【講演】いきかたを考えるいきかたを考える

2020年12月08日

命に対する向き合い方の変化

みなさん、こんにちは!!

医療法人瑞穂会 リハビリテーション部 公式ブログへようこそ!!

今回のテーマは、「命に対する向き合い方の変化」です。

スライド8

○平均寿命が短かかった時代、「老い」や「死」に対しては拒否的であり、延命が第1選択でした。そして救急医療が大きく発展し、見事に寿命は延びています。

○そして現代、「老い」と「死」と付き合う時代、「自分らしさ」が尊重されるようになっています。

 命は、固定的な概念から、多様なあり方へと変わってきているんですよね。

●行き方:先を見据えた選択

●活き方:誰かのためにという感情と行動

●生き方:自分のことを自立していく

●逝き方:人生の締めくくり

平均寿命が延びた分、新しい人生計画が必要ですね。なんせ、昔なら余生と言われていたころと、現役と言われていた期間が一緒なんですから()

 

次回は、「住民意識の革新「ビックバン」についてお話をしていきます。

 

「いつまでも、いつまでも、その人らしくあるために」


にほんブログ村 企業ブログ 医療・福祉業へ
にほんブログ村


mizuhokai_medcorp at 09:14│Comments(0)健康 | 医学・薬学

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【講演】いきかたを考えるいきかたを考える