2009年02月18日

ビッグ・フィッシュ

ビッグ・フィッシュ
 コチラの「ビッグ・フィッシュ」は、ちょこっと出演もしているダニエル・ウォレスの「ビッグ・フィッシュ 父と息子のものがたり」をティム・バートン監督が映画化したヒューマン・ファンタジーです。主演は、ユアン・マクレガー。確かに、このお話だったらジョニデってワケにはいかないですよねぇ〜。

 まぁ、ヘレナ・ボナム=カーターが出ているから、やっぱりバートン印かな?( ´艸`) でも、ちょっとバートン色は薄い印象を受けました。そこは、バートン監督の世界観を好きかどうかによっても、評価が分かれるところかな?と思いますが、あたし的にはちょっと淋しい感じはしたかなぁ〜。

 でも、お話としては結構いいお話で、ちょっと「ウォルター少年と、夏の休日」っぽい感じもしたのですが、あたしはあっちの方が好きかなぁ。自分の若い頃(ユアン・マクレガー)のお話をみんなに話して聞かせるのが好きなエドワード・ブルーム(アルバート・フィニー)。

 そんな父親を少し疎ましく思っている息子のウィル(ビリー・クラダップ)。父と息子の確執と絆を感動的に描いているのだけど、そりゃ〜子供ならまだしも、親になろうとしているような年齢になってしまったら、「もういい加減にして!子供じゃないんだし!」って思ってしまう気持ちの方が分かるもの〜。

 けど、最後の父親にお話をしてあげたウィルは、と〜っても感動的でした。もちろん、事実を話すんじゃつまらない。面白おかしく脚色して、聞く方を楽しませたいという姿勢はいいことだと思いますし、小さな子にはそうゆう夢のあるお話をしてあげられたら、素敵だなぁ〜とは思うんですけどね。

 それに、ユアンのパートのファンタジックな映像は良かったですし、決して嫌いじゃないけど、あんまりハマれなかったかもしれません。ちょっと切ないけど、ハートウォーミングな大人ファンタジー。いいんだけどなぁ〜。悪くないんだけどなぁ〜。あたしにはちょっと切なすぎたかなぁ〜。

 ウィルの母親(ジェシカ・ラング)の若かりし頃を演じているのが、「秘密のかけら」、「悲しみが乾くまで」のアリソン・ローマン。

 そして、ウィルの妻を演じているのが「プロヴァンスの贈りもの」、「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のマリオン・コティヤールと、結構豪華なキャスト。

 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」じゃないけど、ミュージカルにしても良かったかな?と思ってしまうようなお話でした。ユアンに歌って欲しかっただけかも?(´▽`*)アハハ

◆ title: BIG FISH(2003/アメリカ)
◆ date: 2009.02.11
◆ director: Tim Burton
◆ performer: Ewan McGregor/Albert Finney/Billy Crudup/Jessica Lange/Helena Bonham Carter/Alison Lohman/Robert Guillaume/Marion Cotillard/Matthew McGrory/Missi Pyle/Steve Buscemi/Danny DeVito/Daniel Wallace

