だらだLIFE

甘いものをこよなく愛しています ぶらり一人旅が好きです 金曜日にはゴスペル歌ってます 髪の毛を切る仕事をしています 脳下垂体腫瘍によるホルモン分泌異常という特定疾患(難病)を抱えてますが 基本的には脳天気に生きてます。

病院Wヘッダー

3月21日、午前中は国立がんセンター。
虎ノ門病院宛に、検査結果の手紙を預かる。

築地本願寺前の寿司岩でランチ
image

魚卵抜きにしてもらいました
image
見た目地味だけど左下の白エビが美味しかった。
焼き穴子
image


image

デザートにプラスして柚子シャーベットをサービスしてくれました
image


さて、手紙持って虎ノ門病院へ行かなくちゃ

ただ築地から虎ノ門って公共交通機関を使おうと思うと案外面倒。検索したら電車でも徒歩でも所要時間同じくらい。

前回、虎ノ門から江戸城外堀をずーっと行くと六本木という話を書きましたが

国立がんセンターから虎ノ門へは、仙台藩御殿(伊達家屋敷)から江戸城に向う感じです。

お殿様気分で歩くよー

国立がんセンターの裏手が新橋演舞場
image

仙台藩御殿
image

新橋駅
image

烏森神社のある通りを真っ直ぐ
image

雨の日にノンビリ歩いても30分くらいかな?で虎ノ門病院到着

虎ノ門病院で先生に、国立がんセンターから預かってきた手紙を渡したら

「えぇー?」と椅子がひっくり返るくらい仰け反った(笑)

読んで、頭かいて、ううーんと唸り、机にうっぷしたかと思ったら、ガバっと起き上がって

「隠してもしょーがないか!もぉーこれ読んで」と手紙を見せられた(笑)
先生のそういうとこ好きですょ…。

なんやかんやすったもんだありましたが、結局は虎ノ門で手術することになりました。

4月の中頃に取り敢えず円錐切除。←切ってみなきゃ、にっちもさっちもとゆーことらしい。

虎ノ門病院から国立がんセンターへ

前回どこまで書いたっけ?
癌検診で引っ掛かって精密検査を受けて、子宮癌だから手術って事になったのに病院側からドタキャンまでは書いたような気がします。

3月6日に入院して、7日に手術と決まって
準備万端整えて、気持ちも腹も据えて待ち構えてた
3月5日の夜、大河ドラマ観てる最中に電話があり

取り敢えず入院はしないけど話すことはあるとの事で、6日に病院行ったら
「判断がつかない病理があるから国立がんセンターか癌研有明のどっちかに行ってくれ」と、謎のプレパラートを渡された訳です。

別日に骨盤付近のMRI撮ったり
別日には難病の方で内分泌内科の診察あったり

ハッキリしない状態で病院に行かなきゃならん日々。
そりゃ息抜きしなきゃやってられんわ
image
サウジアラビアの王様が来日していた時期なので、江戸城周辺(皇居、国会議事堂)は国旗が掲揚されてました。

虎ノ門も当たり前だけど江戸城。
昔、城の人が出歩いてた距離は現代でも歩ける距離。
虎ノ門病院の裏は江戸城外堀
image
外堀のゆるい坂道を登ると
六本木交差点
image

ミッドタウンを横目に
image

ミッドタウン西を左折すると
image

新国立美術館です
image

チケット待ちで20分〜30分待ち
image

中も混雑していて写真撮影OKゾーンでも人を避けながら撮るの難しい感じでしたが
image

スラブ叙情詩とてもとても良かった
image
死の気配を漂わせながらも、生に対する強い想いを感じました。
あー私が今こんなだからそう感じるのかな?
image
草間彌生のカボチャは屋外展示でした。若い子達が自撮りしまくってた。
この日の美味しいものは、ミッドタウン横の牛タン屋さんで食べたい牛タン
image
この店の下にあった筋肉食堂の筋肉弁当も気になったのだけど、牛タン焼く匂いにつられて階段上っちゃったんだよね。

この翌日は国立がんセンター
image

朝10時に着いて、色々な書類にサインして、なんか説明色々されて、検査と診察の間が食事禁止だったから暇で
image

歴史とかの展示を見るしかない
image

image

なんやかんやで終わったの17時過ぎですよ
7時間以上かかった…。

国立がんセンター
場所は築地なので、早く終わったら寿司でも食べようと思ってたのに
お腹空き過ぎてそれどころじゃない
image
築地本願寺は工事中


止血のためにギュウギュウにガーゼを詰められて下腹が重い。

寿司というより、つるっと蕎麦な気分で
川越の蕎麦屋へ
image

川越着いたら気持ち的に落ち着いたので、天丼も付けちゃった。

現時点、病院に何度も行ってはいるけど
なんだか分からない。


病院帰りの寄り道

市の健康診断の子宮癌検診に引っ掛かり←2016年11月頃

要精密検査の通知が川越市から届いたので
取り敢えず川越市内の病院を当たったら
何故かことごとく断られ←1月頃

仕方ないので特定疾患(難病)のほうでお世話になってる病院にお願いしたら診てくれて←2月

癌だから切りましょうって事になり入院手術日まで決まっていたのに
入院日前日に突然キャンセルの電話←3月5日

国立がんセンターか、癌研有明のどっちかに行くように言われる←3月6日

国立がんセンターに予約、虎ノ門から紹介状と病理のプレパラート持たされる←now

ザックリ言うと、こんな感じで毎週のように病院に行ってるのですが、行く度なかなかショッキングな事を言われるので

お家に帰る前に気分転換が必要です。

image
ある時は築地で寿司を食べ

デパートの催事場でソフトクリーム
image


ある時は三越で友人と待ち合わせして
イタリアン
image

image

image

銀座でモンブランとか
image

ちょっと足を伸ばして二子玉川にある美術館へ日本刀を観に行ったり
image

image

image

image

image

ムーミンカフェとか
image

女子高時代の友人と肉
image


虎ノ門ヒルズでも
image

image
お肉。

貧血なので肉を頑張って摂取しています。

世の中には、癌体験者のブログは山程あるし(某歌舞伎役者の奥様のとかプロレスラーの鬼嫁とか数え切れないくらい)
難病患者のブログもあるのですが

難病患者が癌になった体験記みたいのが見当たらなくて
何を参考にしたら良いのやら
難病の方もレアケースで同じ症状の人が居ないし
癌も謎のプレパラート持って国立がんセンター行かなきゃならんレアケースのようで

きっと、金色のパンダがリアルに存在してる位の珍さなのかしらねぇ
image

まぁ、食べまくってたからパンダ体型になってますしね!
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