February 01, 2009

2009年インフルエンザ マニュアル作りのすすめ

我が家は、新年早々からインフルエンザに親子で罹りました。。゜゜(´□`。)°゜。


噂などの情報ではなく、実体験からいろいろ考えさせられました。

予防や治療など、いろいろ選択肢がありますね。

これからインフルエンザについて何回かに分けて伝えていこうとおもいます。


我が家は基本的に自然育児で、できるだけ薬に頼らない生活をしています。

病気に罹りきったほうが、本当の免疫力がつくと思うからです。



たからが、まずインフルエンザに罹りました。
1月はたからのクラスは全滅状態でした。

ニュースなどでも子供から感染が広がるといわれていますが、本当ですね

熱が下がっても感染力があるので、欠席するように言われていますが
ほとんどの子供が熱が下がると元気なので、登校してるように感じます。
たからも熱が出ているときは大変でしたが、その後は咳がでたくらいですみました。


子供と比べて大変なのは、大人です!

看病しているときに注意しないと、感染してしまいます。
本当に何回も恥ずかしいのですが、いつもこのパターンです。


家族が体調をくずしたら
           

         家庭内でマスク・湿度を保つ・部屋を隔離する。

などの対策をとってくださいね。



大人のほうが重症化しやすいのは、
今まで薬に頼ってきて本当の免疫力がついていないから
だと思ってしまいます。

熱がでたら、解熱剤で、高熱に体がもたなかったりするのでは?



私自身、一人暮らしの時、病院処方薬から市販薬まで、
薬に頼った時期がありました。

確かに、薬を飲んだら良くなった気がしました。
実際にインフルエンザに罹った人も、仕事や学校に復帰する時期が早い気がします。


病気の症状がでて、つらい時期が早く済んだほうがいいかもしれません。


医薬品のすべてを否定するつもりはないのですが、
わたしは安易に頼ってほしくありません。



今、インフルエンザの耐性ウイルスがが問題になっています。
タミフル耐性のインフルエンザAソ連型ウイルスがみつかっています。



タミフルについては、いろいろ問題があるので処方されるときに、
医師から話があることも多いでしょう。

インフルエンザに限らず、高熱がでたとき、けいれんがおきた時など

子どもが病気に罹ったときの方針を家庭で決めたほうがいいと思います。



夫婦で方針も違うかもしれません。

子どもが熱を出すと動転してしまうことも多いので、適切な対処がおくれることもあります。


ぜひ、あなたの家庭オリジナルのマニュアル作りをしてくださいね。


国立感染症研究所〜インフルエンザ
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/index.html

miyu130 at 22:15|PermalinkComments(0)かぜ・インフルエンザ 

October 10, 2008

運動誘発性アナフィラキシー

≪運動誘発性アナフィラキシー≫


 これは、急性アレルギー反応の中でも、運動が関与してくるアレルギーです。
そして死に結びつく可能性も高いので、知識だけは頭にいれておいて欲しいのです。


症状として、
じんましん、呼吸困難、腹痛、嘔吐、下痢、血圧低下を伴うショックなど。


これは、アレルゲンとなる食物を食べてから、2時間以内の運動がポイントです。

運動といっても、激しいスポーツ、部活だけでなく、ジョギングでも症状をおこした人もいるようなので
今までに気になる症状がでたひとは注意が必要です。

◆はじめはじんましんが多いようです。

原因食物の60%以上は小麦
      エビ・イカなどの魚介類、果物、ナッツなど


☆気をつけて欲しいのは、朝食です。
 今増えているパン食は、小麦製品なので
運動会の日ぐらいはおにぎりを食べたらどうでしょうか。


今、流行のバナナダイエット。食べすぎは良くないですよ。
特にアレルギーをおこしやすい果物は、バナナ、オレンジ、ぶどう、桃などです。


食生活を見直してくださいね。

miyu130 at 22:59|PermalinkComments(0)大人のアトピー 

August 27, 2007

「養生訓」は現代にも通じる健康法

今日は「養生訓」で知られる江戸時代の貝原益軒の亡くなった日(1714年 85歳)。


現代の健康法にあたる養生訓は、一読の価値ありますよ。



例えば
『夏期に瓜類、生野菜を多く食べ、冷たい麺類をしばしば口にし、
冷水を多く飲むと秋になって必ず病にかかる。(急に発熱し下痢を伴う)
だいたい病気は原因がなくては発生しないもの。予防が大切だ』

養生訓―全現代語訳 (講談社学術文庫 (577))




