力を失うことになるからピッタリかもしれない??時代の変転と醜聞な物語?? フランシスコ・デ・ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)が宮廷画家の時代の1792...
7. 『宮廷画家ゴヤは見た』  [ Sweet*Days** ]   2008年10月13日 17:58
監督:ミロス・フォアマン  CAST:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド 他 18世紀末のスペイン...
8. 宮廷画家ゴヤは見た  [ ぷち てんてん ]   2008年10月13日 20:29
☆宮廷画家ゴヤは見た☆(2006)ミロス・フォアマン監督ハビエル・バルデムナタリー・ポートマンステラン・スカルスガルドストーリー 時は18世紀末、スペイン国王カルロス4世の宮廷画家に任命されたフランシスコ・デ・ゴヤ。画家として最高の地位に登り詰めながらも、常に...
9. 『宮廷画家ゴヤは見た』  [ ラムの大通り ]   2008年10月13日 21:33
(原題:Goya's Ghosts) ----これって久しぶりのミロス・フォアマン監督作品だよね。 なかなか気に入ってるみたいじゃニャい? 「うん。実に見応えがあったね。 映画とはこうあってほしいというお手本のような作品。 なんといってもジャン=クロード・カリエールが 脚本を担...
10. 宮廷画家ゴヤは見た  [ to Heart ]   2008年10月13日 21:47
それは、立ち入り禁止の、愛。 原題 GOYA'S GHOSTS 製作年度 2006年 製作国 アメリカ/スペイン 上映時間 114分 脚本 ミロス・フォアマン/ジャン=クロード・カリエール 監督 ミロス・フォアマン 出演 ハビエル・バルデム/ナタリー・ポートマン/ステラン・スカルスガルド/...
11. 宮廷画家ゴヤは見た  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年10月13日 22:10
【GOYA'S GHOSTS】2008/10/04公開(10/04鑑賞)製作国:アメリカ/スペイン監督:ミロス・フォアマン出演:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール、ホセ・ルイス・ゴメス、マベル・リベラ そ....
12. 宮廷画家ゴヤは見た  [ 迷宮映画館 ]   2008年10月13日 22:16
あっという間の2時間。見ごたえ十分。
13. 宮廷画家ゴヤは見た  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年10月13日 22:29
4 スペインの天才画家ゴヤの視点で描く、激動の時代に生きた人々の数奇な運命。 絵筆が暴く、愛の裏側__2枚の肖像画に描かれた少女と神父の数奇な運命とは?・・・ 物語:18世紀末のスペイン。宮廷画家に任命されながら、権力批判と社会風刺に富んだ作品も精力的に制作...
14. 「宮廷画家ゴヤは見た」  [ 首都クロム ]   2008年10月13日 22:52
 色彩は暗く(どうやら蝋燭による照明を再現したためらしい)、恐怖に見開かれた目や乾いた皮膚はゴヤのカンバスに描かれた場面そのもののよう。ひとつひとつの場面が絵になっていて、目元に落ちる影とか、瞳が動いて相手を見つめる瞬間とか、ふとしたことが劇的に見えてく...
15. ★宮廷画家ゴヤは見た(2006)★  [ CinemaCollection ]   2008年10月13日 22:56
GOYA'SGHOSTSそれは、立ち入り禁止の、愛。映時間114分製作国アメリカ/スペイン公開情報劇場公開(ゴー・シネマ)初公開年月2008/10/04ジャンルドラマ/歴史劇【解説】「アマデウス」「カッコーの巣の上で」の巨匠ミロス・フォアマン監督が、スペインの天才画家ゴヤが活躍...
16. 宮廷画家ゴヤは見た/GOYA'S GHOSTS  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2008年10月13日 23:30
ゴヤが、いったい何を観たのか?? 『カッコーの巣の上で』『アマデウス』{/fuki_suki/}と2度のアカデミー賞作品賞受賞暦を持つ ミロス・フォアマン監督作。 脚本 ミロス・フォアマン、ジャン=クロード・カリエール 原題は「GOYA's GHOSTS」 『宮廷画家ゴヤは見た』...