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG     

この記事へのコメント

1. Posted by にゃむばなな   2009年02月18日 21:12
『猿の惑星』で失敗したティム・バートンの復活に向けてのリハビリ作というイメージが強かった映画でした。

確かちょうどこの頃ティム・バートンはリサ・マリーと別れて、ヘレナ・ボトム・カーターと一緒になったはず。
だから幸せすぎていつものダークさが出てなかったと思います。
2. Posted by miyu   2009年02月18日 21:20
>にゃむばななさん
その「猿の惑星」が出会いなんかな?
ヘレナ・ボナム・カーターとの出会いは。
そっかぁ〜でもこの頃は幸せすぎたんでしょうかね〜( ´艸`)
3. Posted by manimani   2009年02月18日 21:27
TBどうも〜
ワタシは好きですねこれ。
ティム・バートンだっていつも同じようなテイストで勝負する必要はないわけで、こういうのが撮れるというのもステキな資質だと思いますね。
猿の惑星だって失敗とは思えないんですよね〜あのヘレナ・ボナム猿のはにかみ顔を思い出すと(笑)
4. Posted by miyu   2009年02月18日 21:30
>manimaniさん
そうですよね〜。
おっしゃる通りいつも同じ作風である必要はないですよね。
あくまであたしが勝手に期待しただけなんでしょうね。
5. Posted by 悠雅   2009年02月18日 21:46
こんばんは〜♪
イマイチ、乗り切れなかったですか。たまにはそんなこともありますよね。
わたしはコレ、好きなんですよ。
ティム・バートン作品は、はっきり合わないものもあるので、
逆にこれくらいの温かさのほうが好きなんでしょうね。
6. Posted by miyu   2009年02月18日 21:53
>悠雅さん
確かにもともとは合わない方にはかえっていいのかもしれませんよね。
でも、悪い映画だとは思いませんでしたよ。
いい映画だと思います。
7. Posted by 苗坊   2009年02月18日 22:11
こんばんわ。TBとカキコありがとうございました。
折角カキコいただいたのですが、ちょっとストーリーを忘れかけています…^^;
でも、父親の話は好きだったのは覚えてます。
好きな作品です。
ティムバートンの作品だったんですよね。
私、ずっと気付きませんでした。
確かにバートン色は薄いかもです。そして確かにジョニーデップでは出来ないですよね^^;
8. Posted by Kaz.   2009年02月18日 22:13
色彩が豊か過ぎるよなぁ〜、綺麗な映像なんだけど。(・ω・)bグッ
バートン色としては、やっぱダークな方が好みだけど、こういう人間賛歌もアリですなぁ〜〜〜。(・ω・)bグッ
9. Posted by miyu   2009年02月18日 22:22
>苗坊さん
こちらこそありがとう。
うふふ、ジョニデは出てなかったですね〜。
でも、これは彼には合わないお話でしたものね。
ユアンで良かったけど、ちょっとティム・バートン監督らしさは
感じられない作品でした。

>Kaz.さん
そうですね。
ティム・バートン監督のダークさは感じられませんでしたものね。
でも、素敵なお話でしたね。
10. Posted by sakurai   2009年02月19日 08:14
これはものすごく好きな映画でした。
実際、ティム・バートンが親との和解のために作ったとか言われてましたが、バートンが親になって、親とはどうあるべきか!ということがわかって作ることができた・・・見たいなことが当時言われてました。
どっちかというと、女性より、男性の方にガツンと来た!と聞こえてきました。
アルバート・フィニーはこういうお父さん役がぴったりでしたね。
昔、昔のレビュー、貼っつけておきます。
11. Posted by miyu   2009年02月19日 10:08
>sakuraiさん
以前のレビュー拝読しました。
ぐちゃぐちゃ考えずに観たらよかったのかもしれませんね。
おっしゃるようにひょっとしたら男性の方が
ガツンと来るのかもしれませんね。
12. Posted by ゆかりん   2009年02月19日 12:41
こんにちは♪
確かにバートン色は薄いかもしれませんね。
でも雰囲気が良かったので好きです。
結構前に観たのでまた観たくなりました〜
13. Posted by miyu   2009年02月19日 13:06
>ゆかりんさん
あ〜これも見直すとまた違う印象を受けるかもしれませんね。
あたしもしばらくしたらまた見直してみようかなぁ〜。
14. Posted by にげら   2009年02月19日 20:59
あははは・・・・ユアンに歌ってほしかった?
これは知らなかった映画です。
バートンさんのは、ファンタジーでもちょっと辛口っていうイメージがあるんだけどなぁ。これはハートウォーミングなのね。
・・にしてもほんと豪華なキャストだわ。。
15. Posted by miyu   2009年02月19日 21:02
>にげらさん
そうなんですよね〜。
ピリリと辛口ファンタジーがバートン印だと思ってるので、
ハートウォーミングで正統派過ぎな印象を受けてしまいました。
まっさらな状態で観たら、ひょっとしたらもうちょっと
ハマれたかもしれません。
16. Posted by sakurai   2009年08月19日 14:11
HPの方から、移動させたので、再度TBさせたみたいで、スイマセンね。
お手数かけました。

