■ 日時:201658日(日) 午前9時~1330 

    ■ 場所:茨城県 稲敷郡美浦村大山 旧海軍鹿島航空隊車輛整備場跡地

    ■ 清掃場所:霞ヶ浦全域 

    ■ 参加者数:214(一般183名、中高生7名、小学生16名、幼児8名) 

    ■ 回収処理したゴミの量:900kg 

40回 霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up!・春の陣」
IMG_1053_R

 
















1996
年、釣り人の霞ヶ浦湖岸清掃としてスタートした「53 Pick Up!」は、20年目を迎える歴史あるイベントへと成長しました。そして今回、40回目を迎える霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up!・春の陣」は、201658日(日)、美浦村大山の旧海軍鹿島航空隊車輛整備場跡地(以下旧海軍跡地)を会場に開催されました。

天気は快晴で絵に描いたようなゴミ拾い日和。アウトドアで実施する環境保全活動イベントとしては、願ってもないウェザーコンディションです。まるで、40回目のアニバーサリーを霞ヶ浦からお祝いされているかのようでした。

今回の53 Pick Up!は、昨年5月開催時と同様、旧海軍跡地での開催となりました。朝8時半から敷地内にて受付が開始され、参加証の第40回ステッカー、ゴミマップなどを受け取った参加者の皆様は、思い思いの場所に車を走らせてたくさんのゴミを回収してくださいました。
IMG_0861_R
















 

ここで改めて53 Pick Up!の仕組みをご説明しましょう。53 Pick Up!では、参加者の皆様より参加費をいただいています。理由は、ゴミの処理にお金が掛かるからです。いただいた参加費は、ゴミ処理費用と参加者の傷害保険料に充当しています。つまり、ボランティアで実施している清掃活動ですが、参加者自らがお金を払ってゴミ処理費用としています。これは、誰かが身銭を切って活動しなければ、水辺をきれいにすることはできない…ということなのです。

「霞ヶ浦をきれいにしたい!」という共通の願いのもと、ゴールデンウィーク最終日の58日、214名もの皆様にご参加いただき、霞ヶ浦のゴミの回収を実施いたしました。官・民を問わず、多くの団体の皆様より53 Pick Up!の趣旨・活動に対しご賛同・ご協賛をいただき、たくさんのご支援のもと、私たちの活動が成り立っていることを改めて実感いたしました。

水辺にゴミがなければ、この様な清掃活動自体が不要です。折角のお休みの日に、時間とお金を使わなければ水辺のクリーンアップができないという実情は、誠に残念であります。しかし、このような活動を続けた上で、「水辺にゴミを捨てない!」の啓発を進めないと、ゴミのない水辺を構築することが困難であるのは明白な事実です。40回、20年間継続されてきた霞ヶ浦の53 Pick Up!は、これまでに回収したゴミの量だけではなく、継続してきたことに大きな意味があると感じます。 

さて、イベントについてご報告しましょう。先に述べましたように、今回の参加受付、ゴミの集積、その後のイベントについては、美浦村大山の旧海軍跡地をお借りして開催しました。こちらの施設は昨年の春の陣以来、2回目となります。

当日は、美浦村の中島栄村長も陣中見舞いにお越しくださいました。53 Pick Up!の趣旨をご理解いただいていることに感謝申し上げ、また当施設を53 Pick Up!で有効に活用させていただいていることを報告いたしました。歴史ある荘厳な施設でありますが、普段あまり利活用されていないとのことでした。ぜひ来年も利用させていただきたいです。

会場内には、各イベントブースの他に霞ヶ浦導水事業に関する情報パネルが展示されていました。現在の霞ヶ浦の水がすべて入れ替わるのは何日ぐらい? そして導水事業がコンプリートした暁には、霞ヶ浦の水は一体どうなるの? さらに私たちの飲料水への影響は? など、生活に直結した情報が展示されていました。

ゴミ拾いが終了したのちは集合写真を撮り、関係各位よりご挨拶をいただき、いよいよ各種イベントの始まりです。まずはおなじみの×クイズ、武江神住(たけえかすみ)博士から出される霞ヶ浦についての数々の問題、皆さんはいくつ答えられたでしょうか?
IMG_1105_R

















  今回初登場の新イベント、「麺inBlackⅡ」については、長蛇の列ができる盛況ぶりでした。受付で手渡された案内用紙へのスタンプラリーを完遂させ、アンケート用紙を書き終えた皆さんが、黒いボックスに入ったガチャ玉を釣り上げるゲームです。子供たちが楽しんでいる中、親御さんも熱中する様子に、私ども53実行委員会も手応えを感じました。

恒例となった霞探Rフリマ部のフリーマーケットも大盛況でした。たくさんの皆さんのご協力に加え、北茨城市のしおかぜモールさんが出張してくださり、フリーマーケット売り上げに多大なご協力をいただきました。そして、今回の総売り上げは…73,145円! 全額をNPO法人水辺基盤協会にご寄付いただきました。誠にありがとうございました。 
IMG_1127_R
















 

さらに、今回はプロミュージシャンのBUBUNGOのお二人によるミニライブが開催されました。ミニ、とは言っても旧海軍跡地の持つ音響効果が相まって、日本武道館でも聴けないような素敵な音楽が堪能できました。53実行委員でもある渡辺“BUBU”学さんの歌声と、定成クンゴさんのパーカッションによるユニットのBUBUNGO、機会あれば皆さんもぜひ聴いてみてください!