17. 宮廷画家ゴヤは見た  [ 描きたいアレコレ・やや甘口 ]   2008年10月13日 23:55
↓『まわりの役者を食らうハビエル・バルデム』paint by 気ムラ屋あん。 宮廷画家ゴヤが描いた2枚の肖像画、美少女イネス(ナタリー・ポートマ...
18. 「宮廷画家ゴヤは見た」  [ てんびんthe LIFE ]   2008年10月14日 00:03
「宮廷画家ゴヤは見た」試写会 よみうりホールで鑑賞 久し振り、見応えのある作品と出合いました。 ドラマ的にも美術的にも引っ張り込まれて身動きできなくなりました。 邦題「宮廷画家ゴヤは見た」ってこれちょっとひどいと思いました。 まるで市原節子がのぞいてい...
19. 「宮廷画家ゴヤは見た」  [ ヨーロッパ映画を観よう! ]   2008年10月14日 00:42
「Goya's Ghosts」2006 USA/スペイン 18世紀末〜19世紀にかけ激動のスペインを舞台に、宮廷画家フランシスコ・デ・ゴヤの目を通して描かれた人間ドラマ。 ロレンソ神父に「「コレラの時代の愛/2007」「ノーカントリー/2007」のハビエル・バルデム。 裕福な商人の娘...
20. ★「宮廷画家ゴヤは見た」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2008年10月14日 03:02
今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。
21. 宮廷画家ゴヤは見た(映画館)  [ ひるめし。 ]   2008年10月14日 13:39
それは、立ち入り禁止の、愛。
22. 宮廷画家ゴヤは見た  [ 心のままに映画の風景 ]   2008年10月14日 17:22
18世紀末スペイン。 フランシスコ・デ・ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に任命され??.
23. 宮廷画家ゴヤは見た  [ Lovely Cinema ]   2008年10月14日 20:51
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2006年/2006年アメリカ・スペイン合作 監督:ミロス・フォアマン 出演:ハビエル・バルデム    ナタリー・ポートマン    ステラン・スカルスガルド     家政婦は見た![:たらーっ:]
24. 宮廷画家ゴヤは見た  [  Art- Mill  あーとみる ]   2008年10月14日 21:16
宮廷画家ゴヤは見た HP  http://www.goya-mita.com/ 18世紀スペインの激しく揺れ動いた時代に、ゴヤは生きた。異端審問という徹底した異端排除の論理の中で、ゴヤは辛くも生き抜いた
25. 宮廷画家ゴヤは見た/ハビエル・バルデム  [ カノンな日々 ]   2008年10月15日 11:38
ゴヤの作品は特に好きというわけではないんだけど、そもそも好き嫌いを言えるほどよく知らないので興味津々で鑑賞ぅ。 出演はその他に、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール、ホセ・ルイス・ゴメス、マベル・リ....
26. 「宮廷画家ゴヤは見た」:三角バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2008年10月15日 18:52
{/kaeru_en4/}三叉路だからバス停も「三角」。シンプルですばらしいネーミングだ。 {/hiyo_en2/}なに、つまらないことに感心しているのよ。 {/kaeru_en4/}いやいや、ネーミングって大事だぞ。映画のタイトルだって、最近はどうも首をひねるようなタイトルが多くていけない。...
27. 「宮廷画家ゴヤは見た」  [ みんなシネマいいのに! ]   2008年10月16日 06:25
 なんだ、この「家政婦は見た」みたいな邦題は???…と思ったが映画を観てみると納得
28. 宮廷画家ゴヤは見た  [ そーれりぽーと ]   2008年10月16日 15:33
ゴヤが市原悦子のようにこっそり覗き見しているイメージで、『宮廷画家ゴヤは見た』を観てきました。 ★★★★ 王から直々に依頼を受ける宮廷画家であり、教会に天井画を書くことがあるかと思えば、庶民には世俗を強烈に風刺した毒々しい版画を売るゴヤ。 激動の時代のスペ...
29. 宮廷画家ゴヤは見た  [ 再出発日記 ]   2008年10月16日 17:36
この前の日曜、映画サークルでのこと。私がナタリー・ポートマンのファンだということは周知の事実で「この映画は見た?」と聞かれた。「えっ知りませんよ」「岡山市のシネコンだけでやっているから見落としたのね」「知りませんでした。情報ありがとうございます、必ず見...