指輪っすか、いいっすね。あたしは持ってないですよ。20数年、なくてきましたが、ときどきあってもよかったなあと思うときもしばしば。
大事にしてくださいね。
うちの姉は、妊娠中にむくんで、はずせなくなって、119呼んで、ばっちんと切って終わってしまったそうです。
なので、おなかおっきくなったら、はずした方が無難かもよ。
って、まだ先の話か。
17. Posted by miyu   2009年08月19日 15:14
>sakuraiさん
いえいえ、こちらこそお手数をお掛けしましたです。
そっかぁ〜!やっぱり結婚指輪ってなしでもいいんですよね。
うちもそうしようと思ったのですが、
まぁ式で必要なので、どうせならって感じです。
一応サイズは変更出来るように、
最初はコンビと迷ったのですが、コンビはサイズ変更出来ないとの
ことだったので、変更可能なのにしました♪
18. Posted by ETCマンツーマン英会話   2013年01月07日 21:29
南部アメリカが舞台の映画を中心に見ています。「ウォルター少年と、夏の休日」はテキサスが舞台なんですね。ぜひ見てみたいとおもいます。
19. Posted by miyu   2013年01月09日 08:24
>ETCマンツーマン英会話さん
はじめまして。
ですよね?('-'*)エヘ
南部アメリカですかぁ。
ぱっと思い浮かぶものがあまりないのですが、
「ウォルター少年と、夏の休日」は良かったです♪
20. Posted by ETCマンツーマン英会話   2013年01月10日 11:00
miyuさん、お返事ありがとうございます。

南部アメリカの映画、結構有名な映画が結構あることに気がつきました。「フォレストガンプ」→アラバマ州、「グリーンマイル」→ルイジアナ州、「JFK」→テキサス州/ルイジアナ州、「ベンジャミンバトン」→ルイジアナ州など等。

