■日時:2017年5月14日(日) 9時~13時30分
■場所:茨城県美浦村大山 旧海軍鹿島航空隊跡地
■清掃場所:霞ヶ浦全域
■参加者数:301名
 (大人266名、中高生7名、小学生19名、幼児9名)
■回収処理したゴミの量:1150kg



第42回霞ヶ浦クリーン大作戦「53Pick Up!・春の陣」

IMG_7975

 1995年にスタートした釣り人による霞ヶ浦湖岸清掃に端を発する「53Pick UP!」も20年以上に渡る歴史あるイベントに成長しました。そして今回、42回目を迎える霞ヶ浦クリーン大作戦「53Pick Up! 春の陣」は、2017年5月14日(日)、美浦村大山の旧海軍鹿島航空隊跡地(以下、旧海軍跡地)を会場に開催されました。
 開催当日は、雨に見舞われることはなかったものの朝から北風が吹き雲に覆われたどんよりとした空模様でした。そんな天気の中、午前9時の受付開始時から長い車列ができるほど多くの方が参加して下さいました。もう春の陣ではお馴染みとなりましたドライブスルー方式の受付で参加証やゴミ袋を受け取った参加者の皆様は、曇天を切り裂くようにさっそうと車を走らせていきました。

IMG_7766IMG_7762










 ここで「53Pick Up!」の仕組みをご説明しましょう。参加者の皆様には受付で参加費をお支払い頂いています。ゴミ拾いをするのに参加費!?とお思いになる方もいらっしゃるでしょう。実は、この参加費はゴミ処理費用と参加者の傷害保険料に充当しています。参加者の皆様には、水辺をきれいにするには労力だけでなくお金もかかるということを理解してもらったうえで参加して頂いているのです。
 今回の春の陣は「霞ヶ浦クリーン大作戦」の名のとおり、前回の秋の陣を大きく上回る301名(大人266名、中高生7名、小学生19名、幼児9名)もの参加者による大作戦となりました。回を追うごとに参加者が増えているのは、「霞ヶ浦をきれいにしたい!」という思いがまだまだ広がっていることに他なりません。喜びを感じると共に、官・民を問わず多くの皆様より53 Pick Up!の趣旨に対しご賛同とご協賛を頂き、たくさんのご支援のもと私たちの活動が成り立っていることを実感いたしました。改めて皆様に御礼申し上げます。
 多くの皆様のご協力への感謝の気持ちとは裏腹に、これほど大規模な清掃活動が必要なほど水辺にゴミがあるという現実は残念で仕方ありません。今回と同じエリアで開催された1年前の第40回春の陣で900 kgのゴミが回収されたにもかかわらず、今回も1150 kgものゴミが回収されました。霞ヶ浦に捨てられたゴミの多さと、わずか1~2時間程度の清掃活動でこれだけのゴミを回収してくださった参加者の皆様の力にはただただ驚くばかりです。拾うことも大切ですが、“ゴミを捨てない!”ことの大切さを参加者の皆様を通してより多くの人に広がっていくことを切に願います。

P1011680P1011701










 さて、受付を済ませた皆様はトレジャー(ゴミ)マップを片手に湖岸に向かったわけですが、ゴミ拾いという普段と違った意識で水辺を見てみるといつもとは別の景色が広がっていたのではないでしょうか。ペットボトルや弁当などの生活ゴミもさることながら、タイヤや家電など「こんなものまで!?」といったゴミも数多く捨ててあります。何か感じるものがある中で、一心不乱にゴミを拾っていました。一通り拾い終えたら各自会場までゴミを持ち帰り、処理業者のコンテナに持ち込みます。先に述べたとおり今回もコンテナがいっぱいになるほどの、1150 kgものゴミが回収されました。
 ゴミ拾いからの帰着後は、お待ちかねのイベントの開催です。ゴミ拾いというボランティア活動だけでなく、家族みんなで楽しもうというのが「53 Pick Up!」のコンセプトでもあります。イベントに先立ち、霞ヶ浦河川事務所副所長 飯島正典様、霞ヶ浦導水工事事務所副所長 小池聖彦様、霞ヶ浦環境科学センター 前川泰規様、美浦村議会議員 いいだ洋司様、美浦村経済建設部部長 北出洋司様にご挨拶を頂きました。こうして行政機関と連携して清掃活動を行えるのは皆様のご支援とご理解があればこそです。今後とも宜しくお願い申し上げます。
 最初のイベントはおなじみ霞ヶ浦博士による「霞ヶ浦○×クイズ」です。霞ヶ浦に生息する魚は何種類?という難問から霞ヶ浦導水事業によって霞ヶ浦の水はどうなるか?といったタイムリーな話題も出題されました。みなさん何問正解しましたか?外れてしまった方から軽食とお茶を受け取り昼食タイムです。続いてのイベントは「イケ麺スタンプラリー」。会場内に設置された3つのスタンプを集めると「イケ麺」がもらえます。最後のスタンプを見つけるのに苦労されていたようですね。今回は協賛いただいた環境に優しい「むう」という洗剤もプレゼントしました。ぜひ使ってみてください。

