2009年11月15日

笑う警官

笑う警官
 『追うも警官、
 追われるも警官。


 コチラの「笑う警官」は、2002年に実際に起こった北海道警察による組織ぐるみの汚職事件をヒントにが書き下ろし、シリーズ累計100万部を売上げている”道警シリーズ”の第1作として最も人気の高い佐々木譲の同名小説を、12年ぶりにメガホンを取った角川春樹が、監督・脚本・製作総指揮の三役をこなした11/14公開のポリティカル・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪

 なんでもその”道警シリーズ”の2作目を続編として映画化する動きもあるらしいですけど、邦画としては久し振りに本格的かつハードボイルドなポリティカル・サスペンスを観たなぁ〜!って感じでした。監督が12年ぶりっつ〜ことで、なんつ〜か、古いっつ〜か、古臭いっつ〜か、クサいっつ〜か?(´▽`*)アハハ

 ちなみに原作はあたしは未読です。一緒に観に行ったダンナちゃんは既読なもんで、「こんな話だったかなぁ?まぁでも原作の方が面白いから、読んでみたら?」と言われたので、とりあえず今読んでる本を読み終わったら、読んでみようかなぁ〜って思ってます。

 もしかしたら原作もクサいのかもしれませんが、セリフ1つ1つが結構クサいんだよね〜。今時そんなん言わないよ〜!ってのが結構あって、気になっちゃったし、映画の最初にはタイトル、最後には「THE END」なんて、しかもタイプライターで打つなんてハードボイルド過ぎる〜ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

 でも、これがそこいらのキャストだったらもう爆笑もん?いや失笑もんの映画だったかもしれませんが、そのハードボイルドな映画にぴったりなキャストなもんで、意外とこれが観れちゃいましたね〜。特にやっぱり好きなのもあるから贔屓目もありますが、大森南朋さんはカッコ良かったなぁ〜。まぁそれでもサックスって〜?って感じだけどもね。

 お話の方は、サスペンスとしてはっつ〜か、多分これは原作が面白いんだろうね。そのオカゲでかなり確かに面白いところはありました。ただちょっと分かりにくいところがあったかなぁ。まぁこれはあたしの理解力が足りないせいもあるかもしれないのですが、ちょっと複雑なお話なのもあると思うので、その辺はもうちょっと分かりやすく出来ないもんかなぁ?って思いましたね。

 どうしても原作が小説な分、セリフなんかに頼るところが大きいのだけど、セリフだけだと理解しづらい複雑な設定だったので、映像なり演出なり構成なりでもうちょっと丁寧に描いてもらいたかったところですね。それに、「警官VS警察組織」とか「この国では警察が、正義を指名手配する」なんてセンセーショナルな煽りの割には、ちょっとこじんまりとした印象を受けてしまったのも、もったいなかったなぁ〜。

 公式サイトはコチラ

◆ title: THE LAUGHING POLICEMAN(2009/日本)
◆ date: 2009.11.15
◆ director: 角川 春樹
◆ performer: 大森 南朋/松雪 泰子/宮迫 博之/忍成 修吾/螢 雪次朗/野村 祐人/伊藤 明賢/大友 康平/矢島 健一/鹿賀 丈史

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG

この記事へのコメント

1. Posted by かのん   2009年11月15日 17:11
確かに言われてみればセンスが古いですよね(笑)。12年もブランクあるならやめておけばいいのにとも思ったけど、絶頂期の角川映画で育った私にはこのセンスが馴染むのか違和感もありませんでした(照)。

もしかしたら原作とセットのほうが楽しめたのかなとも思って私も読んでみようかなという気持ちに傾いてるところです。
2. Posted by たいむ   2009年11月15日 17:36
こんにちは!
ほんっとキザキザキザっ(笑)
でも、少し古臭いかもしれないけれど、この手のハードボイルドタッチは好きです(^^)
「どなたかしら?その幸運な女性は?」なーんて松雪さんが言うから様になってるけど、カマを掛けるにしても赤面もののセリフですよねw

