May 07, 2005

感想:『ナルニア国物語』実写映像放送

5月6日(金)フジテレビ系列で
午前6時47分から約4分、および、午前7時37分から約1分半
『ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女』の映像が世界初公開された。
…ということで、ビデオに録画して観た。

個人的には、映像がきれい過ぎなのが気になった。
CGを使わないと想像上のナルニア人を表現できないだろうが、
それにしても…という気もした。
今回の映像は戦いの部分が強調されていたので、
エンターティンメントとしてはいいのかもしれない。
だが、キリスト教色が強いこのシリーズは
どのように表現されるのだろうか。

また、Pevensie家の子どもたちも
私の中でのイメージと合う子と合わない子がいた。
Susanが可愛かったなあ。弓を引くシーンも凛々しかった。
逆に、要となるLucyがイメージと合わなかったのは
軽いショックだった。まあ、完成した作品を観るまでは
お楽しみにしてこう。

映像もそうだが、銀座の本屋さんの児童書のコーナーである
ナルニア国が映っていたのも驚いた。

アメリカでは今年12月9日公開、
日本では2006年3月に公開が予定されている。
5月8日(日)正午からはYahoo!MOVIEで予告編も公開される。

映画公開に賛否両論色々あると思う。
私にも、原作を知っているがために楽しめない実写作品は
いくつかあるので、期待と同時に不安も大きい。
今まで「卒業論文で『ナルニア国物語』を扱った」と言っても
分かってもらえる人が少なかった。
映画が公開されたら、C. S. ルイスを知ってもらえるかな、
原作を読んでくれる人も増えるかな、という点で期待している。

