★09年クリスマス

2009年12月29日

我が家のクリスマスは23日祝日にしました。
前の晩にサンタさんにお手紙をミユタンとユウタンで書いて。
枕にお手紙をおいて。
ユウタンは昨年はまだ「サンタさん」とは言うもののいまひとつわかってない感じでしたが今年はちゃんとわかっていて「早くこないかなあ」と12月頭からずっと待っていました。

そして。
サンタさんがやっと来ました。
サンタさんが来た




最初にサンタさんが登場したときは怖がっていましたが、そのうちサンタさんとお話をたくさんしてプレゼントももらって大喜び。

ユウタンにはリュックとお正月にするカルタ。
ミユタンにはおもちゃ。



そうそう、ミユタンの靴も完成しました。
そのお話はまた改めて。







パパとユウタンがピザを作ってくれました。
クリスマスお料理



「パパとママとネーネとユウタンの三人でクリスマス楽しいね(四人ってまだどうしてもいえない)」
というユウタンのことばに家族がほっこり。



このぐらいの年のクリスマスは親が楽しんでいるのね。。。









ミユタンユウタンありがとう

ミユタンも雰囲気がわかるのかユウタンとお話をしてニコニコ。


ミユタンの産まれたときに担当をしてくださった看護士さんから「クリスマスカード」が届きました。
毎年かかさず送ってくれます。
いつまでも支えてくださっている気持ちがうれしいです。

本当にありがとうございます。








家族でメリークリスマス

ユウタンはサンタさんにもらったリュックをしょって寝ていました。


家族でのクリスマス楽しかったです。















25日(金)クリスマス当日はミユタンの通園先でクリスマス会がありました。
パオのクリスマス会

わたしとしたことがカメラ忘れました。
ミユタンのイベントにカメラを忘れることが多いんです・・・。
通園先のママが写真をとってくれました。
ありがとうね。

クラスの発表がありみんなで歌をうたってくれました。

クラスごとの発表のあとはみんなでスヌーズレンパーティー。

ミラーボールがまわったり暗闇のなかでキラキラひかるスヌーズレンで親子ともに癒されました。
ミユタンもスヌーズレンは大好きです。
スヌーズレン

※スヌーズレン (Snoezelen) とは・・・
スヌーズレンは、オランダのエーデという町にある知的障害を持つ人々が住む施設、ハルテンベルグセンターで生まれた活動とその理念を言います。
創始者は、アド・フェルフールさんです。1970年代の半ばからアドさんや近隣の施設でのアイデアや活動から始まりました。スヌーズレンの語源は2つのオランダ語、スニッフレン<クンクンとあたりを探索する>、ドゥースレン<ウトウトくつろぐ>から造られた造語であり、「自由に探索したり、くつろぐ」様子を表しています。どんなに障害が重い人たちでも楽しめるように、光、音、におい、振動、温度、触覚の素材、こんなものを組み合わせたトータルリラグゼーションの部屋が生まれました。
出来上がった部屋は、障害を持つ人のみならず、その傍らにいる、介助者にとっても心地いい空間となりました。
スヌーズレンは、治療法でも、教育法でもありません。
どんな人でも、ありのままの自分が受け止められ、自分で選び、自分のペースで楽しむための、人生の大切な時間です。
今では、重い知的障害を持つ人々の分野だけではなく、様々な分野へと広がっています。
そしてヨーロッパ本土、イギリス、アジア各国、アメリカ、カナダ、世界中の国々にも広く理念と活動が浸透していきました。特にヨーロッパでは、認知症を持つ老人、精神障害を持つ人々、小児病院、普通幼稚園、町のコミュニティセンターなどにも広がり、あらゆる人が利用し、心地よい時間を過ごす場と認知されるようになってきているのです。
ここ日本でも急速な広がりを見せています。



こういう試みを通園先でもどんどん取り入れてくれています。
そのことをクリスマス会という場所でお披露目してくれるのはとてもいいことだなあ・・・と思いました。
民営化になってからイベントの進め方にとても工夫があります。

サンタさんからプレゼントをもらって、クリスマス会終了。
と思いましたら。

パオからのプレゼント


サプライズ。
こどもたちからママへのプレゼント。



通園で先生といっしょに作ってくれた製作をママにプレゼントしてくれました。















ママへプレゼント

ミユタンはわたしのところまで先生とゆっくり歩いてもってきてくれました。
うれしかった。。。



ちょっとホロリときそうでした。



こどもたちだけではなくママにもプレゼントを準備してくれたなんて本当にうれしいきもちになりました。

先生の計らいに感謝の気持ちでいっぱいになりました。






写真たて
ミユタンからのプレゼントは写真が何枚もはいる「写真たて」でした。


通園での写真が一枚入っていました。


デジタル写真たてでなく「手作り写真たて」
なんとも暖かいプレゼント。
写真たてにはミユタンの手形がたくさんついていました。



昨年のクリスマスのころに比べてからだもこころも大きくなりました。
ママにはそれが何よりのプレゼントです。
ありがとう。

ミユタンクリスマス





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さなママ   2009年12月29日 12:22
5 ご無沙汰してます。

ミユタン一家皆さんお元気そうで何よりです☆

素敵なお家クリスマスにクリスマス会 ミユタンにユウタンが笑顔で過ごしているのを見ていて私も癒されましたo(^-^)o

まだまだ風邪もインフルエンザも流行っていますから気をつけてお過ごし下さいね☆

また来年上京の際にミユタンに逢えたらいいなと思ってます(#^.^#)

2. Posted by ほとゆママ   2009年12月30日 14:09
ミユタン ユウタンサンタさんがきて良かったね〜 二人の可愛い笑顔で今年もたくさん癒されました。本当にありがとう
又 来年もよろしくお願いします。
3. Posted by ミユタンママ   2009年12月31日 23:51
さなママ
ご無沙汰してます。
コメントありがとうございます。
さなママさんは東京にお子さんがいらっしゃるからまたお会いできますね。
来年もよろしくお願いします。

ほとゆママ
ほとゆちゃんとってもかわいいですよね。
ママも大変だと思いますがお互いにがんばりましょうね。
来年もよろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
あ り が と う
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
写真をダブルクリックしてみてね
ブログのご説明
世界にひとつだけの実
ミユタンのブログに遊びにきていただきありがとうございます。

このブログは「18トリソミー」という病気と闘うミユタンの成長日記でもあり、『この病気をもっと理解していただきたい』という想いをこめて作成しております。

アーアの小言やYOGA・食いしん坊日記などもありです。

18トリソミーとは?
昨日ミユタンに会いにきてくれたフレンド
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

コメントありがとう♪
今日のひとこと



携帯からもOK!
QRコード