2014年06月16日

うつ病は一生治らないという珍説

※ブログ「八咫烏(やたがらす)」の記事を紹介します。


うつ病は一生治らないという珍説






mizikanamondai at 10:01トラックバック(0) この記事をクリップ!

2014年03月26日

精神科医の場合、何ヶ月も何年も、投薬の量を増やしながら、治療と称して、患者の脳を破壊しています。「夜回り先生のブログより」

日本の精神医療について

http://www.mizutaniosamu.com/blog/010diary01/post_222.html

2014年3月22日

私は、ずっと日本の精神医療について、危険性を感じています。いや、厳しく言えば、精神科や心療内科、神経科を一回解体すべきだと考えています。

日本の精神科医のほとんどは、投薬による治療に専念します。でも、環境要因による後天的な精神疾患を、環境を変えることなく、精神科薬の投与によって、脳自体の活動におおきな影響を与え、環境適応できるようにすることは、本当の意味での治療といえるのでしょうか。

みなさんに聞きたい。何かの病気で医者にかかり、何ヶ月もその病気が治らなければ、その医者は、ヤブ医者。使い物にならない医師となるでしょう。でも、精神科医の場合、何ヶ月も何年も、投薬の量を増やしながら、治療と称して、患者の脳を破壊しています。これは、許されることなのでしょうか。私は、ある意味で殺人行為だとすら考えています。

すべての医師は、その治療計画及び、副作用、治療後の成果について、きちんと患者に伝える義務があり、その行為に責任を取らなくてはなりません。でも、これをきちんとやっている精神科医やこころの病の治療に関わる医師はいるのでしょうか。

今、我が国では、100万人がうつ病認定を受け、1.100万人が、こころの病の治療を受けています。彼らの受けている治療は、ほとんどが恐ろしい精神科薬の投与のみです。ここで、使われている治療費は、2兆6000億円に及びます。ほとんどが薬代です。

しかも、日本は、世界で数少ない、向精神薬の複合投与をする国です。危険な向精神薬を何種類も患者に投与します。みなさんに聞きたい。かぜを早く治したいからと行って、ブロンやセデス,ルルやバッファリン、葛根湯を一度に飲んだらどうなりますか。

今、精神医療に係っている人へお願いです。必ず医師に、治療計画及び副作用をきちんと書類で書かせて下さい。そして、治療がきちんとできなかった場合は、完治しなかったり、それによって症状が悪化した場合は、医師を訴えることを伝えて下さい。

まずは、ほとんどすべての医師が、治療を拒否するはずです。その医師は、使い物にならない医師です。それをきちんとしてくれた医師から治療を受けて下さい。

私は、あまりにも、精神医療によって壊され殺された子どもたちを見過ぎました。昨日も、一人失いました。

明日から、関西です。特に明日は、大阪の高槻駅前、大垣書店でのサイン会です。たくさんの人たちが来てくれることを楽しみにしています。




……………………………
※この記事は水谷修さん(夜回り先生のブログ「夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)」の記事を転載させて頂いています

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)

水谷修オフィシャルウェブサイト/明日、笑顔になあれ







mizikanamondai at 17:48トラックバック(0) この記事をクリップ!

2014年01月30日

「ルポ 精神医療につながれる子どもたち」 出版記念 八重州ブックセンター 対談のお知らせ(2. 23)

mizikanamondai at 11:03トラックバック(0) この記事をクリップ!

2014年01月18日

精神科は、今日もやりたい放題

〇本の紹介〇

※精神科や精神薬なんか自分には関係ないと思っている人、

これから精神科や心療内科を受診しようと思っている人

精神科や心療内科に通院中の人、

精神科や心療内科以外の他科で精神安定剤や睡眠薬などの精神薬を処方されている人

認知症の方やお年寄りの家族を介護をしてる人

被害にあうまえに是非読んでみて下さい。

ネットを使えない環境の人にもこの本を教えてあげて下さい。あなたや大切な周りの人の命を守る情報です。


精神科は、今日もやりたい放題

著者:内海 聡











mizikanamondai at 10:52トラックバック(0) この記事をクリップ!

「心の病に薬はいらない! 〜心の病の薬を上手に抜く方法〜」

※今まで断薬や減薬について書かれた本がなかなかありませんでした。この本の情報はとても貴重です。

薬の副作用、薬の離脱症状について知りたい人

薬の副作用、薬の離脱症状に苦しんでいる人、

薬の禁断症状で悩んでいる人、

精神薬に関わっている人は知っておいた方がいい命に関わる知識です。

ご家族の方もぜひ読んでみて下さい。


〇本の紹介〇

心の病に薬はいらない! 〜心の病の薬を上手に抜く方法〜

著者:内海 聡


内容紹介

心の病の薬を上手に抜く方法。

ベストセラー『精神科は今日もやりたい放題』の
著者が一番伝えたかったこと。

薬をやめたい、なのにやめられない人、

医者からやめさせてもらえない人

薬に苦しんでいる、あなたの大切な人のために・・・必読!!