原作はサクサクっと読めるらしいので、私も今読んでいる本の次にと思っています。
3. Posted by miyu   2009年11月15日 18:04
>かのんさん
ん〜なるほど、確かに最近の映画ばかりだと違和感あるかもしれませんが、
昔から馴染んでいたのであればそう違和感を感じないものなのかもしれませんね。
原作は映画からも面白そうな雰囲気が感じられたので、
読んでみようと思ってます。
家にあるみたいですしね〜( ´艸`)
4. Posted by miyu   2009年11月15日 18:07
>たいむさん
そう!まさにそこです。
「その幸運な女性は?」がもうばち〜んとビンタを食らったような
衝撃でした(´▽`*)アハハ
松雪さん以外の方なら絶対に言えないセリフですよね。
彼女の魅力も堪能出来る映画でしたよね〜。
5. Posted by えい   2009年11月15日 21:59
こんばんは。

80年代は、この臭さを
カッコいいと受け入れていたんだと思うと、
時代の移ろいは早いです。
確か「野生時代」とかを角川が出して売れまくっていた頃かなあ。
6. Posted by miyu   2009年11月15日 22:05
>えいさん
確かにね、これ時代が違うと価値観も当然違いますから
それをカッコいいと思うのはいいと思うし、
昔の映画を観るとカッコいいなぁ〜って思うんですけどね。
今作る映画ってのは今の感覚もしくは先を行く感覚じゃないとなぁ。
って思っちゃいますものね。
7. Posted by KLY   2009年11月16日 23:26
記事はまだですがコメ参加〜♪
評判悪っ!(笑)まあでも、良くも悪くも角川春樹の映画ってこんなんですよね。昔から全然変わってないと思うし。リアリティ無視、雰囲気とテンポだけって感じで。
その昔の『天と地と』で武田軍と上杉軍を赤と黒にばっさり色分けしちゃった人ですしね。
ただ、なんか憎めないというか、嫌いになれない自分がいます。もちろん面白いとは言いづらいのも事実なんだけど^^;
8. Posted by miyu   2009年11月16日 23:34
>KLYさん
あら、記事はこれからですか?楽しみです〜。
って、そんなに悪く書いたつもりはないのですが、
ちょっと辛辣過ぎですか?
大森さん好きなんで、これでも結構楽しめたのですよ。
ただ、ちょっとクサいのは今我が家ではちょっとした
ネタになってはいます(´▽`*)アハハ
9. Posted by KLY   2009年11月16日 23:58
あ、記事が辛らつとかいうことはないですよ。
yahoo映画とか観てもボロクソなんで、一般的に
って意味です。誤解を招くような書き方でごめ
んなさい。^^;
実はもう記事は書きあがってたりしますが、予定は明日ってことなのです。(笑)何気にmiyu
さんと同じくハードボイルドな部分が笑えて気
に入ってます。個人的にはサックスのところ。
今時バーでサックス吹かないだろ〜〜みたい
な。(笑)
10. Posted by miyu   2009年11月17日 00:10
>KLYさん
ご丁寧にご訂正いただきありがとうございます。
そっかぁ〜Yahoo映画ではボロクソでしたかぁ〜(;・∀・)
記事は既にご用意されているのですね。
ますます読むのが楽しみです♪
ハードボイルドなところやクサいセリフに思わず
観ているだけなのに照れちゃうのは同じ日本人、
しかも現代が舞台ってのがどうにもこうにもなんですよね。
でも、松雪さんのスタイルがいいのはぱっと見で気付くのですが、
ナニゲに大森さんが顔ちっちゃくってすら〜っとしていて
ますますカッコいい〜と惚れ直してしまいました。
そんな2人だからこそ、まだ様になってはいたんですけどね。
あ、顔ちっちゃく見えたのは宮迫さんの顔の半分ぐらいしか
なかったからなんですけどね(´▽`*)アハハ
11. Posted by ひろちゃん   2009年11月20日 00:10
こんばんは^^
うんうん、古くさ〜い感じでした(笑)
そして、「警官VS警察組織」とか大きな
フリの割には、こじまりしていましたよね(^^;
miyuさん、原作読み始めたんですね〜
原作既読で、原作のほうが面白いと言われていたダンナちゃまはこの映画☆いくつなんでしょうか?気になります(笑)
キャストがいいだけに、私もちょっともったいない作品だなあって思ちゃいました(^^;
12. Posted by miyu   2009年11月20日 00:22
>ひろちゃん
そうなんですよ〜。
原作まだちょっとですが、読み始めたところです。
ん〜ダンナちゃんは普段★をつけませんので、
ちょっと分かりませんがニュアンス的には2つぐらいっぽいかなぁ?
13. Posted by sakurai   2009年11月24日 13:29
いやーーー、古くさいっちゅうか、ださいっちゅうか、しょぼいっちゅうか、時代錯誤っちゅうか。