こちらもおすすめ

水、牛乳、緑茶、玄米食、サプリメント、最新医薬、抗菌・防菌、気功、ヨガ、
代替医療、免疫医療、ウォーキング......
いったい、なにをすれば、元気で長生きできるのか。
ガン治療からウツ病まで、当代随一の名医に、作家が本音で迫る。
混乱する情報の中から、最良の道を選ぶには? 
心と体の健康が気になる現代人必読の、平成「養生訓」。

健康問答 本当のところはどうなのか? 本音で語る現代の「養生訓」。


miyu130 at 01:54|PermalinkComments(0)

March 03, 2007

雛祭り(ひなまつり)

今日は雛祭り。

さてひな祭りにかかせない菱餅(ひしもち)は

 ピンク色 ・ 白色 ・ 緑色 の3色ですが、


○ 桃 ・ 雪 ・ 草 。

を表しているとか。
意味を知らないこと多いですよね。

ひなあられは、米菓子なのでアレルギー子も食べられる子が多いかな。


家に女の子がいないと雛人形がなくてちょっと寂しいけど、、、

たからは「かわいい子が女の子だよ!」
といって、自分も女の子と言う。

昨日「ひなまつりは女の子のお祭りだよ」と言ったからみたい。

おやつにひなあられ、

夕食に、ちらし寿司とはまぐりのお吸い物。


このちらし寿司の作り方、今年からつくり始めましたがはまってます。

この本がおすすめ☆



梅崎和子の陰陽重ね煮クッキング―からだにやさしい養生レシピ




旬を丸ごと生かす食卓―体にやさしい重ね煮料理


夫が花束をプレゼントしてくれました!

何歳になっても花は嬉しいです(*^o^*)







miyu130 at 23:56|PermalinkComments(0)日本の行事 

February 19, 2007

2007年インフルエンザA型の特徴と対策(2)5

(インフルエンザの症状)

潜伏期間は1日から3日。


インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳、くしゃみ、つばなどの

飛沫と共に放出されたウイルスを、

鼻腔や気管など気道に吸入することによって感染します。


空気が乾燥すると、咽頭粘膜の防御機能が低下して、
インフルエンザにかかりやすくなります。

外出時には暖かくしてマスクを利用したり、室内では適温を保ち、加湿器などを使って適度な湿度を保ちましょう。
常日ごろからバランスよく栄養や水分をとることも大切です。
帰宅時のうがい、手洗いは、かぜの予防と同様におすすめします。


1.高熱(38度から41度
だし、大人では37度台でもインフルエンザが確認されています。
比較的子どもの方が、高い熱がでます。

4歳の息子は41度、私は38度。
解熱剤を使用しない場合、5日から1週間は熱がでます。


2.身体がだるく、全身の筋肉痛(特に腰や四肢)が続き、

高熱でも悪寒(おかん)があり、寒気を感じます。

激しい前頭部痛あり。子どもは痛いところを上手く伝えられません。

私自身、頭痛がひどいので、はじめて子どものつらさが実感できました。
熱のせいだけでなく、インフルエンザウイルスの影響か、ぐったりしています。
だんだん体力がなくなっていくようです。なにもする気力がわかないようでした。


3.結膜の充血など。

私はこめかみ、眼が痛く、まぶしい状態で、本を読むのもツラいです。
本当はパソコンを触るのも見るのもかなり負担です。
これは、出産後は眼を酷使しない方がいいと言われていますが、同じような感じです。
頭痛も激しいので、眼も関連しているのではないでしょうか?
心身ともに頭も目も休めることをおすすめします。
息子も大好きな絵をかくこともできない状態でした。


インフルエンザA型の特徴ではないかと思うのですが、
(ネットで調べたのですが出典がわからなくなりました。スミマセン)
A型は咳などの呼吸器の症状がでやすく、

B型は下痢などの胃腸系に症状が出やすかったと思います。


そして、インフルエンザ脳しょうはA型に多いです

しかも子どもはA型にかかりやすいようです

流行する時期として、まずインフルエンザA型香港⇒Aソ連型⇒B型と聞きましたが。(診察医)

免疫力がつかないので、1回かかっても再度かかることもあるそうです。
A型にかかっても次はB型。再度A型など短い期間に3回もかかる人もいるそうです。
一度かかったからといって、油断は禁物ですね。