30. 「宮廷画家ゴヤは見た」  [ 或る日の出来事 ]   2008年10月18日 16:49
ひさびさに、しっかりと見応えのある歴史ドラマを観たという感触。 なんだか実にミロス・フォアマン監督らしい、どっしり感。この監督には名...
31. 「宮廷画家ゴヤは見た」  [ It's a wonderful cinema ]   2008年10月19日 02:30
 2006年/アメリカ  監督/ミロス・フォアマン  出演/ハビエル・バルデム      ナタリー・ポートマン      ステラン・スカルスガルド  「アマデウス」でアカデミー賞を受賞したミロス・フォアマン監督最新作。  18世紀末のスペイン。宮廷画家ゴヤ...
32. 宮廷画家ゴヤは見た  [ 花ごよみ ]   2008年10月19日 22:59
ゴヤの見たものっていったい? 興味津々で映画館へと足を運びました。 ゴヤの生きた時代、 スペインという国は、とても複雑で、 特殊な様相の歴史を呈しています。 ゴヤは王室の画家としての視線で、 波乱に富んだ時代を見届けます。 カトリックの権威を 高めるための過...
33. 映画 『宮廷画家ゴヤは見た』  [ きららのきらきら生活 ]   2008年10月21日 06:02
  ☆公式サイト☆アカデミー賞監督賞などを受賞したミロス・フォアマン監督が、スペインの天才画家ゴヤの目を通して人間の真実、愛の本質を見つめた感動作。ゴヤが描いた2枚の肖像画のモデルたちがたどる数奇な運命を、18世紀末から19世紀前半の動乱のスペイン史を背景に描...
34. 宮廷画家ゴヤは見た  [ カリスマ映画論 ]   2008年10月21日 10:07
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  物言わぬ、歴史の語りべ  
35. 『宮廷画家ゴヤは見た』  [ 千の天使がバスケットボールする ]   2008年10月22日 21:44
18世紀末のスペイン、マドリード。スペイン最高の宮廷画家として名声を築いた画家、フランシスコ・デ・ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)のアトリエには2枚の肖像画が完成を待っている。1枚は、天使のように美しい富豪の商人の娘、イネス(ナタリー・ポートマン)。そし...
36. 宮廷画家ゴヤは見た  [ おたむ’ず ]   2008年10月23日 23:59
★★☆☆☆byおたむ   家政婦より使えない奴(^ω^;)(^ω^;)   原題☆GOYA'S GHOSTS 製作☆2006年☆アメリカ/スペイン 監督☆ミロス・フォアマン 宮.
37. 宮廷画家ゴヤは見た  [ 週末映画! ]   2008年10月24日 23:30
期待値: 85% 18世紀スペインが舞台の映画 出演:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステ
38. 『宮廷画家ゴヤは見た』  [ えび餡のつぶやき。 ]   2008年10月25日 19:51
タイトルを聞いて、「へ〜、ゴヤがなんか王様の秘密でも目撃でもした話かなぁ?」って思ってたけど、確かにゴヤの視点から見た世界なんだけど、主人公はゴヤではなく、ゴヤが肖像画を描いた男女2人。ナタリー・ポートマンが1人2役。素晴らしい!!!異端者として捕らえ...
39. 『宮廷画家ゴヤは見た』@新宿ミラノ座  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年10月26日 17:34
18世紀末のスペイン。宮廷画家に任命されながら、権力批判と社会風刺に富んだ作品も精力的に制作し続けるゴヤ。彼が手がけた2枚の肖像画の人物―裕福な商人の娘で天使のように美しいイネスと、異端審問を強硬するカトリック教会の神父ロレンソ―が運命的に出会う。異教徒の疑
40. 『宮廷画家ゴヤは見た』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2008年10月26日 21:57
金券ショップで以前に購入した東急レクリエーションの株主優待券が今月末で期限が切れるので、最後の1枚を使いに新宿ミラノに『宮廷画家ゴヤは見た』を観てきました。 6枚綴りで3000円の優待券だったので、1枚500円。いい買い物でしたw。 ******************** 『ア...
