水上酒本店 ≪作者の独り言≫ - livedoor Blog(ブログ)

2018年08月21日

白根三山〔後編〕農鳥小屋〜奈良田



【前編】はコチラ






〔6:21〕に広河原を出て

〔13:52〕に農鳥小屋に到着。

途中で合計一時間位休憩をしたのに7:31で着いてしまった。

CTでは9:00なのに、、、ほんとガス山は早いっすな。



撮影に時間をとられ、なかなか前に進めず

小屋着は16時頃かな〜なんて、妄想してたんですけどね。






P8120298




さてさて、受付を済ませて濡れた衣類を乾燥室で、、、、






P8120309


って。。。


あ。


あぁ〜


そ、そうですか。。。




乾燥室はどこですか?なんて聞くだけアホだという事が

部屋に一歩入った瞬間に解りました。。。




荷物は45Lのビニール袋の中に入れ、それからザックにしまい、

勿論ザックカバーもしてたんだけど、、、

何故か着替えの衣類が濡れている。。。




汗と雨でグチャグチャになった服を

一刻も早く着替えたいんだけど、、、







P8120301


と、タイミング良く晴れ間が出てきて、

イイ感じの風も吹いてきたので、急いで濡れたものを

岩場に広げ乾かす。







P8120316


乾くのを待つ間にとりあえず一本。

解るかな〜ビールの右に大きな虹が出ているのを。





今回、衣類が濡れるのは致命的である事を身を持って実感した。

もっとシッカリ防水対策しなくてはな。。。







P8120303


たまにガスが晴れると富士山がお目見え。


さて、小一時間干して、まだ少し湿ってはいるけれど

後は体温で乾かそうと、えいやで着こむ。








P8120305


オヤジさんは、いつもこのドラム缶に座り、

到着の登山者を見ているらしいので、記念にパチリ。






P8120297


撮影(掲載)をお願いしたら快諾。

でも、魂が抜かれるから絶対にレンズは見ないんだって。







P8120322


ガスの切れ間から鳳凰三山が顔を出してくれた。

あそこを縦走しながら、いつかはココを縦走したいと

憧れてたんだよな〜。 結果、真っ白だったけど。。。





さてと、部屋に戻る前にこの小屋の設備をば。



P8120301


まず、画像左の青いトタン屋根が、かの有名な農鳥トイレ。


ええ。説明は割愛しますが、興味のある方は検索してみて下さい。






P8120312


そしてコチラがダイニングルーム。

狭い部屋に無理くり押し込み、食事を一編で済まそうとするので

胡坐をかくスペースさえありません。。。






P8120311



っで、こちらが我々のねぐらの入り口。








P8120310



ええぇ〜っと。。。


多くは語りますまい。



画像から伝わるものが全てでございます。



農鳥のオヤジさんには色々と書き込みが見られますが、

〔オヤジさんの家に泊めてもらう〕と言う感覚でいれば

特に腹の立つことも無く、野宿するよりましと割切れば

非常に快適に過ごせます。

(翌日、背中やらお尻やらが妙に痒くなりはしましたが。。。)








P8120326


しかし、、、この晩御飯にはマイッタ。。。


質素なのはイイんですけどね。


メインディッシュの野菜の煮びたし?の様なものが

酸っぱいんすよ。。。



酢で味付けしたのとは違って明らかに傷んだ酸っぱさ。。。



お隣の大学生二人組は全く気にせずバクバク食べてたので

差し上げました。。。


ふりかけと梅干を持ってきてホントに良かった。。。










P8120330


食後、夕焼けを楽しみにしてたんだけど、、、


無理。。。







P8130332


完全に日が落ちてから甲府の街並みが綺麗に見えた。

ワタシのデジカメでは無理でしたが、星空も本当にキレイ。



今回、大失敗したのが、、、酒。。。


いつもは焼酎かワインをたんまり持ち込むんすけどね。

今回はスッカリ忘れちまいました。。。



んでも、他の宿泊者の方々も誰も呑んでないので、、、


サッサと就寝。。。







P8130334


朝食。


昨日の野菜の一件から、生卵は恐くて手が出ませんでした。。。

でも、味噌汁は信州味噌で美味しかったのでそれで十分。






P8130335


楽しみにしてた御来光も無理。。。









P8130342


お盆休みで多くの人達が富士山頂にいるんだろうに。

気の毒だなぁ。。。







P8130343


さて、諸々用意して〔4:40〕出立。









P8130344


振返って農鳥小屋。





P8130345


アップで。

次は確実に好天の時にリベンジするんで、

またお世話になりますよ〜!!








P8130358


ガスから太陽が顔を出し、西農鳥岳の登山者を照らしている。

なかなかカッチョ良い一枚。






P8130361


っで、西農鳥〔5:24〕スルー。









P8130363


〔5:57〕農鳥岳着。

農鳥小屋に泊まった方々達で撮り合いっこ。

皆、鳥のポーズで撮りますた。






P8130372



P8130378


ガスが途切れて陽が射すと本当に神秘的。

暫し見惚れていようとするも、、、直ぐにガスに覆われる。。。








P8130382


〔6:27〕キリンに到着。

ココが大門沢への降下点。








P8130384


二日間の感謝と、リベンジを誓って鐘を思いっ切り鳴らす。







P8130387


さて、あの沢の底にまで、約2,000mを一気に下ります。








P8130397


〔7:50〕途中の沢で水浴びをして、カップ麺とパンで大休止。

こういう所でノンビリするのは最高に気持ち良い。



あ。ザックの左にある赤い袋が高山ベーカリーの袋で、

今回も勿論ラムチョコレーズンを持ってきましたよ。










P8130402


〔8:45〕大門沢小屋着。

ここまで歩き難い下りが続いたけど、ココからは歩きやすくなる







P8130401


ココで水を補給。

水の心配が要らないコースは楽っすな。







P8130407


水が豊富な場所らしく、大好きな苔ティッシュロードに。






P8130406



豊富過ぎて、登山道が沢状態(笑






P8130410


ガンガン下ってやっと人工物が見えてきた。






P8130412


堰堤の工事現場の中を突っ切る。







P8130416


目の前に堰堤があるって事は、数年後にはココは水底となってる訳だね。きっとこの上に橋が掛かるんだろう。ソコを渡る時には今日の事を確実に思い出すだろうな。







P8130420


さ、この橋を渡ればゴールは間近。






P8130421


入口の祠に深々と御礼。ありがとうございました。

ココからは車道歩き。






P8130422


昨日の朝、バスで通ったトンネル。








P8130423


発電所を通り過ぎるて、、、








P8130427


〔11:24〕無事下山。

CTは、8:30なのに、、、6:44で下りてきちゃった。。。


次回はCTをオーバーしてしまう位、

撮影でナカナカ前に進めない様な好天時にリベンジするぞ!!









P8130431


第一駐車場の隣には有名な温泉がありましてね。






P8130429


ご近所隊の風呂好き隊員からも奨められ

下山後の楽しみにしてたんですが、、、







P8130430


休館。。。



他にもあるらしいのですが、、、

ボディペーパーでスッキリしちゃったので帰路へ。。。








P8130432


ちなみに、この時間(お昼前)で、既に第一駐車場は満車。

もう、ココは使えないと思っていた方が良さそう。




今回は絶景には一度も出会えず、温泉にも入れなかったけど、

それでもとっても楽しかったと思ってしまう。



色々と失敗もしたし、今回の経験で自分の山スキルも少しは上がったかな? やっぱ、日帰りだけではなかなか体験できない事って多いよな〜。


以前、工場長が言ってたけど、

やっぱ、山は泊まって何ぼだな。うん。

そろそろテン泊にも挑戦するかな。










【備忘録】

11:50 入谷発

3:00 少し前 奈良田着
(二回休憩。約三時間)

第一駐車場 満車
バス停にザックを置き 第二駐車場へ。

4:42 仮眠してバス停へ移動
ザックが朝露で少し濡れていた。(ザックカバーを忘れずに)

5:10 バス乗車。
出発は5:30なので余裕をかましてトイレに行ってたら
発券や乗車が始まり焦った。せっかく一番に並んだんだからね。



【今回の大失敗】
ザックの中身が濡れた。
今回はなんとかなったけど、場合によっては致命的。
防水対策をしっかりと!!