おんなじか。
ちゃんと自分で見直したんかい!と突っ込みいれたくなりました。
これ自分で見直して、「面白い、よく出来た」・・・なんて思ってたら、映画作りはやめた方がいいです。
彼のためです。
14. Posted by miyu   2009年11月24日 14:00
>sakuraiさん
ん〜実は今原作を読んでるので、どうも監督のセンスだけではない
気もしてます。
ダンナちゃんは映画は全然ダメ!原作の方が面白いって言ってますけどね〜。
まぁ最後まで読んでみてどうかですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 笑う警官/大森南朋、松雪泰子  [ カノンな日々 ]   2009年11月15日 17:00
本屋さんで原作本を見かけたとき、このタイトルはとてもキャッチーだなぁと思ったんですよね。あまり読むことのないジャンルだったので買いはしませんでしたけど、もしブックオフあたりでお手頃な値段のを見つけてたら買ってたかも。その作品が映画化されたという事でとても....
2. 「笑う警官」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年11月15日 17:37
原作は、実際に北海道警で起った組織ぐるみの汚職事件を元に書き下ろされた本格ミステリーサスペンス。そう聞くだけでとても興味が湧いたが、映画をより楽しむためにもあえて未読のまま鑑賞した。大森南朋、松雪泰子
3. 『笑う警官』  [ ラムの大通り ]   2009年11月15日 21:05
----えっ?これって日本映画ニャの? スウェーデンの小説家の作品に、似たのがなっかったっけ? 「「マルティン・ベック」シリーズだね。 実は、本作の監督でもある角川春樹に誘われた佐々木譲が 同作品へのオマージュともいうべきものを書いた小説『笑う警官』がこの映画の原...
4. 『笑う警官』  [ 『映画な日々』 cinema-days ]   2009年11月16日 02:32
百条委員会に裏金に関する証言をする為 召喚された刑事に殺人容疑が掛けられた。 射殺許可まで下された同僚を救うには 15時間以内に真相を明...
5. 笑う警官  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   2009年11月16日 13:39
 日本  ドラマ&犯罪&サスペンス  監督:角川春樹  出演:大森南朋      松雪泰子      宮迫博之      忍成修吾 【物語】  札幌市内のアパートで女性の変死体が発見された。 すぐに元交際相手の巡査部長・津久井に容疑が掛けられ、異例の射殺命....
6. 笑う警官  [ Lovely Cinema ]   2009年11月16日 18:55
JUGEMテーマ:映画館でみました!笑う警官というより・・・笑う犬。
7. 笑う警官  [ 映画通の部屋 ]   2009年11月16日 19:23
「笑う警官」製作:2009年、日本 122分 製作、監督、脚本:角川春樹 原作:
8. 笑う警官  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2009年11月16日 22:10
公式サイト。実際に起きた北海道警裏金事件をベースにした佐々木譲の原作。角川春樹監督、大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、忍成修吾、螢雪次朗、野村祐人、伊藤明賢、大友康平。
9. 笑う警官  [ シネマDVD・映画情報館 ]   2009年11月16日 23:01
北海道で実際に起きた警察の汚職事件を基にした、人気作家・佐々木譲による同名ベストセラー小説を映画化した社会派サスペンス。ヒットメーカー角川春樹が 11年ぶりにメガホンを取り、女性警察官変死事件の犯人に仕立て上げられた仲間の無実を証明しようと奮闘する刑事たちの...
10. 笑う警官  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP ]   2009年11月16日 23:13
角川春樹が11年ぶりにメガホンを取ったことが話題のサスペンスだが、社会性より娯楽性が際立つエンタメ映画になっている。札幌市内のアパートで女性警官の変死体が発見される。すぐに元交際相手の巡査部長・津久井に容疑がかけられ、異例の射殺命令までも下される。一連の流....
11. 笑う警官  [ 映画君の毎日 ]   2009年11月16日 23:31
<<ストーリー>>札幌市内のアパートで女性の変死体が発見された。すぐに元交際相手の巡査部長・津久井(宮迫博之)に容疑が掛けられ、異例の射殺命令までも下される。この一連の流れに違和感を感じた所轄の警部補・佐伯(大森南朋)は、信頼できる仲間とともに秘密裏に捜...