41. 「宮廷画家ゴヤは見た」:そして、描いた!  [ ひねくれ者と呼んでくれ ]   2008年10月27日 06:00
監督:ミロス・フォアマン 出演:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド 米国・スペイン2006年 他の映画系ブログでも多くの人が触れ
42. 宮廷画家ゴヤは見た▼△  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年10月27日 10:11
 天才画家ゴヤが描いた2枚の肖像画、少女と神父の数奇な運命とは? 10月18日、新京極シネラリーベにて鑑賞。「ノーカントリー」で、アカデミー賞助演男優賞に輝いたハビエル・バルデムがロレンソ神父という役で登場。この役もなかなか彼のキャラに合っている。そして...
43. ゴヤの亡霊たち〜『宮廷画家ゴヤは見た』  [ 真紅のthinkingdays ]   2008年10月27日 11:16
 GOYA'S GHOSTS  1792年、スペイン。カソリック教会では、ロレンソ神父(ハビエル・バルデム) の提案で異端尋問が強化され、商人の娘イネ...
44. 宮廷画家ゴヤは見た  [ シネマ日記 ]   2008年10月28日 15:12
これも見に行くかどうかボーダーの作品だったんですが、予告を見てやっぱり見に行くことにしました。最近ボーダーの作品が多いな。物語はゴヤに絵を依頼した2人の男女の数奇な運命をフランス革命からナポレオンの台頭の影響を受けたスペインを舞台にゴヤの視点で描く。とい...
45. 131●宮廷画家ゴヤは見た  [ レザボアCATs ]   2008年10月29日 13:34
激動の時代のスペインを描いた、歴史大作。重厚だけれど、娯楽色を失わない、ミロス・フォアマン監督の'06年の作品。アメリカ。
46. 宮廷画家ゴヤは見た  [ Diarydiary! ]   2008年10月30日 21:30
《宮廷画家ゴヤは見た》 2006年 アメリカ/スペイン映画 ?? 原題 ?? GOY
47. 281「宮廷画家ゴヤは見た」(アメリカ)  [ CINECHANの映画感想 ]   2008年11月02日 01:27
神様、真実とは何ですか!?   18世紀末。スペイン国王カルロス4世の宮廷画家に任命されたフランシスコ・デ・ゴヤ。画家として最高の地位に登りつめながら、権力批判と社会風刺の富んだ作品も制作し続ける。  1792年、ゴヤは2枚の肖像画に取り掛かっていた。1枚...
【画像0】オムニバス、カルーソ(Caruso)の競演(右上の画像はクロアチアの夕景/2008年9月、友人撮影) Zizi Possi - Caruso Zizi Possi - Caruso Caruso(Andrea Bocelli) Haunting Knockout Version of - ”Caruso” by Lara Fabian LUCIANO PAVAROTTI & LUCIO DALLA...
49. 『宮廷画家ゴヤは見た』 2008-No76  [ 映画館で観ましょ♪ ]   2008年11月03日 00:07
18世紀末のスペイン。 宮廷画家ゴヤが描いた2枚の肖像画・少女イネスとロレンソ神父。 ねちっと薄気味悪いロレンソ神父が強化した...
50. 【宮廷画家ゴヤは見た】  [ 日々のつぶやき ]   2008年11月05日 14:20
監督:ミロス・フォアマン 出演:バビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド 「宮廷画家のゴヤは肖像画の依頼を何枚か受けていた。裕福な商家の美しい娘イネスと異教徒狩に積極的な神父ロレンソ、この二人が数奇な運命で出会うことになる
51. ●宮廷画家ゴヤは見た(76)  [ 映画とワンピースのこでまり日記 ]   2008年11月09日 23:33
あの王妃の肖像画は素人目に見ても似てないかも・・・太らせて描いちゃダメだよー。
52. 宮廷画家ゴヤは見た  [ 2008 映画観てきましたっ! ]   2008年11月16日 15:12
札幌劇場で上映されている時は、 観ようか  迷っているうちに 終わってしまって、DVD待ち映画だったんですけど、会社近くのディノスで 上映が始まっていたので 仕事帰りに 観てきちゃいました♪
53. 宮廷画家ゴヤは見た  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年11月22日 23:07
私の住む地域では上映予定がなかったはずなのに・・・急に上映が決まったみたいということで、チラシも予告も見ず、何の前知識もなく観に行ってみた【story】18世紀末スペイン。ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に任命...