【買うもの】
プラティパス
手袋
雨具
タイツ
温度計
防水袋

一気に寿命を迎えた。。。














mizukami_sake_honten at 13:21|この記事のURLComments(0)お山 

2018年08月20日

ダブルヘッダー



昨日は歌舞伎へ。



5D9196A8-7873-4527-A139-54D717A27940


詳しくは無いし、よくは解らないんだけど、

それでも観れば楽しく、機会があれば進んで鑑賞してます。









64550024-0807-46EC-A297-C4D31611442E


少し早く着いたので、屋上庭園へ。

紅葉の枝ぶりが実にお見事。

イイ感じです。



ここから4階へは〔弁慶階段〕で下りられるのですが、

弁慶の『絶景かな』の銘台詞の場面の屋根を再現しているそうです。





6ED8FAC0-A4E7-4084-B3C7-7BDC19E8E2C8



っで、この中の一つに、歌舞伎座の家紋〔鳳凰〕が

逆向きなのがあるそうで、そう言われると

探し当てたくなるのが心情ってもん。






85B0D01B-FB74-42FA-926F-B62B93B03FDF


おお。あった!!


って、画像じゃ解り辛いね。



東照宮よろしく、あえて完璧にしないそうですよ。







CAF89525-C013-4DC6-80E8-7F3E27A418D1



500F8814-1900-40B1-BC27-468BBCA63448



80966954-3D53-4351-848A-8FC98E43383F



2716C38F-250F-4686-A2D4-8157069EB420


いやいや楽しかった。

観たのはこの二部。



東海道中は弥次喜多さんが死んじゃったから

今年でお終いかな?









B988537B-41DA-43EE-BBAC-7C5D316B9BDC


焼肉屋で打上げ。

このお肉。口に入れた瞬間に体温でとろけていきました。







っで、ココからは別行動でワタシだけ神宮へ。




5568EDAC-64C0-4059-8DF1-A8CD312ADE90


傘などの応援グッズも持たず、

クルーユニも着ないでの観戦は初めてかも。






9C9029D4-6D7E-483E-933A-4F26D24D3D9F


本当は5人で観戦予定だったんだけど、

其々都合が悪くなっちゃったみたい。

こんな良い席なのに勿体無い。






A6E82D5C-FDEA-4883-8071-08159B84F4EA


この時季定番の花火にも間に合ったし。






A47EF340-3ADD-478C-9E43-117245AA43DC


最後、かなりハラハラしたものの何とか勝利して、

この阪神三連戦は勝ち越し!!







44A6AEAA-9FA4-47DA-B966-7C141ED55AB0



いやいや。

かなり充実した内容の濃い一日でした。






 
mizukami_sake_honten at 13:43|この記事のURLComments(0)つぶやき 

2018年08月18日

白根三山〔前編〕奈良田〜農鳥小屋


8月12日の日曜日。


関東に接近していた台風は北東に抜け、

温帯低気圧となったんですが、、、

そのしっぽがしつこく残りやがりましてね、

どうにも天気が微妙。。。





んが、農鳥の予報はずっと良いままだったので、

このまま好転する事を祈り、念願の白根三山に行ってきました。





南アを歩く度に、いつか必ずと思い続けてきた憧れの稜線。



カメラをやっている方々に聞くと、山は晴天よりガスっている時の方がドラマティックな一枚に出会える確率が高いと、口を揃えて皆さんそう言います。



たとえ好転しなくても、そんな瞬間に出会える事に期待しつつ

8/11の〔11:50〕自宅を出発。



途中二度休憩をし、〔3:00〕少し前に奈良田に到着。



この時点で第一駐車場は既に満車。


バス停にザックで場所取りをしてから第二駐車場へ移動。


第二駐車場にもバス停はあるが、第一で満席になると

立ちになるらしいので、それを回避。






P8120211


仮眠して〔4:42〕第一駐車場のバス停へ移動。

この時点で8割強の駐車率。







P8120213


ここはトイレも完備なのでありがたい。






P8120214


満車の第一駐車場。奥にトイレとバス停。






P8120216


まだ時間に余裕とノンビリしてたら受付が始まり急いで乗車。




P8120217


コッチは安いすな。

定刻の〔5:30〕ピッタリに発車。







P8120218


お盆だからもっと混み合っているかと思ったけど、、、

天気の所為かな。思いの外空いてる。







P8120219


さてと、身支度整え〔6:21〕広河原を出立!!







P8120220


天気が良いとココから北岳がど〜んなんだけどね。。。

ま、きっとドラマティックな景色に出会えるでっしょい。








P8120226


この辺りでは振り返ると鳳凰が見えるんですが、、、

真っ白けなので黙々と行きます。。。






P8120228


〔8:08〕二俣着。

CTではここまで2:30掛かるんですがね、黙々と来たんで

1:47で着いちゃいました。。。




P8120230


珈琲淹れて高級なジャムパンで15分休憩。







P8120232


雪渓はもうこんな感じで歩けないレベル。






P8120233


おお〜。どっちやねん!!のペンキはまだ健在だった。


と、この辺りからガスが雨に変わり雨具を装着。








P8120238


〔10:10〕八本歯のコル着。

予定ではココから北岳でしたが、、、







P8120239


山頂方面真っ白け。。。


北岳はもう何回も行ってるし、これじゃ行っても仕方ない。






P8120242


北岳は巻いて間ノ岳を目指す。


このガスじゃ稜線出ても意味無いっしょ。。。









P8120248


巻道にはお花畑。





P8120249


花に見惚れていると危ないデンジャラスゾーンも。

ここはすれ違い無理だな。







P8120258


お。北岳山荘が見えてきた。

この距離になるまで分らない程のガスっぷり。。。






P8120259


〔11:06〕北岳山荘着。

CTではココまで〔6:15〕掛かりますが、、、

〔4:45〕で着いちゃいました。。。

ホント、ガス山は早いすな。。。はあ。。。


急いでも仕方ないし、雨でガスが使えないので

小屋でカレーを頼んで30分ほどノンビリと休憩。







P8120260


ココは市営なのですが、、、

この看板を付けた時は県営だったのかな?

小屋の人とおしゃべりしたり、情報をもらったり、

かなりノンビリしたのでソロソロ出立。






P8120264


風は吹きっぱだけど、ガスを吹き飛ばす程では無い。。。







P8120267


〔12:01〕中白根スルー。








P8120269


の先のケルンの辺り。


ん?


ナニかがチョロチョロ動いてる。


雷鳥はあんなに速く動かないし、、、

岩雲雀、、、でもなさそうだし、、、






P8120270


おお!おこじょだ!!





P8120271


苗場で会って以来。相変わらず可愛いのぉ〜(ハート









P8120275


〔12:53〕間ノ岳着。





P8120280


単独男性と撮り合いっこ。

この方とは小屋でもお隣でした。

色々とお話ができて楽しかったな〜。








P8120284


さてさて、ココを過ぎるといよいよ本日の宿舎〔農鳥小屋〕






P8120283


ただでさえ、悪い噂を色々と耳にしていて少しビビっているのに

こんなおどろおどろしいペンキの垂れっぷりは

それを一層掻き立てます。。。






んが、、、



P8120285


こんなのや、



P8120286



こんなのを見掛けると、農鳥オヤジ、意外とおちゃめ?