内容(「Book」データベースより)

精神医学は、病を癒したり、よくしたり、解決したり、頼りにできるような存在ではいっさいないのです。
心の病の薬を上手に抜く方法

薬をやめたい、なのにやめられない人、

医者からやめさせてもらえない人

薬に苦しんでいる、あなたの大切な人のために・・・必読!!








mizikanamondai at 10:45トラックバック(0) この記事をクリップ!

2013年08月25日

みなさん心の病に効果的な栄養療法、低血糖症の治療をご存知ですか?

低血糖症、栄養療法をご存知ですか?

心の病の治療について参考になる情報を紹介します

これから病院に行こうと思われている方、なかなか治らずに悩んでいる方、ぜひ参考にして下さい

《低血糖症のおもな症状》には、

朝起きられない、

異常な疲労感

気分の落ち込み(うつ症状)

気分のコントロールができない

イライラ、突然の怒り(キレる)

めまい、ふらつく

悪夢、夢遊病、眠っている間に話す

猜疑心

睡眠障害

記憶力の低下

決断力がなくなる(優柔不断)

砂糖への渇望

心配ばかりして集中力が低い

不安、恐れ、震え

寝汗をかく

たった一杯の酒でハイになる

食後や午後のおそく(夕方4時ころ)になると眠くなる

その他(頭痛、筋肉痛、胃のむかつき、動悸など)の症状があります

※書籍「心の病は食事で治す」著者:生田哲から引用


<栄養療法を行っているクリニック〉

新宿溝口クリニック

〒160-0022

東京都新宿区新宿3-12-7
小守ビル1階

TEL 03-3350-8988

FAX 03-3350-6998

http://www.shinjuku-clinic.jp/


ナチュラルクリニック代々木

東京都渋谷区千駄ヶ谷5−21−6 プラザF1-7F(JR代々木駅東口3分、新宿駅南口10分)

TEL(03)-5363-1481

http://www.natural-c.com/


マリヤ・クリニック

〒263-0043

千葉市稲毛区小仲台6-12-16 グランドウインズ11-1F
TEL 0423-287-2624

FAX 0423-287-2610

http://www.mariyaclinic.jp/



笹塚クリニック

〒151-0073

東京都渋谷区笹塚1-52-6(2F)

TEL 03-3377-1254

FAX 03-3377-1616

http://www.sasazuka-cl.com/information/indx.html

NPO低血糖症治療の会

http://teikettou.com


〈栄養療法について参考になる書籍〉


「心の病は食事で治す」
著者: 生田 哲 (いくた さとし)
PHP新書
定価 700円(税別)


「食事で治す心の病」
―心・脳・栄養 新しい医学の潮流
著者: 大沢博(おおさわひろし)
第三文明社
定価 1200円(税別)


「食事で治す心の病part2」統合失調症にビタミンB3の効果
著者: 大沢博(おおさわひろし)
第三文明社
定価 1200円(税別)


統合失調症を治す―栄養療法による驚異的回復!
著者:エイブラハム・ホッファー 
訳者:大沢博
第三文明社
価格 1,260円(税込)


二十世紀の疫病 低血糖症 心身を蝕む恐るべき食原病
著者:高尾利数
出版社名名 ペガサス
価格 788円(税込)


砂糖は体も心も狂わせる 学校・家庭内暴力も砂糖のとりすぎ
著者:高尾利数
出版社名 ペガサス
価格 788円(税込)


脳に効く栄養―クスリに頼らず「脳と心」を健康にする!
著者:マイケル レッサー 翻訳:氏家 京子
中央アート出版社
価格:¥ 2,730 (税込)

あなたの病は自然食で直る 食の乱れと現代病〈低血糖症〉の恐怖 
著者:松田有利子
出版社名 広済堂出版
価格 1,470円(税込)


病気にならない体質がある かつての日本人の“生き方”に、その答えがあった!
著者/ 松田有利子
出版社名 ゴマブックス
価格 1,470円(税込)


低血糖症と精神疾患治療の手引
著者:柏崎良子
出版社イーグレープ
定価1890円


〈参考になるブログ〉

うつ病克服マニュアル
http://ameblo.jp/s0-what/

統合失調症、低血糖症、うつ病
http://orthomolecule.jugem.jp/

ハイジーア通信
http://ameblo.jp/hygeia/

メンタルランキング参加中クリックよろしくお願いします

∞精神病サーチ∞
ランキングエントリー中!


