先日、ボランティアで
ガーゼマスクの作り方を教えている
女性グループを取材させて頂きました。

マスク不足のなか自分たちで手作りすれば
使い捨てマスクを使わずに済み、
病院や介護施設のマスク不足に少しでも
貢献できるのでは
との思いからはじめたそうです。

教えてもらいながら約30分、
立派なガーゼマスクが完成しました。
手作りすることの楽しさと喜び、
小学校の家庭科以来の達成感で
マスクへの愛着が爆発。
縫い目はガタガタですが大切に使います。

興味のあるかたは
長崎市の浦上百貨センターに出店している
手作りの洋服や雑貨のお店を訪ねてみて。
材料費として300円が必要です。

ただ悲しいことに、そのガーゼも
品薄になってきているそうです。
ガーゼがなければハンカチや
手拭いでも作ることができるそうです。

20200305_140921