なんて思ったりなんかして。








P8120282


所々でチングルマが群生。

山はもう秋っすなぁ。






P8120289


おお。ガスの中に薄らと農鳥小屋が。







P8120293


しっかし、ここはかなり親切にペンキでマーキングしてくれてる。

こんなガスの日には本当にありがたい。

悪評高いオヤジさんだけど、全ては登山者の安全を思っての事なのかなと、こんな所からもそれが伝わってくる。






P8120295



P8120296


期待していたドラマティックな景色には一度も出会う事無く

〔13:52〕農鳥小屋に到着。




さて、長くなってしまったので残りは後編で






P8120297






後編へ




















mizukami_sake_honten at 13:10|この記事のURLComments(0)お山 

2018年08月17日

ここでここがこうくるか!?


先日の南ア山行の時、バス停に置いたザックの

荷物を整理しようとしたら、、、濡れてる?




朝露で湿った?



いやいや。


そんなレベルじゃない。





色々と調べていたら、、、








C378DB56-5A92-4869-BC5E-D1D338FDFFCF



な、なんと。


プラティパスのネックが破れてる。。。


上の方だから大丈夫かな?とビニール袋を上下で被せ

応急処置をしてみたものの、、、アウト。。。






ま、今回は水場の心配は無いし

ペットボトルで代用できるから良いんですけんどね。


何だか出だしでアヤつくのは嫌なもんです。






046FE6F1-602F-423E-9594-B37DB7FC5C00


もう10年位使ったから寿命っすな。

これは必需品だから同じものを買い替えるかな。














mizukami_sake_honten at 20:56|この記事のURLComments(0)つぶやき 

2018年08月16日

ギャップがスゴい


この休みで南アを歩いてきたんですけどね。



P8120309


宿は、奴隷部屋とも野戦病院とも揶揄される山小屋。




P8120312


コチラがダイニングルーム。


食事は、、、



梅干しとふりかけを持参して本当に良かったと。

心底そう思うレベルでした。。。








か、ら、の。









4D9C8D98-98A0-487C-AFC6-A58CAC46A3D6



4AD213F8-E670-4891-AED0-245A99160ED1



この急転直下(笑












【備忘録】

11:50 入谷発

3:00 少し前 奈良田着
(二回休憩。約三時間)

第一駐車場 満車
バス停にザックを置き 第二駐車場へ。

4:42 仮眠してバス停へ移動
ザックが朝露で少し濡れていた。(ザックカバーを忘れずに)

5:10 バス乗車。
出発は5:30なので余裕をかましてトイレに行ってたら
発券や乗車が始まり焦った。せっかく一番に並んだんだからね。




【買うもの】
プラティパス
手袋
雨具
タイツ
温度計

一気に寿命を迎えた。。。




mizukami_sake_honten at 09:49|この記事のURLComments(0)つぶやき 

2018年08月10日

魅惑のマッシュルーム


普段、テレビはあまり見る事が無く、欠かさず観ると言えば

朝の連ドラと大河。そして、ダーウィンが来たとニュース。



はい。


受信料は喜んで払うNHK好きです。




んなワタシが、ほぼ欠かさず観ているのが孤独のグルメ。






たまたま、ご縁のある場所の近くの店が紹介され、

メッチャ美味しそうだったので、機会が訪れた今回、

行ってきました!!






00B2246D-3CDB-4D10-9340-6B58FAA9D5BA


やはり一番人気なんでしょうね。

五郎さんの食したものが別メニューとなっていました。







3DAC9808-1CF4-4051-BD2A-996BCF747A87


他にも色々と魅力的なメニューが。





3669ECB0-B70E-4FD1-9B65-B20A5B93EBE0


先ずはサラダ。

コレを食べつつ、食べたかった主役を待ちます。






3A05060C-E470-4F34-BDC9-5B55BEEBEBDE



っで、来ました。来ました。


コレですコレ。


マッシュルーム。


五郎さんが美味しそうに食べてたんですよ〜。





3F3EAFF0-3A47-475A-9B52-F2E5088B0492



マッシュルーム大好きなんすよ。


おお。美味い!!


中のベーコンがまたイイ仕事してる。





E910BE1F-809D-4197-82E5-64BE75673996


タコのアヒージョ。





A3858014-85EE-4CDF-9F3D-CC0940369B90


冷静スープ。






B88C1279-90FB-4975-90E2-2B4970A6B014


出汁が良く効いてて美味しかったな〜。





55B06C35-2EED-438F-AEF6-8510CD571028


淵にこびり着いたおこげがまた美味しい。





70C84A57-A242-4319-A074-113BD1967212



美味しくって、こんな顔になっちゃいました。


あ。まだYSキャップを購入する前のお話です。






8DDD5BC3-920E-4EA5-9DAB-1063AEC774B2


入った時はまだ空席があったんですが、

空席ではなく予約席でした。

食事している間に直ぐに満席。





BB9CA5D4-AA52-40A7-992C-D5E89656013E


マスターがお一人で作っているので

チト時間が掛かるのは仕方なし。





964417D2-861E-45B0-9ED7-EF5ECE3F8731


今回はあまり時間が無かったのですが

今度ユックリ出来る時に再訪したいと思います。



嗚呼。ワイン飲みたかったな〜。






 
mizukami_sake_honten at 13:00|この記事のURLComments(0)つぶやき 

2018年08月09日

軽く熱中症?の蛭周回



この盆休みは、北か南を一泊で歩いてこようと思ってまして、

ならばと脚を作りにまたまた丹沢トレコースを歩いてきました。



コースはこの時と全く同じです。(日陰沢橋起点、蛭ヶ岳周回)




スペックはこんな感じ。






んが、おそらく軽い熱中症に罹ったんでしょう

ぜんぜん調子が出なくってですね、

いつもより一時間以上も掛かっちまいました。。。








P8050135


朝、今日はやけに車が多いなと思ったら、、、

ははあ。キャンプすか。夏休みだもんねぇ。


〔5:48〕出立。





P8050137


もっさもさのとり付き。

今日はいつもに増してもわもわしてます。。。








P8050139



歩き始めて程無く、解り難いかな?熊の足跡。

熊もあんな毛皮着てたら暑いだろうなぁ。。。








P8050140


小一時間で気持ちの良い紅葉樹林帯に突入。

いつもはこの辺りから調子が上がってくるんですが、

今回は一向に上がらず、ずぅ〜っと不調。。。






なんてかね、山が重たぁ〜い感じなんですよ。山がね。


身体や脚に不調は感じないんだけど、

なんだか空気がどよぉ〜〜〜んとしてて

重たぁ〜いんすよね。山が。





普段はこんなこと考えもしないんですが、

変な霊にでも取り憑かれちゃったか!?

なんて、アホな事を考えちゃうほど空気感が重たくて

首や肩が妙に凝ってきました。。。






P8050144



いやぁ〜。チカレタ。。。


ヘロヘロになりながらやっと到着〔8:28〕







P8050143


樹林帯はかなり蒸してたんですが、ココは涼しい風の通り道。

シッカリと長めに休憩しました。






P8050145


前回は真っ白で何も見えなかったけど、

今日は富士山がバッチリ。





P8050146


噴火しているかのような雲。







P8050148


今回も山のお供は高山ベーカリーのラムチョコレーズン。

山でコレを珈琲でいただくのが最高に旨い。



30分近く休んで、復調したようなので先へ。


ま、ダメならボラで帰ってきましょ。






P8050156


おお。加入道山

久し振りに西丹も歩きたいなぁ。







P8050161


〔9:07〕ボラ到着。


だぁ〜れも居ません。

ツツジの時期以外はこんなもんなのかね?






