3-12-2









2017年3月12日(日)穏やかな晴天 気温5℃
千葉県香取市の与田浦運動広場に、総勢75名の
心熱きバスアングラーが集結しました!
地元のバスボート駐艇場「与田浦フィッシャーマンズパーク」さんからは、
22名のご参加を頂き、不法投棄ゴミが異常に多い与田浦を、
皆さんと一緒に清掃しました。

開会式の前に、6年前の3月11日に東日本大震災で犠牲になられた
多くの方々のご冥福をお祈りして、皆さんと一緒に黙祷を捧げさせて
頂きました。

3-12-16
















開会式では、いつもお世話になっているスポンサー様、
地元の駐艇場さんに、ご挨拶を頂きました。

3-12-20














3-12-21















いよいよゴミ拾いスタートです。

3-12-17














3-12-18














3-12-11














3-12-19














IMG_0524















9時半から11時半の2時間の清掃で集まったゴミの量は、
香取市役所さんからお預かりした40Lゴミ袋200枚が
あっという間に無くなり、もっと沢山ゴミ袋があればあるほど、
限りなく拾える状況でした。
その他冷蔵庫、テレビ等の家電品を始め、農業用の資材や古タイア、
壊れた草刈り機、電動剪定バサミまで、とにかく水辺をゴミ捨て場としか
思っていない、昔からの風習?習慣が根強く残っていると思えました。
中には心無いバサーが捨てたワームの袋やルアーのパッケージ、ラインも
まだまだあります。
さすがに買ったばかりのロッドのケースやリールの箱は見なくなりましたが・・。
空き缶、ペットボトルは、他の釣り人も捨てているのでしょう。
でも、この活動を始めた6年前よりは、確実に減ってきています。
ゴミが落ちていなければ、捨てるのも気が引けるはずです。
イタチごっこでも、無駄な努力でも、バスアングラーが水辺を
綺麗にしようとしている姿を、心無い方々に見せていければ、
それだけでも効果があると思いたいです。

バスフィッシングシーズン開幕前に水辺を少しでも綺麗にして、
「いつも楽しませてもらっている水辺に、ほんの少しの恩返しを!」
今年も、これからも、霞ヶ浦水系水郷エリアでバスフィッシングを
思う存分楽しめるように、皆様のご協力を仰ぎながら
継続していきたいと思っております。

釣りに行きたいところを我慢して、ゴミ拾いにご参加頂いた皆様、
本当にありがとうございました。
与田浦に釣りに来ていて、ドタ参をしてくれた若者達もいました。
バス釣りを取り巻く環境に危機感を感じてくれる方が少しでも
増えることを祈ります。

ゴミ拾い終了後は、恒例の与田浦釣り大会を開催しました。
早速ゴミ拾いのご利益を頂いた方は、会場入り口の目の前で
47cmのプリバスをゲットしました!
このバスが今年の初バスだったそうです。
おめでとうございました!
その他2名がご利益に預かっていました!!

3-12-3















回収したゴミ概要

可燃物 40Lゴミ袋 120枚
不燃物 40Lゴミ袋  80枚
冷蔵庫2台、テレビ2台、古タイア12本、草刈り機2台
電動剪定バサミ1台 ゴム製キャタピラー2本
農業用資材 多数 金属製品、PPパイプ 他

ご協賛スポンサー(順不同、敬称略)
(株)スミス
(有)エバーグリーン・インターナショナル
(株)カツイチ
(有)OSP
(株)サンライン
   カハラジャパン(株)
   プロショップK'S(株)
(株)デプス
   ノリーズ
   メガネのスエナガ
   霞デザイン
   モズ
   プロズファクトリー
   ルアーマガジン
   霞探R

個人協賛(順不同、敬称略)
鈴木康太郎
伊能 正勝
浜口 幸一
宮前 淳一
伊藤 巧

ご協力
ルートフィッシング
与田浦フィッシャーマンズパーク
太田食堂「閘門亭」

ご後援
香取市役所 環境安全課 
      教育委員会 生涯学習課 スポーツ振興班

主催 NPO法人水辺基盤協会 
開催幹事 LBS 須田 昭博