岡山のおっさん釣りメモ日記

岡山県在住のおっさんがルアー釣りのレベルアップの為に釣りメモを書くブログです。 シーバス9割もメバル、チヌ、ブラックバス、雷魚とルアー釣りなら淡水、海水問わずに遊んでいます。

2014年11月

前日の調子が良かったので
少し時間を取ってもう一度潮止めに。

とりあえずスーサンで釣れる事がわかったので
その他、多分これならというルアーで釣行。
上げの半ばの時間帯。

この日一番反応がよかったのは
CIMG2046
エバーグリーンのオネスティ。
これが一枚抜けて反応が良かったですね。
サイズは相変わらずですが40cm台。
動かないシンキングミノーで有名なルアーですが
やはりここには合っているみたいですね。
スローなただ巻きで十分でした。

もっと釣れそうな雰囲気でしたが
上げも半ばの潮止めでシンキングミノーをスローで使えば
どのような結末が待っているかは多くを語る必要は無いでしょう(´;ω;`)ブワッ
岡山ではリードさんの所でしか見かけていないので
在庫残り1本、どこか安く手に入るところは無いもんでしょうかね・・・。

あとは前回投げれなかったながら自信があった
CIMG2052
マリブ78
写真は有りませんがカーム80にも反応良し。

前回との変化はないかとスーサンもフォローで入れてみましたが
CIMG2054
相変わらず好調っと。

大体思い描いていた通りの結果が出ましたが。
意外にダメだったのがミニエント。
これは本当に意外でしたね。

で、ここ数日、そして秋口からの傾向として
アベンジャー
オネスティ
スーサン
ソバット
カーム80
コモモカウンター
ハードコアミノー
マリブ78
と、なんとなく釣れる傾向が分かって来た気がします。

ダイソーのシャッドで釣ってたおじさんの話を聞いて
ソバット80で感覚つかんで
ここまで来るのに長かったですねぇ( ̄∇ ̄;)ゞ

も、まあ





CIMG2041
全部このサイズですが(´;ω;`)ブワッ
西大寺側には人が居たので瀬戸内市側で開始。
潮は上げ止まりの23:00から下げ半ばの3:00まで
最初は居るやつを拾ってすぐに海に行く予定でしたが
案外の好感触でおもわず時間を掛けてしまいました。
小さいのしか釣れないと思っていたのに
釣れ始めると引けなくなる悪い癖が( ̄∇ ̄;)ゞ

初手はアベンジャー125F・・・無反応
ソバット80・・・数回バイトも乗らず
パンチラインスリム・・・無反応
も、回収中に水面炸裂系のバイト有りで
スーサンのもしもし亀さんパターンかと変更したところ
CIMG2012
元気よくボッコン。
水位が多い時はシャロー部でも出ましたが
引き始めると縦テトラの奥の深みのラインで
ほぼ入れ食い状態でした。
スーサンで軽く2時間足らずで14本。
バラシも含めて20ヒットぐらいだったでしょうか?
まあ、
CIMG2042
このサイズを数に入れてよいのならですが(ノ∀`)タハー
サイズは20cm台から40cm台まで
まともなハネサイズすらバラシの一本だけですので
完全なセイゴ狙いのパターンでしたね。

メインは先ほど書いたとおり縦テトラの奥で
このサイズは活性高かったですね。
大物狙いで来たはずだったのに・・・。

結局この日の最大サイズはかず君の60cm
出た場所は中央部の階段状の魚道の流れだそうです。
手前の流れは死んでますから、まあそうだろうと。
ヒットルアーはサスケ烈波。

サイズを狙うなら流れが有る西大寺側かなっと思いますが
相変わらず釣り座の空きがないんですよね・・・。

ひとしきりスーサンでチビをいじめた後は
ごっつぁんミノー89F
TKLM9/11
サイレントアサシン99F
ハードコアミノー
ワンダー80
レンジバイブ70ES
と、やりましたが
まるハゲでした(ノ∀`)タハー

結局3時まで粘ってしまい海はお預け。
今年はこれで終戦ですかねぇ・・・。






無理に決まってます( ̄∇ ̄;)ゞ

さて、本日から山陰遠征を予定して目覚ましを0時にセットして
目が覚めたのが2時(ノ∀`)タハー
そして外は大雨(´;ω;`)ブワッ

せっかく起きたのだからと吉井川潮止めに行ったわけですが
本日の干潮時水位は15cm
どのくらい釣りにならないかというと

瀬戸内市側、西大寺側共に
北の横並びテトラまで地続きです。
工事中で水門が閉まっている事もあって
西大寺側はウェーダーがあれば中央の瀬まで歩いていけそうでしたね。

なので今日のメインは地形の把握。
歩いてみて分かりましたが北端部の底は人口地盤だったんですね。
用意周到にテトラの出っ張りつき
これは根掛かるわけです。
西大寺側のブレイクラインを北端の横テトラの上から観察できたのが最大の収穫ですかね。
ここのブレイクラインは相当深いですね。
ラインは水門の前だけで横テトラの少し奥、二つあるテトラの奥側のテトラまでが深くて
あとは浅い感じ。
二つ岩と言ってたテトラの底の地形も確認。
案外とまわりは深くなく人口地盤の上にゴロタが溜まっている感じ。
北端以後は大きな深いブレイクラインはない感じで
所々に深い窪地がある感じ。
中央の瀬も広い範囲で確認できました。
こちらは縦テトラに岩が溜まっている感じですかね。
意外に長く、そして幅はかなり狭い感じでした。
終わりの終点部が最大のポイントかと。