P8050162


さて、最悪ココで引き返そうかとも思ってましたが

何とか行けそうなので蛭を目指す事に。


ま、ダメなら蛭に泊まってもいいしね。





P8050163


眩しい程に蒼い青ヶ岳山荘。

人影がチラホラ。







P8050164


これから歩く蛭から袖平の稜線が見えてきました。


正直、今日はぐへぇ。。。って感じですが、、、






P8050165


とりあえず、蛭までは頑張りまっしょい。








P8050168


いつもの萎えポイント。。。


次の休憩はブナと決めていたんですが、、、

身体の重さが抜けなくってですね、、、




脚はマダマダ余裕だし、体力も充分残ってるんですが

何だか妙に疲れる。。。




時間的にソロソロお腹が空くタイミングなんですが

一向に食欲がわかず、スポーツドリンクばかりを補給。

その内、喉も乾かなくなり、動くのが怠くなってきました。。。





予定変更。

ブナまで待たず、早めに休憩。



今日もゼリー飲料を持ってきて良かった。

これなら食欲が無くてもエネルギーを補充できる。







P8050170


またまた長めに休憩してから〔11:05〕ブナ到着。


本来の休憩地でしたが、ココはスルー。






P8050169


これ、よく見かけるけど、赤いのは新芽?紅葉?

間違っても花じゃないし、、、なんだろね。







P8050174


今日はこの階段が辛かったぁ。。。

このコースは何度も歩いてますが、こんなに辛いと思ったのは初めて。








P8050176


〔12:32〕ヘロヨロで何とかヒルに到着。






P8050185


P8050182


ヘロヘロですが、ミッションは遂行。






P8050178


ココでも撮影だけしてスルーの予定でしたが、

やっと小腹がすいてきたのでカップ麺で休憩。



さてさて、ヤバそうならココで一泊もあるけど、、、

ソコまででもなさそう。



もし、この先体調急変でヤバくなったら

姫次か風巻の東屋でビバークしましょ。










P8050179


さてと、行ってみますか。

さっきまで感じてた身体の重さは無くなりました。

蛭で除霊できたかな(笑







P8050192


絶好のテン場。

テント持ってないけど。。。








P8050194


〔14:26〕姫次。

ベンチは暑いので、先の木陰で小休止。


今回、念の為に水分を4.5L持ってきたんだけど。

本当に良かった。



潤沢な水分が無かったらきっと持たなかったと思う。






P8050195


〔14:45〕袖平着。





P8050197


P8050196


今日一日歩いてきた尾根を眺められるのが本コースの醍醐味。





P8050201


この木(名前は知らない)面白い形になってる事が多いけど

ここまでグルグルしてるのは珍しい。

だんご四兄弟。。。。






P8050202


〔15:50〕風巻の頭。

ここで最後の小休止して、後は一気に下山。






P8050203


いやぁ。今日は本当に長く感じた。

でも、この橋が見えればもうゴール。







P8050205


〔16:56〕無事下山。


いやぁ。チカレタ。。。

もう。汗だく。。。


いやいや、文字通り無事に下山できて良かった。








P7010212



冷たい沢水がガンガン流れているのもこのコースの魅力。

汗だくで火照った身体に頭から一気に水浴び。


もうサイッコー!!


すげぇ気持ち良い〜。


サンダルに履き替え、足もジャブジャブ。

超気持ち良い〜。




体調はイマイチだったけど、脚の方はバッチリ

これでなんとか盆休みは歩けるかな!!



 
mizukami_sake_honten at 13:15|この記事のURLComments(0)お山 

2018年08月08日

ないすなあいであ


お昼を過ぎた頃、ちょうど一日の内で一番暑い時間帯になると

店の冷蔵庫とエアコンの室外機にガンガンと陽が当たり、

素手では触れなくなる程に熱くなってしまいます。。。





以前、エアコンの設置業者さんから

熱くなっている部分(コンプレッサーがある場所らしい)や

空気の吸い込み口に水を掛けてやると、冷えが良くなり、

機械の寿命が延びますよと、教えてもらったことがあります。





炎天下の一番暑さ厳しい時間帯に試してみますと、、、




まあ。すごい。





コンプレッサーの負担?を示すメーターの数値がミルミル下がり

店内の冷えも一気に良くなりました。






それ以来、夏の酷暑日には

マメに水をかける様にしているのですが、、、






ネットにバケツタオルなるものが出ていたので、

早速真似してみました。







8BBCA97A-827A-424E-B0E8-F28EC3CB14FB


室外機の上にバケツを置き、不要になったバスタオルを浸け

毛細管現象?の要領で室外機を冷やすというもの。







7273F0DC-698C-4824-972D-8F34FF51F1C4



E78359B9-6975-4B16-84EF-D3589A91E0D1


おお。これはイイ。

室外機から出た水を再利用すれば水道代も掛からない。







B0F549BD-01F7-4328-BDF7-61E3E535F175



おお。

ガンガンに陽が当たっても全然熱くならない。


かなりイイ感じ。






あ。試してみようと思われた方。

タオルが空気の出入りを邪魔すると逆効果なので気を付けて、

自己責任にてお試しくださいませ〜。











mizukami_sake_honten at 20:17|この記事のURLComments(0)つぶやき 

2018年08月06日

丹沢ガラガラ



お盆休みに南か北を歩いてきたいなと考えてまして、

チョッと脚を作っておこうと丹沢ってきました。






P8050162



ボラガラガラ。。。







P8050178



ヒルガラガラ。。。









P8050176


登山道でもほんの数人としか擦違いませんでした。。。



この日は神奈川県にも熱中症警報が発令され

外での運動は中止と警告されてましたから

こんな日に山るモノ好きも少ないんでしょね。



かく言うワタクシも調子が上がらず、

いつもよりかなり時間が掛かってしまいました。。。




この時季、特にここ数年の屋外の活動は本当に気を付けなくっちゃですね。








P8050185


最近、必勝祈願登山も効力が薄れてきました。。。


昨日もターガースに負け。

自力優勝が消えました。。。







mizukami_sake_honten at 13:28|この記事のURLComments(0)お山 

2018年08月04日

NY より YS



前々から不思議に思ってたんですが、、、



なんなんすかね。 N Y 。



キャップやらバックやら、NYのロゴの付いたのを

巷でよく見かけますが、、、



ありゃアメリカの野球チームっすよ?


正直、そんなにニューヨーク・ヤンキース好きじゃないでしょ?


正直、そんなに野球に興味ないっしょ?






球団のNYブランド化作戦が上手かったのか、

ブランドが独り歩きして行ったのか、

詳しい事はよく解りませんが、、、




ならばと、カジュアルな普段着に合わせられるような

キャップを買ってみました。







A522C4C0-81A8-4351-9EBA-473D4DB19F20


もちろん Y S です。








7C8F0697-A4C8-4B20-BE6A-D6832C61957E



う〜ん。なかなかカッチョ良いっすな。むふ。









AD31328F-E6BF-4EA0-AB1F-A65057A434AA



後には Swallow's 。









S__5341196



むふ。むふふふ。


被りまくろ〜っと。














 
mizukami_sake_honten at 20:55|この記事のURLComments(0)つぶやき 

2018年08月02日

むらむら甲斐駒


甲斐駒は今まで三回やったのですが、

その三回とも黒戸尾根からだったもんで、

正直、北沢峠からはあまり興味がありませんでした。。。




んが、行ってびっくり。




黒戸とはまた違った魅力があり、

甲斐駒の魅力の再発見となりました。





今回は(7.16 海の日)ご近所隊7名で、それぞれ甲斐駒に行った事のある人は仙丈へ、仙丈に行った事のある人は甲斐駒へと、北沢峠で分れ、仙流荘で再集合と言う段取りで行ってきました。




【備忘録】
前回は1:00に出発し、伊那まで高速ったら早く着き過ぎ、小一時間持て余してしまった。仙流荘のHPでは諏訪からの方が30分早く着くとあったので、今回は諏訪からで、2:00出発、、、と思ったけど、念の為1:30とした。





甲斐駒・仙丈 2018.7.16_180730_0021


んが、実際には伊那からと同じくらいの時間が掛かってしまった。。。(4:40頃に到着、既に上の駐車場は満車で河原へ)


諏訪からは真っ暗な峠道、しかも途中にガスって前が見にくくなり、かなり時間が掛かってしまい、神経を使った分、運転も疲れてしまった。。。

次回があったら必ず伊那から行こうと思う。。。

2時発にしなくて良かった。。。






P7160004


5:00頃に並んだ時には既にこの行列。。。

大盛況すな。。。







P7160006


さてさて、バスに揺られて北沢峠。

6:20頃にやっとこさ登頂開始です。







P7160024


P7160027


先ずは樹林帯歩きですが、南アらしくシダや苔が多く、

それだけでウキウキしてきます。





P7160021


少し行くと木々の切れ間から北アが!!








