2009年08月28日

懲りない精神医療 電パチはあかん!!

〇本の紹介〇

懲りない精神医療 電パチはあかん!!


著者 前進友の会

出版社 千書房

定価1260円


電パチ(電気ショック)は
〇人の記憶を奪う。

〇命を奪う。

〇 さらに医者・看護者の人格と 技術を低劣にする最低・最悪の『治療』だ!
電気ショックは、命にかかわる事故が多いにもかかわらず、これでは!!!

ヒドイです!!

これは、事故の可能性が、キカイ的にも感じられるほどのシロモノで、実際、何時から使用されているのか、わかりませんが、アブナイです、これは。

あなた方はわたしたちを騙し続けてきたのですね!

今も続く電気ショック療法を元にした本


(本書より)


電気ショック療法は日本人が発明した?

http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/7386220.html
2006/6/9(金)

精神科の治療の歴史

悪名高い電気ショック。精神病院で懲罰的に用いられたことから、悪いイメージが定着してしまいました。しかし、最近は電気ショックを「ECT」と言い換えてイメージ向上に努めたり、麻酔を用いてけいれんを引き起こさない「修正型ECT」なるものを宣伝したりしたおかげで、徐々に治療の選択肢としての位置を回復しつつあります。
では、電気ショックに効果があるのでしょうか?また、その脳に作用するメカニズムが科学的に解明されたのでしょうか?本当に安全なのでしょうか?その答えは、この療法を勧める精神科医に「それが安全で効果的だと言うのでしたら、是非あなた自身にかけてそれを示して下さい。」と問い掛けたときの反応を見ればわかるでしょう。

しかし、なぜそこまで精神科医は躍起になって電気ショックを復活させたいのでしょうか。前回に触れたように、精神科医と一般人の言葉の概念の違いを説明しなければなりません。精神科医にとって「治療効果があった」「良くなった」「治った」というのはどういう意味でしょうか。当然、一般人はそれを言葉通り受け取るでしょう。しかし、精神科医によっては、イコール「扱いやすくなった」「言うことを聞くようになった」なのです。電気ショックはそのような効果を生み出す最高の道具です。

そもそも、少しでも科学的教養がある人からすると、頭に100V以上の電圧をかけることについて、その危険性、野蛮性は理解できるはずです。脳科学が発達したと言っても、神秘なる脳の1%もわかっていないのが現状です。繊細な電気信号を発する脳に、無理やり電圧をかけることなど、誰がその結果を予測しうるのでしょうか。

電気ショック療法は、イタリアの精神科医、Cerlettiによって発明されたと言われています。Cerlettiは1938年に電気ショック療法を発表しましたが、その頃は身体療法が大流行でした。「てんかんと統合失調症は同時に起こらないようなので、人工的にてんかん痙攣を起こせば統合失調症は治療できるのではないか。」という仮説がそれらの治療法の支えとなっていました。当然その仮説自体が誤りなのでしたが。

ともかく、当時の精神科医はインシュリンを使ったり、電気を使ったり、カルジアーゾを使ったり、色々な方法を使っててんかん痙攣を引き起こすことを試みました。日本では、下田光造がいた九州大学で身体治療の実験が積極的に行われていました。彼らは本当に何でもやりました。持続睡眠療法、マラリア療法、電気ショック療法、インシュリンショック療法など、危険な療法を次々と実践しました。その中でも、下田の部下、安河内五郎は、Cerlettiが電気ショック療法を発表する前から、既に電気ショック実験を行っていました。豚を屠殺しやすくするために電気ショックで豚をおとなしくさせる様子を見て電気ショック療法を思いついたCerlettiもすごいですが、安河内も負けていません。頭蓋に穴を空け、注射針2本を脳膜を突き破って脳髄まで達するまで突き刺し、注射針をそのまま電極にして、脳に直接電気ショックを与えるという手法で実験していました。Cerlettiに発表を先に越された安河内は、その後向笠広次と共同し、Cerlettiと同様頭皮上からの通電法に切り替え、日本で最初の電気ショック療法(電気痙攣療法)を1939年に発表したのでした。

そんな電気ショックですが、恐ろしいことにその根本的な手法や原理は、当時から大して変わっていません。今や電気ショック療法を用いる病院が増えてきました。「安全」「改良」「即効性」など、この療法の説明には、とても素敵な言葉が並びます。しかし、もしも自分が、家族が、友人が電気ショックを受けそうになったら、主治医に必ずこう言って下さい。「先生がそれを受けて安全なことを証明して下さい。」

***********************************
精神医療現場での被害の報告を受け付けています。
特に、その被害に関して何らかの行動(刑事告発、民事訴訟、内部告発、行政交渉、マスコミへの周知、法律改正の働きかけなど)を起こしたいという方、一度ご相談下さい。
特に情報を集めている事例
・子どもの被害事例(投薬や受診の強要、不当な診断、向精神薬の副作用など)
・抗うつ剤(特にSSRI)を服用後に自殺行動を起こした事例
・精神科医からの暴力や性的虐待事例
・診療報酬などの不正請求事例思い当たることがあれば、こちらまでご報告下さい。
kebichan55@yahoo.co.jp


ブログ「精神科医の犯罪を問う」2006/6/9(金)の記事転載

http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/7386220.html
メンタルランキング参加中クリックよろしくお願いします

∞精神病サーチ∞
ランキングエントリー中!