12. 『笑う警官』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2009年11月17日 08:17
  □作品オフィシャルサイト 「笑う警官」□監督・脚本 角川春樹 □原作 佐々木譲 □キャスト 大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、忍成修吾、螢雪次朗、野村祐人、大友康平、伊藤明賢■鑑賞日 11月14日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満...
13. 笑う警官  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年11月17日 19:52
原田知世の『時をかける少女』以来12年ぶりの角川春樹監督作品。原作は佐々木譲による同名小説。無実の罪を着せられた警察官を救うために立ち上がった刑事たちの活躍を描いたクライムサスペンスだ。主演は『ハゲタカ』の大森南朋。共演に『クヒオ大佐』の松雪泰子、「20...
14. 【笑う警官】笑えます。眠れます。  [ 映画@見取り八段 ]   2009年11月18日 18:06
笑う警官 監督: 角川春樹    出演: 大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、 忍成修吾、鹿賀丈史 公開: 2009年11月 映画を見に行く前やDVDで??.
15. 笑う警官  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2009年11月18日 20:06
北海道で問題になった裏金問題はその後全国に広がり、各県の警察本部で浮き彫りになった。そして、退職者を含めて総額何億円も返還した。そして、いまや政権が変わり、そんな裏金どころか予算の組み方まで抜本的な変更が行われようとしている。もう当局に遠慮することはない
16. 笑う警官  [ 花ごよみ ]   2009年11月19日 09:45
以前実際にあった、 北海道警裏金事件が、 ベースになっています。 警察内の暗部をさらす作品。 佐々木譲作「道警シリーズ」の 第1作目の映画化。 主演は大森南朋、 共演には松雪泰子、宮迫博之…。 監督は角川春樹。 脚本・製作も彼が手がけています。 映画化を楽し...
17. 【笑う警官】  [ 日々のつぶやき ]   2009年11月19日 14:43
監督:角川春樹 出演:大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、忍成修吾、野村祐人、大友康平   追うも警官、追われるも警官。 「裏金騒動で揺れる道警、うたった(喋った)と疑われた警官が身の潔白を証明するため自殺する中、生活感のないマンションの一室で婦警が
18. あんまり笑えなかった「笑う警官」  [ 筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ−映画編− ]   2009年11月20日 18:41
警察の不正を証言することになった津久井が、警察から殺人のぬれぎぬを着せられ、危険人物としての射殺命令まで出る。津久井と縁浅からぬ佐伮..
19. 『笑う警官』  [ Rabiovsky計画 ]   2009年11月21日 02:02
映画『笑う警官』公式サイト 監督・脚本:角川春樹 原作:佐々木譲 出演:大森南朋 、松雪泰子 、宮迫博之 2009年/日本/122分 おはなし Yahoo!映画 札幌市内のアパートで女性の変死体が発見された。すぐに元交際相手の巡査部長・津久井(宮迫博之)に...
20. 映画『笑う警官』  [ 闘争と逃走の道程 ]   2009年11月21日 05:05
 “THE LAUGHING POLICEMAN”という英題がタイプライターで打ち出されるオープニングからして、めちゃくちゃお洒落なこの映画。そんなに話題作って??.
21. 「笑う警官」 日本独自のハードボイルド  [ はらやんの映画徒然草 ]   2009年11月21日 06:32
最近、ミステリー小説では「警察もの」というジャンルが元気がいいです。 以前に紹介
22. 笑う警官  [ 人生楽ありゃ苦もあるさ ]   2009年11月21日 20:09
何も下調べもせず、道警の裏金問題の映画と言う認識で見に行きました。 が、、、、、...
23. 『笑う警官』  [ 唐揚げ大好き! ]   2009年11月22日 04:28
  追うも警察、 追われるも警察。   ■女性警官殺害の容疑で同僚警官が指名手配された。さらに異例の射殺命令までも。時を同じく、この事件に疑惑を抱いた所轄の警部補・佐伯は信頼する仲間と共に秘密裏に捜査を開始。捜査が進むにつれ浮かび上がる。警察内部の闇。
