2016年06月14日

世界的デビューを果たした私!−Tokyo’s Sunday language circle building bridges between China and Japan | South China Morning Post


再追記:左端のオッサン誰だろうと思ったら、私でした。

追記:Japan Times にも!→the Japan Times News

Tokyo’s Sunday language circle building bridges between China and Japan | South China Morning Post

漢語角で共同通信社にインタビューされました。

先日、NHKも取材に来て、7月11日にBSで放映されるそうです。

Yoshikazu Ishino, xx, a teacher at Xxxxx, a Japanese language school, took seven foreign students – six from China and one from Bangladesh – to the chat session.
石野良和(xx)、Xxxxx日本語学校の日本語教師は、7名の外国人学生--うち6名は中国から、もう一人はバングラディッシュから来た学生--をつれて、この会話サークルに参加していた。

“Our students usually study Japanese at classes and libraries. It would be a shame to send students who can’t speak to or listen to Japanese people to universities and into society,” he said.
「私の学生たちは、(日本に来ても)教室と図書館(だけで)日本語を勉強している。(せっかく日本に来ているのに、日本人と会話することなく、それで)「聴く・話す」の技能が身についていない学生達を、大学や世間に送り出してはいけないと思って(参加させて)います」と彼は言う。

One of his students, Hu Ziyun, 22, who comes from Guangzhou, southern China, said joining the chat session provided him with more opportunities to communicate with Japanese people to find out about what they are thinking.
彼の学生の一人、中国南部、Xxx から来た、Xx Xxxx(22)は、この会話サークルに参加して日本人たちとコミュニケーションを取ることで、日本人が何を考えているかを知る機会が増える、と言う。

These days, the Chinese chat has gone beyond its original role as a language circle. It has become an important platform for building bridges between Japanese and Chinese.
最近、この「漢語角」は、もともとの、言語サークルという性格を越えている。もはや、日本と中国をつなぐ、重要な架け橋になっている。

“Most Japanese citizens are friendly, they oppose war,” Hu said, adding that this impression differed from what he sometimes saw on Chinese television.
「ほとんどの日本人は(中国人に対して)友好的で戦争に反対している」と Xx は言い、これは、中国のテレビで時折見た、(日本の好戦的な)印象とはだいぶ異なっている、と言う。

mizuho1582 at 02:48│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