54. 宮廷画家ゴヤは見た(2006年・米/西)  [ SCARECROW'SROOM ]   2008年12月04日 22:55
★天才画家が見たのは、異端審問がもたらした悲劇でした★「家政婦は見た!」でも「宮廷画家は見た!」でも、そこにある事実は見てはいけないような醜悪なもの…。あぁ…世の中、見ちゃいけないものが多すぎます。でも見ちゃいけないものほど覗きたくなる。そう「他人の不...
55. 映画 【宮廷画家ゴヤは見た】  [ ミチの雑記帳 ]   2008年12月14日 22:58
映画館にて「宮廷画家ゴヤは見た」 『アマデウス』などのミロス・フォアマン監督作品。 おはなし:18世紀末スペイン、ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は国王カルロス4世の宮廷画家に任命される一方、権力や社会を批判する絵画も描いていた。ある日、彼のミューズであるイ...
56. 「宮廷画家ゴヤは見た」 Goya's Ghosts  [ 俺の明日はどっちだ ]   2008年12月15日 11:26
時は18世紀末、歴史が激しく動いたスペインを舞台に人間のさまざまな生き様をミロス・フォアマン監督が描いた歴史ドラマ。 題名だけ見てみると、当時国王カルロス4世の宮廷画家に任命されたフランシスコ・デ・ゴヤゴヤの伝記映画的なものを期待してしまいがちでもあるけれ...
57. 宮廷画家ゴヤは見た■私たちはどんな時代に生きているのか?  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2009年01月02日 01:58
あけましておめでとうございます!1日に見た。つまり2009年最初に見た映画は「宮廷画家ゴヤは見た」。異端審問のスペイン、フランス革命に続くナポレオンの台頭によりスペイン自体も大きく激動の時代に入っていく。そのような時代を描くことは映画作家としては実にやりが...
58. 宮廷画家ゴヤは見た  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年03月11日 05:27
それは、立ち入り禁止の、愛。
59. 「宮廷画家ゴヤは見た」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2009年04月30日 10:02
見応えのある作品でした
60. 宮廷画家ゴヤは見た  [ レンタルだけど映画好き ]   2009年05月09日 01:52
それは、立ち入り禁止の、愛。 2006年 アメリカ/スペイン  日本公開日2008/10/04  レンタル開始日2009/04/22 宮廷画家ゴヤは見た 監督 ミロス・フォアマン 脚本 ミロス・フォアマン/ジャン=クロード・カリエール 出演 ハビエル・バルデム/ ナタリ...
61. 「宮廷画家ゴヤは見た」(GOYA'S GHOSTS)  [ シネマ・ワンダーランド ]   2009年05月09日 20:49
米国の反体制活動を作品に象徴させた「カッコーの巣の上で」(1975年)や、反戦ミュージカル「ヘアー」(79年)、モーツアルトの半生を描いた「アマデウス」(84年)などの作品で知られる旧チェコスロバキア出身のオスカー受賞米映画監督、ミロス・フォアマン(77...
62. 宮廷画家ゴヤは見た  [ いやいやえん ]   2009年05月10日 21:44
宮廷画家ゴヤ彼の絵のモデルになった娘と神父が、それぞれヨーロッパの激動の歴史のなかで翻弄されていく様を描いた物語。 当時の協会は異端審問で無実のものも投獄していた。 宮廷画家として活躍中のゴヤは、一方で教会からはあまりよく思われない風刺画なんかも描いて...
63. 静かなゴヤ  [ Akira's VOICE ]   2009年05月12日 17:44
「宮廷画家ゴヤは見た」 「クワイエットルームにようこそ」
64. 宮廷画家ゴヤは見た  [ いつか深夜特急に乗って ]   2009年05月12日 21:17
製作年:2006年 製作国:アメリカ/スペイン 監 督:ミロ
65. 宮廷画家ゴヤは見た  [ あず沙の映画レビュー・ノート ]   2009年05月28日 10:31
2006 アメリカ スペイン 洋画 ドラマ 文芸・史劇 作品のイメージ:切ない、ためになる 出演:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド ストーリー展開はそれほど複雑ではなく、時代に翻弄された二人の男女の運命がゴヤ...