P7160023


もう少し行くと仙丈も。







P7160028


んで、もうちょっと行くと、、、


ありゃま。






P7160030


P7160031


P7160032



な、なんすか、この景色は。


まだ二時間位しか歩いてないっすよ。


なんすか、この御嶽やら乗鞍やらは。









P7160035


P7160036


こんな北岳様の御姿なんて、黒戸なら5時間近く歩かなきゃ拝めませんよ!! こりゃ、このコースが人気になるわけだ。


歩き出し二時間でこんな景色が拝めるなんて。










P7160034



P7160037


あらまぁ。オベリスクまで。

こりゃぁ楽チンだわ。






P7160038


このピークはホント眺め最高。





P7160039


少し行くと甲斐駒も顔を出した。

手前のピークを一つ乗り越えれば核心部だな。






P7160042


人はウジャウジャだけど、文句言ったら罰が当たる程の好コース。






P7160043



おっと、富士山が御姿を御見せ下さった。








P7160054


鳳凰三山、オベリスクと富士山。





P7160056


う〜〜ん。1・2・3!!






P7160061


花崗岩の白い肌。ピラミダルな勇ましいお姿。

さっすが貴公子すな。


この画像、いま壁紙にしてます。









甲斐駒・仙丈 2018.7.16_180730_0030


これも気に入った一枚。

山座同定している自然な姿。イイ感じ。


槍穂がバッチリでした。むふふ。










甲斐駒・仙丈 2018.7.16_180730_0031


さてさて、日差しがかなりヤバくなってきました。

半袖は火傷が危ないので袖を装着。











P7160068


この先は直登コースと迂回路があるのですが、迷わず直登。


そろそろ登山用ヘルメット買おうかな。








P7160075


っで、山頂。


今回もグルリ360度、全部のお山が拝めましたよ。










甲斐駒・仙丈 2018.7.16_180730_0033


ゆっくりご飯食べて、景色を堪能したら、、、


さて、行きますか。







P7160078


と、その前に今回の甲斐駒隊の集合写真をば。






P7160080


黒戸へと続く尾根。







P7160082



P7160088



P7160090



P7160106



仙丈隊もソロソロ下りてるかな?








P7160093


この岩。そのうち転がり落ちてきそう。。。





P7160098



P7160112


うう〜〜〜ん。イイ感じ。


白い山肌。緑に青い空。


最高!!









P7160122


今回一番驚いたのがココ。

仙水峠に着いた時。







P7160123


一面、溶岩の様な岩に覆われている。

こんな所、黒戸尾根にはありません。


てか、花崗岩と溶岩がこんなに近くにあるのは初めて見たかも








P7160126


さてさて、楽しい山行もいよいよ終盤。





P7160127


キレイなシダと苔が迎えてくれます。





P7160130


甲斐駒・仙丈 2018.7.16_180730_0039


タイミング良く次のバスに滑り込め、仙丈隊とも無事合流し、

仙流荘でサッパリと汗を流して帰路へ。


小仏渋滞も心配していた程では無く、中華で軽く打上げ。


天気にも恵まれ、最高な一日でした。









んんんんん。。。



久々に黒戸チャレンジするかな。


むらむら。







mizukami_sake_honten at 13:24|この記事のURLComments(0)お山 

2018年08月01日

だからダメだったのか。。。



知ってました?


恥ずかしながら知りませんでした。。。






2DC8547C-189E-4CB0-AA91-14988E33C00C



防水スプレーって二種類あるんですね。


いままで盲目的に安い方を選んでみました。。。

(だって、黄色い方は高いんだもの。。。)




今回、まじまじと能書きを読み比べ、

店員さんの説明をじっくりと聞くと、、、



登山靴の様な革製はフッ素系じゃないとダメなんですって。。。








2CE22BA9-2718-43E2-A5FE-F3CF761C8857



よく見たら使うなと書いてあるジャマイカ。。。









20E769B1-4D86-4FAB-BDF9-B6EAC5548286



今回はコッチでメンテしました。


これで大丈夫かな。









4A9D87A1-40F4-4ADE-BA20-F1A9CA2F2E3A






 
mizukami_sake_honten at 23:30|この記事のURLComments(0)つぶやき 

2018年07月31日

た〜まや〜〜〜


ちょいとバタついてまして

間が空いちまいましたが、、、生きてます。




バタついた一つに花火大会があったんですが、

台風の影響で順延となり、色々と段取りが狂っちまいました。。。





花火と言えば、隅田は仕事で行けないので、

千住のをチラッと見て来ました。






6868B357-6213-4895-ADF0-538150D2A385



バイクで行って、ホント、チラ見程度ですけどね

んま、十分です。





BF244838-F2A3-4961-978A-74119A5C175A


しっかし、花火って撮るの難しいすなぁ。







0DB8FFF2-6E9F-4839-A45F-0D5A27886160


お。ちょっと慣れてきたかな。





1BEB0E9D-9634-4E6B-80E4-9D652173BB1B


来年は久し振りにじっくりと見るかな。


千住は墨田程混まないですし、特に西新井川は少し早めに行けば

かなりいい場所がキープできるんでおススメですよ〜。




 
mizukami_sake_honten at 00:33|この記事のURLComments(0)つぶやき 

2018年07月19日

ほっこりはん




AE59B7C7-B168-4F57-98C1-72CEC34B8082




お昼に目玉焼き作ったら、、、






8292F0F5-3C2D-4D8D-9B66-2D56C39CE667



笑ってた。










 
mizukami_sake_honten at 13:15|この記事のURLComments(0)つぶやき 

2018年07月17日

天気最高でした!!



P7160061


今回も楽しかった〜!!










 
mizukami_sake_honten at 13:24|この記事のURLComments(0)お山 

2018年07月13日

蕎麦つながりで



たぶんね、勤め人時代の名残だと思うんですが、

二日酔いの日はね、無性に蕎麦が食べたくなるんですよ。




それも立ち食いのね、チープなやつ。




たぶんね、二日酔いで食欲がなく、

でもなんか食べとかなきゃだよなって感じで

駅のホームの立ち食いで、お蕎麦半分にしてもらってたのが

習慣化しちゃったからなのかな。






そんな時行ってるのがココにもちょいちょい登場する山田屋さん。

ゲソ天が有名な銘店。もう30年近く通ってます。

まさに東の横綱って感じです。






っで、西はと言えば間違いなくねぎどんさん。




C06CD914-0C03-49F4-AF31-1C64BB96865C



ココは天婦羅の作り置きは一切無し。

全てオーダーが入ってから揚げてくれます。







CFB2B2F0-3D5F-444E-8726-0D30FFC0F7AB



なので、お皿に別盛で出してくれます。

サックサクで美味しいす。

この日は春菊ってみました。







762DF9A4-1D57-457E-A6BC-80476A5FF843


お蕎麦も天婦羅同様、茹で置きは一切無し。



しかも、温かいお蕎麦を頼んでも、茹であがってから

一度冷水で締め、再度温めてくれるので、ツルツルしていて

噛み心地やのどごしがとってもGood!!



