津軽三味線うさぎ庵 日本の音色を楽しもう☆

Life is a showtime
津軽三味線 ミズホップ梶尾瑞穂のブログ
宝塚の自宅教室です。神戸、大阪、西宮、三田、伊丹、芦屋

7FC7C224-5D49-49D1-9A1D-E3AEF94A40BE


今年も12月がきましたね。
何かとせわしなく、賑やかな月ですが、
周りに流されずマイペースにいきたいものです。
特に、クリスマス、年末年始、セールなどなど
財布の紐が緩みがち!
今年こそはキュッと締めたいところです。


写真は、子供といつも行く公園の紅葉がきれいでした。
赤に黄色、オレンジに緑。
なかなか上手く写せませんでしたが。

さて、12月の教室です。
お休みされる方は、ご一報お願いいたします。
よろしくお願いします(*´꒳`*)


土曜日クラス
2日、16日

木曜日クラス
7日、21日

月曜日クラス
4日、18日

コープカルチャー西宮
1日、15日

IMG_9576
第5回津軽三味線全国大会inびわ湖
一般女子の部6位入賞頂きました!

課題は山盛りですが、、、
ひとまずヤッター!!嬉しいです(*´꒳`*)ノ
IMG_9570



翔の会は、団体戦課題曲部門2位
団体戦オリジナル部門5位
でした。
IMG_9568




山口先生はじめ、審査員の先生方、スタッフの皆さま暖かい大会をありがとうございました。翔田ひかり師匠、お世話になりました!出場者の皆さまお疲れ様でした!!
IMG_9567

428FC429-6EBE-4100-8CF6-6AAF6F9B086E



こんにちは
銀杏並木が色づいて来ましたね。


イベントのお知らせです(*´꒳`*)


母たち三人の初企画です。
暖かい時間になると思います。
親子はもちろん
大人の方もぜひ、お越しください!



*******

わらべうたに太鼓や三味線の音をのせ
皆さまと一緒に遊ぶ参加型のイベントです。

赤ちゃんから大人の方、おじいさんおばあさんまで
どなたでもお気楽にご参加頂けます。

会場は、ひょうご住宅百選や国登録有形文化材にも
指定されている猪名川町の‘静思館’です。

是非お誘い合わせの上、ご来場下さいませ(^-^)



♪『うたおとあそび』♪

2017年12月10日(日)
1回目 開演13:00
2回目 開演15:00
✴︎開場は開演の30分前から
✴︎1回目2回目ともに同じ内容



出演者
案内人 ぶんちゃん
太鼓 なみどん
三味線 みずほっぷ


入場料
大人 (18歳以上)700円
子供(3歳以上18歳未満)300円



場所
静思館
猪名川町上野字町廻22番地
※お車でお越しの方
駐車場[隣の猪名川町役場]
※公共交通機関をご利用の方
能勢電鉄日生中央駅から阪急バス猪名川町役場前で下車徒歩1分

✴︎定員に限りがありますので、参加ご希望の方はメッセージをお願いします。
どうぞ宜しくお願いいたします(^-^)


775499B6-EBA2-4EB3-8BB0-C8F350D1FEE1

88A4F302-58FD-4244-AE6A-C607C9263323
D073EAC2-4BB5-4F3F-889E-00E452805534

興奮さめやらず、動画をはっつけます。
いやー音楽があってよかった。
音楽を楽しめる平和があってよかった。

no music no lifeからの〜
love&peaceですなーーー。




聞き心地の良いこの曲ですが、演奏がとても難しいらしく。

スウェーデン民謡で難しい3拍子?です。
リハーサルの時はお手上げ状態だった邦楽チームですが
3日後の東京でのライブでは、完全にマスターしてはる!!
すごいすごい!プロすごいっす。



ギターの斉藤さんがこの企画のために 作られた曲。スキー。



小山豊さんアレンジのこきりこ節。
やっぱり神であります!

IMG_8148

【神戸開港150周年記念】
北欧音楽と和楽器のコラボ・公開リハーサル&ワークショップレンタル
JAERV(イェルヴ)× 小湊昭尚、出口煌玲、小山豊、森川浩恵、齋藤純一
12:00~14:00
KIITO302号室(デザインクリエィティブセンター神戸)
_____________


このメンバー、、、
邦楽ファンはヨダレものですよね。
こんな小さな部屋で、音が作られる瞬間に
立ち会うことが出来ました。

↓近すぎて一気に撮影できないほど。
(ちなみに、撮影許可頂いてます)
IMG_8157

IMG_8154


篠笛の出口先生が英語で仕切ります。
譜面は五線譜、簡単な打ち合わせだけで
曲がどんどん膨らんでいきます。

あぁすごいすごいー!
大ファンの小山豊さんに、尺八の小湊さん、ギターの齋藤さん。

IMG_8159

スウェーデンの楽器。ピアノとバイオリンが一つになったらしいです。

IMG_8160

12絃ギター。調弦が普通と違いました。

IMG_8170

Eテレで見て衝撃を受けた
箏の森川浩恵さんには、写真撮って頂きました。
超超かわいかったです♡

イェルヴの皆様は演奏も歌声も、耳心地が良くて
素晴らしかったです。
これを企画して頂いた方に感謝です!