66.  宮廷画家ゴヤは見た  [ こんな映画見ました〜 ]   2009年05月28日 23:21
『 宮廷画家ゴヤは見た 』 ---GOYA'S GHOSTS--- 2006年(アメリカ/スペイン) 監督:ミロス・フォアマン 出演: ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド 時は18世紀末、スペイン国王カルロス4世の宮廷画家に任命されたフランシスコ・...
67. 宮廷画家ゴヤは見た  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2009年06月27日 00:21
宮廷画家ゴヤは見た [DVD] ¥3,797 Amazon.co.jp 18世紀末のスペイン。画家としての名声を得ており、宮廷画家に任命されてもいたゴヤは、一方で、権力批判と社会風刺に富んだ作品も精力的に制作していました。彼が、手がけた2枚の肖像画のモデル。裕福な商人...
68. 宮廷画家ゴヤは見た  [ Kaz.Log Cinema ]   2009年08月02日 00:03
=== 演技も演出もサスガです  『宮廷画家ゴヤは見た』 2006 === {{{: 【宮廷画家ゴヤは見た】 GOYA'S GHOSTS 2006 アメリカ・スペイン '''監督・脚本''' ミロス・フォアマン    '''製作総指揮''...
69. 宮廷画家ゴヤは見た  [ Blossom ]   2009年08月23日 21:02
宮廷画家ゴヤは見た GOYA'S GHOSTS 監督 ミロス・フォアマン 出演 ハビエル・バルデム ナタリー・ポートマン ステラン・スカルスガルド ??.
70. mini review 09372「宮廷画家ゴヤは見た」★★★★★★★☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2009年08月29日 05:19
アカデミー賞監督賞などを受賞したミロス・フォアマン監督が、スペインの天才画家ゴヤの目を通して人間の真実、愛の本質を見つめた感動作。ゴヤが描いた2枚の肖像画のモデルたちがたどる数奇な運命を、18世紀末から19世紀前半の動乱のスペイン史を背景に描く。『ノーカントリ...
71. 【映画】宮廷画家ゴヤは見た…ナタリーは微妙。スペインは怖い。  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2009年08月30日 22:45
今朝{/kaeru_fine/}{/hiyoko_cloud/}は朝一番から投票に行ってまいりました。 投票開始時間に行ったのは初めてで、投票箱チェックも初めて見ましたよ(残念ながらチェックしたのは私じゃなかったんですけどね{/face_acha/}) で、その後「仮面ライダーディケイド」の最終回を...
72. 映画「宮廷画家ゴヤは見た」  [ <花>の本と映画の感想 ]   2009年11月04日 21:22
宮廷画家ゴヤは見た 監督 ミロス・フォアマン 出演 ハビエル・バルデム, ナタリー・ポートマン, ステラン・スカルスガルド 2006年 宮廷画家ゴヤは見た [DVD] ¥3,930 ...
73. 宮廷画家ゴヤは見た  [ 小部屋日記 ]   2010年08月27日 16:36
Goya's Ghosts(2006/スペイン・アメリカ)【DVD】 監督:ミロス・フォアマン 出演:ハビエル・バルデム/ナタリー・ポートマン/ステラン・スカルスガルド/ランディ・クエイド/ホセ・ルイス・ゴメス/ミシェル・ロンズデール それは、立ち入り禁止の、愛 ゴヤというと...
74. 【DVD】『宮廷画家ゴヤは見た』(2006)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   2010年09月01日 21:00
原題:GOYA'SGHOSTS監督:ミロス・フォアマン出演:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ホセ・ルイス・ゴメス、ミシェル・ロン...
75. 映画『宮廷画家ゴヤは見た』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2010年12月23日 17:11
83.宮廷画家ゴヤは見た■原題:Goya'sGhosts■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:114分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:10月4日、渋谷東急(渋谷)□監督・脚本:ミロス・フ...