心 心の病 心の病気

病院 入院 精神療法

カウンセリング 心理学

心療内科 学校 教育

家族 メンタルクリニック
精神分析 精神鑑定 会社
仕事 精神障害 パキシル
向精神薬 抗うつ剤 健康

臨床心理士 介護 福祉

仕事 趣味 ペット 園芸

大学 大学院 車 先生

教師 子育て 育児 新聞

テレビ メディア 食事

ニュース 悩み 生き方

相談 早期発見早期治療

うつ病 パニック障害

社会不安性障害 自殺対策
心理学 医療過誤 薬

精神科医 薬剤師 人権

本 ビデオ 書籍 医療

読書 知識 自然 幸せ

電気ショック 夏休み

いじめ 休日 自殺 企業

看護士 自助グループ

裁判 弁護士 法律 患者

薬物依存症 虐待 論文

アルコール依存症 外国

買い物依存症 日本 夢

ギャンブル依存症 倫理

発達障害 レジャー

スポーツ 安全 危険

塾 運動 鬱病 内科

医者 体 身体 電気

ホームページ 携帯 経済
パソコン 政治 心の闇

犯罪 事件 映画 交通

後遺症 マスコミ 苦しみ

メンタルヘルス 心のケア
PTSD 心の傷 癒し 宣伝

支援 講演会 製薬会社

ワークショップ CD

通院 家庭 恋愛 結婚

雑誌 精神保健福祉士

実習 事故 宗教 睡眠薬

不眠症 ストレス 人生

ストレス社会 人工 出産
更年期障害 男性 女性

自律神経失調症 老人 信頼
お金 信頼関係 失業

挫折 回復 仲間 不登校

引きこもり 学会 詐偽

医療ミス 成長 病気

リタリン 食品 ダイエット
診察 コミュニケーション
スキル 対人関係 情報

人間関係 ドライブ 景色

心理カウンセラー

カウンセリングルーム

保護者 父兄 授業

面談 試験 テスト

ブログ インターネット
教師 職場 本 書籍

読書 ホテル アロマ

セロトニン仮説 薬物療法
対処療法 摂食障害

統合失調症 ADHD 保健婦

保健室 疲労 過労 命

パチンコ 競馬 たばこ

報道 放送 NHK 生き方

ダイエット 心理テスト

トラウマ 心的外傷 写真
サラリーマン OL 社長

ニート対策 気分障害

境界性人格障害

ボーダーライン 希望

パキシル リタリン

強迫神経症 体調 AC

ワーキングプア 派遣社員
ジェイゾロフト CM 教授
落ち込み 窃盗癖 嗜癖

アディクション 親子関係
アダルトチルドレン

母子密着 共依存症

家庭内暴力 権威

薬剤性パーキンソン

薬剤性精神病 役所 議員

非行 厚生労働省 未来

将来 NPO法人 医療荒廃

ダイエット 学会 学術誌
機能不全家族 第一人者

季節 梅雨 気候 医療費

健康チェック 保険

多重人格 料理 芸能界

有名人 メンタルヘルス

習い事 習慣 文化

小学生 中学生 高校生

大学生 思春期 心の世紀

心の専門家 セラピスト

セラピー 世界 海外

副作用 真実 心療内科

メンタルクリニック

薬物依存 精神医学

更年期障害 自殺対策

自殺予防 精神分析

精神鑑定 凶悪犯罪

凶悪事件 医療過誤

発達障害支援 過食症

パニック障害

躁うつ病 双極性障害

過眠症 催し 講演会

勉強会 家族会

お知らせ 少年犯罪

ギャンブル依存 夏休み

千葉 埼玉 群馬 横浜
社会問題 精神保健福祉士
PSW ソーシャルワーカー

ジプレキサ ハルシオン

性犯罪 性暴力 いじめ

児童虐待 レイプ

被害者の会 命の電話

精神保健福祉センター

離婚 幼稚園 保育園

保育士 看護士 テスト

試験 ハルシオン 医師会
発達障害支援

デイケア 作業所 病気

ジプレキサ シンポジウム
自助グループ 東京 大阪
セルフヘルプグループ

医師会 遺族会 被害者の会
精神病院 精神障害 誤診
精神疾患 アカシジア

凶悪犯罪 凶悪事件

児童虐待 自殺予防学

心の痛み 思いやり

統合失調症 ハルシオン

苦しみ 社会問題

社会復帰 薬害 副作用

命の電話 医療事故
医療ミス

抗うつ薬 恋愛依存

マイスリー ルボックス

医師会 躁鬱病

アスペルガー

うつ病チェック
ジプレキサ

セミナー 研修会

リスパダール セロトニン
病気 病院 医学

ドキュメンタリー

ジプレキサ

ウツ病 躁鬱病

夏休み 映画観賞

セミナー 講習会

セルフケア 震災 災害
地震

心のケア

メンタルケア

療育

オーバードーズ リストカット

境界性人格障害

認知症

斎藤学 さいとうクリニック

家族機能研究所




トラックバックURL