「ウォルター少年と、夏の休日」冒頭部部を見てみました。ウォルター少年のお母さんが南部アメリカ英語全開でいい感じです。早速全編見てみます。
21. Posted by miyu   2013年01月11日 17:41
>ETCマンツーマン英会話さん
こちらこそありがとうございます。
なるほど、言われてみれば、ですが、
結構ありますよね。
時代物だとなお多いかなと、思います。
「ウォルター少年と、夏の休日」いい感じで良かったです♪
22. Posted by 間諜X72   2013年03月30日 22:02
いい映画ですね・・・。
父親と息子。結婚式でいろいろ作り話。みんなが拍手喝采。
でも息子に言わせれば「父親の為の式ではない!」
そして絶縁状態。だけど3年後に重病の父親。
いろいろ調べる息子。
まんざら作り話ばかりではない。
息子が父親の為に作り話。そして永遠の別れ。
切なかったです・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ビッグ・フィッシュ(’03・米)  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2009年02月18日 21:15
原題:Big Fish主人公ウィル(ビリー・クラダップBilly Crudup)は社交的で人気者の父エドワード(アルバート・フィニ−Albert Finney)の身の上話が嫌いだ。何故なら、その話は荒唐無稽で信じ難い物ばかりだから。ウィルの気持ちを例えるなら、明石家さんまは見ていて...
2. ティム・バートン「ビッグ・フィッシュ」  [ Mani_Mani ]   2009年02月18日 21:25
ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディションソニー・ピクチャーズエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 2003アメリカ 監督:ティム・バートン 原作:ダニエル・ウォレス 音楽:ダニー・エルフマン 出演:ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー、ビリー・...
3. ビッグ・フィッシュ  [ 悠雅的生活 ]   2009年02月18日 21:42
ほら吹きの父が語った物語は…
4. ビッグ・フィッシュ  [ Blossom ]   2009年02月18日 21:42
ビッグ・フィッシュ BIG FISH 監督 ティム・バートン 出演 ユアン・マクレガー アルバート・フィニー     ヘレナ・ボナム=カータ??.
5. 『ビッグ・フィッシュ』(2003)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2009年02月18日 21:49
父親は自分の人生をいつも面白おかしく語って聞かせるが、出生の瞬間から他人と違い、幼い頃に魔女と出会って自分の死に方を聞き、生まれ故郷ではスター扱いされ、やがて心優しい巨人と出会って旅立ち、その最中に不思議な街にさ迷い込む。サーカスで働いて不思議な体験をし...
6. 「ビッグ・フィッシュ」で心優しい巨人死去  [ 映画と秋葉原と日記 ]   2009年02月18日 22:05
ユアン・マクレガー(スターウォーズでオビワン・ケノーを演じる)が主演でティム・バートン監督作品「ビッグ・フィッシュ」で心優しい巨人を演じた身長210メートル以上の米俳優マシュー・マッグローリーさんが8月9日、ロサンゼルスの自宅で亡くなられていたそうです。
7. BIG FISH  [ 苗坊の徒然日記 ]   2009年02月18日 22:06
5 ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション オススメ! 出産間近の妻とパリで幸せに暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。 彼の父エドワードは自分の人生を幻想的でマジカルな話として語り、聞く人を魅了し楽しい気分にさせる名人だった。 ウィルも子どもの頃は...
8. 映画『ビッグ・フィッシュ』(お薦め度★★★)  [ erabu ]   2009年02月18日 23:01
監督、ティム=バートン。原作、ダニエル=ウォレス『ビッグフィッシュ 父と息子のも
9. 「ビッグ・フィッシュ」 (BIG FISH)  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年02月18日 23:16
ユアン・マクレガー主演のファンタジー・ドラマ。 どこまでホントの話か作り話かわからないお父さんの昔話。 笑いあり、涙あり、感動あり・・・ やっと最期の時となって、お父さんの素晴らしさに気づいた息子。 ユアン・マクレガーの一人舞台みたいだね。 これは・・・とい...
10. 『ビック・フィッシュ』 big talk  [ *モナミ* ]   2009年02月18日 23:35
ファンタジー好きとしては、見ておかなければ!と意気込んで見た映画です。 『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』も大好きだしね。 ただ、意気込みすぎたのか…前半、ファンタジーが繰り広げられるところが、 イマイチのめり込めなかった。 とっぴだとかそういう...
11. ビッグ・フィッシュ  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2009年02月19日 00:17
ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [DVD]◆プチレビュー◆バートン監督得意の毒気は薄いが、作品の質が落ちたわけではないので、バートン映画初心者にもおすすめ。 自分の人生をおとぎ話のように語る父親エドワード。子供の頃は楽しかったその話も大人になった...
12. 映画『ビッグ・フィッシュ』  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2009年02月19日 00:25
原題:Big Fish  ??父と息子のファンタジーワールド?? ティム・バートン監督の最高傑作といって間違いないと言いたい。ファンタスティックな感動作品で文句の付けようもない。ジャーナリストのウィル(ビリー・クラダップ)とジョセフィーン(マリオン・コティヤール...
13. ビッグ・フィッシュ  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2009年02月19日 06:58
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション ホラ話ばかりする父親エドワード。そのホラ話は、周囲の人を幸せにしていたのですが、息子のウィルは、そんな父親を疎ましく感じ、受け容れられずにいました。けれど、父
14. ビッグフィッシュ  [ シネマ日記 ]   2009年02月19日 09:20
