2009年12月09日

ゴッドファーザー

ゴッドファーザー
 コチラの「ゴッドファーザー」は、マリオ・プーゾの同名小説をフランシス・フォード・コッポラ監督が映画化し、アカデミー賞作品賞・脚色賞・主演男優賞を獲得した名作マフィア映画です。主演はもちろんマーロン・ブラント。そしてなんと、共演のアル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ロバート・デュヴァルの3人も助演男優賞にノミネートされていたんですね〜。

 もちろん超がつくほど有名な作品で、そんな有名な作品でさえ観てないことも少なくないあたしでさえ、本作を観るのは初めてではありません。でも、前に観たのはまだ10代だったか、20代の前半だったか、それぐらいの頃でしたから、この映画の渋さや面白さが理解出来てなかったのかもなぁ。改めて観てみたらやっぱりこれは面白いですね。

 最初こそは登場人物が多くって複雑だったもんですから、混乱しちゃってましたし、元々このテのマフィア映画ってどうも苦手でね〜。苦手って程ではないけど、あまり得意なジャンルではないのですよね。でもってかなり長尺の映画、しかもこの後2も3もあるのになぁ〜と思うと、かなりしんどさはあるのですが、この重厚なお話にはそれが相応しいっちゅ〜もんですよね。

 舞台は40年代後半のニューヨーク、第二次世界大戦後のマフィアの世界。「ゴッドファーザー」とは、ドン・コルレオーネ(マーロン・ブラント)に敬意と忠誠を誓ったモノがそう彼を呼ぶ愛称。元々は名付け親をそう呼び、マフィアのボスなんかをそう呼ぶんだそうですが、名付け親や後見人といった習慣のない日本ではあまり馴染みがないかもしれませんね。

 権力と金を握る「ゴッドファーザー」。ヴィトは友人の頼みであれば、報酬など受け取らずに、敬意と忠誠を込めて「ゴッドファーザー」と呼ばれれば、それだけで友人たちの望みを叶えます。ただし、彼は1度だけその頼みを断るのです。麻薬に手を出すこと、それは彼にとって禁断の果実に他ならず、古いタイプのマフィアである彼はそれを頑なに拒むのですね。

 ところが、彼の握る権力と影響力は、そんな彼の唯一の砦さえも許してはくれません。そこから抗争が起こり、次々とファミリーの人間が殺され、また復讐と報復の連鎖が起こり、取り返しのつかない悲劇が繰り返されてしまいます。そして、ヴィトの愛情と期待を一身に浴びる三男のマイケル(アル・パチーノ)もまたそんなファミリーの悲劇に巻き込まれていってしまいます。

 元々はファミリーとは一定の距離を保ち、3兄弟の中で唯一堅気であったマイケルなのですが、大学を出て英雄として復員したマイケルには、長男のソニー(ジェームズ・カーン)にも次男のフレド(ジョン・カザール)にもないモノを持って生れていたのですね。それこそがドンである父から受け継いだモノ。

 でも、ヴィトはマイケルには堅気であって欲しいと望み、ファミリーのみんなもその気持ちを汲んでかマイケルにファミリーの仕事を決してさせようとはしなかったのですが、マイケルにはヴィトから受け継いだ家族を守りたいという強い気持ち、そしてボスの器があってしまったがゆえに、そのファミリーの抗争へと身を落としていくことになります。

 と言うワケで、175分の1作目を無事に観終わることが出来ましたけれども、あと2作。しかも、次は2枚組ですかぁ〜(;・∀・) なんか年末になってくると、どうも名作映画を観たくなるものでね。このシリーズをやっと掘り起こしてみる気になったのですが、どうせだったらイッキに観ちゃいたいなぁ〜なんて思っておりますが、どうなりますことやら(´▽`*)アハハ

◆ title: THE GODFATHER(1972/アメリカ)
◆ date: 2009.12.05
◆ director: Francis Ford Coppola
◆ performer: Marlon Brando/Al Pacino/James Caan/Richard S. Castellano/Robert Duvall/Sterling Hayden/John Marley/Richard Conte/Al Lettieri/Diane Keaton/Abe Vigoda/Talia Shire/Gianni Russo/John Cazale/Rudy Bond/Al Martino/Morgana King/Lenny Montana/John Martino/Salvatore Corsitto/Richard Bright/Alex Rocco/Tony Giorgio/Vito Scotti/Tere Livrano/Victor Rendina/Jeannie Linero/Julie Gregg/Ardell Sheridan/Simonetta Stefanelli/Angelo Infanti/Corrado Gaipa/Franco Citti/Sofia Coppola

