2009年03月28日

ダウト〜あるカトリック学校で〜

ダウト〜あるカトリック学校で〜
 『それは、人の心に落とされた「疑惑」という名の一滴の毒…
 神聖なはずのカトリック学校で、
 何が起こったのか?
 トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、
 衝撃の映画化。


 コチラの「ダウト〜あるカトリック学校で〜」は、1964年のNYブロンクスのカトリック学校を舞台に、人間の心に巣食う”疑惑<ダウト>”という闇をスリリングに描き出した豪華アンサンブル・キャストによる3/7公開のヒューマン・サスペンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪

 第81回アカデミー賞で、主演のメリル・ストリープをはじめ、共演のフィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィスがノミネートされた本作。なもんで、当然彼らの演技に注目してしまうところ。

 しかも、厳格な校長シスター・アロイシス(メリル・ストリープ)と、学校唯一の黒人男子生徒とのあるまじき関係を彼女に疑われるフリン神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)の互いの本性を暴こうとするバトルだなんて、そりゃ〜もう期待するな!って方が、無理ってもんでしょ〜( ´艸`)

 だけど!コレは単純に面白い!すんげぇ興味深い内容でした!サスガ!トニー賞&ピューリッツァー賞をW受賞した舞台劇の原作戯曲を手掛けたジョン・パトリック・シャンリー自らが、脚本そして監督もしただけあって、見応えた〜っぷりな映画に仕上がってますね〜。フリン神父の「疑惑」、「噂」、「不寛容」についての説教も、とても分かりやすく、それでいてレトリックとして効いてくるのね〜。

 キャストの演技は、もう言うことなし!みんなアカデミー賞にノミネートされただけのことはあるわ〜。メリルもPSHも観ているだけで、震えが起こるような演技を見せつけてくれるし、特に2人のバトルは見もの!ミラー夫人(ヴィオラ・デイヴィス)なんて、出番こそは少ないものの、サスガ!評価されるだけのことはある素晴らしい演技だったもの〜。

 内容に関しては、出来るだけ予備知識なくご覧になられる方がいい作品だと思いますね。どう感じるか、それは人それぞれの受け取り方にもよるだろうから、あえて他の方の感想など読む前に、自分なりに色々と考えたり、思いを馳せたりする方がいいと思うんですよね。映画を観ただけではあえて判断のつかないような描かれ方をしているのも面白いところで、それこそ観る者さえ、”疑惑<ダウト>”の闇の深さに翻弄されてしまうようなお話なんだもの。

 ”疑惑<ダウト>”は、芽生えてしまったらなかなか消すことが出来ない恐ろしいもの。でも、他人に向けた”疑惑<ダウト>”は、自らに向かってしまうことがあるのですね。”疑惑<ダウト>”をひとたび抱いてしまったら、生きていくことすら、眠ることすら出来なくなってしまう。人を信じることが難しい世の中、それでも人は”疑惑<ダウト>”を抱かずに、生きていくことは出来るのか?考え出したら、キリがない(/ω\) いやぁ〜!面白かったです!

 公式サイトはコチラ

◆ title: DOUBT(2008/アメリカ)
◆ date: 2009.03.25
◆ director: John Patrick Shanley
◆ performer: Meryl Streep/Philip Seymour Hoffman/Amy Adams/Viola Davis

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG     

この記事へのコメント

1. Posted by にゃむばなな   2009年03月28日 21:04
役者の演技だけで見せる映画を久しぶりに見た!って感じでしたね。
とにかく4人の俳優が織り成す演技バトルが素晴らしいの一言。

役者魂をとことん見させてもらった作品でしたよ。
2. Posted by miyu   2009年03月28日 21:18
>にゃむばななさん
ですね〜。これだけシンプルに、それでいて見応えのある
作品に仕上げるとなると、役者のそのままの演技力が
問われてしまいますものね〜。
本当演技バトル、素晴らしかったです!
でも、それだけでないのも良かったですよね。
お話自体、とっても興味深いものでした。
3. Posted by rose_chocolat   2009年03月28日 21:29
あ、★5つ! 
これ、メインキャスト3人の心を読むのが観客・・・みたいな設定なのかなーとも思えますよね。
観る側がどうとでも解釈できるところも、俳優陣の演技がうまかったからなのでしょうね。
4. Posted by miyu   2009年03月28日 21:33
>rose_chocolatさん
えへへ、これはあたし的には満点!です。
確かに、キャストの演技も素晴らしかったですし、
そういった観客を巻き込んだ演出、脚本も見事だったと思います。
5. Posted by かのん   2009年03月28日 22:44
確かにどういう視点で観るかによって印象は大きく変わるかもしれませんよね。さらに先入観や思い込みがあったりすると、とんでもなく翻弄されそうです。