24. 「笑う警官」  [ みんなシネマいいのに! ]   2009年11月22日 08:25
 北海道を舞台に、女性警察官変死事件の犯人に仕立て上げられた仲間の無実を証明しよ
25. 笑う警官  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2009年11月23日 00:25
笑う警官'09:日本 ◆監督:角川春樹「時をかける少女」「REX 恐竜物語」「天と地と」◆出演:大森南朋 、松雪泰子、宮迫博之、大友康平、忍成修吾 ◆STORY◆札幌市内のアパートで女性警官の変死体が発見された。まもなく被害者の元交際相手の巡査部長・津久井に容....
26. 笑う警官  [ 勝手に映画評 ]   2009年11月23日 17:25
佐々木譲原作の北海道警シリーズ第一弾。実際の北海道警裏金事件にインスピレーションを得て原作は描かれており、警察の奥底に巣食う暗部を描いている。元々は「うたう警官」と言うタイトルで原作は出版されていたが、映画化に際して原作の方も「笑う警官」に改題し、文庫化...
27. 笑う警官  [ 迷宮映画館 ]   2009年11月24日 13:26
の、つもりがなかなか進まない・・・
28. 笑う警官  [ 5125年映画の旅 ]   2009年12月02日 08:03
裏金疑惑に揺れる北海道警察に対し、地方議会は百条委員会に現職警官を召集して疑惑を追及しようとする。委員会が間近に迫る中、道警本部の婦人警官が絞殺される事件が発生、委員会に証人として召集された津久井が容疑者として挙げられた。津久井の同僚・佐伯は、これが道....
29. 笑う警官(映画館)  [ ひるめし。 ]   2009年12月04日 20:55
追うも警官、追われるも警官。
30. 笑う警官 昔っぽいハードボイルドさを漂わしているが・・・  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2009年12月07日 10:50
【 71 -13- 1ヶ月フリーパスポート=20 】 この映画、上映時間の関係で、先々週にわざわざ京都の二条まで観に行ったけど、なんでこんなとこにこんなシネコンを作ったんだろうってのが感想、経営的にやっていけているのかな?  札幌市内のアパートで女性警官の変死体が発見...
31. 09-333「笑う警官 THE LAUGHING POLICEMAN」(日本)  [ CINECHANの映画感想 ]   2009年12月20日 23:57
警官が警官を追い詰める  北海道警察による組織ぐるみの裏金工作疑惑が浮上、その真偽を問うべく現職警官が証言台に立つ“百条委員会”が10月23日、午前10時に開かれることとなった。  その2日前。札幌市内のアパートで女性の変死体が発見される。被害者は元ミス道警の...
32. 『笑う警官』(2009)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2010年05月30日 09:03
佐々木譲の<道警シリーズ>1作目を、製作と脚本を兼務した角川春樹が12年ぶりにメガホンを取って映画化した作品です。 裏金疑惑で揺れる北海道警。その最中に婦人警官の変死体が発見され、その元交際相手だった津久井巡査部長が被疑者と断定される。更に津久井は覚醒...
33. 笑う警官  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年07月27日 12:56
2009/11/14公開日本122分監督:角川春樹出演:大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、忍成修吾、螢雪次朗、野村祐人、大友康平、伊藤明賢、矢島健一、鹿賀丈史追うも警官、追われるも警官。北海道警察による組織ぐるみの裏金工作疑惑が浮上する。その真偽を問うべく現職警官が証言台...
34. 別館の予備(感想190作目 笑う警官)  [ スポーツ瓦版 ]   2011年04月24日 13:11
4月24日 感想190作目 笑う警官 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10866642978/c4e6a4d4
35. 笑う警官  [ 映画!That' s Entertainment ]   2011年06月11日 14:00
●「笑う警官」 2010 東映・角川映画・笑う警官制作パートナーズ 122分 監督・脚本・製作:角川春樹 出演:大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、忍成修吾、蛍雪次朗、野村祐人、大友康平、    中川礼二、大和田伸也、松山ケンイチ、矢嶋健一、鹿賀丈史ほか <評価:★