2009年09月02日

宇宙へ。

宇宙へ。
 『幾多の尊い命が、その栄光を支えた。

 コチラの「宇宙へ。」は、設立50周年を迎えたNASA(アメリカ航空宇宙局)が設立当初から記録していたフィルムを、イギリスのBBCがその膨大な記録映像を編集し、1本の映画にまとめた8/21公開のドキュメンタリー映画なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪

 「アース」もそうだったんだけど、やっぱりこのテのドキュメンタリー映画ってどうも苦手(/ω\) なんだけど、ダンナちゃんはこうゆうの大好きなんだよね〜。TVでもたまに放送しているドキュメンタリーとか夢中になって観てますもん(´▽`*)アハハ

 まぁ1か月フリーパスだし、ダンナちゃんは楽しみにしているみたいだから、「20世紀少年 最終章 ぼくらの旗」の後で観てもいっかなぁ〜って感じで、観たのだけど、やっぱりダメだわぁ〜(;・∀・)

 2時間半の「20世紀少年」の後だし、たまたまプレミアスクリーンで通常料金で鑑賞出来る日だったので、フリーパスでも入れるっつ〜ことで、初めてプレミアスクリーンを体験したのだけど、やっぱりシートが素晴らし過ぎる!ペアシートだったので、もうくつろぎまくりで、かなりうとうとしちゃいましたヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

 てっきり、最近の映像ばかりなのかなぁ?って勝手に想像していたのだけど、それこそ昔のロケットの時代にはじまって、今のスペースシャトルにいたるまで、の映像がてんこ盛りです。そういやロケットの時代って打ち上げによく失敗してましたもんね〜。ナレーションで言ってたけど、今みんながフツーに使ってるようなパソコンで研究してたんだしね〜。

 今考えるとあまりに無謀にすら思えてしまいますが、それでも人は「宇宙<そら>」を見上げることを決してやめないんだよね。それは無限のフロンティアである宇宙への無限の憧れであり、宇宙そのものとそれに挑戦する姿に無限のロマンを感じられるからなんだろうなぁ〜。

 たくさんの犠牲の上に積み重なり、なりたった宇宙開発。それは米ソ冷戦時代の悲しい争いではあったのかもしれないけど、人々のたくさんの夢とロマンと希望を乗せて、旅立った先人達の勇気ある姿には、やはり拍手を送りたい気持ちになりますし、感動を与えられちゃいますよね〜。

 公式サイトはコチラ

◆ title: ROCKET MEN(2008/イギリス)
◆ date: 2009.08.29
◆ director: Richard Dale
◆ performer: Michael J. Reynolds<宮迫 博之>

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG

この記事へのコメント

1. Posted by にげら   2009年09月02日 21:45
私は、こういうドキュメンタリーは、大好きですわ。
すんごく小さいときに、月面着陸の場面とか、夜中親に起こしてもらってリアルタイムで見ていたんですよ〜。
ただ時間がなさげだから、BS落ちで鑑賞いたします。

あっ、そのプレミアスクリーン、経験してみたいです〜〜。そのペアシートも。。
2. Posted by Kaz.   2009年09月02日 22:01
あっ、そうか〜、これBBCやったんやね〜。
あはは、でもまだドキュメントは苦手。(´▽`*)アハハ
こういう宇宙ものは自分も大好物です〜。
やっぱ男性がハマる率が多いのかな!(・ω・)bグッ
3. Posted by miyu   2009年09月02日 22:13
>にげらさん
好きな人はハマるんでしょうけどね〜。
そっかぁ〜月面着陸をリアルタイムでですかぁ〜。
それはでも、起こしてもらってでも観たいですよね。
うん。それは分かります。
4. Posted by miyu   2009年09月02日 22:14
>Kaz.さん
特に宇宙ものって男性は好きかもですよね〜。
あと、うちのダンナちゃんは歴史ものも動物ものも
好きなんだけどね〜。どれもハマりません(´▽`*)アハハ
5. Posted by KGR   2009年09月02日 23:08
宇宙ドキュメントは大好きですが、
思ったような感動、感激はありませんでした。

