2009年08月05日

デイジー

デイジー
 『愛は、枯れない。

 コチラの「デイジー」は、花に想いを託した悲しき暗殺者と、画家を目指すロマンティックな女性、そして暗殺者を追うインターポールの命がけの愛を描いた”超・韓流ラブストーリー”です。全編オランダ・ロケっちゅ〜ことで、とても雰囲気のある作品に仕上がっています。

 監督は、「インファナル・アフェア」シリーズ、「消えた天使」のアンドリュー・ラウ監督。サスペンスフルなところは、やっぱりこの監督さんらしさを感じられました。

 主演は、「イルマーレ」、「僕の彼女を紹介します」のチョン・ジヒョンちゃん。どうしても、あたしは彼女の演じるヒロイン像が苦手みたいです〜(;・∀・)

 相手役は、「MUSA-武士-」、「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソン。とっても切ない役どころだけど、個人的にはもっと男臭いウソンの方が好きかもです。

 異国の地オランダで、3人の運命が交差する。なかなか切なくって、それでいてサスペンスフルで、面白い映画ではあったかなぁ〜て思うのですが、一見一途なようにも思えるけど、ヘヨン(チョン・ジヒョン)の心情は、あたしにはちょっと理解不能。いや、理解は出来るのだけど、そんなにあの思い出、デイジーって大事なの?って思っちゃったんだよね〜。

 幻のデイジーの君、そんな恋に恋するのも、それが初恋だったからだろうし、どことなく影があって、とても優しそうに微笑むジョンウ(イ・ソンジェ)がきっとそのデイジーの君だと信じ込んで、彼を好きになってしまうのも分かる。でも、本当のデイジーの君がパクウィ(チョン・ウソン)だと分かったからって、そんなに簡単に気持ちって切り換えられるものなのかしら?

 所詮はどちらにしても、幻でしかない。幻影に恋しているだけ、そうゆうのはどうも好きになれないのよね〜。でも、本作のチョン・ジヒョンちゃんはとっても可憐で、可愛かったなぁ〜。男性がこうゆう女性を好きになるのは、分かるなぁ〜って感じがしました!でも、本当の愛って、きっともっと大事に育てるモノ、それこそ丹念にデイジーを咲かせるパクウィのように。

 だから、パクウィの立場から観ると、これはとっても切ないんだよね〜。彼女が恋している幻のデイジーの君は自分なのに、それでも名乗り出ることが出来なくって、彼女が他の男をその幻のデイジーの君だと思い込んで、恋してしまう。遠くから見つめるだけだったけど、この辺りの切なさは何とも言えないものがありましたね〜。

◆ title: DAISY(2006/韓国)
◆ date: 2009.08.04
◆ director: Andrew Lau(劉 偉強)
◆ performer: Jeon Ji-Hyeon(全 知賢)/Jeong U-Seong(鄭 宇成)/I Seong-Jae/Jeon Ho-jin/David Chiang

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG

この記事へのコメント

1. Posted by Kaz.   2009年08月05日 22:10
超・韓流ラブストーリーっすかぁ〜〜!(´▽`*)アハハ
なんかそれだけで自分は苦手な気配がまんまんなんだけど〜。

う〜ん、あるよね、好きになれない人物像って。
その人が演じてるだけで、もうダメっていうか。(^o^;
2. Posted by miyu   2009年08月05日 22:12
>Kaz.さん
ん〜だろうね〜。これはKaz.さん苦手ジャンルでしょう。
ただ、サスペンスとしても楽しめるから男性にも
入りやすいとは思いますけどね〜。
3. Posted by ともや   2009年08月06日 03:52
こんばんは、miyuさん♪
こうゆう女性が大好きなともやです♪
作品自体コミック的な設定だったんで、その辺は割り切って、チョン・ジヒョンを堪能いたしました(笑)。
これは男性の方がハマるかもしれないですね♪

