【全国高校駅伝】九学、3位で5年連続入賞 千原台は19位
(くまにちコム)

いや〜、留学生パワーで圧倒的な強さを見せ付けている高校とは違って国産メンバーで入賞するんだから大したもんですよ。

来年は創立100周年の九州学院、野球に陸上に他の体育系も含めて大いに期待したいとこですね(^_^.)

来年は勝負の年ですなぁ、我が母校(~_~)

熊本の発展を願ってポチッと!m(__)m
政令指定都市 熊本
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ
【全国高校駅伝】九学、3位で5年連続入賞 千原台は19位

男子第61回、女子第22回全国高校駅伝は26日、京都市の西京極陸上競技場発着コースで行われ、男子(7区間、42・195キロ)は鹿児島実が2時間3分59秒で初優勝、女子(5区間、21・0975キロ)は興譲館(岡山)が1時間7分50秒で5年ぶり2度目の優勝を果たした。

県勢は男子の九州学院が2時間4分24秒で3位に入り、女子の千原台は1時間11分23秒で19位だった。

男子の九州学院は1区久保田和真が先頭と8秒差の4位で好発進し、2区宮上翔太も順位を一つ上げた。

3区は世羅(広島)と青森山田の留学生2人が抜け出し、九学は5位に後退。

しかし、4区渡邊一磨が区間2位の快走で4位に浮上、1分15秒あったトップとの差を29秒に縮めた。

その後も上位に食らいつき、アンカー吉田匡佑が区間2位の走りで1位に25秒差の3位でフィニッシュした。

鹿児島実は2区で7位に後退したが、その後は着実に順位を上げ、最後のトラック勝負で前年覇者の世羅を振り切った。

女子の千原台は1区野田沙織がトップから39秒差の17位と出遅れた。

2区千々岩海音が順位を守ったが、3、4区で21位に後退。

最終5区はたすきを受けた上野由香子が2人を抜いて意地を示した。

興譲館はエース区間の1区を制して流れをつくり、着実にたすきをつないだ。

16秒差の2位は3連覇を目指した豊川(愛知)、3位は仙台育英(宮城)だった。

(女子スタートの午前10時20分の天候晴れ、気温9・0度、湿度48%、南東の風2・0メートル。男子スタートの午後0時半の天候晴れ、気温9・5度、湿度49%、南の風1・0メートル)

(くまにちコム)