ある人は一度疑いだすときりがないというのはとてもシンプルなテーマですが、それを観ている人にそのまま体感させてくれるような作品でしたね。
6. Posted by miyu   2009年03月28日 22:58
>かのんさん
確かにテーマとしてはシンプルですが、
なかなか深みの感じられる作品に仕上がってましたよね〜。
それにおっしゃるように体感できましたもの。
人それぞれの立場によって見方が分かれるかもしれませんね。
7. Posted by とらねこ   2009年03月29日 00:17
miyuさん、こんばんは♪
おおっ!miyuさん、満点ですか〜♪
本当、これは凄く面白かったですよねー!
舞台劇って、映画に較べたらすごくギュギュっと面白さが詰まっているものなのかもしれませんが、自分はこういうミニマリズムがすごく好きなんです〜!
miyuさんの評価が高くって、すごく嬉しいです!
8. Posted by miyu   2009年03月29日 00:26
>とらねこさん
これは面白い!と大興奮でしたので、満点つけました。
意外とそこまで皆さんお好きではないようですが、
あたしはとってもハマりましたね〜。
なもんで、あたしもとらねこさんの記事を読んでいて
嬉しくなったんですよ〜♪
9. Posted by ひろちゃん   2009年03月29日 00:51
miyuさん、こんばんは〜♪
おお!★5つだあ〜〜
私も満点にしようかと思ったくらい
好きな作品でした♪
4人の演技バトルだけとっても
素晴らしかったですよね(^_-)-☆
確かに、どう感じるかは、人それぞれなので
予備知識なしで観たほうがいい作品
ですね(^_-)-☆
本当に面白かったあ♪

10. Posted by miyu   2009年03月29日 00:57
>ひろちゃん
そうなんだよね〜。
感じ方によって見えてくるものも違うように思うから
自分なりに感じながら観たい作品だよね〜。
本当演技も素晴らしかったですよね!
11. Posted by ともや   2009年03月29日 04:53
こんばんは、miyuさん♪
時代設定も秀逸なんでしょうね。
黒人が普通に生活できなかった時代。
それを逆手に取って何かをしているのかもしれない神父。
息子が生きていけるなら、それさえも容認する母。
たとえ目上の人間でも不正を許せない校長。

いろいろな思惑の応酬がこんなに面白いのは、さすがに練られた脚本の妙ですね。
これはオリジナルの舞台もちょっと観てみたくなる作品でしたわん♪
12. Posted by miyu   2009年03月29日 08:48
>ともやさん
でしたね〜。
当時だったからこそのお話でもありますものね〜。
人種、そして性的志向もそうですよね。
おっしゃるように色んな思惑の絡み合うバトルは
本当に見応えのある素晴らしい脚本だったと思います。
激しいバトルもそうでないバトルも
内に秘められた熱さが伝わってきましたものね〜。
13. Posted by mezzotint   2009年03月29日 10:49
miyuさま
こんにちは!
すみません<(_ _)>間違って他の記事まで
TBしちゃいました(汗)削除宜しくです。
メリルの陰湿シスター、なかなか良かったですね。それにしても憶測だけでの決めつけって
怖いですよね。いつもありがとうございます。
14. Posted by miyu   2009年03月29日 10:57
>mezzotintさん
おはようございます〜。
あ、トラバの件了解です〜。
こちらこそいつもありがとうございます。
メリル本当凄かったですよね。
圧倒されちゃいました。
15. Posted by kira   2009年03月29日 10:58
こんにちは!
TB,有難う♪
なかなか観たい作品がなかったというか、
久々の洋画でした(^^ゞ

新しいものを受け入れる神父vs厳格なシスター。
箸の上げ下ろしにまで気を使うエイミーが気の毒だったわねぇ(^^;
16. Posted by miyu   2009年03月29日 11:12
>kiraさん
こんにちは〜♪
そっかぁ〜そういえばkiraさんの洋画レビューは
久し振りだったかもしれませんね〜。
とっても見応えのある映画でしたよね〜。
17. Posted by ぷくちゃん   2009年03月30日 06:25
いやいや、面白かったですよね。あれは本当はどうだったのかな?神父はむふふなのか・・・

それにしても緊迫感あふれ、手に汗握るとはこのことでしょうか?息苦しいくらいでした。
18. Posted by miyu   2009年03月30日 06:54
>ぷくちゃん
にゃはは、そこはそれこそ神のみぞ知るってところ
ですよね〜。ぷくちゃんはどう思いましたか〜?
本当息苦しいぐらいの緊迫感でしたよね〜。
19. Posted by にげら   2009年03月30日 19:29
メリル・ストリープ&フィリップ・シーモア・ホフマンだもの、面白いはずでしょうね。
これは見たい。心理的にきそう・・・・
こっちでは今時点では、上映していないのだけど、遅れてきたら見にいこっとーー。
予備知識なしに見ることですね。
わかりました〜。是非、来て欲しい!
20. Posted by Kaz.   2009年03月30日 20:38
おぉ、ご覧でしたか!?