茹で置きしていない分、時間はかかるけど

待つ価値は十分にあります。








1211B986-8DBB-46D9-A2F7-1A79694BEA1E


とってもお腹が空いていたので、半カレーも付けてしまった。


このカレーもそこらの立ち食いより遥かに旨い。



でも、やっぱり両方はチト多かった。。。


最近、ホント食べられなくなったなぁ。。。








mizukami_sake_honten at 13:49|この記事のURLComments(0)つぶやき 

2018年07月12日

明日も行こうかな。



久し振りにつたやさん。




別にね、お客さんだからって言う訳じゃないし、

そもそも、コレを読んでるはずも無いんだけど、

なんてかね、好きなんですよね。このお店。






昔ながらの町のお蕎麦屋さんの、もう少し美味しい感じのお店。


かと言って、有名店の様なこまっしゃくれ感は無し。




味もね、いかにも下町っこが好みそうな、

しょっぱかったり、甘かったりの濃い目の味。








99D2BC68-3B12-4D44-BACB-905EB40172AF



今回はランチセットの親子丼とかけ蕎麦。


ちょうど1,000円だったかな。


街中の普通のお蕎麦屋さんより少し高いかな?って感じだけど、

納得の味わい。









8136AD99-489E-429E-A2E8-0330B7440268



表の写真を撮ってくるの忘れたから前回の時の。









90DDA875-EE7E-4826-8271-DB204C0E73A9


この海老天も胡麻油が効いてて美味いんだよなぁ。

見てたら食べたくなってきたぞ。。。


ココのおいなりさんも美味しいんだよな〜。










mizukami_sake_honten at 20:37|この記事のURLComments(0)つぶやき 

2018年07月10日

友人からもらったんですが、、、



39267AC2-2A40-45AF-B966-B2B507672F14



ペヤングから発売された、物凄い焼きそば。







B4257BFC-0EE2-494D-BF5A-9563AFDF9E5C


カロリーが半端ないっす。一日一食限定。





友人が面白半分に数個購入し、

家族でシェアして食べてみたそうですが、、、




あまりのボリュームにダウン。。。




もう見たくも無いからくれるとの事。







もらったはイイけど、こんなの絶対食べられない。


家族も絶対に食べないし、、、




と、そこに町内一大食いの彼。



喜んで持って帰りました。



独りで完食するそうです。。。






感想を聞くのが楽しみです。










08596040-F5E7-4AC6-BB77-9F48EB29C220



あの独特な香りなんだろうなと前々から気になってましたが、

なるほど、ローズマリーか。











mizukami_sake_honten at 13:19|この記事のURLComments(0)つぶやき 

2018年07月09日

ぐ〜たらト〜さん。


D42BF0CC-B56B-4A5E-A062-E708AAD69C75


先週末の6日(金)、7日(土)、8日(日)と三日間

近所の鬼子母神では朝顔市が開催されたわけですが、

御中元の仕事と相まってヘトヘトに疲れちまいました。。。




ので、8日の日曜はゆっくりと休養する事に。




とは言っても、一日中家にいるのもつまらないので、

前々から観たかった映画の朝一上映にGO!!





89D2E385-63B8-4802-9BB9-30F22015C597


8168B3BA-6C93-4E66-B0A6-506FC45DC858


ライトセーバーもフォースも出てこないスター・ウォーズで、

巷では賛否渦巻いているそうですが、、、

いちSWファンとしては素直に面白かったです。

今後も各キャラの掘り起こしをしてもらいたいなと思います。







4E75C049-9785-42B3-B651-4044944737EE


上映が終わると時刻はお昼。

独り焼肉と洒落込みました。

勿論、生ビールもね。むふふふ。






9362D32C-B69F-4FD2-9615-2DEAA6DB026B



御飯は1/3にしてもらって、半冷麺。

ココの冷麺は出汁が効いてて美味のす。





51BF9F97-006E-4682-85FF-089CEA6E4FAB


お肉が足らなかったので追加。





993D8F56-945A-484F-B472-2F9C261CEB58


独りの良い所は、何も気にせず肉に集中し、

絶妙なタイミングを逃さず食べられること。






8A5619E0-120F-4F20-9013-7A0C689BA208


イイ感じ。イイ感じ。

でも、好みはもうひと炙り。






C8BB8BA2-D25A-421F-9F8A-66F8AFA55105


これ!!

これ位が最高!!



いやぁ〜シアワセ。。。




軽く街を散策し、家に戻り、14時からは野球観戦。

今日の先発はベテランの石川。頼むぞ〜!!



外はうだるような暑さでしたが、シャワーして

冷房の効いた涼しい部屋で、デザートの果物用意して

リクライニングチェアでベストな状態で迎えるプレイボール。




あまりの気持ち良さについウトウトしてしまい、、、




気が付いたら8回裏でした。。。


結果、惜敗でしたが、ほとんど観ていないので
悔しさも湧かず、ま、明日、明日と早々に切替え。



その後も、同じ体勢で本を読んだりNetfrixで映画を観たり



嗚呼。


極楽。極楽。


たまにはこんな休日もイイっすな。



昨夜も早寝したし、今日も2時間位昼寝したのに、

もう眠たくなってきた。。。


身体は正直。休養を求めてたんだね。






さ、来週は山の予定。


久々の南ア。


晴れてくれ〜!!








mizukami_sake_honten at 14:15|この記事のURLComments(0)つぶやき 

2018年07月04日

日陰沢橋起点 蛭ヶ岳 周回





いやぁ。参りました。


その日の食料は、いつも高速下りてから

調達するのですが、、、






今回は行けども行けどもコンビニが無くってですね、、、

その内どんどんと道幅が細くなり、、、

とうとう駐車場に着いちまいました。。。


相模湖下りてあったと思ったんだけどなぁ。。。






こんな事は山を始めてから初め、、、





あ。






槍ヶ岳日帰りした時もやっちゃったわ


あの時は、もう少し先のコンビニ、もう少し先の、、、


と、欲かいてるうちに無くなっちゃったんだっけ。。。







ま、前日に少し用意してたのがあるし、常にザックに入れてある

非常食と携行食があるんでそれで何とかなるっしょ。





P7010125


んな訳で、4時前頃に出て、6時前頃に到着。

ここはトイレがキレイなので助かります。






P7010126


さてさて、準備整え〔6:00〕出立!!


このコースは今回で3回目なのですが、

いっつも最後の下りの荒れ果てた急斜面で

膝裏が痛くなって、ひいひい言いながら下りてきたので、

今回はCTに忠実に、特に登りで飛ばさずに、脚力温存、

休憩も多目にとる作戦でいきます。






P7010128


林道を暫しで現れる登山口。

ここ、いきなりすげぇ急登なんすよ。ゲッソリ。。。








P7010131


分っちゃいるけどやっぱ辛い急登をヒイヒイと下向いて

ヘロヘロと歩いてたら、、、鳥の羽見つけた。



キレイだなぁ。なんて鳥だろ?

帰ったらググってみよう。(で、結局解らず。。。)






P7010133



P7010134


おもしろい木。

棒が突き刺さった様に枝が伸びてる。

どうしてこうなったんだろ?不思議だ。。。






などと、

針葉樹の面白くない急登を黙々と標高を稼いでいくと、、、



P7010143



斜度が緩やかになり、広葉樹の気持ち良い尾根筋となる。






P7010142


花もチラホラ。

ツツジじゃないよな。。。なんだろ?








P7010145


〔8:08〕大汗かいて、やっとこさで丹沢主稜に合流。






P7010146


ココは眺望が良いんですけどね。何も見えねえす。


歩き出して約二時間。

ちょうど良いベンチがあるので一回目の休憩。

20分位、珈琲とパンでノンビリとエネルギー充填。








P7010149


歩き出してしばしで時折り陽が射すようになってきた。

頭の上は晴れてても、全体的には高曇りって感じ。







P7010148



分るかなぁ?

苔生した老木にキノコが生えてるの。(赤丸)

こんな感じ、大好き。





P7010152


さて、丹沢名物?階段の急登でボラへの最後のツメ。





P7010155


〔9:05〕檜洞丸着


いつもは賑わっている人気のお山ですが、今日は誰も居ません。


さっき休憩したばかりなんで、写真だけ撮ってスルー。






P7010156


以前からある倒木。イイ感じで朽ちてきました。

絵になります。







P7010157


おお。青がキレイになってる!

塗り直したのかな、、、


だけじゃないな。

色々と補修してるみたいだ。






P7010158



ん?