子どもがインフルエンザにかかと親も切ないことと思います。

少しでも症状が和らぐために参考にしてくださいね。


1.足の関節炎が痛いので、マッサージをしてあげてください

 手もひじなどの関節が痛むときはさすってあげてください。
 私も子どもも肩もこりました。


2.水分補給は多いくらいにしてください

 本人も喉が渇いたと言うと思いますが、純粋に水をたくさん与えてください。
 夜など、トイレが心配でしたが、高熱なので思っているほどトイレに行けません。
 大人は熱が上がらないので、トイレも頻繁に行きたくなるかもしれませんが
 子どもは脱水症状がこわいので、積極的に水を与えてくださいね。


解熱剤によるインフルエンザ脳症がでています

インフルエンザが疑われたら解熱剤はやめたほうがいいと思います。

市販の総合感冒薬には解熱剤が入っています。

安易に家にある薬を飲ませないでくださいね。
インフルエンザでは、熱を下げてもまた上がります。
熱を下げても他の症状が消えるわけではないので気休めだと思います。



子どもへのインフルエンザワクチンは効果ないと聞いた事はないでしょうか


《日本における研究では、65歳以上の健常な高齢者については、約45%の発病を阻止し、
約80%の死亡を阻止する効果があったという報告があります。
小児については、1歳以上で6歳未満の幼児では発病を阻止する効果は約20〜30%で、
1歳未満の乳児では対象症例数が少なく、効果は明らかでなかったという報告があります。
 なお、インフルエンザワクチンはSARSや高病原性鳥インフルエンザはもちろん、
他のウイルスやその他の病原体による「かぜ」(かぜ症候群)には効果はありません。》
(厚生労働省のHPより出典)


なお、詳細については、下記をご覧下さい。Q&Aあり。

○ インフルエンザホームページ(厚生労働省)


miyu130 at 22:39|PermalinkComments(2)かぜ・インフルエンザ 

2007年インフルエンザA型の特徴と症状。親としてできること(1)5

2007年2月、4年ぶりに私と息子はインフルエンザにかかりました。

まず息子が集団感染し、完治したと思ったら、
看病していた私も感染していました。

今回、インフルエンザについて調べたのですが、あまり情報がなかったので
私たちの経験を残すことにしました。

私が知りたかったのは、今年の傾向と症状です。

例年に比べて流行開始時期は遅いようですが
学級閉鎖などもおきているので、もっと情報があるかと思いましたが
意外にありませんでした。

しかも、今年もタミフルと思われる異常行動がおきました。
ここから少しでも、役に立てる情報を得ていただけたら嬉しいです。

私たちがかかったのは、インフルエンザA型です。

経過について

息子がインフルエンザに罹ったかも?と感じたのは、
  高熱と関節痛です。

今までの経験から、病院に行っても対処療法のみ。

(特に今回は祝日でしたので)
救急外来に行っても、同じような患者が多くて、待ち時間も多いだろうし
別の病気をもらう可能性もありそう。
様子を見て受診するか決めることにしました。

インフルエンザに効果あるという薬も、発症から48時間以内に服用しないといけなく
また一日ほど解熱する日が短くなる程度とわかっていたので、

薬は飲ませたくなかったのです。

ましてや、インフルエンザ脳しょうの危険性もあります。

いろいろ調べましたが、
解熱剤やインフルエンザ治療薬の副作用による弊害のほうがこわかったからです

特に脳しょうはA型に多く、症状がA型ではないかと考えていたからです。


はじめは病院に行く必要はないと考えていました。
風邪もインフルエンザも一番休養が大切。

病院に行くことは必要ではないと考えました。

しかし、熱が38度、39度、40度、41度とあがるにつれ、
顔中真っ赤にして苦しんでいる息子を見たとき、心が揺れました。

{私はひどい親かな。さっさと病院に連れて行ったほうがいいのでは?}

初めは、病院に連れて行こうとする夫を説得した私でしたが、何回も悩みました。


病院を受診する目安として

●痙攣(けいれん)がとまらなくなる。

●異常行動がみられる。(言葉や行動など)

●水分をうけつけなく、脱水症状になる。


と考えていましたが、そのような症状は全くでませんでした。
本人に「病院に行く?」ときいても「大丈夫」と拒絶。


高熱でぐったりして、布団に一人で寝るのは嫌がり、
側に私がいるか、抱っこするのをせがみました。

まるで赤ちゃんのように甘えていました。

食欲はないのですが、水分は欲しがりました。
うとうとしていて眠るのですが、泣きながら起きる繰り返しでした。
熱はあるのに、寒いというので、熱が上がりきるまでは厚着をさせました。