んん〜〜、やはり演技合戦は観る価値アリかァ。
と言うか、物語としてもかなりおもしろそうやねぇ〜。

心理ドラマですな?
サスペンス&謎解きも楽しめるかな?
21. Posted by マリー   2009年03月30日 21:04
お〜〜miyuさん!★5つ!!大好き!ですね?

やっぱりなぁ・・・
東京で予告を観て、コレ絶対観ようと思ったら・・・公開ないの(涙)

あああ観たい。
22. Posted by miyu   2009年03月30日 21:09
>にげらさん
でしょ?このキャストでつまらないワケがないですよね〜♪
その期待を裏切らない面白さでしたもの〜。
そっかぁ〜そちらでは上映ないのかなぁ?
遅れてでもコレは映画館で観て欲しいなぁ〜。
贅沢な映画ですよ〜。

>Kaz.さん
えぇ、観ましたよ〜。
コレは見逃せませんもの〜!
そうそう、演技バトルだけでも十分観る価値あるのですが、
物語もあたしはすっごく好きなタイプのお話で、
謎解きと言うか、一緒になってものすごく考えて
しまう映画でしたよ〜。
23. Posted by miyu   2009年03月30日 21:11
>マリーさん
そう!コレは満点です〜♪
まぁ好みにもよる映画なんですが、あたしはすっごく
ハマりましたよ〜。
マリーさんの方でも上映ないのかな?
一見の価値のある映画なので、おススメなんだけどなぁ〜。
24. Posted by 真紅   2009年03月31日 00:04
miyuさん〜、こんにちは! コメ&TBありがとうございました。
レスが遅くなってごめんなさいね〜。
これは本当に見応えある映画でした! 
真相が観る者に委ねられている分、考えるのを止められない面白い映画だったと思います。
ではでは、また来ますよ〜。
25. Posted by miyu   2009年03月31日 00:07
>真紅さん
こんばんわ〜♪そんな!こちらこそありがと〜ですよ。
うんうん、本当に見応えある映画だよね〜!
コレは思わず考えちゃうよね。
で、考えれば考えるほど分からないのだけど、
それがまた面白いのよね〜。
26. Posted by    2009年03月31日 08:23
こんにちは。
「映画と本 そして コーヒー」というブログをやっている亮と申します。
この映画、面白かったですよね。
人間の心理を見事についた内容で、非常に重厚でした。
自分の心にも、疑惑が広がったら・・・
あんな行動をとっていそうです。

とても、内容が充実している記事で参考になります。
これからもよろしくお願いします。
27. Posted by miyu   2009年03月31日 14:43
>亮さん
こんにちは〜。
うんうん、重厚でとても興味深い内容の作品でしたよね〜。
こちらこそどうぞ今後ともよろしくお願いします。
28. Posted by たいむ   2009年04月23日 18:39
miyuさん、こんにちは。
やっと見られましたが、面白かったですねー。
狼少年ではないけれど、前歴があるとどうしても疑わしい目で見てしまうのは仕方がないことかなーと思うのだけど、既成事実のでっち上げまで行くと冤罪を生むんですよね。
教訓めいた内容でしたが、名俳優の対決など見応えありました!
29. Posted by miyu   2009年04月23日 19:02
>たいむさん
冤罪もそうだし、本当これは色んなことを考えさせる
興味深いテーマでしたよね〜。
色んな意味で見応えありましたね!
30. Posted by sakurai   2009年04月27日 07:51
ぞくぞくするほどうまかったですね。
見る前に、かなりの期待度で、ハードルを上げて行ったのですが、かるーーくクリア。
役者の妙を堪能しました。
ああいう俳優を見ると、半端に出てる人は、もっと勉強しろよ!と思ってしまいました。
見てて、中身的には、エドワード・ノートンを世界に知らしめた「真実の行方」を思い出しました。
あれもすさまじかったのですが、ご覧になりましたか?
31. Posted by miyu   2009年04月27日 10:25
>sakuraiさん
どうでしょう?
観た気がするのですが、あまり詳細を覚えてないんですよね。
もう1度見直すつもりで見てみてもいいかもしれませんね。
とういか、たぶんそのころ、あたしも法廷モノに
すごくハマってましたし、世間的にもハヤリだったんで、
ひょっとしたらごっちゃになってたり、
ドサクサ紛れ?で観てないかもです
32. Posted by sakurai   2009年04月27日 10:46
リチャード・ギアが弁護士かなんかで、先生兼の司祭が殺される事件を探っていくのですが、エドワード・ノートンがその生徒で容疑者。
無垢な少年を見てて、これは犯人ではない・・かも、と(見ている人も含めて)みなが思ったところに!!
あの衝撃の表情!!
あまりのエドワード・ノートンの凄さに、リチャード・ギアもすべて吹っ飛んじゃったって奴です。
33. Posted by miyu   2009年04月27日 11:40
>sakuraiさん
う〜ん、調べてはみたのですが、
さっぱり分からないのです。
観た気もするし、観てない気もする。
やっぱり観るべきでしょうかね。
34. Posted by 小米花   2009年06月16日 23:03
我が家の近くの映画館でやっとロードショーとなり、見てきました。
これ、前々から見たくて、見逃したものですから、大いに期待〜〜〜。
でも、予告の見過ぎでちょっと損した感じです・・・。
俳優の演技は素晴らしかったです。