ほとんどがどこかで見たものばかりで、
事故映像も含めていじっていない
(余計な演出がない)のは、賞賛に値しますが、
過去の映像の粗さは如何ともし難いです。

6. Posted by KLY   2009年09月02日 23:08
アポロ11号の時は生まれてなかったんですけど、それでも後から映像をみるだけで感動しちゃいますよね。何気に月面車の走る主観映像が感激で!あれって凄くないですか?
スペースシャトルはもう夢中になってプラモデル作りましたよ。あの機体が男の子的にはもう堪らないんですね。(笑)
それだけにチャレンジャー事故はショックだったなぁ…。
7. Posted by miyu   2009年09月02日 23:21
>KGRさん
その辺りってやっぱり記録映像だからなんでしょうかね?
てっきりBBCの最先端の技術で美しい映像を
見せるってパターンかと思ってたので、
確かにそれはあたしも感じてしまいました。
8. Posted by miyu   2009年09月02日 23:22
>KLYさん
そうなの?
スペースシャトルよりもロケットの方があたしは
フォルム的になんかそそるものがあるかもしれません。
女性と男性との違いなのかなぁ?
9. Posted by ともや   2009年09月03日 03:46
こんにちは、miyuさん♪
あ〜、男の子ってドキュメンタリー好きなのかなぁ。
そういえばともや大好きだわ♪
「世界丸見え〜」とかニマニマしながら見てる(笑)。
10. Posted by miyu   2009年09月03日 06:26
>ともやさん
うんうん、もちろん女性でも好きな人はいるんだろうけどね〜。
あたしはちょっと苦手なんだよね〜。
でも、一緒になって観てると面白いところもなくはないですものね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 宇宙へ。(吹替版)  [ 勝手に映画評 ]   2009年09月02日 21:27
NASA創立50周年、アポロ月面着陸40周年を記念してイギリスBBCがNASAの膨大な記録映像をまとめたドキュメンタリー。NASAはアメリカの政府機関なのに、何で映像化がイギリスのBBCなのか?と言う突っ込みは無し(笑) マーキュリー計画、ジェミニ計画、アポロ計画、スペースシ...
2. [映画『宇宙(そら)へ。』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2009年09月02日 21:30
☆この作品、公開初日と二日目は500円と言う特別料金で鑑賞できたそうで、故に、私は通常料金を払うのが癪なので、せめてレイトショーで観た。  <ワーナーマイカル・村山>には、お客さんが、私を含めて3人しかいなかった^^;  映画『アース』のBBCスタッフが...
3. 宇宙(そら)へ。  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年09月02日 22:36
『ディープ・ブルー』、『アース』のイギリスBBCが今度は宇宙をテーマに製作。NASA50周年、人類の月面着陸40周年を記念したドキュメンタリー。NASAの秘蔵映像をふんだんに使ったアメリカの宇宙開発史を振り返った作品と言ってもよいかもしれない。製作総指揮...
4. 「宇宙(そら)へ。(rocket men)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2009年09月02日 22:41
 公開2日間はなんと500円で見られるということで、さっそく見てきました。TOHOシネマのマイルも溜まるし、お徳ですね(
5. 『宇宙へ。』(2009)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2009年09月02日 22:54
NASA設立から50年、人類の月面着陸から40年、という節目に作られたというドキュメンタリー映画。『ディープ・ブルー』と『アース』のスタッフが作ったという触れ込みではあるが、製作がイギリスの国営放送局BBCだというだけで、シリーズ第3弾とかいうわけではな...
6. 宇宙(そら)へ。・・・・・評価額1400円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2009年09月02日 22:55
今年はアポロ11号の月面着陸から40周年という事もあって、宇宙を題材にしたドキュメンタリーが相次いで作られている。 「空(そら)へ。」は??..
7. 試写会「宇宙へ」(そらへ)  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   2009年09月02日 22:59
