2006年12月03日

最近さぁ

最近ね、
ミクシィの日記とかこのブログとか書いててさ、
間違って電源を2連打して全部消しちゃうんだよね。

もしかしたらこのブログも書いてる途中で消えてしまうかも(゜ロ゜;


あ〜怖いな。




今日はパソコンで薔薇族について調べました、というか、Amazonで調べました。
薔薇族っていうのは、ご存知のとおり、ゲイ雑誌です。僕も最近知りました。
ブロ友の大くんがゲイだったので…嘘です。彼は女好きです。彼のブログに書いて薔薇族について書いてあったので、そりゃ興味持ちますよね。高校生ですし。
友達と塾の自習の時間を割いてね、探したんですが、なかったんですよ。


ありませんね。

むしろ、何のコーナーなんだ?友達と必死に考えましたよ。



これでもね、高校は千葉で有数の進学校ですよ。
偏差値とか67位ありましたからね、受験当時は。

そんな頭を振り絞っても、薔薇族が何のコーナーかはわかりませんでしたよ。





そう考えてるうちにね、思いもしないものを発見しましたよ。

重力を発見したニュートンもびっくりだよ。


そう、あれです。





本検索機。



何それ?と聞こえてこないこともないんで説明します。




私が行った本屋は丸善って本屋なんだけど、とにかく広いんだよね。一日あっても見て回れないぐらい。




嘘ついちゃった。


見て回れないぐらいはずがない。



まぁそんぐらい広いってことで。




そんな広い本屋だからさ、目的の本がどこにあるのかわからない。


そこで今回の商品の紹介であります。



『本検索機』


これさえあれば目的の本がどこにあるのか本の名前を入れればすぐわかる。

しかもね、残り何冊ぐらい残ってるのかもわかっちゃうすぐれもの。


なんと、本がどこにあるか地図が画面に出てくるんだけど、
それがコピー出来ちゃうんです。

そのコピーを見ながら探せばすぐに見付かります。
こんなに簡単に本を探せるなんてマッカーサーもびっくりです。


なんと今なら、ジャパネ●トが……





はいっ、話を戻してね、
もちろん地図をコピーしましたよ。
地図がなきゃ宝探しの旅には出れませんよ。当てずっぽうじゃ大橋アナも安心して結婚出来ませんよ。
けどね、地図だけじゃ駄目なんですよ。ログポースがなくちゃ。この丸善は普通の方位磁石は使えないんで。グランドラインと一緒で磁場がぐちゃぐちゃなんでね。
けどね、



ログを貯めなきゃ、次の島には行けないんです。



ログを溜めるには、島によって違いますが、通常数ヵ月はかかるんですね。


もちろんのごとく、私たちは受験生。


数ヵ月も丸善にはいられませんし、閉店時間と一緒に追い出されてしまいますし。




つまりね、見付からなかったんだよ。けどね、ヒントは掴めたんです。

薔薇族の編集者の名前は、『伊藤文学』氏


それを手掛りに他の本屋を探しまたがありませんでした。






情報求ム
mizuki1242 at 02:07│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