黒人少年がなぜあんなに苦しかったという、時代の背景が欲しかったように思いました。

↑「真実の行方」私も大好きです。
miyuさん、もし未見なら是非見てほしいです。
35. Posted by miyu   2009年06月16日 23:40
>小米花さん
おぉ〜!そうでしたかぁ。
確かにもっともっと予告は情報少なくっていいですよね。
だって、このキャストだけ教えてくれたら
それでもう観に行っちゃうの確定ですもの!
あっ「真実の行方」やっぱり記憶がビミョーなので
どちらにしても観た方がいいよね?
リストに入れときました〜♪
36. Posted by 由香   2010年01月09日 14:46
こんにちは〜♪
お休み中にお邪魔します^^

この映画、コチラでは上映されなかったのでDVDを借りて観ました〜

見応えありましたね〜メリルとホフマンの口論バトル!!
私はメリルが恐ろしくて恐ろしくて、、、涙が滲みましたよ。こんな女性目をつけられたらお仕舞いだぁ〜って(笑)
37. Posted by miyu   2010年01月11日 10:53
>由香さん
あっ!そっかぁ〜!
なんで由香さんまだ観てないのかな?と思ったら
上映がなかったのね〜!納得。納得。
メリルとホフマンのバトルは見応えあったでしょう?
そうそう、恐ろしいわよね〜(´▽`*)アハハ
38. Posted by 花   2010年06月09日 21:54
メリル・ストリープのきりっとした態度、迫力がありました。
フィリップ・シーモア・ホフマンも、まけてはいません。
見ごたえのある戦いでしたね。
39. Posted by miyu   2010年06月09日 22:25
>花さん
そうなんですよね〜。
こんなすさまじい演技対決そうそう観れるもんじゃないので、
それだけでずいぶんとハマりましたね。
40. Posted by cheaphats.entzminger.us   2014年07月27日 18:13
☆彡映画鑑賞日記☆彡:ダウト〜あるカトリック学校で〜 - livedoor Blog(ブログ)
cheaphats.entzminger.us http://cheaphats.entzminger.us/
41. Posted by cheap ray bans   2014年07月27日 18:13
☆彡映画鑑賞日記☆彡:ダウト〜あるカトリック学校で〜 - livedoor Blog(ブログ)
cheap ray bans http://cheaprbglasses.workingtonafc.co.uk/
42. Posted by Cheap Caps   2014年07月27日 18:13
☆彡映画鑑賞日記☆彡:ダウト〜あるカトリック学校で〜 - livedoor Blog(ブログ)
Cheap Caps http://snapbackhat.jaynemansfield.us/
43. Posted by sac longchamp   2014年07月27日 18:13
☆彡映画鑑賞日記☆彡:ダウト〜あるカトリック学校で〜 - livedoor Blog(ブログ)
sac longchamp http://saclongchamp.navtone.net/