2009/8/12、新宿、明治安田生命ホールでの開催。 比較的こじんまりとした会場で、中断から後ろはかなり傾斜がある。 前方の列でも前席が邪魔になることはない。 *** ソニー・ピクチャーズの配給。 「宇宙へ」と書いて「そらへ」と読ませるが、「空へ」とは何の関係も...
8. 宇宙(そら)へ。  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP ]   2009年09月02日 23:54
NASAの宇宙開発は、多くの犠牲の上に成り立つ特権的プロジェクト。いったいなぜ人類はこうまでして宇宙を目指すのか。そこには、未知の領域への挑戦という神々しい情熱と、米ソの軍事目的と領土拡大まで視野に入れた競争意識という下世話な動機が同居していた。そんな人....
9. ★宇宙(そら)へ。(2009)★  [ CinemaCollection ]   2009年09月03日 00:27
ROCKETMEN映時間98分製作国イギリス公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/08/21ジャンルドキュメンタリー映倫G【解説】米ソの宇宙開発競争に伴い、1958年に設立されたNASA(アメリカ航空宇宙局)。マーキュリー計画からアポロ計画...
10. 宇宙(そら)へ。  [ ともやの映画大好きっ! ]   2009年09月03日 01:41
(原題:ROCKET MEN) 【2009年・イギリス】試写で鑑賞(★★★☆☆) 1958年発足当初から全てのプロジェクトの仔細を、16mmカラーフィルムに記録していたNASA=アメリカ航空宇宙局。 撮影されたまま誰の目にも触れずに、文字通り"凍結"されていたNASA50年に及ぶ膨大なオリジ...
11. 宇宙(そら)へ。 [映画]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年09月03日 14:21
原題:ROCKET MEN公開:イギリス製作国:2009/08/21上映時間:98分鑑賞日:2009/08/22監督:リチャード・デイルナレーション:マイケル・J・レイノルズ日本語版ナレーション:宮迫博之+あらすじ+米ソの宇宙開発競争に伴い、1958年に設立されたNASA(アメリカ航空宇宙局....
12. 宇宙(そら)へ。   [ 井戸之底 ]   2009年09月03日 23:10
 NASAの宇宙開発の歴史を描いたドキュメンタリー映画、 「宇宙(そら)へ。」  の感想です。  原題は「Rocket Men」。  リアルライトスタッフ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!  ……みたいな。  描かれる時代は「ライトスタッフ」よりもっと広く、...
13. 宇宙へ  [ メルブロ ]   2009年09月04日 13:07
宇宙へ 278本目 2009-38 上映時間 1時間38分 監督 リチャード・デイル 出演 NASA関係者 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 評価 5点(10点満点)  「ディープ・ブルー」「アース」のイギリスBBCが、NASA50年の歴史を探るドキュメンタリー映画。  過去の作品のよう...
14. 宇宙(そら)へ。  [ 5125年映画の旅 ]   2009年09月06日 18:18
宇宙。それは人類の夢の終着点。有人宇宙飛行、アポロ計画、スペースシャトル構想、ハッブル宇宙望遠鏡による外宇宙の探求。宇宙に夢をはせる人々の栄光と挫折、そして挑戦の記録を映し出すドキュメンタリー。 『アース』を製作したBBCが今回選んだテーマは「宇宙」。...
15. 宇宙へ。  [ まっちゃんの遺書 ]   2009年09月06日 23:53
[ストーリー] 設立から50年、人類初の月面着陸に成功してから40年が経過したNASAには、 知られざる記録フィルムが残されていた。ロケットの打??.
16. 「宇宙(そら)へ。」  [ みんなシネマいいのに! ]   2009年09月09日 22:55
 NASAのマーキュリー計画→アポロ計画→スペースシャトルの歴史を振り返るドキュ
17. 『宇宙へ。』  [ 千の天使がバスケットボールする ]   2009年09月11日 22:09
一昨日の夜、帰宅途中で最寄駅から坂をのぼっていくと、黄金色の月がひときわ大きく神々しく輝いていた。 あの遥かかなたにある月面に人類がおりたったのは、今から40年も前の7月20日のことだった。 「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍で...
18. 「宇宙へ。」 ステップ・バイ・ステップ  [ はらやんの映画徒然草 ]   2009年09月13日 06:07
本日公開の本作、今日明日観ると500円ということで早速観てきました。 宇宙をテー