少しでも多くの人がこの素晴らしい世界に触れられますように…。

*追記
トラックバック・ピープルに『ナルニア国物語』の話題を設置しました。
よかったらご活用下さいませ。

tbp_narnia


mizuha_yom at 01:19│Comments(22)TrackBack(16)Narnia 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ディズニー新作「ナルニア国物語」極秘映像フジが入手  [ カルシィ村へようこそ!-Neverwinter Nights ]   May 07, 2005 07:26
 「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り 「ロード・オブ・ザ・リング」「ハリー・ポッター」に続いて、今度は「ナルニア国物語」の映像が見れますよ! ディズニー新作「ナルニア国物語」極秘映像フジが入手  “世界3大ファンタジー小説”の中で、映画
2. 「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」世界初映像OA!  [ 七月のうさぎ ]   May 07, 2005 09:10
作家C.S.ルイスの傑作をディズニーが映画化する「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」 。 ついに、「世界初、独占初出しオンエア!」の第一報が今朝の新聞で報じられました。 全世界に先駆けて放映されるのは、なんと! 5月6日(金) 「めざましテレビ」(フジTV系
3. ナルニアシリーズ映画化!!  [ family farm ]   May 07, 2005 10:29
yahooのトップページをのぞいていたら、なんと・・・。 ナルニア国シリーズの映
4. 「ライオンと魔女」映像  [ 寄り道しながら前へ ]   May 07, 2005 13:15
フジテレビ、今朝の〈めざましテレビ〉で「ライオンと魔女」の紹介をしていました。   世界初 諸外国では日曜に放送するのにめざましでは金曜に放送したので世界初なのだそう。 見ましたよーォ。 なかなかの映像だと思いました。 映像化不可能といわれていた・・・・どこ
5. 『ライオンと魔女』 ナルニアがディズニー映画に?  [ 手当たり次第の本棚 ]   May 07, 2005 14:48
これを読んだ後、クローゼットの扉を開くたびに、ドキドキした人、手をあげて! 毛皮の外套を入れてある古い衣装箪笥の中から、別の国に行ってしまうっていうシチュエーションが、なんだか新鮮だよね。 大人になってから再読しても、そう思う。 ファンが多い〈ナル
6. ディズニーがメディアを総動員してPRする次の物語  [ 出たとこ勝@負ログ ]   May 07, 2005 15:09
それは、一生に一度だけ出逢える 「本物」のファンタジー。 その国は、”衣装だんす...
7. ナルニア国ものがたり-映画化- /C.S.ルイス[C.S. Lewis]  [ へなちょこ出張所? ]   May 07, 2005 16:28
C.S.ルイスの「ナルニア国ものがたり」が映画化ということで このところ本屋で平積みにされているのをよく見かけます。 子供の頃に読んだわくわく感、大人になった今読み返してみるのもいいかも。 映画化で指輪物語とかハリーポッターとかかなり売れたし これはどうなる
8. ナルニア国ものがたり ライオンと魔女  [ Berry Berry ]   May 07, 2005 16:41
 私の生まれて初めてはまったシリーズ物の物語小学校の3年生くらいだったと思うんですが、ライオンと魔女を初めて読んですっかりナルニア世界にはまってしまいました。私がファンタジーを好きになったきっかけの本ですその「ナルニア国ものがたり」ライオンと魔女がディ...
9. ナルニア国ものがたり  [ おたすけシュー ]   May 07, 2005 16:52
来春公開ということで、原作を読んでみました。 子供向けファンタジーなので‥と 今まで敬遠していたのですが、 やっぱり面白いんですよね! もっと早く読めばよかったなぁ。 小学4・5年以上なので もちろん読みやすく、 7巻まで一気に読んでしまいました。 実
10. タムナスの誤解  [ まあぼの交差点 ]   May 07, 2005 20:30
「ライオンと魔女」の中で,知っていて損はしない英語を紹介しています。 前回は「FaunとDaughterofEve」街灯(lamp-post)の下でルーシィ(Lucy)と出会ったタムナス(MrTumnus)だが,今いる場所がナルニア(Narnia)であると説明したあと,「東の荒野からきたのか?」...
11. ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり (1)  [ I LOVE CINEMA + ]   May 07, 2005 20:54
ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1) ナルニア国物語(1)ライオンと魔女 C.S.ルイス, 瀬田 貞二 『ナルニア国物語 ライオンと魔女』の映画化作品が2006年3月に日本で上映されますね。どのような映画になるのか楽しみです。昨年12月に記事を書いて以降『ラ
12. 日本ファンタジー界の金字塔  [ No Images,No Life ]   May 08, 2005 07:39
子供の頃読んだファンタジー小説といことで「ナルニア国物語」の事書いたけど、2005年4月、ついに栗本薫の「グイン・サーガ」がご本人の予告どおり100巻を達成した。1979年に第1巻が出版され以来、26年の年月を経て100巻目という個人が書いたシリーズとしては「世界最長の小
13. ナルニア国物語  [ No Images,No Life ]   May 08, 2005 07:40
今朝のめざましテレビで、2006年3月公開の「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」の予告編映像を全世界にさきがけて放送していた。ディズニーも何を考えてCXなのかは解らないが、とりあえずティーザー的な映像は観る事ができた。(Yahoo!JAPANでも8日から独占映像配信開始
14. ナルニア国ものがたり  [ 喜八ログ ]   May 08, 2005 10:02
「ナルニア国ものがたり(原題:The Chronicles of Narnia)」は英国の神学者C・S・ルイス(Clive Staples Lewis、1898-1963)によって書かれたファンタジー...
15. またナルニアの話  [ サクマノドロップス ]   May 08, 2005 15:05
昨日 「ナルニア国物語」が映画化されるらしい…… という内容を書きましたが、色々 新しいことを知ったので書きます。 参考:http://blog.livedoor.jp/mizuha_yom/ まず、一昨日あたりにフジテレビ系列で映像が公開されたらしいです。 もちろん見逃しました。惜しいこ
16. 「ナルニア国物語/ライオンと魔女」  [ think aloud::blog ]   May 10, 2005 00:24
「ロード・オブ・ザ・リング」三部作も完全に完結してしまい(PJが蔵出し映像を持ち出さない限り)、これから先、何を楽しみに生きてゆけば良いのか!と嘆き悲しむ今日この頃。大袈裟ですか。そうですか。 LOTRが終盤を向かえる頃だったろうか、「ナルニア国物語」の映画化を