この作品、パクウィ視点の「デイジー アナザー・バージョン」も観たんだけど、ちょっと編集が変わってるだけ?って感じでしたわん〜。
4. Posted by miyu   2009年08月06日 06:43
>ともやさん
そうだよね〜。これは結局チョン・ジヒョンか
チョン・ウソンのファンなら楽しめるのでしょうね。
なんつ〜かちょっと冷めてしまうような展開も
あったりなかったりだったのでね〜。
5. Posted by メル   2009年08月06日 08:27
ウソン好きですが、私も彼はもっと男臭い役をやってもらった方が好き^^
なんといっても「武士」ですよ〜!(*^^)v
あれで好きになったんだけど、あれ以来、あれを越える彼のかっこよさをどの映画でも見ることが出来ず・・(^_^;)
この映画もまたしかり・・でしたわ(^^ゞ

素敵ではありましたが、ストーリーがねぇ〜・・
なんか矛盾してるというか、ついていけないというか。
なんで彼女のおじいちゃんの”実家”がすでにオランダにあるわけ?なんて、つまらんことも突っ込んで見てましたから(^^ゞ
風景も雰囲気も良かったけど、オランダにした必然性が今ひとつよくわからんだったです。
まぁそんなことを追求するような映画じゃなかったのかもしれませんけどね(^^ゞ
仰るとおり、ウソンとジヒョンファンが見る映画、という感じでしたね(^ー^* )
6. Posted by miyu   2009年08月06日 10:35
>メルさん
そうだよね〜。ちょっと興醒めしちゃうようなツッコミどころが
ありましたものね〜。ウソンはやっぱり「MUSA」ですかね〜。
7. Posted by にゃむばなな   2009年08月06日 15:29
私にとってはこの映画は2006年のワースト作品でしたね。
まぁ個人的にチョン・ジヒョンちゃんの魅力が全く活かされていないというのもあったのですが、『猟奇的な彼女』以降クァク・ジェヨンの脚本が作を追うごとに生温くなっているのが非常に気分悪かったです。

ヒロインの魅力を活かせない脚本や監督は、やっぱりダメですよ!
8. Posted by miyu   2009年08月06日 16:00
>にゃむばななさん
え?そうなの?そっかぁ〜逆に好きだからこそなのかしら?
あたしは逆にこのジヒョンちゃんかわいいと思ったんだけどなぁ〜。
9. Posted by sakurai   2009年08月06日 22:41
うん、このジヒョンは無理がなくて、よかったけど・・(『猟奇的・・』とかのは、すごく無理かを感じます。)、映画が全体的にもたもたしてましたね。
なんかものすごくストレスがたまった覚えが。
まあ、期待も大きかったのですが、本に無理を感じました。
最近ウソンさま、見てないなあぁ。
いい男は定期的に見ないと!!
10. Posted by miyu   2009年08月06日 23:18
>sakuraiさん
ウソン様ですけど、「グッド・バッド・ウィアード」とか
いうタイトルの映画がもうすぐ公開になるみたいですよ。
フリーパスで観たいかなぁ〜って思ったけど、
ダンナちゃんに却下されちゃいました(;・∀・)
11. Posted by sakurai   2009年08月06日 23:23
そうだ、そうだ。それ!!
ビョンちゃんも出るやつですよね。
あは、テンションあがりました。
あんがと。
12. Posted by miyu   2009年08月07日 00:10
>sakuraiさん
そうそう、ビョンちゃんですね〜。
なんかウェスタンっぽい雰囲気でしたよね〜。
13. Posted by ミチ   2009年08月08日 00:36
オランダでロケってすごいね〜。
なぜオランダなのか?って思ったのだけどね(汗)
わりとこのお話は好きでしたョ♪

