2010年03月15日

サロン・キティ

サロン・キティ
 コチラの「サロン・キティ」は、「地獄に堕ちた勇者ども」のヘルムート・バーガーとイングリッド・チューリンが再び共演を果たした官能サスペンスです。もちろん「地獄に堕ちた勇者ども」のヘルムート・バーガーにすっかりやられてしまったので、観ちゃったのですが、いやぁ〜驚きの映画でした(;・∀・)

 「地獄に堕ちた勇者ども」から7年経ってますので、やっぱり少し老けてしまってましたねぇ。まぁそれでもとてもきれいなお顔立ちは相変わらずですし、「地獄に堕ちた勇者ども」もかなり強烈なところのある映画ではあったのですが、こちらは別な意味で強烈でした。だって、画面の殆どにボカシが入っちゃうなんて初めて観ましたよ〜(´▽`*)アハハ

 第二次世界大戦下のベルリン、ナチの将校バレンベルグ(ヘルムート・バーガー)は、自分も利用していた娼館サロン・キティを接収し、国家社会主義の女性を集め、彼女たちを娼館の女主人のキティ(イングリッド・チューリン)に預け、娼婦として育て上げさせ、軍人たちの相手をさせるスパイにするのです。

 その中にいたマルガリータ(テレサ・アン・サヴォイ)に、バレンベルグは目を止め、彼女を妻ヘルタ(ティナ・オーモン)のいる家に呼びつけます。やがてマルガリータは客のハンス(ベキム・フェーミュ)と、娼婦と客の関係以上の気持ちを互いに持つようになります。

 ハンスは前線から休暇でベルリンに戻って来ている身、やがて前線に戻ることとなるのですが、敵国に亡命するとマルガリータに告げて前線へと戻っていくのです。娼婦はスパイですから、客との会話を報告書にして提出するのですが、ハンスを愛していたマルガリータはそのことを報告書には書かなかったのです。

 ところが、ハンスは処刑されてしまいます。バレンベルグは、報告書だけでなく、各部屋に盗聴器を仕掛けていたんですね。そのことを知ったマルガリータ、そしてマルガリータから初めて彼女たちがスパイだったと告げられてショックを受けるキティは、バレンベルグに復讐しようと画策します。

 冒頭の豚の屠殺シーンからして、イヤな予感はしていたのですが、いわゆるエログロですか?ちょっとその辺のことはよく分からないのですが、かなりキツかったですね。エロのシーンも結構強烈でしたし、って言ってもボカシだらけでなんのこっちゃか分からないところもあるのですがね(/ω\)

 官能的なシーンはやっぱり美しいのがいいなぁ〜って思いましたね。別にそっちのシーンは汚いってワケではないのですが、なんかこう作品全体から伝わって来る雰囲気がね、どうもちょっと好みではなかったですね。まぁ7年経っても相変わらずなヘルムート・バーガーでしたしw

 最初に女性がたくさん集められるシーンで、てっきり「ヒトラー〜最期の12日間〜」みたいに秘書とかなのかな?と思ったのですが、そこでまずつまずいちゃいましたねヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

◆ title: SALON KITTY(1976/イタリア・西ドイツ・フランス)
◆ date: 2010.03.13
◆ director: Tinto Brass
◆ performer: Helmut Berger/Ingrid Thulin/Teresa Ann Savoy/John Steiner/Sara Sperati/Maria Michi/Rosemarie Lindt/Paola Senatore/John Ireland/Tina Aumont/Alexandra Bogojevic/Dan van Husen/Ullrich Haupt/Stefano Satta Flores/Bekim Fehmiu

 ↓ブログランキング参加中です♪ご協力お願いしますm(_ _)m
 人気blogランキング     人気映画・TVBLOG

この記事へのコメント

1. Posted by Kaz.   2010年03月15日 21:56
たぶん昔々に一度観てると記憶してます〜。
そうだった、これイングリッド・チューリンが出てるんだったー!(/∇\)キャ-!

いやいや、エログロな感覚って云うのは分かります〜。(笑)
なぁ〜んか、改めて見たくなったぞ!(´▽`*)アハハ
2. Posted by miyu   2010年03月15日 22:05
>Kaz.さん
おぉ〜!!サスガっ!Kaz.さん!
観てらっしゃいますかぁ。
なかなかすんごいインパクトの映画でしたね。
3. Posted by りゃんひさ   2010年03月15日 23:21
ありゃ、『噂のモーガン夫妻』の次に、この作品をセレクトするとは!
わたしも昔劇場で観ました。
なんだかボカシだらけだったようで、ハナシはあまり覚えていません。
ヘルムート・バーガーだったら、やっぱりヴィスコンティの「ルードウィヒ」や「家族の肖像」がお薦めかな。
特に、「ルードウィヒ」の退廃妖美は必見です。
4. Posted by miyu   2010年03月15日 23:37
>りゃんひささん
あはは、セレクトは順不同ですw
これをご覧になられてましたかぁ。
当時なかなか話題になったのでしょうか?
ん〜ちょっとこの映画で少し懲りてしまったのですが、
「ルードウィヒ」観てみようかなぁ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

トラックバックURL