苔むした石段を滑らないよう
注意しながら下ります。
手すりのついた石橋を渡ると
左手に大きな滝が見えてきます。

長崎市内から約1時間。
せっかく晴れたのだからと勝手に理由をつけて
諫早市高来町の轟の滝まで車を走らせました。

絶え間なく流れ落ちる滝の音や水の冷たさ。
風にゆれる木々の緑と清らかな空気。
日常から離れ自然の中に身を置くことができる
身近な場所です。

まだ訪れる人はまばらですが、
梅雨が開けて夏休みが始まったら
家族連れなどたくさんの人でにぎわうそうです。

轟の滝の映像は、
今週のスーパーJチャンネル長崎で
ご紹介する予定です。

20190707_114554