2020年11月

2020年11月27日

健康で安全な生活に向けてについて

みなさん、こんにちは!!

医療法人瑞穂会 リハビリテーション部 公式ブログへようこそ!!

今回のテーマは、「健康で安全な生活に向けて」です。

自動車運転は、

●移動手段

●役割(送迎)

●生きがい

と多彩な目的を含みます。できるなら、続けたいことであると思いますし、応援したいです。

スライド6

また、歩行者としての安全についても重要だと思います。運転者・歩行者双方が必要な対策を講じることで安全な地域づくりにつながると感じています。

身体機能については、基本的に生活に必要な柔軟性・筋力・バランス・体力を保つことが重要です。
スライド15
スライド16

しつこいですか?()、そのくらい重要なことですのでご了承ください。

スライド31

できることは、しっかり、冷静な対処で頑張りましょう!!

 

「いつまでも、いつまでも、その人らしくあるために」




にほんブログ村 企業ブログ 医療・福祉業へ
にほんブログ村


mizuhokai_medcorp at 09:42|PermalinkComments(0)健康 | 医学・薬学

2020年11月24日

危険予知トレーニングについて

みなさん、こんにちは!!

医療法人瑞穂会 リハビリテーション部 公式ブログへようこそ!!

今回のテーマは、「危険予知トレーニング」です。

事故を未然に防いだり、重大事故を回避するためには

●異変に気がつく

●得られている状況から予測する

ことが重要です。そういった判断スピードも、判断した後の運動反応スピードも落ちやすいですので、事前の想定やシュミレーションは重要なんです。

 今回は、内閣府が出している冊子を参考に危険予知トレーニングを行っています。

スライド23

なーんか、あやしいところがたくさんありますね・・・・

運転中を想定すれば、1秒くらいでは行動反応を出さなければなりませんのが、

練習なので、制限時間10秒!!

解答です。

スライド24

バスの後ろの男性に気がつきましたか??死角から人が出てくる場合はこちらが予想しない限り反応は遅れますよね。

続いては、
スライド25

制限時間は5

解答です。

スライド26

一時停止では、停止線で止まり、そこから徐行して安全確認です!停止線を越えて止まる人が多く、事故の原因となる場合が多いそうです。

 

 最後の問題は

スライド27

制限時間は3秒です。

解答は

スライド28

死角から出てくるバイク、自転車、歩行者、、、交差点には危険がいっぱいです。

 交差点では、いつでも止まれる状態でいるのが大切ですね。

 いかがでしたでしょうか。「危険予知トレーニング」は価値あるトレーニングですよね!

 

次回は「健康で安全な生活に向けて」について、お話させていただきます。

 

「いつまでも、いつまでも、その人らしくあるために」


にほんブログ村 企業ブログ 医療・福祉業へ
にほんブログ村



mizuhokai_medcorp at 09:28|PermalinkComments(0)健康 | 医学・薬学

2020年11月20日

運転に対する意識の大切さについて

みなさん、こんにちは!!

医療法人瑞穂会 リハビリテーション部 公式ブログへようこそ!!

今回のテーマは、「運転に対する意識の大切さ」です。

スライド29


身体機能が落ちていることを自覚している人と、自覚していない人を比べた結果です。
    自覚がある人:自分が衰えているから、「気をつけて」運転している傾向が多い
    自覚がない人:若い時と同じ感覚で「気にしないで」運転している傾向が多い

運転シュミレーターで確認すると、自覚のない人の方が不安定な運転行動をとり、事故リスクが高い傾向があるという結果が出たそうです。

 

これも、どの方にも当てはまる点かもしれませんよね。からだの機能は20代位落ち始めており、経験値などが積み重なって補っています。自動車運転に必要なからだの機能は落ちてきているのだから、経験上「十分に注意して」運転するのが当然ですよね。

 

次回は「危険予知トレーニング」について、お話させていただきます。

 

「いつまでも、いつまでも、その人らしくあるために」




にほんブログ村 企業ブログ 医療・福祉業へ
にほんブログ村


mizuhokai_medcorp at 15:51|PermalinkComments(0)健康 | 医学・薬学

2020年11月17日

自動車運転における体調管理について

みなさん、こんにちは!!

医療法人瑞穂会 リハビリテーション部 公式ブログへようこそ!!

今回のテーマは、「自動車運転における体調管理について」です。
スライド5

テレビのニュースでも報じられたことがありますが、運転中の体調不良により事故を起こしてしまう場合があります。

自動車運転は、緊張状態(注意・集中)にあり、血圧が上昇しやすいとのことです。

よって、身体には十分な余裕が必要なんですよね。普段からボーダーラインにいると運転中には体調を崩す危険にさらされてしまうわけです。

自動車運転という側面からみても、「生活習慣病予防」のための

●適度な栄養摂取

●適度な運動

●生活リズムを整える(適度な睡眠)

が重要なんですね。

 

次回は「運転に対する意識の大切さ」について、お話させていただきます。

 

「いつまでも、いつまでも、その人らしくあるために」


にほんブログ村 企業ブログ 医療・福祉業へ
にほんブログ村




mizuhokai_medcorp at 09:18|PermalinkComments(0)健康 | 医学・薬学

2020年11月13日

運転に必要な身体機能について

みなさん、こんにちは!!

医療法人瑞穂会 リハビリテーション部 公式ブログへようこそ!!


今回のテーマは、「運転に必要な身体機能について」です。

運動に必要な身体機能

〇 運動能力

 自動車運転に支障を及ぼさない状況であることとされています。※特別車など補助手段含む。

 運転もそうですが、下車して車の安全確認・軽整備も含みますよね。

〇 視力

 視力は両目で0.7以上、かつ一眼でそれぞれ0.3以上。一眼が0.3に未満の場合は他眼の視野が150°以上で、視力が0.7以上であること。

 ボーダーラインにいる方は、運転中だけでも眼鏡等を使用し、安全に配慮したいですね。

〇色彩識別感覚

 赤、青、および黄色が識別できること。

 信号者、歩行者、対向車などを確認するための重要ですよね。

〇聴力

 90デシベルの警音期の音が聞こえること(補聴器使用含む)、そうでない場合は運転免許試験場での適正検査で適性を確認されたうえで、ワイドサイドミラーの装着と聴覚障害者の表示が必要です。

 いまでは踏切も少なくなってきていますが、緊急車両や、周囲の音からの情報も安全運転には必要ですよね。
スライド14

自動車の運転には、危険が伴います。

なんとなくの自信は過信にもつながります。高齢者に限らず、すべての運転者が、しっかりと冷静に「運転ができるか?」折を見て確認するといいですよね。


次回は「自動車運転における体調管理」について、お話させていただきます。

 

「いつまでも、いつまでも、その人らしくあるために」




にほんブログ村 企業ブログ 医療・福祉業へ
にほんブログ村


mizuhokai_medcorp at 12:09|PermalinkComments(0)健康 | 医学・薬学