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ダウト〜あるカトリック学校で〜  [ めでぃあみっくす ]   2009年03月28日 21:05
疑惑を持ち続けるには確信がいる。しかし確信は不寛容を生み出す。そして不寛容は疑惑を増幅させる。 メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイビスという4人ものアカデミー賞候補者を送り出したこの作品は、カトリック学....
2. 「ダウト〜あるカトリック学校で〜」:広尾橋バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2009年03月28日 21:13
{/kaeru_en4/}この門をくぐると、どこへ行くんだ? {/hiyo_en2/}聖心インターナショナルスクールというカトリック学校。 {/kaeru_en4/}まさか、「ダウト〜あるカトリック学校で〜」の舞台じゃないよな。 {/hiyo_en2/}ここは広尾よ。あの映画の舞台はニューヨークのブロンク...
3. 「ダウト-あるカトリック学校で-」  [ ももたろうサブライ ]   2009年03月28日 21:20
監督 ジョン・パトリック・シャンレー少しあらすじ ニューヨークにあるカトリック系教会学校の校長シスター・アロイシス(メリル・ストリープ)は厳格で、生徒たちから恐れられていた。アロイシスは進歩的で柔軟な考え方を持つフリン神父(フィリップ・シーモア・ホフマ...
4. 『ダウト〜あるカトリック学校で〜』 (2008)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   2009年03月28日 21:28
原題:DOUBT監督・原作戯曲・脚本:ジョン・パトリック・シャンリィ出演:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス鑑賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公式サイトはこちら。<Story>1964年のニューヨーク。ブロンクスにあるカトリ...
5. メリル・ストリープ主演の「ダウト ??あるカトリック学校で??」を観た!  [ とんとん・にっき ]   2009年03月28日 21:35
この映画、誰が主役というのではなく、4人の俳優が個性を発揮しながら、それぞれ周到な演技で自分の役割を果たし、それが見事に噛み合ってひとつの作品となっていました。まさに「映画史に残る奇跡の競演」と絶賛される由縁です。 問題の発端は、まだ幼さの残る若い修
6. ダウト -あるカトリック学校で-/メリル・ストリープ  [ カノンな日々 ]   2009年03月28日 21:47
前々から観たいと思っていた作品ですけど、先日の今年のアカデミー賞ではこの作品とメリル・ストリープの名前が何度も出てきたこともあって、この映画はそんなにスゴイの???と期待度急上昇しちゃいました。オリジナルは舞台劇でトニー賞最優秀作品賞とピュリッツァー賞演....
7. ダウト〜あるカトリック学校で〜  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2009年03月28日 22:14
公式サイト。原題:DOUBT。 ジョン・パトリック・シャンレィ監督、メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス。力関係が神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)>>>校長(メリル・ストリープ)と説明されていたはずなのに...
8. 「ダウト あるカトリック学校で 」  [ ハピネス道 ]   2009年03月28日 22:44
JUGEMテーマ:映画&amp;#160; 主要登場人物4人がアカデミー賞にノミネートされていた本作品、惜しくも受賞までには至りませんでしたが、前評判として聞こえてくるのは、そのクオリティの高さについてのことばかり…。とても期待していました。もともとは舞台劇ということ...
9. 『ダウトーあるカトリック学校でー』  [ ラムの大通り ]   2009年03月28日 23:22
(原題:Doubt) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 -----えっ。ニャに。 今日はトランプやるの? やはりお正月はそうこなくっちゃ。 「いやいや、そうじゃないよ。 ほら、副...
10. 映画レビュー「ダウト/あるカトリック学校で」  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2009年03月28日 23:48
ダウト―疑いをめぐる寓話◆プチレビュー◆ 大量破壊兵器の疑惑に振り回された米国を強く意識させる物語。名優同士の競演は凄味がある。 【70点】 1964年のNY・ブロンクスのカトリック学校。厳格な校長シスター・アロイシスは、新米教師の目撃談から、進歩的で人望のあ....
11. ダウト あるカトリックの学校で ▲48  [ レザボアCATs ]   2009年03月29日 00:13
オフ・ブロードウェイでの演劇作品の映画化。トニー賞&ピューリッツァー賞をW受賞したという、ジョン・パトリック・シャンリィ監督。'08年。見ごたえのある台詞の応酬によって成り立っていて、思わず時間を忘れてしまった。
12. 「ダウト 〜あるカトリック学校で〜」  [ 或る日の出来事 ]   2009年03月29日 00:40
(c) 2008 Miramax Film Corp All Rights Reserved 感想は後ほど。 「マンマ・ミーア!」のメリルとは違う彼女を見られます。 (3月22日 TOHOシネマズ...
13. ★ダウト〜あるカトリック学校で〜(2008)★  [ CinemaCollection ]   2009年03月29日 00:53
DOUBT神聖なはずのカトリック学校で、何が起こったのか?トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、衝撃の映画化。上映時間105分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/03/07ジャンルドラマ/ミステリー【解説】劇作家ジョン・パトリック・シャンリ...
14. ダウト 〜あるカトリック学校で〜/ Doubt  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2009年03月29日 01:19
メリル・ストリープVSフィリップ・シーモア・ホフマンの演技対決{/ee_1/} 主演女優賞/助演男優賞/助演女優賞/助演女優賞/脚色賞 でノミネート{/ee_3/}(残念ながら全員とれず{/ase/}) 予告篇すら観ない様にして大好きなメリルの演技を楽しみにして観て来たら 思って...