半日すると泣きながら、「手や足が痛い」というのでさすりました。

一日でいったん熱が37度くらいまで下がりました。熱が下がると咳がでました。

これなら案外早く治るかも?と安心していたら、
翌日にはまた38度、39度、40度まで熱があがりました。
解熱剤を使用していないのにです。

このインフルエンザの特徴は、一旦熱が下がってまた上がるという気がしました。
それを何回か繰り返しました。
熱が下がると、食欲も出てきました。
消化の良いものとおかゆを続けました。
下痢便は2回のみで、吐くこともありませんでした。
食欲がないのは、一日だけで、それからは高熱でも食欲はわりとあるほうで
いつもよりは食べませんが、「お腹が空いた」と3食とおやつも欲しがりました。

インフルエンザといっても5日くらいで完治するだろうと思っていましたが
5日目でも38度あり、元気がないのでさすがに心配になって、病院に行きました。
私が心配していたのは、合併症として肺炎の危険をおそれたからです。

医師には、

「すぐに病院に来ないのは珍しい。
今更インフルエンザの薬を飲んでも意味ないから出さないよ。」

といわれました。

レントゲンもとりましたが、肺炎ではありませんでした。
薬は飲ませたくないと告げていたにも関わらず、
抗生物質や風邪薬、浣腸薬を処方されました。

インフルエンザには、抗生物質は効果なし!とされています。
抗生物質は肺炎を予防するためです。
便秘でないのに、浣腸剤。
受診する前から期待していなかったものの、
薬を大量に出したがるのでうんざりです。

ただ、受診して良かったのは、インフルエンザの検査ができたことです。
具合が悪くなって6日目だったのに、検査薬で反応がでました。

そして薬について、また再考することができました。


今日の息子の体調は平熱に戻っていますし、ようやく元気になりました。
しかし咳がでている状態です。

今回の経験で私たちの決断に間違いはなかったと思いますが
病院は早い時期に受診した方がいいと思いました。

薬を服用するかどうかは、受診後に決めればいいことですし
精神的に安心します。
本人が症状が重いときに連れて行くのは、本人もしんどいでしょうし
感染者も増やす危険性もあるので、注意が必要ですが。。。

そして、看病する人もマスクの着用は必須です!

私は夜間は着用していましたが、昼間は着用せず接していました。

マスクが万全というわけではありませんが、
飛沫感染するので、いくら換気をこころがけても感染するリスクは高いです。

ちなみに、感染しても発症するのは50%くらいとか。
連休だったので、同じように過ごしていた夫は発症していません。
免疫力の違いか!

夜も何度も目が覚めるので、睡眠不足と看病疲れもありました。

私の場合は看病疲れもあり、免疫力が落ちていたようです。

とにかく発症したら完治まで時間がかかります。

どうぞお気をつけください。

miyu130 at 22:29|PermalinkComments(0)かぜ・インフルエンザ 

January 23, 2007

水いぼ3

馬油についてコメントをいただきありがとうございました。
メルマガの文を載せますね。




★ 馬油の効果 ★  〜肌の乾燥・花粉症の緩和におすすめ☆〜
---------------------------------------------------------------------------
((昨年、たからの体に水いぼができました。
  処置をせず、自然に任せようと思いました。
   ところが、水いぼが増えはじめて、体が乾燥してきました。))

 
 そこで!

★☆ 馬 油(バーユ) ☆★



これが、効果あり。

薬ではないので、水いぼが完全になくなるわけではありません!

でも、少しずつ水泡が小さくなり、目立たなくなりました。
もちろん広がっていません。


この馬油、たからのアトピーにもとても効果がありました。


 馬油は、α-リノレン酸を豊富に含みます。
新陳代謝を高めて皮膚トラブルを改善し、
殺菌作用や消炎作用、抗アレルギー作用もあるので、
皮膚トラブルを改善してくれるのです。


ただし、品質には注意してください!

馬油といってもいろいろな商品があります。
パラペンなどの防腐剤や香料を含んでいたり、不純物が多く含まれている商品では
デリケートな肌には刺激があります。


私がおすすめなのは、
http://www.n-souken.co.jp/bayu/index.html

我が家の常備品です♪


この馬油、花粉症、アレルギー性鼻炎の時も役立ちます。
鼻の粘膜に、綿棒などで馬油を塗ります。
そうすると粘膜の炎症を抑え、症状が軽くなります。
塗ると痛みが和らぎます。是非、お試しを☆