最後がお楽しみ抽選会! ×クイズ、麺inBlackⅡ、BUBUNGOミニライブ、フリーマーケットなどのイベントの集大成がこのお楽しみ抽選会です。レア食材、アウトドア用品、BUBUNGOレビューアルバム『ブブンゴのシオ』、激レア53キャップなどの景品に、大人も子供も大喜びでした。 
IMG_1112_R 


















 こうして、第40回霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up!・春の陣」は、無事に幕を下ろしました。ご参加くださいました皆様、ご協力くださいました皆様に、心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。

すでにご承知の通り、霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up!」は、私たち53実行委員会が企画運営を行っております。私たちの活動コンセプトの一つとして、「休日に時間をつくり、さらに参加費を払って清掃活動に参加してくださる皆様に、少しでも楽しんで頂きたい」という思いがあります。その思いを礎に、実行委員会が手作りで紡ぎ、積み上げ、開催した第40回霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up!・春の陣」です。今回ご参加くださいました皆様が霞ヶ浦の現状を理解し、その上で私たちの活動に興味や関心を少しでも感じていただくことができれば、これに勝る喜びはありません。

参加してくださった皆様からは、「以前よりもゴミが減ったように思う」という感想をいただきました。釣り人が始めた清掃活動が、地域の皆さんや地方公共団体や民間企業に理解してもらい、互いに手を取りあって活動を継続することで、水辺環境は確実に改善されているのでしょう。

NPO水辺基盤協会が標榜する「53 Pick Up!は地球を救う。」は、決して大袈裟なものではありません。ゴミ拾いという小さな積み重ねが、私たちの生活環境をはじめとして、動植物が暮らす自然環境に大きく寄与しているものだと信じています。

ゴミが減ったからと言って、今立ち止まるわけにはいきません。ゴミは確実に減っていますが、なくなったわけではないのです。そして、減ったとは言え、たかが2時間程度の清掃活動で900㎏ものゴミが回収されているのです。
IMG_1115_R 


















 今後も
53実行委員会は、皆様と一緒に楽しみながら、霞ヶ浦の水辺をきれいにしていく活動を続けて行きます。

さて、次回は秋です。116日(日)に開催予定の第41回霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up!・秋の陣」でお会いしましょう。どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。 

                        報告書文責・霞ヶ浦53実行委員 西嶋武寛

 40 霞ヶ浦クリーン大作戦

53 Pick Up!・春の陣」ご協力者一覧

 

(敬称略・順不同)

 

現金協賛

 

()釣りビジョン、()スエナガ、()オーナーばり、()一竿堂、()ティムコ、

霞デザインオフィス合同会社、カス探R()幻冬舎コミックス、()SUBSCRIBE

セルフィッシュ、高橋建設()、ハーツマリン、ビジネスホテルトキワ、ぶさお寄金、

()フックシステム、()ブライトリバー、プロズファクトリー、マルトボート貸船店

()町田工業、()モーリス、()ワールドバスソサエティー、()ワールドスポーツ、

松屋ボート、()オー・エス・ピー、佐野良市

 

 商品協賛

 

アカシブランド、アングラーズプラザ岸波郡山インター店、ウッドリーム、オフィスZPI

()エバーグリーンインターナショナル、()オジーズ、()カツイチ、
カハラジャパン
()、グローブライド()()ゲインコーポレーション、
ゲーリーインターナショナル
()()サンライン、()ジャッカル、()スミス、
テイルウォーク、
()デュエル、()デプス、ノリーズ、バレーヒル
BRUSH琵琶湖情報()エルビィエヌ、ベイトブレス、美浦村、

メガバス()()ラッキークラフト、ルアーショップアンドウ、
()ワールドスポーツ、()ケイズ、()ボナンザ、グランパスヨット、()イマカツ、
アルバン
()開発クランク、江戸物、潮来マリーナ、()ワールドバスソサエティー

 

 後援

 

霞ヶ浦水辺ふれあい事業実行委員会【(一社)霞ヶ浦市民協会、(一社)土浦青年会議所、

()ワールドバスソサエティー、土浦くらしの会、NPO水辺基盤協会、かすみがうら市、

霞ヶ浦問題協議会、霞ヶ浦グランドワーク、国土交通省霞ヶ浦河川事務所、土浦市、

独立行政法人水資源機構利根川下流総合管理所、茨城県霞ケ浦環境科学センター】

美浦村、霞ヶ浦漁業協同組合美浦村安中支部、国土交通省霞ヶ浦導水工事事務所、

高橋商事()

 

主催

 

NPO法人水辺基盤協会

(国土交通省関東地方整備局指定河川協力団体第6号認定)

 

ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 

NPO法人 水辺基盤協会 代表理事 吉田幸二