この記事へのコメント

1. Posted by 小夏   May 07, 2005 09:15
初めまして。TBありがとうございます。
「ナルニア国」は子供の頃の愛読書でしたから映画化はやはり嬉しかったです。
ちなみに、私の三大ファンタジーは、「ナルニア国ものがたり」「指輪物語」「ゲド戦記」です。好きな作品は他にもたくさんありますが、この3つは私の中でほぼ固定されちゃってますw
「ナルニア」は映画シリーズ化も決まっているそうですから楽しみですね。
2. Posted by みずは   May 07, 2005 12:15
>小夏さん
こちらこそ、コメント&TBをありがとうございます。
小夏さんが仰る三大ファンタジーの方が私もしっくりきます。
まずは、来年3月の映画公開を待ちたいと思います。
3. Posted by azami   May 07, 2005 13:14
ビデオに撮られたそうですね。
気がつくのが遅れ、見たのがやっとでした。
それでも明日からは映像が流れそうですね。
また見よう。
三大ファンタジーはその通りだと私も思います。
4. Posted by みずは   May 07, 2005 13:59
>azamiさん
コメント&TBをありがとうございました。
平日のこの時間は、慌しいし見逃すかもと思ったので、
あらかじめビデオに撮っておきました。
得た情報と時間が違っていたので、撮っていて正解でした…。
明日からの映像配信も楽しみですね。
5. Posted by とら   May 07, 2005 14:47
映画化。
別のメディアになる、ということは、どうやっても、「原作通り」にはいかないものだと思っています。
これは、別のクリエイターというフィルタがかかるという事もあるので、回避できませんよね。
でも、今回の映画化で、ナルニアのファンが増えたり、子供が本を手に取るチャンスが増えるんじゃないかという点には、とっても期待しています。
6. Posted by みずは   May 07, 2005 15:06
>とらさん
TB&コメントをありがとうございました。
そうそう、読者がそれぞれに持つイメージと同じになるわけはないので
原作通りにはいきませんよね。時間など制約も色々あるでしょうし…。
ただ、ファンが増えるであろうことは期待しています。
やっぱり本好きとしては、原作を手にとって
原作の世界観を感じてほしいです。
7. Posted by 山口博行   May 07, 2005 15:08
原作を読んでその中で作られたイマジネーションと
実写とのギャップが少なければ嬉しくなります。
でも、その反対だと...
いづれにしても映画を見てからですね!
TB有難うございました。
8. Posted by Berrymayu   May 07, 2005 16:41
こんにちは!
トラックバックありがとうございました。
ナルニア国ものがたりは子供の頃から大好きで、
何回も読みました。
大好きな作品だけに、映画化は嬉しいことでもあり、不安なことでもあります。
映画化によって、ハリーポッターや指輪物語のように、原作も新しくナルニアの世界に触れる人に広く読んでいただけたらと思います。
9. Posted by donmabo   May 07, 2005 16:47
コメントとトラックバックによる情報をありがとうございました。「英語紹介」はしばらく続けていくつもりなので,リングのおとなりともども,またゆっくりよらせていただきます。
10. Posted by akemi   May 07, 2005 17:08
こんにちは。
はじめまして。
TB、ありがとうございました。
私もTBさせていただきましたv

私も「めざましテレビ」で「ナルニア」の映像を少し観ました。
が、バタバタしていたので子役達のキャラは、
ちゃんとチェックできませんでした。

原作を先に読んでしまうと、
自分のイメージができてしまいますものね。
あまり違うと感情移入ができなくなって
困ってしまいますが。

でも来年公開が楽しみです!
11. Posted by msasaki   May 07, 2005 18:07
はじめまして。TBありがとうございます。
本そのものは大部前に読んだきりです。公式サイトでメイキングの映像を少し見たことがありますが、雰囲気は本で読んだ印象とちょっと違う感じでした。でも、映画は映画ですから、それなりに楽しめると思います。キリスト教的な世界観がどう表現されるのかも見所?かな。
12. Posted by tamasan   May 07, 2005 20:47
TBありがとうです。
正直不安な気持ちもありますが、でも大いに期待して公開を待ちます。
明日Yahooで映像公開ですね!チェックしようか迷ってます・・・。
13. Posted by Sophie francis   May 07, 2005 21:27
TBサンクスです。
やっぱり話題なんですねぇ。
僕は基本的に、本(原作)と映像とは切り離して考える性質なので、ほとんど気にしないんですけどね。
あんまり酷いのは困るけど。
14. Posted by Alice   May 07, 2005 22:31
トラックバックありがとうございました。
「ナルニア国物語」の題名だけは随分前から知っていましたが、まだ読んでいないんですよ。(^^)
卒論にこの作品を選ばれるなんて、お目が高い!
でも、難しくないですか?
映画になると認知度は上がりますよね。できはともかく。(いいできなら、さらにいいんですけど。)
そして、気になるのが、日本公開時の字幕ですね。
また喧々諤々になるのでしょうか。気になります。
15. Posted by narnia   May 08, 2005 00:14
TBありがとうございました。
卒論でナルニアをテーマにされたとは脱帽です。