IMG_8156P1011746










 霞探Rフリマ部のフリーマーケットは相変わらずの盛況振りでした。釣具だけでなく、生活用品や手作りのアクセサリーなどがあり思わぬ掘り出し物に出会えるかも。そして、今回も売り上げ全額をNPO法人水辺基盤協会にご寄付頂きました。誠にありがとうございました。
 さらに、去年の春の陣に引き続きプロミュージシャンでり53実行委員でもある渡辺学氏によるミニライブが開催されました。曇り空を忘れさせる爽やかな歌声に皆さん聞き入っていました。

IMG_8237IMG_8198









 最後はお楽しみ抽選会!アウトドア用品、食材、釣具といった豪華景品が当たるチャンスとあって、みなさん参加証の番号をドキドキしながら見つめていました。当たったときの喜びようは大人も子供も変わらないですね。

IMG_8208IMG_8206









 こうして、第42回霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up! 春の陣」は無事閉幕しました。皆さん楽しんで頂けたでしょうか。ご参加くださいました皆様、ご協力頂きました皆様に、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

P1011728

 私たち53実行委員会では「楽しみながらゴミ拾いを!」という思いを持って、日々企画・運営に携わっております。このイベントを通じて私たちの活動に興味を持っていただき、ご参加頂きました皆様からこの思いが少しでも広がっていけば幸いです。
 まだまだゴミは無くならず、綺麗な水辺環境にするための道のりは長いかもしれません。ですが、今後とも地域の皆様や地方公共団体や民間企業と手を取り合い、必ずや泳げるほど綺麗だったかつての霞ヶ浦を取り戻せると信じています。改めまして、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
 さて、次回の「53Pick Up! 秋の陣」は、11月12日(日)です。また皆さんと楽しいゴミ拾いができることを楽しみにしています。どうもありがとうございました。


報告書文責・霞ヶ浦53実行委員 望月崇光


第42回 霞ヶ浦クリーン大作戦「53Pick Up!・春の陣」
ご協力者一覧

(敬称略・順不同)

現金協賛

    (株)釣りビジョン、(有)ワールドバスソサエティー、メガネのスエナガ、アカサカ釣具株式会社、
    一竿堂、霞探R、霞デザインオフィス合同会社、
(有)SUBSCRIBE、セルフィッシュ、
    高橋建設株式会社、(株)ティムコ、
ビジネスホテルトキワ、ハーツマリン、ぶさお寄金、
    (株)ブライトリバー、
松屋ボート、マルトボート貸船店、(株)モーリス、(株)ワールドスポーツ、
    (有)フックシステム、(株)町田工業、佐野良市、(株)幻冬舎コミックス、うらしま堂渡辺釣具店、
    (公財)日本釣振興会茨城県支部、Whiskers、
アズマバスボートクラブ、(株)内外出版社、
    (株)三和電機、二ツ島観光ホテル、
ものづくりの店しお風、(株)フロンティア、(株)潮来マリーナ


商品協賛

    アカシブランド、アルバン(株)、アングラーズプラザ岸波郡山インター店、ルアーショップアンドウ、
    異彩中国彩館 湖宮、 (株)イマカツ、
農事組合法人伊佐部マッシュルーム組合、WooDream、
    江戸物、(有)O.S.P、
(株)エバーグリーンインターナショナル、エム・エス・シー・ビジネス、
    (有)エルビィエヌBRUSH琵琶湖情報、オジーズ、(株)カツイチ、カハラジャパン(株)、
    グランパスヨット、グローブライド(株)、(株)ケイテック、(株)サンライン、(株)ゲインコーポレーション、
    ゲーリーインターナショナル(株)、(株)ジャッカル、
(株)上州屋、(株)スポーツライフプラネッツ、
    (株)スミス、(株)つり人社、テイルウォーク、(株)デプス、(株)デュエル、(株)天竜、ノリーズ、
    プロズファクトリー、(株)ボナンザ、美浦村、メガバス(株)、(株)ラッキークラフト


後援

    霞ヶ浦水辺ふれあい事業実行委員会【(一社)霞ヶ浦市民協会、(一社)土浦青年会議所、
    (有)ワールドバスソサエティー、土浦くらしの会、NPO法人水辺基盤協会、
霞ヶ浦問題協議会、
    霞ヶ浦グランドワーク、国土交通省霞ヶ浦河川事務所、
独立行政法人水資源機構利根川下流
    総合管理所、
独立行政法人水資源機構利根川下流総合管理所、土浦市、かすみがうら市、
    茨城県霞ヶ浦環境科学センター】、国土交通省霞ヶ浦導水工事事務所、美浦村、高橋商事株式会社


賛助

(一社)関東地域づくり協会


主催

NPO法人水辺基盤協会
(国土交通省関東地方整備局指定河川協力団体第6号認定)


ご協力頂きました皆様、誠にありがとうございました。

NPO法人 水辺基盤協会 代表理事 吉田幸二



NPO法人 水辺基盤協会 霞ヶ浦53実行委員

IMG_8229

実行委員長: 布川昭男
副実行委員長: 渡辺学 武江健二
事務局: 吉田圭子 斉藤夕夏
各ブース担当者:石川智規 斉藤憲治 下妻勇一 丹竜治
石井賢二  金子勝 中村昌広 西嶋武寛 木本慎也 望月崇光

Special Thanks
(有)ワールドバスソサエティー
霞探R有志
石川千雅子、石川さくら




NPO水辺基盤協会HP

http://www.npo-mizube.org/

 

NPO水辺基盤協会Facebook

https://www.facebook.com/npomizubekiban/