チョン・ウソン氏が先日の「食わず嫌い」に出ていて、すっごくノリがよかったので意外でした。
14. Posted by miyu   2009年08月08日 00:57
>ミチさん
え?そうなの?「食わず嫌い」かぁ〜。
観れば良かった〜(;・∀・)
15. Posted by rose_chocolat   2009年08月14日 05:32
miyuさんは韓国映画も割とご覧になるんですね!
これもう3年前なのかあ・・・と思うと懐かしい感じがします。 日記も今と違って恥ずかしい感じの書き方(滝汗)
ウソンssiは確かに男臭いほうがよいのかなあ。 でもこのキャラは結構好きだった記憶がありますね。
16. Posted by miyu   2009年08月14日 10:20
>rose_chocolatさん
「ペパーミント・キャンディー」や「ディナーの後で」を
とあるミニシアターの韓国映画特集で観てから
結構韓国映画は好きだったりしますよ〜。
17. Posted by hyoutan2005   2009年10月04日 21:14
TBありがとうございました。
1ヶ月以上遅れてのお返しになってしまいました。
ごめんなさい。
大好きなチョン・ウソンの主演なので思い入れも深い作品です。
久しぶりにまた観たくなっちゃった。
パクウィーの目線で書かれた感想に同感です〜。
ところでここ最近ブログURLを入れると、何故かコメント入れられないです。
この間もはねられて書き込めませんでした。何故だろう〜?
18. Posted by miyu   2009年10月04日 21:21
>hyoutan2005さん
いや、もう2ケ月ですよ〜(´▽`*)アハハ
ってかそんな前なのに律儀にお返しくださって
本当いつもながらありがとうございます。
コメにアドレスってことですよね?
うちのblogだけでしょうか?livedoor全体だったら
ひょっとしたらトラバもはじかれているかもしれませんね〜(;・∀・)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. デイジー  [ そーれりぽーと ]   2009年08月05日 22:35
今一番好きな女優チョン・ジヒョン主演最新作「デイジー」 「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」で彼女をスターダムへ押し上げた監督&脚本のクァク・ジェヨンが今回は脚本のみで裏方に回り、監督はなんと一番好きな香港映画「インファナル・アフェア」シリーズのアンド...
2. デイジー  [ 花ごよみ ]   2009年08月05日 22:49
監督は『インファナル・アフェア』三部作シリーズの アンドリュー・ラウ。 刑事、殺し屋2人の男に愛されるヒロインに、 『猟奇的な彼女』、『僕の彼女を紹介します』の チョン・ジヒョン。   相手役には『私の頭の中の消しゴム』の チョン・ウソンとイ・ソンジェ。  三角...
3. デイジー/チョン・ウソン、チョン・ジヒョン、イ・ソンジェ  [ カノンな日々 ]   2009年08月05日 23:03
韓国映画だけど監督はあのアンドリュー・ラウ、音楽担当はは日本人の梅林茂さんも参加されてるということで、これまでの韓国映画とは一味違うものが観れるんじゃないかと期待してました。脚本がクァク・ジェヨンというところがある意味勝負かもしれない(笑)。 +++ちょいあ...
4. 『デイジー』  [ ラムの大通り ]   2009年08月05日 23:12
----この映画、監督が香港のアンドリュー・ラウ。 なのに主演は『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンに、 『猟奇的な彼女』「僕の彼女を紹介します」のチョン・ジヒョン。 しかも脚本はその『猟奇的な彼女』の監督クァク・ジョエン。 そして舞台はオランダで、音楽が梅...
5. 『デイジー』  [ マガジンひとり ]   2009年08月05日 23:25
キネカ大森にて、アンドリュー・ラウ監督。 オランダに住む画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)は幻に恋していた。 どこかで自分を見守りながら、デイジーの花を贈り続けてくれる男性。 名前も顔もわからないその人を、彼女は運命の恋の相手だと信じていた。 そんなヘヨンの...
6. DAISY(デイジー)  [ ☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆ ]   2009年08月05日 23:52
DAISY2006年/韓国 ◆監督:アンドリュー・ラウ「インファナル・アフェア」シリーズ◆出演:チョン・ジヒョン/チョン・ウソン/イ・ソンジェ/チョン・ホジン ◆STORY◆ ヘヨンは幻に恋していた。どこかで自分を見守りながら、デイジーの花を贈り続けてくれる男性。名前も....
7. デイジー  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP ]   2009年08月05日 23:56
デイジー [DVD]◆プチレビュー◆全編オランダロケの成果で、色彩の美しさは見所。だが、これが「インファナル・アフェア」のA.ラウの作品か?!ラストのアクション場面はさすがだが、切れ味はまるでない。オランダ・アムステルダム。新進の画家であるヘヨンは、匿名でデイジ....