風邪からの副鼻腔炎で病んでましたが
行ってよかった(*´꒳`*)


IMG_8149

kiito初めて来ましたが、神戸らしい古い建物。ステキです。

徳島と大阪から来たファンの方々と、興奮を共感しつつ
三ノ宮まで帰りました。

あー久々で楽しい感覚♡

ここで時間切れ、空腹に気づきパンを食べつつ
幼稚園のお迎えへレッツゴーでした。


IMG_8206

本日は、コープカルチャー西宮
初レッスンでした(*´꒳`*)

生徒さんは若干1名様^^;

細棹三味線経験者の女性
年齢聞いてびっくり!68歳ですと!
「うさぎ庵」最年長です。

気さくで明るくて、良い方との出会いに感謝です。

習いたいと来てくれる方には、私の分かること、
全力でお伝えしたいと思います。コツコツ頑張るゼィ!


今日は幼稚園が午前保育で、
ドッタバタの午前中だったけど
どうにかこなせてホッとしたー。
やれば出来るもんだなぁ。

10年経っても二足のわらじ生活。
でもこれが楽しいんだなぁ〜。


津軽三味線を習い始めた皆が
必ずと言ってよいほどぶつかること。


『音の問題』


そうなんです、、、(ノ_<)
ギターより大きな音なので、
ご近所に聞こえてしまいます。

消音方法などについて記事を書こうと思ったら、
名古屋の津軽三味線教室「倭奏」の松永さんの
すんばらしい記事を発見!!


《津軽三味線の消音について》

ね、ね。
これこれ!これが言いたかったのです(ズルイ(笑))
松永さんの記事はいつもわかりやすくて
素晴らしい!


さて、
私は今はありがたいことに
防音室で練習しています。

実家にいた頃は、防音なしで
夜21時ごろまで弾いていました。
生まれた時から住む山の上の住宅地で
クレームが来たことはなく、
「三味線いいね〜」と言ってくださったのは
3軒隣のおじさまでした。
(そこまで聞こえてたのか!)

前の家の方からは
「瑞穂ちゃんいつもここで詰まるよねぇ」と
言われてました^^;(六段の19のツボの時)


結婚して引っ越した築40年のマンションでは、
基本カラオケやスタジオ、公園で練習。

たまにお昼間、家で弾いてました。
左隣のおばあさまは、
「聴きたいからいつでも弾いてね」と
言って頂き、
右隣は偶然、仕事でご一緒した事のある音響さんで!
私が練習すると、奥様が窓を開けて聞いてくれると
言う、、、愛に溢れた環境でした(*´꒳`*)


とは言え、クレームが来てしまっては
元も子もないので、
三味線を持ってる時にご近所さんにお会いした時は
すかさず
「三味線始めました、お 音が大きくないですか?
ご迷惑をおかけしていたらすいません!
うるさい時などいつでも言ってください」など
声かけをして仲良くしておくと良いかと思います。


11月の教室です。


土曜日クラス
4日、18日

木曜日クラス
9日、30日

月曜日クラス
未定

☆欠席される場合は、ご連絡頂けますと
助かります。



パソコンメール、携帯メール、ラインと
皆さん連絡方法が色々で
連絡漏れしていないか心配です。

いや、私の事務能力の無さが問題なのだけど。
そろそろ対策を考えてなくては〜。



父デザイン、母制作の魚たち。
好きやなー。
7297C404-0DA1-4AD1-8C5D-6E7C835D53F5




今日は子供が早寝して
急ぎの仕事などもないので
三味線以外の話もー(*´꒳`*)

SONGSのオザケンに感動したり
F62EBE15-36F9-42D2-A42D-56A579B1B708


お弁当はぼちぼち作ってますし
3D74F131-47F1-40F6-97B6-178954A94CC9


息子が裸族だったり
6260DE40-3DAC-4E7D-AB13-EB36FBB78193


謎の遊びに付き合ったり10EE4026-C55B-46A1-A994-4C145A505AAB


子供と青空の下昼寝したり
43281543-4FE2-41E5-9C1E-376608AAA8B0


平和に過ごしてます(*´꒳`*)
A8AC71DD-2426-453E-9E4A-A68F209BDB81

1E2E5481-F18A-41B0-B018-32163A3BF2D4


津軽三味線教室最年少の
小学3年生の生徒さんtちゃん。

練習とは別に、お父さんのお誕生日用に
「ハッピーバースデー」も練習中です。
かわいいなー。

このページのトップヘ