歩荷のポスターが無くなってる。

もう募集してないのかな?





P7010159


この花が今が盛りでしたね。

よく見かけるけどなんて花だろ。






P7010161


お!!ガスが切れて蛭が見えてきた!!





P7010162


それで、あれが袖平山。

今行くからな〜!!







P7010164


ココに梯子掛けてくんねえかな。。。


と思わずボヤきたくなる程の登り返し。。。






P7010165


お。丹沢が見えてきた!!





P7010166


アップで。

画像だと分らないかな。肉眼では、みやま山荘もクッキリ。

塔ノ岳への主脈っすな。








P7010168


袖平も大きく見えてきた。




P7010169


アップで。

後でアソコからコチラを見る事になります。

これがこのコースの醍醐味。








P7010171


〔10:39〕ブナ到着。







P7010172


目指す蛭ヶ岳も大分デカく見えてきました。


ココも大きなベンチがあるので、本日二度目の休憩、、、、






と、、、



うげぇ。。。



ヒルだ。。。






P7010173


と、思ったら違った。。。


良かった。まだヒルにはやられた事無いので恐怖心しかないです。

一回やられちゃえば慣れるみたいですけどね。。。







P7010174


汗だくのタオルとシャツを乾かしながら二度目のマッタリ。


20分、ユックリ休息して蛭ヶ岳への登り返しに突入!!








P7010182


最後のツメの急登。

蛭とは相性悪く、いつもガスってるんですが

今回は一気に晴れてきました。






P7010184


〔12:12〕ヒル着。





P7010183


唯一、主脈と主稜が交わる地点。主稜の終点地。






B3E73404-6126-4B3C-8219-A3C99E58C272


青年二人組と撮り合いっこ。


『今日はどこから?』 って聞いたら


『横浜からです!!』 って、、、



いやいや。山で自己紹介じゃないんだから(笑





さ、ミッションこなしたら先へ。






P7010186


P7010185



しっかし、ココは来る度に崩壊が進んでる。。。

丹沢は関東大震災の後遺症がマダマダ続いているそうですよ。






P7010187


道は暫く気持ち良いフラットなお散歩コースになる。






P7010188


足元に鳥の巣が落ちていた。

だいぶ経ったみたいだけど、、、雛は大丈夫だったのかな。。。







P7010189


P7010190


近くをずっと蝶が着いてきた。

調べたら、タテハチョウの仲間みたい。

可愛いもんすな。








P7010191


〔13:35〕ヒメツグ着。







P7010194


本日三度目、最後の20分休憩。

ココは富士山ばっちりポイントなんですけどね、

今日は無理ですね。






少し先に行くと今日歩いてきた山々が一望できます。

さっきも書いたけど、これがこのコースの醍醐味。




P7010199


中央にドカンと蛭ヶ岳。

ミカゲ沢ノ頭〜臼ヶ岳





P7010200


〜檜洞丸




P7010201


〜熊笹の峰。


朝、登ってきたヤタ尾根もハッキリ解ります。




こうして、

今日一日自分が歩いてきた稜線を眺められるのは本当に楽しい。





P7010203


さっきまで対面から見ていた袖平。



ココからはガガガガッと下って、少し登って、

また、ガガガッと下る。






P7010204


っで、この橋が見えたらゴールは間近。








P7010205


影自撮り。





P7010208


滅多に人に遇わないコースなのに

やたらトレランの人と遭遇率高いと思ったらコレなのね。



そう言えば、荒れ果ててメッチャ歩き難くって

いつも最後に膝をヤラれてた悪路が整備されてたのもコレか。







P7010211


お蔭で最後まで痛みが出る事も無く、

ノンビリ作戦で攣る事も無く、

〔15:58〕無事下山。



合計でシッカリと1時間休憩したから

まぁ、そこそこ歩けたな。

もう少し歩けば脚は大丈夫だろ。






P7010212


このコースのお気に入りの一つ、最後のシャワー。

頭からザップリと浴びて、汗を流しきってスッキリと。







68C4F36A-D85B-4BA1-9B89-0E4753D7C48E


相模湖からなんで小仏渋滞の影響は然程でも無いんだけど

数か所で事故渋滞。。。



今日の神宮は一時間早く5時なのにな。。。






2EE948CC-0712-4377-AA9F-AD311AFB1756


結局、車で直接神宮へ。





725932CF-3D20-4371-B9F8-099A6AABE3F8


今日も超満員。


車が心配なので、7回の攻撃だけ観て撤収。






6B9F63CC-2364-4084-80B4-90B2927B672A



結局は負けたけど、それでも最後まで観たかったな








さてさて、脚は大分出来てきたので、

来週は久し振りに南アでも行ってくるかな。




んでも、、、今の所天気が微妙。。。








mizukami_sake_honten at 13:07|この記事のURLComments(0)お山 

2018年07月03日

丹沢のお気に入りコース




下山した直後くらいから脚がヒクヒクし始め、

今はバッキバキの筋肉痛です。。。



階段の下りは手摺が無いとかなり辛いっす。。。




行ってきました脚トレコース丹沢編。






86FC5FDA-A234-4683-BC1B-D37E391D9A00


スペックはこんな感じ。

久々の累積標高2,000m越えです。。。




E0994842-01C3-4839-AD91-73A91760CF14

いきなりの超急登で始まるアップダウン地獄。

ダラダラと長い登りが無いだけで、

内容的には黒戸尾根に匹敵する男前度じゃないかなと思います。




7BCDCD39-5B2F-46AC-B0EC-0BB1BA120494


E02C2097-E3DF-4E4C-A77D-10C89FD81007


歩いてきたコースはこんな感じ。

近々レポります!!





mizukami_sake_honten at 13:06|この記事のURLComments(0)お山 | つぶやき

2018年07月02日

蛭はダメ



無敗を誇る必勝祈願登山。


阪神との三連戦でどうしても勝ち越して欲しかったので、、、


という訳だけではありませんが、




B3E73404-6126-4B3C-8219-A3C99E58C272



蛭ヶ岳ってきました。





Swallow'sの至宝、青木の頭部に死球をくらわし、

しばらく出場出来ない事態にさせられちまったんで、

悔しいから絶対に勝ってもらいたかったんですが、、、




惜敗。。。





勝てる試合だったなぁ。。。








mizukami_sake_honten at 13:49|この記事のURLComments(0)お山 | つぶやき

2018年06月30日

Open!!


2820263D-6FEC-45E8-B2AD-4272DBE1C42B


開きました!!


夕方6時から、先着1,000名様に花の苗をお配りします!!





8E40E17C-48F6-4390-BCAB-AA03860593E2


の、下準備をしてきました。












3B9F142B-8CF6-4A01-90C4-2550043133BB


9EBC903B-8FFC-4CC6-A709-4392F0E7C39D


大量の苗を奥の方へしまったり、テント立てたり。








62B9B597-8366-4643-BFC4-5369B5D87CB2


茅の輪の準備も着々と。










AEEFE788-2B64-4B74-A7F3-DF16C35F314D


富士山も準備完了。








BB9CAB9B-B5AA-4E99-8305-FD8533464014


A92DAD5E-8472-4EF0-B647-C8218069D8FD




半年分の罪穢れを払い、残りの半期の息災を祈りに

是非お越しくださいませ。









mizukami_sake_honten at 13:02|この記事のURLComments(0)