***       ***       ***      ***

今回、あらためてアトピーの症状を思い出すことになりました。

たからは、見た感じアトピーとは感じません。
顔も手や足も症状が出ているところないから。

でも、水いぼができてそのまま放置していたら、、、


           みるみるうちに体中が乾燥してきて
           触ってみると、ざらざらしています。

それで馬油を使おうと決めたのです!
乾燥肌には油が必要です。
今の時期、肌が乾燥すると思います。
乾燥に悩んでいる方におすすめです。

http://www.n-souken.co.jp/bayu/index.html
(美優ママの紹介で割引もできます。お試しになりたい方は、メールしてね)




馬油 極み


miyu130 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)子どもの病気 

January 02, 2007

水いぼ 2


昨年息子たからの体にできた水いぼ。


脇の下、脇にくっつく二の腕の下側にできてきました


対処方法は
     医療行為をせず、様子を見ることでした。



とにかく数が増えなければいいかなと思ってました。



そして、
    水いぼには馬油をつけました。



馬油はアトピー、アレルギーの炎症をおこしている肌にはおすすめです。


今回も馬油の助けをかりることにしました。






あれから、水泡が徐々に小さくなってきて、

                目立たなくなってきました。



馬油にはいろいろありますが、何といってもこれです!



馬油 極み




馬油はいろいろメーカーがありますが

本当にアトピーっ子におすすめなのは、この商品です。

リピーターも多く、我が家はとても頼りにしています。





水いぼはまだ完治していないので

様子を見ていますが、効果が期待できると思います。




何といっても、痛みもなく

       副作用もない。




もし水いぼで悩んでいる方がいたら、試してみてください!


miyu130 at 23:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)子どもの病気 

January 01, 2007

2007年 今年もよろしくお願いします

明けましておめでとうございます!

2007年、今年こそ実現したいこと、いろいろあります。

何といっても

アレルギーを改善できた方法をまとめたいと思います。

少しずつまとめていきますのお待ちくださいね。





息子のたからも4歳。


私も母親として4年目。


あっという間でした。



自分のアレルギー体質とも長く、20年以上過ごしてきて


解決できることはなかったのに


子どもがアレルギーだとわかったら

対処法がわかるようになり不思議だと思います。




うまく伝えられないのですが

全て偶然でおきることはなく、必然だったのかなと感じています。




息子によって、食生活を改善することで

私や夫の体質の改善もできました。




今まで間違っていない、と思ってきたことが

意外な盲点がありました。




誰だって、病気になるより健康な方がいいし


良いとわかっていてもできない

体に悪いと思っていてもやめられないこと

ありませんか?




私、食べること大好き☆

美味しいものを目にしたら、やめることはできません。

特に甘いもの大好き☆

ストレス発散のために食べることもありました。



★ ☆ ★ アレルギー体質改善のために大切なのは


             食べ過ぎないこと      ★ ☆ ★




胃も大きくなってしまうでしょうから、

正月が過ぎてからもそれまでの食事の量に戻すのも大変でしょう。



食べ過ぎたら、その後の食事の量をセーブするなど

努力が必要です。



ダイエットのためでなく、体のためです。


ついつい目の前に食べ物があると、つまみたくなると思います。



アレルギーでお菓子を我慢している子も多いと思います。


正月くらい。

の気持ちもわかりますが、食事をコントロールできるのは

親だけです。


くれぐれも食べ過ぎないように!





メルマガ、ブログでお役に立てる情報を発信していきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします。















miyu130 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自己紹介 

December 29, 2006

インフルエンザ 風邪 肺炎 予防にマスク

そろそろお正月。
年末の大掃除が済んだら、そろそろ新年の準備ですね。

お正月の飾りつけは、29日の9は「苦」に通じ、31日は直前なので、
28日か、30日に行われることが多いですね。

今年も一年ありがとうございました。
2007年も皆様にとって「良い年でありますように」


---------------------------------------------------------------------------
★インフルエンザ・風邪・肺炎★  〜マスクは役立ちます!〜
---------------------------------------------------------------------------

ノロウイルスも落ち着いてきたようで
これからは、風邪・インフルエンザに注意が必要です。
年末年始とお出かけする機会が増えると思います。

 マスク の常備をおすすめします。

マスクは予防にも、家族への感染を防ぐためにも優れています。

咳・くしゃみで飛散したウイルスは、空気中に漂っています。

9時間後、5000個残っているとか!

私も咳がでるので、家でも外でも、寝るときもマスク着用しています。




ウイルスを100%カットするマスク見つけました!



インフルエンザ・SARSに最適! FSCマスク 繰り返し使えます。(3枚入り)


miyu130 at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)かぜ・インフルエンザ