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG

この記事へのコメント

1. Posted by しんちゃん   2009年12月09日 22:02
 お話の流れを楽しむだけなら、1と2を時間軸で再編集したバージョンがあるのね。それが分かりやすいけど、やはり「2」の時代があちこちに飛ぶあの面白さは捨てがたいです。

 で、やはりドラマとして面白いよね・・・こういう映画が最近はまったくないかもね。
2. Posted by miyu   2009年12月09日 22:15
>しんちゃん
あ〜あるみたいですね〜。
でも、フツーに観ちゃいました( ´艸`)
うんうん、面白かったです。
確かにこうゆう映画はないかなぁ。
でも、オカゲで少しマフィアものも楽しめるように
なったかもしれません。
3. Posted by にゃむばなな   2009年12月09日 22:15
個人的には『PART2』のロバート・デ・ニーロが好きなんです。
そして『PART3』のアンディ・ガルシアも。

ちなみにマーロン・ブランドとアル・パチーノみたいな親子が本当にいたら、見た目からして絶対に逆らいたくなくなりますよね。

だってあれだけ銃弾を受けても死なない親父と沈着冷静な息子ですもん。
4. Posted by Kaz.   2009年12月09日 22:20
おぉ〜〜、ついに登場しましたか!(´▽`*)アハハ
いや〜、お疲れでした〜。
もう語りつくしたら長くなっちゃうから止めとくね〜。
でも、こんな貫禄のある映画はザラにないよな〜〜。
『PART供戮眥垢い韻鼻∋代を交錯させた名編です。
時間と体力のあるときにどうぞ!(´▽`*)アハハ
あっさりした記事だけどTBしますね〜。
5. Posted by miyu   2009年12月09日 22:38
>にゃむばななさん
あはは確かにあんだけ撃たれたらフツーは死んじゃいますよね〜(´▽`*)アハハ
アル・パチーノも若い頃から渋くってサスガでしたね〜。
6. Posted by miyu   2009年12月09日 22:39
>Kaz.さん
本当についにです(;・∀・)
でも、年末になるとそろそろ観なくっちゃなぁ〜って
気になるんですよね〜。
って思って何年目かしら?って感じなのですが、
やっぱり観て良かったですよ〜。
これは本当に貫禄があって、いい映画ですね。
7. Posted by yukarin   2010年05月06日 12:42
こんにちは♪
私はGW中に一気観しました。
恥ずかしながらちゃんと観たのが初めてだったんですが、やはり偉大な作品だと思いましたわ。
若いアル・パチーノにハートマークでしたよん(笑)
8. Posted by miyu   2010年05月06日 13:47
>yukarinさん
これはせっかくですから、時間のある時に
イッキ見が正解!じゃないかなぁ?
パチーノも良かったですよね〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ゴッドファーザー (1972) THE GODFATHER 175分  [ 極私的映画論+α ]   2009年12月09日 22:03
 未だにこの映画を越えるギャング(マフィア)映画は出てきていません。
2. ゴッドファーザー  [ Kaz.Log Cinema ]   2009年12月09日 22:21
映画の初投稿一発目は、もう今さら言うまでもない名作です。 1972年度製作、原作'''マリオ・プーゾ'''、監督'''フランシス・フォード・コッポラ'''、音楽'''ニーノ・ロータ''&...
3. 「ゴッドファーザー」  [ ハピネス道 ]   2009年12月09日 23:45
新宿バルト9でのデジタル上映を観てきました。年明け早々に観た「アラビアのロレンス」に引き続き、往年の名作を劇場で鑑賞する幸せを堪能…。こちらはデジタル上映ということで、まるで最新作のような美しさ。でも、アル・パチーノが若い。ロバート・デュバルも若い…。ダ...
4. ゴッドファーザー DLP版  [ そーれりぽーと ]   2009年12月10日 00:47
元旦の“新春ロードショー”が無い今年。 せっかくスクリーンで名作を観れる機会なので、『ゴッドファーザー DLP版』を観てきました。 ★★★★★ こんな名作に★付けるのは失礼な話ですけど、もちろん★5つですよね。 完璧な美しい映像と迫力のサウンドに生まれ変わったの...
5. ゴッドファーザー  [ 5125年映画の旅 ]   2009年12月10日 06:16