15. 「ダウト ??あるカトリック学校で??」  [ みんなシネマいいのに! ]   2009年03月29日 01:40
 生徒と不適切な関係にあるのでは?と疑いをかけられた進歩的な男性聖職者と、彼を執
16. 『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』  [ Rabiovsky計画 ]   2009年03月29日 01:51
『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』公式サイト 監督・原作戯曲・脚本:ジョン・パトリック・シャンリィ 出演:メリル・ストリープ 、フィリップ・シーモア・ホフマン 、エイミー・アダムス 2008年/アメリカ/105分 おはなし Yahoo!映画 1964年...
17. ダウト〜あるカトリック学校で〜  [ ともやの映画大好きっ! ]   2009年03月29日 04:24
(原題:DOUBT) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) フェニックス映画批評家協会賞で主演女優賞を受賞。 ワシントンDC映画批評家協会賞で主演女優賞とアンサンブル映画賞を受賞。 ゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞では、それぞれ主要4部門にノミネート。 ...
18. 『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』  [ Sweet*Days** ]   2009年03月29日 07:28
監督:ジョン・パトリック・シャンリー CAST:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン 、エイミー・アダムス 他 196...
19. ダウト-あるカトリック学校で-  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2009年03月29日 09:04
1964年のニューヨークが舞台。ブロンクスにあるカトリックの学校、セント・ニコラス・スクールでは、校長のシスター・アロイシスが厳格な指導を信条に、学校を運営していました。一方、生徒の人気を集めるフリン神父は、進歩的で開かれた教会を目指していました。しかし、唯...
20. 『ダウト??あるカトリック学校で??』  [ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]   2009年03月29日 10:01
疑う奴を疑う我々を疑え? 1964年、ニューヨーク・ブロンクスにあるカトリック教会学校の校長シスター・アロイシスは、フリン神父にある疑惑を抱く。アカデミー賞に主演・助演の4人もがノミネートされた本作。俳優の演技はお墨付きだけど、この監督は知らないなぁと思っ...
21. 何が良くて何が悪いのか・・・。『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2009年03月29日 10:03
1960年代のカトリック系学校を舞台に描かれた心理サスペンスドラマです。
22. 『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2009年03月29日 10:08
□作品オフィシャルサイト 「ダウト 〜あるカトリック学校で〜」□監督・脚本・原作 ジョン・パトリック・シャンリー □キャスト メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス■鑑賞日 3月8日(日)■劇場 チネチ...
23. DOUBT 〜あるカトリック学校で〜  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年03月29日 10:41
目撃者も、証拠もないーーー                 あるのはただ「疑惑」だけ。 ダウトとは、疑惑という意です。 3月9日、京都シネマにて鑑賞。2009年の第81回アカデミー賞で、メインの出演者が賞候補にノミネートされましたが、残念ながら受賞されず...
24. 「ダウト ??あるカトリック学校で??」:疑わしきは我関せず  [ ひねくれ者と呼んでくれ ]   2009年03月29日 11:54
監督:ジョン・パトリック・シャンリー 出演:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン 米国2008年 質問:あなたはこの映画を見て考えに変化がありまし
25. ダウト 〜あるカトリック学校で〜(映画館)  [ ひるめし。 ]   2009年03月29日 12:40
神聖なはずのカトリック学校で、何が起こったのか?
26. ダウト −あるカトリック学校で−  [ そーれりぽーと ]   2009年03月29日 14:58
メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス。 主要キャストの4人が4人共アカデミー賞にノミネートされた『ダウト −あるカトリック学校で−』。 名優たちの共演を観てきました。 ★★★★ カトリックの考え云々につ...
27. ダウト あるカトリック学校で  [ いつか深夜特急に乗って ]   2009年03月29日 16:53
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:ジョン・パトリ
28. ダウト ??あるカトリック学校で??  [ 映画通の部屋 ]   2009年03月29日 18:31
「ダウト ??あるカトリック学校で??」DOUBT/製作:2008年、アメリカ 10
29. ダウト 〜あるカトリック学校で〜  [ Memoirs_of_dai ]   2009年03月29日 19:28
校長のモチーフはあいつか? 【Story】 1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長でシスターのアロイシス(メリル・ストリープ)は、...
30. 「ダウト 〜あるカトリック学校で〜」  [ ヨーロッパ映画を観よう! ]   2009年03月29日 22:30
「Doubt 」 2008 USA ニューヨーク、ブロンクスのカトリック・スクールで起こった“ある疑い”を暴く心理ドラマ。 シスター・アロイシアスに「プラダを着た悪魔/2006」「大いなる陰謀/2007」「いつか眠りにつく前に/2007」のメリル・ストリープ。 フリン神父に「...
31. ダウト あるカトリック学校で  [ メルブロ ]   2009年03月29日 23:44