8. 映画「デイジー」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2009年08月06日 00:29
原題:Daisy 25歳にして、純粋培養無垢でうぶな、恋に恋する女性の、勘違いに始まる悲劇のラブストーリー、無償の愛にハッピーエンドは訪れるのか・・。 なぜかあまり意味があるとは思えないオランダ、そこでおじいさんの骨董店を手伝いながら、広場で肖像画を描...
9. デイジー  [ ともやの映画大好きっ! ]   2009年08月06日 00:59
(英題:DAISY) 【2005年・韓国】DVDで鑑賞(★★★★★) 異国の地でめぐりあった3人の男女の数奇な愛の軌跡を描いたラブストーリー。 オランダで祖父の骨董店を手伝いながら、絵の勉強をしている画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)。初めての展覧会を間近に控え、...
10. 「デイジー」 DAISY  [ 俺の明日はどっちだ ]   2009年08月06日 01:22
期待感たっぷりのよく出来た予告編と韓国映画ながら監督がご存知香港ノワールの傑作『インファナル・アフェア』三部作のアンドリュー・ラウということで、仕上がりの良さを期待していたのがこの「デイジー」。 自分を見守ってくれている幻の恋人がいつかその姿を現してくれ...
11. ★「デイジー」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年08月06日 01:52
ひらりんのフェイバリット女優さんのひとり・・・チョン・ジヒョン主演。 今回の「彼女」は、しっとりしてる・・・って噂だけど・・・。 共演は、チョン・ウソン。
12. 『デイジー』  [ 唐揚げ大好き! ]   2009年08月06日 04:45
    愛は、枯れない。   昼メロでよくある男と女の三角関係をオランダでやっちゃえ!って感じですか? 私の足長オジサン的な男に恋してるヘヨン(チョン・ジヒョン)に、僕が足長オジサンだよみたいに近づいてくるジョンウ(イ・ソンジェ)。 それを遠くからみつめ...
13. 「デイジー」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2009年08月06日 08:22
オランダ、アムステルダム。画家の卵、ヘヨン(チョン・ジヒョン)は、名前も顔も知らない ある一人の男性を想い続けていた。それは彼女が絵を描くため山間の村に滞在 していた時、困っていた彼女を秘かに助けてくれた人。そんなある日、広場で肖像画を 描くヘヨンの前に客と...
14. 天使と花  [ Akira's VOICE ]   2009年08月06日 10:26
「アンジェラ」 「デイジー」
15. デイジー  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年08月06日 11:10
『DAISY』公開:2006/05/27製作国:韓国監督:アンドリュー・ラウ出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、チョン・ホジン、デヴィッド・チャン軽くストーカー入ってる、、、←ストーカー予防にポチッと・・・そりゃ無理だろ☆
16. 恋愛は、縁と運とタイミング。『デイジー』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2009年08月06日 12:38
オランダを舞台に、数奇な運命を辿る男女3人の物語です。
17. 『デイジー』  [ めでぃあみっくす ]   2009年08月06日 15:29
『僕の彼女を紹介します』以上『猟奇的な彼女』未満の映画。やはりクァク・ジェヨンの最近の脚本は生温くて仕方のない、全くの感動の欠片すらない作品でした。そしてチョン・ジヒョンちゃんの魅力も同様だったのが非常に残念でなりませんでした。 予告編などからも3人の....
18. 「デイジー」  [ 雑板屋 ]   2009年08月06日 19:53
‘ゴッホのひまわり わたしのデイジー’ オランダ・アムステルダムを舞台に画家の卵とインターポールの刑事と暗殺者の3人の男女の恋愛模様とそれぞれの生き様を描く。 コレはたまらんかった。久しぶりにどっぷりその世界観に浸れた。 劇場鑑賞のきっかけは1度だけ目....
19. デイジー  [ 迷宮映画館 ]   2009年08月06日 22:38
私め、「MUSA」で完全にKOくらったチョン・ウソン様。「MUSA」っていう映画自体は賛否両論で、つまんねー!という人と、傑作という人と、すっぱり分かれたが、私は傑作派。時代状況と、高麗・明・モンゴルの関係の面白さが見事に描かれていたと私は思ったのです。 ...
20. デイジー  [ キューピーヘアーのたらたら日記 ]   2009年08月06日 23:12
昨日でNHKの『チャングムの誓い』が終わってしまって、 土曜の夜の楽しみが無くなったなあって、 何を書いてるんだ俺は? そうだ、韓流の男女の愛の描き方! チャングムとミン・ジョンホの愛しかり、 この映画のチョン・ジヒョンとチョン・ウソンの愛しかり、 さかのぼ...