ニューヨークのギャンググループ、コルレオーネファミリー。一代で巨大な組織を作り上げた男、ビト・コルレオーネは、周囲からゴッドファーザーと呼ばれ尊敬されていた。コルレオーネを含むニューヨークの5大ファミリーは均衡を保っていたが、ビトの暗殺未遂事件が発生し....
6. ゴッドファーザー  [ しーの映画たわごと ]   2009年12月10日 09:49
いまさらって感もあるゴッドファーザー。 三部作全てを網羅したのは今回が初めて。所々記憶があるもののほぼ初見と言って良い本作品。 マフィア・ギャング映画は多く見てきている方だと思う。(デニーロ絡みで) その最高峰と言われるゴッドファーザーだが、以前見た、....
7. 「ゴッドファーザー」のトム・ヘイゲン  [ キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜 ]   2009年12月12日 11:45
「ゴッドファーザー」で印象深かったキャラクターといえば、ロバート・デュバルの演じた、トム・ヘイゲンである。 孤児だったのをドン・ヴィトー・コルレオーネに拾われ、頭が良かった為、ファミリーの顧問弁護士となるべく育てられる。 血の結束を誇るコルレオーネ・ファミ...
8. ゴッドファーザー  [ mama ]   2009年12月13日 14:10
THE GODFATHER 1972年:アメリカ 原作:マリオ・プーゾ 監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演:マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ジョン・カザール マフィアの世界を克明に描きベストセラーとなったマリオ・プーゾの同名小説をフラ....
9. ゴッド・ファーザー~家族の絆  [ Osaka-cinema-cafe ]   2009年12月16日 02:39
映画ファンとして、新年の最初に見る映画というのは、 なぜかとても気になるものです。 最初に見た映画が良いと、今年も良い映画が見れそうな 気もしますし、逆ならあまり良い映画にあたらない気もしますね。 去年は元旦からチャップリン映画を見ましたが、 今...
“午前十時の映画祭”に、足繁く通っている 管理人でございます。(いい企画ですな!) 今回取り上げるのは「THE GODFATHER」。 中学生の頃、テレビで観て以来。 さすがに「ゴッドファーザー2,3」と 記憶がごっちゃになっていた。 ドン・コルリオーネ...
11. ゴッドファーザー1.2.3  [ 映画の話でコーヒーブレイク ]   2010年04月13日 09:28
今回は、誰もが知ってる、泣く子も黙る?渋〜い映画三部作です。 男性でこの映画が嫌いな方はいらっしゃらないですよね? DVD4枚、トータル9時間に及ぶパート?・?・?を一気に見ると 流石にちょっと(いえ、かなり)疲れましたが、 見ごたえのあるイタリア移民親子3代...
12. ゴッドファーザー  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年05月06日 12:41
【THE GODFATHER/MARIO PUZO'S THE GODFATHER】1972/07公開 アメリカ 175分監督:フランシス・フォード・コッポラ出演:マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ジョン・カザール、ダイアン・キートン、ロバート・デュヴァル、リチャード・カステラーノ、...
13. 午前十時の映画祭・『ゴッドファーザー』  [ 映画雑記・COLOR of CINEMA ]   2010年10月10日 10:50
午前十時の映画祭でフランシス・フォード・コッポラ監督『ゴッドファーザー』を再見。エンドクレジットでレストレーション版だと知る。プリントで色調がグリーン気味になったのは一箇所だけ(安定したニュープリント
14. 歩いて楽しい「午前十時の映画祭」  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2011年01月22日 10:06
21日、「午前十時の映画祭」が終了した。長崎は「ゴッド・ファーザー」に始まり、「戦場にかける橋」で終了であったが、コッポラがその後に「地獄の黙示録」を撮ることを考えれば、...
15. 名作を映画館で 2  [ 笑う社会人の生活 ]   2013年07月11日 18:32
29日のことですが、映画「ゴッドファーザー」を鑑賞しました。 午前十時の映画祭にて見ました 何も言うこともないほどの名画ですね しかし 僕は初見でして、前々から見たいと思っていたのですが・・・ マフィアの世界、マフィア ファミリーの人間模様 マフィアの大河ド...