ダウト あるカトリック学校で 247本目 2009-8 上映時間 1時間45分 監督 ジョン・パトリック・シャンリィ 出演 メリル・ストリープ  フィリップ・シーモア・ホフマン  エイミー・アダムス ビオラ・デイビス  会場 TOHOシネマズ シャンテ 評価 5点(1...
32. ダウト ??あるカトリック学校で?? (2008・アメリカ)  [ 白ブタさん ]   2009年03月30日 02:23
『マンマ・ミーア!』 のメリル・ストリープ主演作{%王冠webry%}
33. ダウト〜あるカトリック学校で  [ シネマ日記 ]   2009年03月30日 09:19
んー、むずかしかったなぁ。なんて言うか、うーん、むずかしいっていうのとはちょっと違うか。結局は最後の最後まで、本当のとこが分かんないっていうことがこの感情の源なんだと思うけど、このスッキリしなさ感が「うーん」っていう気持ちになっているわけで、映画そのもの...
34. 【ダウト -あるカトリック学校で-】  [ 日々のつぶやき ]   2009年03月30日 15:51
監督:ジョン・パトリック・シャンリィ 出演:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス 「1964年、ニューヨークのブロンクスにあるカトリックの学校セント・ニコラス・スクールは厳格なシスターアロイシスが
35. 映画 『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』  [ きららのきらきら生活 ]   2009年03月30日 22:03
『神聖なはずのカトリック学校で、何が起こったのか? トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、衝撃の映画化』
36. 『ダウト〜あるカトリック学校で〜』  [ 千の天使がバスケットボールする ]   2009年03月30日 22:03
恒例の雑誌「FRAU」で特集された2009年前半・新作映画の中で、最も観たいと思った映画が『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』。 教会にも”チェンジ”の波が届こうとしている1964年、ニューヨーク・ブルックリンにあるカトリック系の教会学校。信仰と信念のもと、強...
37. ★ 『ダウト ??あるカトリック学校で??』  [ 映画の感想文日記 ]   2009年03月30日 23:19
2008年。アメリカ。&quot;Doubt&quot;.   ジョン・パトリック・シャンリィ監督・原作・脚本。  1964年のニューヨークのカトリック学校を舞台に、新しい時代に対応しようとする進歩的な神父と厳格な秩序を維持しようとする校長との対立をとおして、「疑...
38. 「ダウト ??あるカトリック学校で??」  [ てんびんthe LIFE ]   2009年03月30日 23:30
「ダウト ??あるカトリック学校で??」シャンテシネで鑑賞 これは話の筋がどうのとか、内容がどうのとかいうのではなく単純に俳優の演技をみるための作品。 若い人じゃ飽きちゃうだろうなあ。 カトリック学校という閉ざされた世界の中で抱いた疑いをどのように追及する...
39. 疑惑と確信〜『ダウト〜あるカトリック学校で〜』  [ 真紅のthinkingdays ]   2009年03月30日 23:54
 DOUBT  ケネディ大統領暗殺の翌年、1964年のニューヨーク。厳格なシスター・アロイ シス(メリル・ストリープ)が校長を務めるカトリ...
40. ダウトーあるカトリック学校でー  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2009年03月31日 00:36
4 この物語から浮かび上がってくるのは、「確信が凝り固まった後には、疑惑という名の亀裂が生じる」というひとつの心理。 ジョン・パトリック・シャンリィ監督の、アメリカ社会に対する想いが、登場人物のセリフ、設定のなかに真摯に込められている。 物語:舞台は教会に...
41. ダウト〜あるカトリック学校で〜  [ 描きたいアレコレ・やや甘口 ]   2009年03月31日 21:04
『少年愛の美学』じゃなく『少年愛の疑惑』 ...なぁんて耽美なものでなく、ばりばり言葉のバトル・ロワイヤルです...(あら...) 大作とい??.
42. ダウト 〜あるカトリック学校で〜  [ 心のままに映画の風景 ]   2009年04月01日 22:30
1964年、ニューヨークのブロンクス。 カトリック教会学校の校長であるシスター・アロイシス(メリル・ストリープ)は、生徒に恐れらる存在で...
43. ダウト あるカトリック学校で  [ 5125年映画の旅 ]   2009年04月02日 07:21
1964年。ニューヨークにあるカトリック学校の校長シスター・アロイシスは、厳格な性格で生徒達や他のシスター達を厳しく躾けていた。上級生を担任するシスター・ジェイムズは、教え子の異変をアロイシスに報告する。アロイシスは、教会のフリン神父が生徒に猥せつな行....
44. 映画:ダウト あるカトリック学校で  [ よしなしごと ]   2009年04月02日 08:05
 当初見るつもりはなかったのですが、シネマソムリエが選ぶコダワリの映画に認定されたと言うことで、ダウト あるカトリック学校でを観てきました。
45. そりゃ電球も飛ぶわ  [ 宇宙のめいぐると ]   2009年04月09日 00:41
「ダウト 〜あるカトリック学校で〜」
46. 「ダウト??あるカトリック学校で??」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年04月23日 18:22
「ダウト」というと、トランプゲームの「ダウト」を思い浮かべる。他のプレイヤーの切ったカードが”アヤシイ”もしくは”ありえない”と思ったら「ダウト」と指摘してカードをオープンさせ、正しいカードならば相手
47. ダウト〜あるカトリック学校で〜  [ future world ]   2009年04月26日 23:10
疑惑が心を支配し、不快感の上に成り立つ名作、 名優同士のぶつかり合いも見事でした。 神聖なるカトリック学校で渦巻く疑惑・・・ とても厳しく周りからも恐れられてる校長シスター・アロイシアス(メリル・ストリープ)vs斬新で生徒たちからも人気のあるフリン神父....
48. ダウト あるカトリック学校で  [ 迷宮映画館 ]   2009年04月27日 07:47
役者っていうのは、こういうのを言うんだ!!
49. 09-98「ダウト ??あるカトリック学校で??」(アメリカ)  [ CINECHANの映画感想 ]   2009年04月29日 02:15
たとえ神から遠ざかっても  前年のケネディ大統領の暗殺や公民権運動の高まりなど激動と変革の真っ只中にある1964年。ニューヨークのブロンクスにあるカトリック学校でも、厳格な校長シスター・アロイシアスに対し、進歩的で生徒の人望も篤いフリン神父はより開かれた校風...