2018年06月29日

早速メンテ


山道具で何に一番思い入れがあるかと言ったら

そりゃ靴ですわな。



一番大切な相棒。



前回の雨富士で雨漏りが発覚したので早速メンテ。








4A9D87A1-40F4-4ADE-BA20-F1A9CA2F2E3A



つま先の方から濡れてきたので、、、







80B09B4B-EDB8-49D7-8461-410EDB5EDE45



この剥がれが一番怪しい。






7403EDE6-9E7C-4284-BCBB-B6C168A86DC1



ので、ボンドで盛り盛り。






DB583C56-0747-4AE4-BD4A-756F3D1C27AA



このボンドなんですけどね、これがナカナカ秀逸でしてね。








B3CFAEE2-92B9-47BF-9E6C-294BC55171FF


縫製がズタボロになって同じ様に補修した個所。


もう数年前の処置なんですけどね、

まだまだしっかりガードしてくれています。









E4EF01E1-A02E-49AE-BDCC-036A81A2D9BF



張替えしたつま先部分も剥がれてきたので、ついでに補修。






0A22996B-9E2B-4E14-A523-A067FFE33B1E


うし。

イイ感じ。



これで完全に乾かして、防水スプレーしとけば大丈夫っしょ。


ま、冬季は恐くて使えないけど、

それ以外ならまだまだイケるっしょ。


とことん、最後の最後まで大切に使わせてもらいますよ。











IMG_5505



さ、これからはスタンバッていたモンチュラ君がスタメンに格上げ。






IMG_5503



何度か足慣らしで試し履きしましたけど、かなりイイです。







IMG_5510



IMG_5509


今のスポルティバより若干重たいんですけど、

歩くと軽く感じる不思議。



さて、今週はどこの山に行こうかな。むふふ。








mizukami_sake_honten at 01:07|この記事のURLComments(0)つぶやき 

2018年06月26日

雨富士。冬なら撤退してた。。。



本来でしたら丹沢の脚トレコースの予定でしたが、

夕方から宴席が入ってしまいました。。。




ココでシッカリ脚を作っておきたかったんですけどね

渡世の義理です。急遽変更。




さてさて、何処にしよう。

夕方までには必ず帰って来れる場所。



中央道沿線は小仏渋滞が怖いのでパス。

奥武蔵は最近よく行っているのでパス。

奥多摩の行きたい所は時間的にパス。



あとは丹沢か、、、。

大倉尾根で丹沢山ピストン位で丁度イイかな。



でも、、、二週連続丹沢ってのもなぁ。。。







あ!

そうだ、富士山にしよう!!


まだ山開きしてないし、天気も良くないから

そんなに混んでないだろ!!





って事で、4時前頃に家を出て、6時頃前に到着。



P6240002


P6240003


ここまでずっと雨でしたが、これから好転の予報。

下界も所々見えるし、予報を信じましょう。










P6240004


こういう時、ワゴン車は便利っすな。

車中で身支度整え、いざ出発。

いきなり雨具着込んでの出立は久し振りだ。







P6240006


さすがに登山者は少ないものの、やはり好き者はいます(笑


〔6:25〕クライム・オン!!








P6240010


上は真っ白けで何も見えません。。。

せめて雨だけは上がってくれ。。。






P6240012


お!トイレが開いてる!!

ココが開いてるの久し振りに見たなぁ。






P6240013


六合目の小屋はまだ開ける気配なし。






P6240014


寒いし、雨降ってるし、カッパ重たいし、、、

新七ってこんなに遠かったっけ、、、って感じ。。。








P6240019


雨は降り止まないけど、時たま視界が広がり、

好転の期待度も上がる。






P6240018


ワタシね、今回大失敗しました。

雨用のグローブを用意しといたんですけど

持ってくるのを忘れちまいました。。。




只今の気温、6度位。

雨の他に風も強くってですね、手がかじかんできました。


でも、カッパの中は汗でびっちゃびちゃ。。。


少し立ち止まると汗冷えで直ぐに寒くなっちまいます。。。







P6240021


ようやく八合目〔8:24〕着。

すぐさま救護所に飛び込みます。







P6240022



ここで濡れた衣類を着替え、温かいお茶でホッと一息。

ああ。ポット買って本当に良かった。

いちいちお湯沸かすのは面倒でやらなかったかもしれない。






P6240023


いくらゴアテックスでも汗かくとダメですな。

水蒸気以外は透湿できず、シャツがグチャグチャです。

着替え持ってきてなかったら萎えて撤退してたかも。







P6240024


救護所の壁には落書きがいっぱい。





P6240025


ん?

んん?






P6240026


汚名を挽回しちゃまずいっしょ。

返上しなくっちゃ。



さて、30分位ユックリしました。

相変わらず風は強い様ですが、雨の方はどうかな、、、





P6240028


期待を持って出てみると、、、雨でした。。。







P6240029


お地蔵様。見守ってて下さいましね。







P6240031


いつの間にか穴に小石が詰まってる。(笑







P6240032


ん?


んんん?



足先が冷たい。




ええ?



雨が染みてる?



意識を集中してみると、確かに濡れてる。


このグチョグチョ感、足汗のレベルのはるか上。





マジか。。。



冬季なら即撤退事項。

この靴ももうダメだな。。。



ま、ここならブル道で1:30で下りられるから

もう少し様子見ましょ。







P6240033


九合目。

さて、ここからが、いよいよ風が強くなってくるポイント。



気温は2℃くらい。風は確実に10m以上はある感じ。




今まですれ違った人たちは、ほとんどが八合目か九合目で

引き返してきたという。




ま、予報では20mまでは吹かないと言うし、

慎重に様子見ながら行ってみましょ。








P6240035


この辺りから雪が出てきたけど、尻セードは無理な量。







P6240036


さ、いよいよ核心。


さらに風が強くなって、手がかじかんできて

手の親指の感覚が無くなってきました。。。




でも、足の指は大丈夫。

濡れた感はあるものの、冷たさは然程感じない。


行くか。






P6240038


登山道にも雪が出てきますが、アイゼンは不要な程度。







P6240039


おお。最後の鳥居!!

脚は全然平気だけど、なんだか今日は疲れたぞな。





P6240040


〔10:15〕山頂着。







P6240041


風除けの扉の前に駆け込み、お湯で暖を取る。

ああ。温けぇ〜。指の感覚も戻ってきました。

エネルギーチャージして元気復活!!






P6240051


本日のミッション。

今日こそ勝ってくれ!!三タコだけは勘弁してくれ!!








P6240052


天気回復したら、今日はお鉢をやろうと思ってたんだけど、、、






P6240053


ダメだこりゃ。

コノシロ池の先さえ見えない。。。


寒いし、帰ろっと。。。

過去最短の滞在時間。







P6240055



P6240058


と、ずんずん高度を下げて行くと、、、






P6240063


時折り晴れ間が顔を出してくれる!!








P6240070


P6240072




き、きたーーーーッ!!

これこれ、これなのよ。

天気の悪い時の富士山の醍醐味は。





P6240076


P6240077


P6240081




真っ白な雲海に真っ青の藍の空。





P6240082


P6240087


P6240088


ダイナミックに刻一刻と変化する様に暫し見惚れます。

暴風雨の中、頑張った甲斐があった。






P6240095


お地蔵様、ありがとうございました!!




P6240103


三保の松原もクッキリ。






P6240105


ああ。良かった。

予報より好転が遅れたけど、何とか見たかった景色に出会えた。







P6240107



雲がね、何て言うか、、、白なんですよ。白。

キラッキラに輝く、眩しい白。

キレイなんだな〜コレが。







P6240114


高度が下がり、雲海が目線の高さに近くなってきた。

迫力あるな〜。







P6240116


下には緑がいっぱい。

もう、夏富士っすな。


次に伺うのは10月か11月か。


また来まっす!!






P6240121


〔12:44〕無事下山。

雨はすっかり上がり、蒸し暑いくらい。

観光客の姿も多く見られました。


もう、しばらくは近ずけないお山です。




帰路は渋滞も無く、やや遅参で宴席に無事出席できたし、

スワローズも、ヒヤッヒヤながらも辛勝したし、

絶景も拝めたし、言う事無しの良き一日でした。




【備忘録】
汗冷え防止のインナー〔ファイントラック〕
こういう時はいつもの半そでではなく長袖を着よう。

身体は大丈夫だったけど、腕から冷えていった。






mizukami_sake_honten at 14:26|この記事のURLComments(0)お山 
Recent Entries
Recent Comments
QRコード
QRコード
Archives