瀬戸内市側は北端の横テトラと水門の奥側に縦に入っているテトラ帯に上れたのが収穫。
特に縦に入ってるテトラの奥の地形の把握が出来たのがありがたかったですね
こちらも人口地盤でピラミッド系の出っ張りが一面に
思いの他人口地盤がむき出して余計な岩や障害物が無かったですね
この一面だけならバイブで底が取れるかも?
あとは横テトラと縦テトラの間にある一級地点の把握
横テトラまで人工地盤でその手前が少しえぐれた深みに
きっとここに付いている筈。
手前の崩れたテトラが邪魔ですが
少し潜らせると良さそうな感じ
階段状の魚道の内側の端~メイン水門の手前側までが狙えるラインかな?
階段状の魚道から北端真横までの奥が比較的フラットな流れ
真横は大きめのゴロタ瀬が2個
この間のブレイクラインは深みもあって超1級ポイントですね。
まず根掛かりすると思いますが( ̄∇ ̄;)ゞ
瀬戸内市側のメイン水門のブレイクラインは縦テトラに阻まれて内側に大きく曲がっています。
(最北端のゴロタ場と人口地盤の間ぐらいから)
こちらの奥のブレイクラインは最北端からしか狙えそうも有りませんが
超一級のポイント。
瀬戸内市側でドリフトするならこの流れかなぁと言う印象







カメラ忘れたんで忘れないうちに文章で( ̄∇ ̄;)ゞ











で、お気づきの方もいるかと思いますが
これだけ浅くなってテトラの周りを歩いたので

CIMG2007
山ほどゴミを拾って帰りました(`・ω・´)キリッ
サスケ烈波
ショアラインシャイナーZF
ニルバーナSTN13F
CDラパラ11
ショアラインシャイナーR40 SG
K-TEN
アスリート12S
TDソルトバイブRR80S
にょろにょろ12.5
ハニートラップ90S
レンジバイブ70ES

うちガッツリ歯形付きが
ハニートラップとアスリートと両ショアライン
特にアスリート12Sは歴戦のルアーなのか
歯形で塗装がボロボロのレベルでした。
こちらのルアー使用傾向も貴重な資料。
今後の参考にしようと思います。


傾向と考察
一つ目はやっぱり良いルアー使ってるなぁと言う印象。
もっと安物があると思ったのですが
すべて名の有るルアーばかり

そして圧倒的なシンキング率
根掛かりしてるのだから&フローティング系は外れたら河口に流される
と言うのを考えてもシンキングミノーが多いですね。
普通あのゴロタとテトラを見ればシンキング系は躊躇しそうな感じなのに
このセレクトはやはり少し沈めてもっとタイトにストラクチャーを狙わなくてはと言うことでしょうか?

カラーは夜の釣り場と言うこともあって派手目が
レッドヘッドの両ルアーが歯形付きだったのが印象的でしたね。

さて、定時観察と言うわけで吉井川潮止めをちょろっと。
工事中と言うことでライト全開放。
北端が良さそうでしたが先行者さんあり。
砂利浜方面でやり始めますがノー感じ。
メインの水門が開いてない分だけ
ここら辺は流れが効いていなくてイマイチな感じ。

中央の流れをU字で攻めますがやっぱりノー感じ。
魚が居ないのかな?と思って最後ライトを照らしたところ
以外に魚影は濃い感じ。
透明度が上がっているので夜ライトを当てると魚が確認できるのが良い所
全体的に浮き気味でサイズはやはり60cmまでのサイズが中心でしたね。


北端が空いてないならととりあえず空き待ち時間に干田川水門にも
初手スーサンしかしませんでしたがノー感じ
バイトかな?っという小さなアタリ1回だけでした。
不思議と今年はここダメでしたねぇ。
去年は秋そうとう良かったんですが。
決定的に違うのがベイトの数。
今年は何が原因かは分かりませんが
見えているベイトが少なすぎですね。


で、ダメだったのでもう一度潮止めと移動の途中に
久しぶりに干田川潮止めも見に行ったところ。

結構大型の見えシーバス発見。
付いていたスーサンを鼻先に落としてみますがノー感じ。
後ろから追い越す感じでやってみてもスルー
下げも本格化してた時間なので
食い気が無い感じですね。
しばらくしたら河口方面へ行ってしまいました。


で、潮止めに移動。
もうすっかり下がりきった時間帯でしたが
メインの水門が閉まっているだけあって
魚道の流れにはかなりのシーバスが居るっぽい。
最北端から攻めて見ますが
CIMG1997
小さい。
CIMG2002
絶望的に小さいです(´;ω;`)ブワッ
同じく終わり際にはライトで照らしてみますが
やはり確認できるのは60cm台だけ
魚影は濃いので時合に入れればハネサイズの数釣りも楽しめそうでしたが
大型が居る気配は無し。

レジャックスのフォトダービーの締め切りまで次の大潮回りがラストチャンス。
ランカー以上となると




山陰遠征かなぁ

CIMG1990
と、言う訳でただいま潮止めの水門工事中ですね。
メインの流れは魚道の流れと
CIMG1994
西大寺側の外門中心。
通常の両門が閉まっているので
いつもと流れがかなり違っていますね。

とりあえず双方で打ってみましたがノー感じ。
瀬戸内市側では見えシーバスが居ましたが
透明度が高くなったせいか
かなり黒く日焼けした固体でした。
なんか早くも冬仕様の感じも・・・。

あと瀬戸内市側にはウナギの仕掛けか何かが入っていて
階段状の魚道の流れを打つと高確率で根掛かるように
今日もトレーシーをロスト。

ん~、海の方が好調っぽいですし
ラストワンチャンはどこに賭けましょうかね。

このページのトップヘ