岡山のおっさん釣りメモ日記

岡山県在住のおっさんがルアー釣りのレベルアップの為に釣りメモを書くブログです。 シーバス9割もメバル、チヌ、ブラックバス、雷魚とルアー釣りなら淡水、海水問わずに遊んでいます。

2016年10月

と、いう訳で土曜日は昼前の満潮を目指して吉井川潮止め。
大潮周りだと長靴ではポイント侵入が厳しいですからね。

ウェーダーを履いてエントリー。
北端には入れなかったので、平岩から。
先行者さんは、どうにもスレシーバス祭りの様子。

岡山河川はいま大量のシーバスが遡上してきているみたいですね。
レジャックスさんのブログとか、正直キモイレベルでシーバスが河川に入ってきています。
吉井川も例外なく大量のシーバスが入ってきているのですが




これが、もうスレ祭り。
吉井川潮止め名物のスレボラ並みのスレシーバス地獄

北端に侵入した後は
奥魚道の流れを中心に攻めますが
CIMG5041
スレ。
CIMG5042
スレ・・・。

と、まともに喰ってくれない様子。
このままレンジやキャスト場所を変えながらバイブやミノーを投げ続けたら
無限にスレ掛かりするんじゃないかと言う感じ。

そこで、どうにか口を使わせれないかと試行錯誤しつつ
澄み潮対策とかしますが、手ごたえ無し。

しばらく色々やってると
かず君が「釣れたよ~。」
と、
CIMG5035
一匹。

メタルジグ?Σ(・ω・ノ)ノ
向かい風が強かったので
第一水門の中に入れてロッドを立ててのただ巻き
完全に喰ってきてるじゃないですが。

そこでシーバスを観察していると
各所の岩の真後ろに付いて上流に顔を向けています。

パンチラインやリバードは試しているので
シンペンではない。
メタルジグだからレンジ下?
シャローだからボトムべったりという訳ではなく
潮位が下がってきて全体的にボトム?

それもおそらくは目の前の障害物の直上か真横に流れてくる
超狭い範囲でのみ口を使ってる?

そこで大野さんがDVDで言っていたフルエントをスローにシンペンのようにというのを思い出し
上流部へキャスト
岩にゴツゴツと当てながら、バイブレーションはさせずに
ロッドワークでレンジキープして
ボトムをドリフトさせるイメージで




CIMG5044
ドンッ

小さいながらも口を使ってくれました。
こいつはピックアップバイトで
魚もうっすらと見えていた奴だったので
岩の横へ流し込んだこいつに
反転しながらでドンッ
って感じでした。

一度分かれば再現




怒涛の4バラシ(´;ω;`)ブワッ
一匹はまともなサイズだったのに・・・・。

バラシの理由は
CIMG5049
喰いが浅い事。
バラシた奴も、こいつ同様テールフックだけチョンと咥えただけでした。
フルエントは自重もありますし
やはりバレやすいいですよね。

この日は潮位も下がってきていましたし
場所取り合わせて5時近く浸かっていたので
ここで終了。

翌日、朝はあの状態だったので
再び満潮時間にエントリー

北端にはブログの読者さん。
少し情報交換して
アガケなどで背の向こうを流してみましたがノー感じ
そこで今度は平岩周辺で、昨日の再現性




CIMG5056
アップクロスからダウンクロスまで流せばサイズは上がる様子ですね。
この時間も買い物ついでだったので、早々に退散。

ん~、バイブレーションを使っているせいかサイズは出ませんでしたね。
サイズを上げるにはシンキングミノーかシンペンでしょうか?
前にフェラ井さんがシンペンのボトムドリフトでと聞きましたが
バイブと違ってシンペンのボトムドリフト難しいです(ノ_-;)ハア…
バイブのように動いてくれない分、速度調整やレンジキープが厳しいですね。
とりあえずサイズアップは今後の課題でしょうか?
まあ、再現性のあるパターンだったので、良しとしましょう。





土日合わせてレンジバイブ、コウメ70、アイマバイブ、フルエント含めて1万近く飛びましたが(´;ω;`)ブワッ

さて、前回の小潮は牛窓にまで足を延ばしてブラブラ


西宝伝は爆風と荒れ海。
テトラ周りはよさそうでしたが
波が怖いので断念。


「子父雁が風裏っぽいね。」

と、かず君が言うので子父雁へ。

寒さと風の為誰も居ません( ̄∇ ̄;)ゞ
そして誰も居ないという事は





見事なまでに水面は無(ノ_-;)ハア…
しかもほとんど流れていないし。

メバペン
スーサン
ミニエント
エンヴィー
フィール120
トレーシー
リアルスティール


と、入れますが、ノー感じ。

とにかくゴーストカラーのルアーという事で
ピース60のチャートヘッドクリアで常夜灯の明の部分を真っ二つ

ここでやっとスコーンとした良いバイト。
なんだ、いるじゃん。と再トレースで

ドンッ




まあ、直シーバスじゃないと分かりました。
太刀魚とかならいいなぁと上げた魚が


CIMG5028
こいつ。

実は骨キリされた切り身は見たことは有りますが
魚をみるのは初めてかもしれません。
(外道で釣ったことはあるかもですが、少なくとも食える魚と認識したことは無し( ̄∇ ̄;)ゞ)

ヒラ(有明ターポン)のルアーゲームはボチボチと検索されますが
ほとんどがアジング系のワームジグヘッド。
シンペンでも釣れるんですね。
結構なサイズに引き、食べれば美味しい(らしい)ので
これが再現性をもてば楽しそうなのですが

ちなみにこのヒラ
食用として上がっているのは、ほぼ有明海と岡山のみ?。
とくに岡山では好まれているらしく
有明海の一部の漁師さんは、この魚のことを「オカヤマ」と言うそうです( ̄∇ ̄;)ゞ

結局バイトがあったのもこれっきり。
以後はまったくのノー感じで再現性も無く終了。
ん~、難しいのかなぁ・・・。


ちなみにかず君に
「持って帰って喰おう。」
と、提案すると

「骨きりが超めんどいからヤダッ。」

と、却下されて泣く泣くリリースしました(´;ω;`)ブワッ

さて、最近は比較的マヅメ時に時間が取れているので

3,4回潮止めに顔を出しています。
CIMG5017
相変わらずの中央門開放。
手前も勝負になるぐらいは流れていますが

CIMG5019
シーバスはのんびり泳いでます( ̄∇ ̄;)ゞ
一応北端の
CIMG5022
この辺りには崩れたテトラで流れの変化に
大きめのシーバスが喰ってましたが

やっぱりやる気があるのは中央門付近にいるんでしょうね。
ウェーディングしていたら足元に70サイズがじゃれついてきましたよ^^;

いろんなアングラーさんに話を聞くも
「昨晩は8匹釣ったけど半分はスレ。」
「早朝6匹釣ったけど、口使ってくれたのは2匹だけ。」
「ボチボチと釣れてるけど、全部スレ。」

と、釣れて?はいるけれど厳しい様子。
ちなみに僕はというと全滅。


流れ自体も悪いには悪いですが
一番の原因は、ここ数日の冷え込みに伴う水温変化と澄み潮と思われ。

で、澄み潮対策をダラダラと検索してみると
①リアクション狙いで早巻きやジャーク
②アプローチを慎重にする
③タックルをフィネス方向へ

こんな感じですかね。
とりあえず次回試してみたのが
ブローウィンのジャークとゴーストエリ10。
あとは
ちょっと前、橋で調子のよかった3回ダート
常夜灯周りのカラーローテーション
こちらも澄み潮デイゲームで試してみたいのでメモ書きという事で。



このページのトップヘ