私はパソコン通信時代から「narnia」というハンドルネームを使っているのですが、その手の会議室以外では意味も読み方も不明で、必ず由来を質問されました。

それがまぁどうでしょう。
いつの間にか世界3大ファンタジーということで「ナルニア国ものがたり」の認知度もうなぎのぼり。
隔世の感がありますね。
16. Posted by Chie   May 08, 2005 00:25
TBありがとうございます。
「めざまし」放送日の前日、新聞見開き1Pでデカデカと「ナルニア国ものがたり」の宣伝がありましたよ。
すでに宣伝にも力入ってますね〜。
「LOTR」は、映画を見てから原作を読んだのですが、今回は、自分の頭の中で既に「ナルニア国」が出来ちゃってます。
でも、きっと私の中のナルニア国より、映画のナルニア国の方がステキでしょう。
なので、かなり映画化には期待してます!
Yahoo!で予告編絶対チェックしちゃいます〜。
17. Posted by みずは   May 08, 2005 01:00
皆さん、沢山のコメント&TBをありがとうございました。
まとめてのレスで失礼致します。
そんなことをするからか、一度書いたのに、全部消えちゃった〜(;;)

>山口博行さん
ギャップ…少ないといいのですが…。
はい、映画を観てからでないと、判断は出来ませんものね。

>Berrymayuさん
大好きな作品ほど、期待と不安は大きく膨らみますよね。
原作を愛してくれる人が増えることを私も期待します。

>donmaboさん
「英語紹介」は今後も楽しみに拝読します!!
Mr Tumnusの誤解は『不思議の国のアリス』を思い出しました。
この辺りは原語で読む面白さですよね(^^)
18. Posted by みずは   May 08, 2005 01:01
>akemiさん
朝のあの時間は慌しいですよね^^;;; 私もビデオでなければチェックできませんでした。
読まれていない方には、“読むべきか、読まざるべきか、それが問題”ですよね。
私は必要もあってかなり読み込んで、思い入れの深い作品となっているので、
読む・読まないの問題はないですが、もし知らなかったとしても、
ネタバレOK人間なので、読んでしまうと思います(笑)。

>tamasanさん
愛着がある作品だと、不安も期待も大きいですよね。
でも、私は予告編、観ると思います。やっぱり気になっちゃうので…(笑)。

>Sophie francisさん
映像と原作を切り離して考えた方が、観るのが精神的にはいいでしょうね。
違っていて当たり前と思いつつも、原作の挿絵の雰囲気が出ていてくれたら、と
やっぱりどこかで思っているような気がします。
ま、何にしても実際に目にしなければ、何とも判断できませんね。
19. Posted by みずは   May 08, 2005 01:01
>Aliceさん
卒論に選んだのは、やっぱり好きだったからです。
でも、資料集めには苦労しました。
当時は映画化されていなかったにも関わらず、『指輪物語』の方が資料が多くて、
「なんで『ナルニア』はあまりないの〜?」と思っていましたから…。
日本語字幕は、岩波のを踏襲するみたいですが、
それも喧々諤々かもしれませんね。

>narniaさん
今まで『ナルニア〜』の認知度は本当に低かったですよね。
来年の3月にはどうなっていることやら、って感じです。
ちなみに、ついた卒論指導の先生が過去にも『ナルニア〜』を指導されていたので、
やりやすかったですよ。
20. Posted by みずは   May 08, 2005 01:02
>Chieさん
「LOTR」は、『ナルニア〜』に嵌る前に読んだのですが、
あの長々とした説明がダメで…(笑)。
それがトラウマになって、映画も1作も観ていません。
(今夜放送されていたようですね)
『ホビットの冒険』も下巻の途中で挫折しているので、
きっとトールキンの世界観がダメなんだろうと思っていたのですが、
映画化されるにあたって、訳も改定されたようですね。
さて、『ナルニア〜』はどうなるでしょうか?
21. Posted by だて   May 08, 2005 06:35
はじめまして、TBサンクスです!

卒論で、『ナルニア国物語』を扱ったっていいですねぇ。。
僕は、原作まだよんでないので、是非よんでみます。
22. Posted by みずは   May 08, 2005 22:54
>だてさん
こちらこそありがとうございます。
是非是非、原作の素敵な世界にもどっぷり浸ってくださいね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