50. Doubt / ダウト??あるカトリック学校で??  [ Akasaka high&low ]   2009年05月02日 11:52
Weinstein兄弟がディズニーに売却する前のミラマックスを思い出させる秀作がDoubt(ダウト??あるカトリック学校で??)。 演技派の俳優、舞台が原作のしっかりした脚本と落ち着いた映像は賞を意識しながらも小さくまとまった伝統を感じる作品でした。厳格で旧体制の権化なシ...
51. 『ダウト ??あるカトリック学校で??』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2009年05月05日 22:41
ここ最近、映画の感想が観た直後にあげられていない作品がチラホラ。。。 ということでいまさら感はありますが、『ダウト ??あるカトリック学校で??』の感想をアップしまーす。 ******************** 劇作家ジョン・パトリック・シャンリィが9.11の衝撃とその余波が大
52. 映画日記りぼーん『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』  [ CHEAP THRILL ]   2009年06月01日 11:01
こういう時は一気にいろいろと見ないと、ね。 新宿から渋谷へ移動。 渋谷のTSUTAYAの1階にあるプレイガイドでチケットを買い、BUNKAMURAにあるル・シネマへ。 映画まで少し時間があるので売店でサンドイッチとホットコーヒーを買い、ロビーで朝食。 ちょいと高い...
53. ダウト 〜あるカトリック学校で〜  [ こんな映画見ました〜 ]   2009年06月16日 23:06
『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』 ---DOUBT--- 2008年(アメリカ) 監督:ジョン・パトリック・シャンリー 出演: メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス 、ヴィオラ・デイヴィス 前年のケネディ大統領の暗殺や公民権運動の高...
54. ダウト 〜あるカトリック学校で〜  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年08月18日 12:52
神聖なはずのカトリック学校で、何が起こったのか? 発売予定日は2009年8月19日
55. 「ダウト 〜あるカトリック学校で〜」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2009年08月29日 10:12
主演二人のゾクッとくるくらいの名演技
56. 地下鉄疑惑  [ Akira's VOICE ]   2009年09月03日 16:03
「サブウェイパニック」 「ダウト 〜あるカトリック学校で〜」
57. ダウト 〜あるカトリック学校で〜 [DVD]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年10月01日 12:54
原題:DOUBT公開:2009/03/07製作国:アメリカ上映時間:105分監督:ジョン・パトリック・シャンリー出演:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス+あらすじ+&nbsp;1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長....
オスカー俳優のメリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマンが、鬼気迫る演技でぶつかりあ合う心理サスペンス・ドラマ。1960年代のカトリック系学校を舞台に、神父と児童との関係への強い疑惑を募らせていく女性校長の姿を描く。トニー賞と、ピューリッツアー賞を同...
59. ダウト〜あるカトリック学校で〜  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2010年01月09日 14:30
レンタルで鑑賞―【story】1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長でシスターのアロイシス(メリル・ストリープ)は厳格な人物で生徒に恐れられていた。ある日、人望のあるフリン神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)が一人の黒人の男子生徒に特別な感情を持って...
60. ダウト 〜あるカトリック学校で〜  [ しーの映画たわごと ]   2010年02月01日 11:14
これは玄人好みな作品かも。言うならオスカー対決。それ以外に見どころは、うーん。A結末、B結末、どっちでも選択可能なラストはズルイね。やっぱりはっきりして欲しい。
61. 『ダウト あるカトリック学校で』'08・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年05月26日 20:03
あらすじ1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長のアロイシス(メリル・ストリープ)は、厳格な人物で生徒に恐れられていた。人望のあるフリン神父(フィリップ・シー...
62. 『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』  [ 『映画な日々』 cinema-days ]   2010年06月09日 07:07
ダウト ~あるカトリック学校で~ 1960年代のN.Y.の神学校 厳格な女校長 VS 進歩的な神父 そんな中で湧いた神父への疑惑 【個人評価:★★ (2.0PN..
63. ダウト??あるカトリック学校で?? Doubt  [ 映画!That' s Entertainment ]   2010年08月05日 00:25
●「ダウト??あるカトリック学校で?? Doubt」 2008 アメリカ Goodspeed Productions,Scott Rudin Productions,105min. 監督:ジョン・パトリック・シャンリー 原作戯曲:ジョン・パトリック・シャンリー(脚本も) 出演:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・...
64. 「ダウト 〜あるカトリック学校で〜」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2010年08月17日 02:14
「神聖なはずのカトリック学校で、 何が起こったのか? トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、 衝撃の映画化。」