ティムバートンの映画で好きなのは「バットマン」あのゴッサムシティの暗さがいい感じ。そして、「チャーリーとチョコレート工場」子供向けほのぼの映画かと思ったらあの毒っ気が良かった。そして、この「ビッグフィッシュ」。多分、バートン作品の中からこの3作品を選ぶの...
15. ビッグフィッシュ(DVD)  [ ひるめし。 ]   2009年02月19日 11:06
CAST:ユアン・マクレガー 他 ■アメリカ産 125分 ずっと観たい映画でやっと借りれた。 期待してたより、そんなには感動しなかったけれども。 ラストの息子がお父さんに話をしているのはちょっとジーンってきました。 ホラ話の映像はキレイで特に一面に黄色い水仙がよ...
16. ビッグ・フィッシュ  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年02月19日 12:38
ホラ話ばかりしている男が本当につくり話の世界の人になってしまったお話。または、子供のころから作り話を聞いてきた息子が父の最期をステキなつくり話にしてあげたお話・・・? ティム・バートン作品にユアン・マクレガーが出ているので見てみたんですがね。最初はあ...
17. 『ビッグ・フィッシュ』  [ La.La.La ]   2009年02月19日 19:16
 制作年:2003年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:125分  原題:BIG FISH COLLECTOR'S EDITION  配給:ソニー・ピクチャーズ  監督:ティム・バートン  主演:ユアン・マクレガー      アルバート・フィニー / ビリー・クラダッ...
18. ビッグ・フィッシュ  [ そーれりぽーと ]   2009年02月19日 20:56
過去ログ ★★★★★ ハリウッドでは「ティム・バートン監督が大人になった」等と話題を集めていたので、一ファンとしてどういう意味なのかかなり期待してました。内容に触れるとこの映画にかけられた魔法が解けてしまうのであえて全く触れ無いことにします。とにかく観て、...
19. 「ビッグ・フィッシュ」  [ キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜 ]   2009年02月19日 20:58
巡回セールスマンの父親は、確かにとんでもないほら吹きだったのかもしれない。 だがたった一つ、彼の人生で間違いなく真実だったのは、彼が心から愛する美しい娘を妻にしたということ。 ジェシカ・ラングが美しい。 本当の美女は60歳になっても70歳になってもどこかしら、...
20. ビック・フィッシュ  [ 2009 映画観てきましたっ! ]   2009年02月19日 21:03
内容はともあれ ブシェイミに会えたから・・・いいや。
21. ビッグ・フィッシュ  [ シェイクで乾杯! ]   2009年02月19日 21:54
 「シザー・ハンズ」「スリーピーホロウ」のティム・バートン監督らしい、独特のファンタジーでした。
22. 「ビック・フィッシュ」  [ the borderland  ]   2009年02月19日 23:03
【ネタバレです】 ほら吹きの父親エドワード(アルバート・フィニー&ユアン・マクレガー)に愛想つかした息子ウィル。父の死期が近づき、本当の姿を知りたいと願うが・・・ 父親の脚色に包まれたちょっと不思議な話の真実(大げさなもんじゃないけど)が回想シーンと...
23. 「ビッグ・フィッシュ」で心優しい巨人死去  [ 映画と秋葉原と日記 ]   2009年02月21日 16:21
ユアン・マクレガー(スターウォーズでオビワン・ケノーを演じる)が主演でティム・バートン監督作品「ビッグ・フィッシュ」で心優しい巨人を演じた身長210メートル以上の米俳優マシュー・マッグローリーさんが8月9日、ロサンゼルスの自宅で亡くなられていたそうです。
24. ビッグ・フィッシュ  [ MneMe fragments ]   2009年02月22日 03:09
ビッグ・フィッシュ 魔女に大男。幻という名の町。ハート型の双子の歌うたい。サーカス。そして、恋をした瞬間。この映画には子供の頃に呼んだ本に出てくる不思議なもので一杯だ。 でも、幻想に溺れる快楽、それだけに終始していない。息子の口から物語が紡がれるそ...
25. ビッグ・フィッシュ(DVD)  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2009年02月22日 23:26
4 ホラ話しかしない父親の本当の姿を求めた、息子が出会う真実。 自分の人生をお伽話のように語る男と、彼の家族との絆を描いた感動作です。 物語:自分の人生をお伽話のように人々に語り続ける有名な男、エドワード・ブルーム(アルバート・フィニー)。未来を予見する魔女...
26. ビッグ・フィッシュ  [ 映画、言いたい放題! ]   2009年02月22日 23:33
ティム・バートンてたまに観ると面白いし、いい映画もあるけれど そんなに好きではありません。 ユアン・マクレガーも好きではありません。 「親子の確執もの」が観たくて レンタルビデオ屋半額デーの日に「父、帰る 」という作品と迷って 「父、帰る 」を観たので...
27. ビッグ・フィッシュ  [ 空想俳人日記 ]   2009年02月23日 07:57
魚買い 釣り上げた餌 でかい夢   「チャーリーとチョコレート工場」でチャーリーから「ネバーランド」を思い出すように、ティム・バートンから「ビッグ・フィッシュ」を思い出した。  そういやあ、ジェシカ・ラングが出てましたなあ。「女優フランシス」はよかっ...
28. ビッグ・フィッシュ (2003) BIG FISH 125分  [ 極私的映画論+α ]   2009年04月24日 06:46
 出産間近の妻とパリで幸せに暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。彼の父エドワードは自分の人生を幻想的でマジカルな話として語り、聞く人を魅了し楽しい気分にさせる名人だった。 ウィルも子どもの頃はそんな父の話を聞くのが大好きだった。しかし3年前の自分の結...
29. ビッグ・フィッシュ  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2010年01月10日 21:49
その大切さに気づいたのは、最期のときだった。
30. ビッグ・フィッシュ  [ しーの映画たわごと ]   2010年07月21日 08:56
もしかすると、ティムバートンは多才なのかもと思った作品。非常に楽しめた。合う合わないで言うなら、こういう方面(ハートフルヒューマン系ファンタジー)ならこれからも観てみようかと思う。
31. ビッグ・フィッシュ  [ むーびーふぁんたすてぃっく ]   2010年08月09日 15:22
ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [DVD] 「ビッグ・フィッシュ - Big Fish -」 感想 父と息子の和解 子どものころ父親ギ..