心 心の病 心の病気

病院 入院 精神療法

カウンセリング 心理学

心療内科 学校 教育

家族 メンタルクリニック
精神分析 精神鑑定 会社
仕事 精神障害 パキシル
向精神薬 抗うつ剤 健康

臨床心理士 介護 福祉

仕事 趣味 ペット 園芸

大学 大学院 車 先生

教師 子育て 育児 新聞

テレビ メディア 食事

ニュース 悩み 生き方

相談 早期発見早期治療

うつ病 パニック障害

社会不安性障害 自殺対策
心理学 医療過誤 薬

精神科医 薬剤師 人権

本 ビデオ 書籍 医療

読書 知識 自然 幸せ

電気ショック 夏休み

いじめ 休日 自殺 企業

看護士 自助グループ

裁判 弁護士 法律 患者

薬物依存症 虐待 論文

アルコール依存症 外国

買い物依存症 日本 夢

ギャンブル依存症 倫理

発達障害 レジャー

スポーツ 安全 危険

塾 運動 鬱病 内科

医者 体 身体 電気

ホームページ 携帯 経済
パソコン 政治 心の闇

犯罪 事件 映画 交通

後遺症 マスコミ 苦しみ

メンタルヘルス 心のケア
PTSD 心の傷 癒し 宣伝

支援 講演会 製薬会社

ワークショップ CD

通院 家庭 恋愛 結婚

雑誌 精神保健福祉士

実習 事故 宗教 睡眠薬

不眠症 ストレス 人生

ストレス社会 人工 出産
更年期障害 男性 女性

自律神経失調症 老人 信頼
お金 信頼関係 失業

挫折 回復 仲間 不登校

引きこもり 学会 詐偽

医療ミス 成長 病気

リタリン 食品 ダイエット
診察 コミュニケーション
スキル 対人関係 情報

人間関係 ドライブ 景色

心理カウンセラー

カウンセリングルーム

保護者 父兄 授業

面談 試験 テスト

ブログ インターネット
教師 職場 本 書籍

読書 ホテル アロマ

セロトニン仮説 薬物療法
対処療法 摂食障害

統合失調症 ADHD 保健婦

保健室 疲労 過労 命

パチンコ 競馬 たばこ

報道 放送 NHK 生き方

ダイエット 心理テスト

トラウマ 心的外傷 写真
サラリーマン OL 社長

ニート対策 気分障害

境界性人格障害

ボーダーライン 希望

パキシル リタリン

強迫神経症 体調 AC

ワーキングプア 派遣社員
ジェイゾロフト CM 教授
落ち込み 窃盗癖 嗜癖

アディクション 親子関係
アダルトチルドレン

母子密着 共依存症

家庭内暴力 権威

薬剤性パーキンソン

薬剤性精神病 役所 議員

非行 厚生労働省 未来

将来 NPO法人 医療荒廃

ダイエット 学会 学術誌
機能不全家族 第一人者

季節 梅雨 気候 医療費

健康チェック 保険

多重人格 料理 芸能界

有名人 メンタルヘルス

習い事 習慣 文化

小学生 中学生 高校生

大学生 思春期 心の世紀

心の専門家 セラピスト

セラピー 世界 海外

副作用 真実 心療内科

メンタルクリニック

薬物依存 精神医学

更年期障害 自殺対策

自殺予防 精神分析

精神鑑定 凶悪犯罪

凶悪事件 医療過誤

発達障害支援 過食症

パニック障害

躁うつ病 双極性障害

過眠症 催し 講演会

勉強会 家族会

お知らせ 少年犯罪

ギャンブル依存 夏休み

千葉 埼玉 群馬 横浜
社会問題 精神保健福祉士
PSW ソーシャルワーカー

ジプレキサ ハルシオン

性犯罪 性暴力 いじめ

児童虐待 レイプ

被害者の会 命の電話

精神保健福祉センター

離婚 幼稚園 保育園

保育士 看護士 テスト

試験 ハルシオン 医師会
発達障害支援

デイケア 作業所 病気

ジプレキサ シンポジウム
自助グループ 東京 大阪
セルフヘルプグループ

医師会 遺族会 被害者の会
精神病院 精神障害 誤診
精神疾患 アカシジア

凶悪犯罪 凶悪事件

児童虐待 自殺予防学

心の痛み 思いやり

統合失調症 ハルシオン

苦しみ 社会問題

社会復帰 薬害 副作用

命の電話 医療事故
医療ミス

抗うつ薬 恋愛依存

マイスリー ルボックス

医師会 躁鬱病

アスペルガー

うつ病チェック
ジプレキサ

セミナー











2013年04月25日

医療幻想:「思い込み」が患者を殺す

mizikanamondai at 21:18トラックバック(0) この記事をクリップ!

2013年04月23日

わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相!

mizikanamondai at 21:18トラックバック(0) この記事をクリップ!