21. 119「デイジー」(韓国)  [ CINECHANの映画感想 ]   2009年08月07日 01:10
秘めたる思いが運命の歯車を狂わせる  「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウが監督。主役の男が殺し屋と刑事。これはかなりノワール色の濃い作品だろうと思っていたが・・韓流王道の純愛映画だった。  部隊はオランダ。画家のヘヨンはいつもデイジーの花を贈...
22. デイジー(映画館)  [ ひるめし。 ]   2009年08月07日 22:25
愛は、枯れない。
23. 映画「デイジー」  [ ミチの雑記帳 ]   2009年08月08日 00:33
映画館にて「デイジー」 『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が、全編オランダ・ロケで臨んだラブストーリー。 アムステルダムで暮らす画家ヘヨン(チョン・ジヒョン)と、インターポールの刑事ジョンウ(イ・ソンジェ)と腕利きのスナイパー(チ...
24. 映画『デイジー』(お薦め度★★)  [ erabu ]   2009年08月08日 08:43
監督、アンドリュー=ラウ。脚本、クァク=ジェヨン。2006年韓国。サスペンス・ラ
25. デイジー  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2009年08月08日 12:13
チョン・ジヒョンみてて思ったのは、鈴木京香w デイジー [DVD]posted with amazlet at 09.08.08アミューズソフトエンタテインメント (2009-01-28)売り上げヮ..
26. デイジー (2005)DAISY 105分  [ 極私的映画論+α ]   2009年08月08日 19:41
 花言葉は「無邪気、平和、希望、美」だそうです(^^;
27. デイジー  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2009年08月09日 01:09
『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョン、『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン共演作!『私の頭の中の消しゴム』で、日本における韓国映画の興行記録を塗り替えたチョン・ウソンと、『猟奇的な彼女』でブレイクを果たし、『僕の彼女を紹介します』を大ヒットに導いたチョ....
28. DAISY  [ まぁず、なにやってんだか ]   2009年08月09日 21:04
一ツ橋ホールの「デイジー」試写会に行ってきました。「私の頭の中の消しゴム」でチョン・ウソンのファンになったので、待望の新作です。 最初はヘヨン(チョン・ジヒョン)の日常が映され、彼女のかわいらしいこと。 オランダの美しい町並み、デイジーが一面に咲く風景...
29. 「デイジー」  [ てんびんthe LIFE ]   2009年08月09日 21:44
「デイジー」よみうりホールで鑑賞 チョン・ジヒョン×チョン・ウソン×アンドリュー・ラウ。この3人のコラボレーションの妙。思っていたようなこてこての韓国恋愛映画とは一味違ったつくりになっていました。そこは、アンドリュー・ラウ監督の作る男の世界に一歩踏み入れ...
30. デイジー  [ SSKS* ]   2009年08月09日 22:02
日本 オフィシャルサイト 韓国 オフィシャルサイト 2006 韓国 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ウソン/チョン・ジヒョン/イ・ソンジェ ストーリー:オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられるデイジー...
31. 映画 「デイジー」  [ ちょっとひとことええでっかぁ―♪ ]   2009年08月11日 19:23
オランダに10年住んでいた友達を誘って観て来ました。 その友達を頼って私も一応1ヶ月居候していたことのあるオランダが舞台の映画です。
32. 『デイジー』(2006)/韓国  [ NiceOne!! ]   2009年08月14日 05:28
監督:アンドリュー・ラウ出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ公式サイトはこちら。<Story>ヘヨン(チョン・ジヒョン)は、オランダ・アムステルダムで祖父の経営する骨董品店を手伝う傍ら、週末には広場で似顔絵描きをしている。そんな彼女の前...
33. 映画〜デイジー  [ きららのきらきら生活 ]   2009年08月14日 22:57
 「デイジー」公式サイト オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人だと信じる...
34. 誰かを愛し続けること。  [ ひょうたんからこまッ・Part2 ]   2009年10月04日 21:06
『デイジー』 (2006年韓国・125分) 公式サイト (以下ネタバレあり) 花言葉は「心に秘めた愛。」 ??そばにいるだけで良かった。ただ見つめるているだけで・・・。 死と暴力の世界に身をおく孤独な男の恋。 2次元の見つめる愛から、3次元の愛に現実化し...