Everything Happens To Me フェルト作家 溝口恵子の制作ノート

日々いろんなことはあるけれど、
やっばり毎日作っています。

IMG_1855
今年は本当に暑かったですね!
細々と作業はしていたものの、ブログの更新が一月以上あいてしまいました。

9〜11月のフェルト講座のお知らせです。
毎月第2・第4金曜日に行っています。
前々日までに予約してください。

9/14・9/28
10/12・10/26
11/9・11/23

時間は10:00〜12:30 または13:30〜16:00
材料費別 3,000円
続けて受けることもできます。(その場合5,000円)
場所:講師アトリエ
(兵庫県伊丹市千僧 阪急伊丹より徒歩15分。大阪や神戸からも一時間以内で来られます)
*申込者に地図をお送りします。

初めての方は、フェルト作りの基本、シートと袋を作ります。
それ以外は相談の上、作るものを決めます。
羊毛や付属などの副資材はお手持ちのものをお使いいただけます。
(アトリエでも購入できます)
秋からはフェルトの季節になりますので、少し大きなバッグや、
長いシーズン使えるシルクオーガンジーのストールなどがオススメです。

事前にご相談いただくと、講座の時間を有効に使えますので
メールまたはこちらよりご連絡ください。

IMG_1796
この度の大阪での地震、
また西日本各地の広範囲の豪雨被害で被害を受けられた方に
心からお見舞い申し上げます。
なかなか体でのボランティアができない状況ですが、
できる時にできることで何かお手伝いができたらと思っています。

年をとると色々とあるというか、あれこれ自分以外のことでバタバタしてブログの更新ができませんでした。
アトリエの講座日を決めかねているうちに
すっかり暑くなってしまい、
夏休みに突入してしまいました。
この7月8月はアトリエでの講座はお休みとし、
9月からまた第2第4金曜日に講座を行いたいと思います。
よろしくお願い致します。
(スポットで親子講座など、ご都合が合えば行います)

なんでもない普通の暮らしが一番、
毎日とんでもなく暑いですが、
ゆるゆる体をいたわりながら、
楽しく過ごしたい夏です。
みなさまも良い夏を。

IMG_1597
フィールドオブクラフト倉敷
2018年5月12日(土)13日(日)に参加します。
とうとう明日と明後日になりました。

12日は10:00〜17:00
13日は10:00〜16:30


今回は59番ブースでお待ちしています。
噴水池の向かい側の角っこです。
ブースで、バングル作りのデモンストレーションを行います。(所要時間 約一時間)
13:30〜14:30の予定です。

フィールドオブクラフト倉敷についてはこちらをご覧ください。

31189699_1335989276501676_6711044356568167035_n
「船場マルシェ2018」
お肉とビールとワインと
手作り雑貨の春まつり!
2018年 5/3日、4日、5日
11時〜18時(最終日は17時30分終了)
会場 難波神社
大阪府大阪市中央区博労町4丁目1番3号
*入場無料のイベントです。
*フード、ドリンク類は金券を
お買い求めください。
*クラフトエリアは現金のみご利用頂けます。
31723448_1518690578259483_8505218002763907072_n

私は5/4に参加します!
フェルトボールのワークショップをします。コロコロたくさん作ったら、つなげてペンダントに〜

好きな色のウールを選んで、30分程度で5.6個作っていただけます。

お天気持ちそうでよかった〜💕みなさん美味しいものを食べながら、楽しんでくださいね。

クラフトゾーン参加作家さんなどの詳細は、インスタグラムの記事をご覧ください。

IMG_1503
昨日はアトリエ講座の日でした。

今月のテーマは初心者はペットボトルケース、経験者は布フェルトのマフラーとしてて(課題は自由だけど、一応提案はする)、1日かけて二人の受講生が計3本と3本と布フェルトの連続ボールのサンプルを作りました。

布フェルトに限った事ではないですが、作品は小さいほど早く、楽に仕上がります。青のマフラーはお昼前にできてしまいました。

中に挟むウールは生地の色とトーンや色相の近い色を選ぶときれいです。ターコイズブルーに合わせて、鮮やかな緑を部分的に入れ、ラメ糸やファンシーヤーンをアクセントに入れました。

ポンポンの連なったファンシーヤーンを好きな色のところでカットして使います。化繊の糸を使う場合はあまり長くせず、適当な長さにカットする&薄くウールを足す、のがコツです。
IMG_1505
黄色は、四角くウールを積んだ後、切れ込みを所々入れて広げ、模様を作ったものです。今まで講座に参加された人は見たことがあると思いますが、ちょっと七夕の折り紙飾りのような作り方で、簡単ですが効果的なものです。

切り込みでできた窓からラメ糸やスパンコールがのぞくようにするときれいです。

左のマフラーはきっちり模様を作ったものです。細かい丸はあらかじめカットして準備します。今回は積んだウールを乾いたままカットしていますが、場合によっては濡らした方がやりやすいかもしれません。

今回の新しい発見は、フェルト化する前に布同士を縫い合わせておくととても楽にできる!です。自分で作品を作る時やっている事なので、面倒かと思いましたが、今回は試していただきました。ずれる心配が全然ないので、びっくりするほど楽!だそうです。お試しください。

アトリエ講座では、持ち込みの素材も使っていただけますが、あるものを使っていただくこともできます。気になる点がありましたら、事前にご相談ください〜♪次回は4/27です。

↑このページのトップヘ